EOS 50D ファームウェア 1.0.3

エラー対策のファームウエアがやっと公開されましたね。
 
先日も数回エラーが発生したので
これでやっと安心して撮影に臨めそうです。
 
EOS 20Dも修理が終わって返ってきました。
レンズロックピンのほかレリーズボタンの接触不良もあったようです。
確かに最近シャッターが切れにくいと思ったことがあるので接触不良が原因だったのでしょう。
修理金額を見ると・・・本当に5年保証に入っておいてよかったなと思いました。
もし修理が有料だったら中古か型落ちしたEOS 40Dを安く買った方が幸せそうです。
 
EOS 50DのレスポンスとAFの安定性に慣れると、野鳥撮影や暗所での撮影ではEOS 20Dには戻れないです。
20Dも画質などは本当にいいんですけどね。
 
広告
  1. コメントする

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。