遠征~春の陣(前編)

先週春の便りがいくつかあったので、遠征してみました(^^)
 
シロハラは今シーズンどこへ行ってもやたら目に付きます。

image2795

 
何度も登場していますがジョウビタキ

image2796

image2797

image2798

 
上を見上げるとハヤブサが止まっていました。
私が狙われてる?!

image2799

 

image2800

 
トビの風見鶏

image2801

 

image2802

 
メジロガモの雌。(初撮り)
お尻が白いのが特徴の一つです。
雌は日本ではあまり見られないようです。

image2805

 
渡りの途中で立ち寄ったツルシギ(初撮り)
アカアシシギの情報もあったのですが見られませんでした(ーー)

image2803

image2804

 

image2807

 
ミヤマガラス(右)の中にコクマルガラス(左)を見つけることができました。(初撮り)

image2806

ミヤマガラスも普通のカラスに比べると小さいですが
コクマルガラスはそれと比較してもかなり小さくてハトくらいの大きさです。
 
広告
  1. #1 投稿者: モドキ (2009年3月16日 - 10:59)

    アカショウビンさん、年度末の今の時期に春の遠征とは優雅ですね。ラインナップもなかなかバラエティに(鳥だから)飛んでます。いや富んでます。カラスとトビの風見鶏は笑えますねぇ!オオカワラヒワは識別できません。メジロガモは以前、大阪の都市部の公園へやって来て話題になりましたが、確かにオスでした。長く居ついて、最後は夏羽になって、きれいでした。ツルシギは渡りの季節に見かける以外は、こちらだと三重の海岸で越冬する個体が有名です。夏羽になるとご存知なように真っ黒になります。ユニークなシギですね。コクマルはラッキーでしたね。私もデジスコをするようになって、まだ見たことありません。グスッ・・・後編も楽しみにしています。

  2. #2 投稿者: アカゲラ (2009年3月16日 - 12:03)

    こんばんは。遠征でしたか・・うらやましいです。(^_-)-☆ 暇人も 計画しているんですが お天気が悪くて 予定が立ちません(-_-;)カラスは ハシボソを 撮ったくらいで,ミヤマは まだ見つかっていません。更にコクマルさんとなると 至難の業です(^^♪ツルシギさんは マガンがやってくるころに 見かけて撮ったことがありますが,群れでやってくることが多いようです。メジロガモとは珍しいですね。お尻が白いのに メジロ というんですか??(-_-;)。オオカワラヒワは 背中の模様が違うようですが 何度 とっても カワラヒワです。一度だけ ちょっと・・と思ったのを撮ったのですが 疑問符のままです(-_-;)。風見鶏というから ニワトリと思ったら 一羽でも2羽鳥なんですね(-_-;)。シロハラの体形といい,アイリングといい アカハラにソックリですね。きょうも いろいろ目の保養をさせていただきました。・・・ので また ファイトが湧いてきました(^_-)-☆

  3. #3 投稿者: たんぽぽ (2009年3月16日 - 12:15)

    こんばんは!ジョウビタキさん、かわいいですね(^-^)初撮りができてよかったですね。おめでとうございます!ますます鳥の撮影が、楽しくなってしまったのではないでしょうか?(笑)ツルシギさんは、くちばしが長いですね~

  4. #4 投稿者: abend (2009年3月16日 - 12:47)

    こんばんは~カラスみてたら今日中華のお店のごみ袋が食いちぎられて大変な数のカラスが居たのを思いだしました。はやぶさって良い面構えって感じ。カッコいい。

  5. #5 投稿者: アカショウビン (2009年3月16日 - 23:59)

