デジタル一眼レフとデジスコどっちがいいんだろう?

野鳥を撮影する機材を選ぶとき、デジタル一眼レフ+望遠レンズと
デジスコ=フィールドスコープ+コンパクトデジカメっていう選択肢があるけどどっちが幸せなんでしょうね。
ちなみにデジタル一眼レフ+望遠レンズの組み合わせしか使ったことはないです。
 
もちろん銀塩の一眼レフでも撮影できるし(昔はこれしかなかった)
フィールドスコープとデジタル一眼レフなんて組み合わせもできるけど….
 
最近はデジスコを使っている人が増えてきたような気がします。
デジスコのほうが軽くて特に山の中では機動力はあるし
遠くても大きく撮れるしお財布にも優しいです。
 
ただ飛びものを撮る場合は一変します
デジスコで飛びものを狙う人もいるようですけど
へたっぴな自分には鳥の動きを予測して早めにシャッターを押すといったことはできません。
ここでは一眼レフの光学ファインダーの威力が発揮されます。
(それでも滅多にまともな写真は撮れないですけど)
ヤマセミの飛びものなんて大好きなのでやっぱり一眼レフになっちゃいます。
 
自分なりに考えた一眼レフの長所は
    飛びものが撮りやすいこと。(ただし腕次第)
    近くで条件よく撮れた時、毛並みがはっきり分かるほどくっきり写ること。
    背景などをぼかしてごまかせること。
こんなところでしょうかね。
 
年をとって体力がなくなったらデジスコにするしかないんですかね。
大きいままでもいいからもっとレンズが軽くなってくれるとうれしいですけど。
広告
  1. コメントする

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。