EOS 5DMarkⅡ

EOS 5DMarkⅡが発表されましたね
ほとんど野鳥撮影しかしない私には無縁の機種ですが、
気になったこともありました。
 
一番気になったのはISO感度が50Dに比べて1段高く設定できる点です。
これがそのままISO感度を1段高くしてもノイズレベルが同等だとすれば
50Dも画素数を少なくすれば同じことができたわけで残念です。
私が使用している20Dと比較して2段分くらい差があるとすれば
2段分の手ぶれ補正がついたのと同じ効果があるし
被写体ブレは手ぶれ補正では防げないので
野鳥撮影では大きな武器になりますね。
5Dもノイズが同世代の20Dに比べてかなり少なかったようなので、
いつまでたっても差はそのままということになりますね。
でも画素数が少なければたぶん売れないでしょう。
5DMarkⅡも50Dも画素数を大幅に増やしても高感度特性が改善されていることは
素晴らしいことではあります。
 
もうひとつ気になったのはバッテリーですね。
残量が細かくわかるのはうらやましい。
50Dの次の機種でバッテリーが変わる可能性もあるだろうから要注意ですね。
でも同じ時期に発売される機種でなぜバッテリーを共通にしなかったんだろう?
バッテリー自体の定価はそれほど違わないけど本体側のコストの差が大きいんだろうか?
高い製品を差別化するための戦略??
 
背面のボタン位置も20Dからの乗り換えだと使いやすそう。
30Dから40Dでボタンが下に移動したのはなぜなんだろう?
 
あまり重要ではないけど動画撮影機能が5Dに最初に搭載されたのはなぜだろう?
こういう機能はKissに最初に搭載されそうな機能なのに??
時期的には50Dにも搭載できたのでは?
 
50Dと5DMarkⅡの決定的な違いはセンサーサイズだけのような気もするので
2機種の値段の差を見るとAPS-Cの1D系があったら
5DMarkⅡと同じくらいの値段にならないかという妄想も・・・
 
中級機以下がモデルチェンジしたので、
1D系のモデルチェンジはたぶん来年の前半くらいにはあるでしょうね。
もしかしたらKiss系の方が先にモデルチェンジかな?
あれこれ悩むのも楽しいけど、そうするといつまでたっても買い替えができないよ(T_T)
 
広告
  1. #1 投稿者: Hiyo (2008年9月18日 - 10:15)

     最近次々と新型が出てきますよね~。
    ついにCanon 5DもMarkⅡですか。
     
    これから注目すべきなのはCMOS搭載機です。
    これまでは撮像素子にCCDが使われてきましたが、最近NikonのハイエンドクラスではCMOS搭載機が主流になるようです。
    CMOSの最大の特徴はCCDに比べ、桁違いの感度+対高感度ノイズの性能を持ち、省電力です。
    NikonのフルサイズCMOS搭載機 ( D3・D700 ) では最高感度が何と、25600 ( 常用 6400 + 増感 2 ) まであります。
    APS-CサイズCMOS搭載機 ( D300 ) でも最高感度 6400 ( 常用 3200 + 増感 1 ) です。
    しかも高感度ノイズが格段に少ない。
     
    最近ではコンパクトデジカメでも 1000万画素台で最高感度 1600 が主流になっていますし、
    日進月歩で新型が出る今日この頃、減価償却も激しくてカメラ選びは大変ですよね~。
     

  2. #2 投稿者: アカショウビン (2008年9月19日 - 01:04)

    Hiyoさん、こんにちは♪
    Nikon D3 は高感度ノイズが少なくて、オリンピックの室内競技にはかなり使われたみたいですね。
    Canonもこの秋以降に発売されるモデルは高感度ノイズを抑えたものになっているので、期待しています。
    Canonの今のラインナップで野鳥撮影に適しているカメラはEOS 40D/50DとEOS-1D MarkⅢの
    どちらかになるので価格の差と性能の差を考えると悩ましい選択です。
    最近はフルサイズのEOS-1Ds MarkⅢ と EF 800mm F5.6 で撮影する方が増えているようですけど
    そこまで費用はかけられないですね。
    EOS-1D MarkⅢの後継機が、ノイズ耐性が向上することや画素数がアップしてトリミングしやすくなるなど
    かなり私的に理想的なカメラになることが予想できるので気になっています。
     
    50Dを買ってほどほどで買い替えるか、1D MarkⅢの後継機を買って長く使うか
    後継機が発売されてから1D MarkⅢの中古を安く買うか・・・
    悩ましいところです。
     

  3. #3 投稿者: Hiyo (2008年9月20日 - 15:27)

    そうですね~。
    フィルム時代は「カメラ 1台買ったら一生もの」とよく言ったものだそうですが、
    最近では新型が出る度にシステム・性能ともにどんどん進化していますから
    私は、
    高級機を買って長く使うより、1ランク下のクラスでも常に最新機種を渡り歩く方が良い . . . と思います。
    ( もちろん、自分の技量と予算に見合ったものを )
     
    ちなみに . . .
    EOS-1Ds MarkⅢは、2000万画素クラスの高画素機ですが、フルサイズではなくAPS-Cサイズだったと思います。
     

  4. #4 投稿者: アカショウビン (2008年9月20日 - 22:22)

    Hiyoさん、おはようございますヽ(^○^)/Canonの場合、高級機と普及機で画質などは差があまりないのに比べAF性能が大きく違うので今までAFが迷ったりして撮り逃がしたような場合に、少しでも撮れるものが増えるんじゃないかなと思っているんです。普及機のAFがもう少し良くなればいいと思ってアンケートにも回答しているんですが、コストのためか差別化のためかAFに関してはフィルム時代から大きな差があって今後飛躍的に良くなることはないのかな?と思っています。野鳥撮影をしていなかったら今使っているEOS-20Dでも全然不満はないので、たぶんレンズの方が欲しくなっていると思います。
     
    ちなみに EOS-1Ds系 はフルサイズです。そして EOS-1D系 の方は他社にはないけど APS-H(x1.3) なんです。Canonには APS-C の高級機というのは存在しません(T_T)もし EOS-1D系 がもっと安くなるか APS-C の高級機(私的には中級機のAFだけ良くなればOK)が20万円台前半くらいで発売されたら間違いなく購入すると思います。
     

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。