今年初めて撮った鳥たち

今日は雨(T_T)
先ほど少し雨が止んでいたので外に出たら、エナガコゲラなどの混群がいたけど
すぐに雨が降り始めて、レンズを上に向けることができないので帰ってきました(;´Д`A “`
 
フォトアルバムにはアップしてあったけど、
ブログを書き始める前に撮った今年初撮りの鳥たちを紹介します。
 

image0074

これはツグミの亜種なので正確には一種にはならないのですが、
見た目には普通のツグミとは別の種くらいに色が違います。
ちなみにツグミとハチジョウツグミの中間的な交雑種がいて4畳半ツグミともいいます。
ハチジョウツグミのハチジョウは八丈なんですけどね^^
じゃあ普通のツグミは1畳ツグミなのかな?( 1+8)÷2=4.5
 
普通のツグミはこちら

image0232

 
次にコマドリ 

image0075

渡りの途中で立ち寄ってくれ一瞬だけ姿を見せてくれて、ほんとにラッキーでした。
ウグイスオオルリとともに日本三鳴鳥ですが、コマドリは圧倒的に出会える機会が少ないです。
松の木に止まった姿なんてめったに見られないと思います。
 

image0198

たまたま海岸近くに行った時にいました。
どの程度の確率で出会うことができる鳥なのかはよくわかりませんが
少なくともシロチドリよりは数が少ないと思います。
 
最後はマミジロ

image0275

これは絶好のチャンスを逃してしまい、いい写真が撮れませんでした。
家からチョッと遠いけど場所もわかったし来年以降チャンスはあると思います。
 
探鳥の行動範囲が狭いのでなかなか新しい種類に出会うことも少ないし、
声をよく聞く鳥でも撮れない鳥はいつまでたってもなかなか撮れないけど、
もう少し種類を増やしたいですね。
出会ったことのない鳥が多いからまだまだ楽しみは続きます。
 
広告
  1. #1 投稿者: Nami (2008年9月21日 - 04:29)

    コマドリ以外は、みんなそれぞれ保護色っぽく
    なっているのがおもしろいですね。(^^)
    基本的には、鳥も姿を隠したいんでしょうか?
    コマドリって、名前はよく聞くのに、姿ははじめて
    見ました。鮮やかな鳥ですネ。目立ちたいのかなぁ?
    松の緑とよく合ってますネ。(^^)

  2. #2 投稿者: アカショウビン (2008年9月21日 - 11:32)

    Namiさん、こんばんは♪これらの鳥の色に保護色としての意味があるかどうかは私にはわかりませんが、幼鳥が地味な色をしているものが多いのは、保護色としての意味があると聞いたことがあります。この写真でコマドリとマミジロは両方とも雄で、雌は少し違う色をしています。おそらくこの色は雌の気を引くための意味合いが強いんじゃないかと思います。またメダイチドリは夏羽(繁殖期の羽の色)で、冬羽ではグレーの地味な色になります。水辺の鳥は季節によって色が異なるものが多いので夏羽は異性の気を引くための意味合いがあるのではないかと思います。でも鳥全体を見ると、山の鳥は濃い色のものが多いけど水辺の鳥は白っぽいものが多いと思うので、保護色としての意味もあるような気がしますね。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。