サンコウチョウ

夏になるとアカショウビンとともにサンコウチョウを撮りたくなります。
アカショウビンとサンコウチョウを同時見られる場所はそんなに多くないように思います。

アカショウビンは広葉樹の大木のある場所を好みますし
サンコウチョウは巣の材料ともなる杉がある程度多い場所を好みます。

私のよく通う山は広葉樹と杉林が適度に混じっているので
両方ともかなりの数がやってきます。

今年サンコウチョウはやや少なめで縄張り争いをしている姿は
それほど見ないような気がしますが
それでも多くの鳴き声を聞きます。

サンコウチョウは暗い場所が好きだし杉の木の上のほうに止まることが多く
おまけにちっともじっとしていてくれません。
いつも写真を撮影するには難易度が高いなーと思います。
最初のころはファインダーに入れることもできずに、逆光になることも多くてとても苦労しました。
やっとまともに撮れたのはじっとしていた幼鳥だったと思います。
でも幼鳥じゃ尾羽は短いしアイリングもないのでやっぱり満足できないです。

ある時偶然にも巣作りをしているところに出会い、やっと雄の長い尾羽を写真を撮影でき満足できました。
巣なんて探せば見つかるって場合もあるでしょうけど、私の通っている場所では急傾斜地が多くて
巣のありそうな場所はある程度予測はついてもそこに到達できないんです。
このときは林道沿いを歩いているとサンコウチョウがやってきて枝にとまったので
そこをよく見ると巣があったんです。
image0018

欲は深いもので一度まともに撮れると今度はもう少し背景のきれいな写真を撮りたいと思ってしまうのです。
今月の初めに昼前なので撮影は切り上げて家に帰ろうと思って歩いていると、サンコウチョウが前方の枝に止まりました。
じっとしていろよと思いながらカメラを向けてシャッターを切りました。
結構長い時間(といっても7秒くらいだったと思います)じっとしていてくれました。
何枚かシャッターを切ると飛んで行きました。
あとで後で確認すると大きく撮れたし冠羽もよくわかるし自分としては満足できる写真となりました。
image0460

最後のカットを見ると思わずオオーと声が出てしまいました。
確かに最後のシャッターを切った瞬間にサンコウチョウが飛んだ感触はあったのですが
普通こんな場合はブレブレで原形がわからないので没になるのですが
昼前ということもありシャッタースピードもある程度出ていたので原形がわかるじゃないですか!
またちゃんとフレーム内にも収まっています。
その時エクステンダーをつけていたのでこれがなかったらもう少しシャッタースピードを稼げたので
ぶれが少なくてよかったな~という思いもありますが
これはこれで森の中を得体のしれない霊魂のようなものが飛んでいるようなイメージがしてありかなと思います。
image0461
 

広告
  1. コメントする

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。