    アゲハ モドキさん、おはようございます♪私の会社の決算はまだ2ヶ月先なので(^^ゞでも日帰りなので優雅でも何でもありません。カラスの風見鶏は背景が白いので両方の色を出すのが難しいですね(-""-;)いろいろな種類の鳥が止まってくれればもっと楽しめそうです(^^)オオカワラヒワは三列風切の白色部の幅が広いことで識別できるようです。夏季には白色部がこれほど目立つ個体は見かけたことがないですね。メジロガモはホシハジロやキンクロハジロの雌と一緒にいると見つけにくいですね~最初は自力で見つけることができませんでした(^^;逆光側からでなければ近くで撮れなかったのが残念でした。シギ類は冬羽と夏羽で色が違うので両方を撮りたいところですよね。遠征をするようになったのは去年の秋からなので大半のシギ類を撮らなければならないのですが、山の鳥も撮りたいし、私の苦手な暑い時期に向かうのでかなり悩みどころです。シーズン最後でようやくコクマルを見ることができてラッキーでした(^^)

  6. #6 投稿者: アカショウビン (2009年3月17日 - 00:18)

    暇人 アカゲラさん、おはようございます♪遠征は天気に左右されるのでタイミングが難しいですよね~幸いこちらでは週末天気が良い状況が続いていますので、夏鳥が増えるまでは時間が許せば海岸近くへ出かけてみたいと思っています。ミヤマガラスが定期的に飛来するのは関東くらいまでかもしれませんね。コクマルは北海道では迷鳥かもしれないので難易度が高いでしょうね。メジロガモの雄は虹彩が白いところから名前がつけられているようです。私の図鑑には雌の写真が無いのですがどうやら雌にはその特徴が無いようですね。「風見鶏]じゃなくて「風見鳥」の方が正しかったかもしれませんね。気が付きませんでした(^^;シロハラ、アカハラ、マミチャジナイは似ているイメージがありますよね。私は今シーズンはアカハラを見ませんでした。まだまともな写真が撮れていないので、また会いたいです^^

  7. #7 投稿者: アカショウビン (2009年3月17日 - 00:33)

    たんぽぽさん、おはようございます♪遠征先では、ジョウビタキは愛想良く相手をしてくれましたが、私は他の鳥のほうに気が向いていたのであまり撮ることができませんでしたm(_ _)m遠征すると、どうしても初撮りをすることが目標になってしまいますね。秋ごろから日帰りが可能な範囲には何度も出かけて撮れそうな鳥はかなり撮影することができたので、これから初撮りするのはかなり難しくなるかもしれませんが、近所で見られない鳥を見ることができるのでやはりワクワクしますね(^^)シギの仲間は泥や砂の中の生き物を食べるので嘴が長い種類が多いですよ~水辺の鳥の中ではシギ類が一番好きなので機会があればまた撮って紹介します^^

  8. #8 投稿者: アカショウビン (2009年3月17日 - 00:42)

    abendさん、おはようございます♪都会のカラスはよくゴミをあさっているようですね(>_<)こちらでは道路ではねられた動物の死体に集まっている姿などをよく目にします(ーー;)ミヤマガラスやコクマルガラスは、田んぼや畑などで植物質のものばかり食べていて、ゴミなどをあさることはおそらく無いだろうと思います。ハヤブサを間近で見たのは初めてでしたが、カッコよくて綺麗な鳥でした^^今度はもう少しいい角度で撮れる場所で遭遇したいですね♪

  9. #9 投稿者: Chi (2009年3月17日 - 01:32)

    カラス、区別がつかない(^^ゞ ハヤブサに狙われてる(?)アカショウビンさんが心配です ハハハ。ジョウビタキ、コロコロしていてかわいいですよね。

  10. #10 投稿者: アカショウビン (2009年3月17日 - 04:02)

    K Chiekoさん、こんにちは♪カラスは嘴の形と色で判別できますミヤマガラスは白っぽくて細く尖っているのが特徴ですよ(^^)でも北海道ではハシブトガラス以外はあまり見られないようです。ハヤブサもアカショウビンは不味いと思ったのか襲ってきませんでした(笑)ジョウビタキはかなり太っちょですが、もうじき海を超えて渡っていきますよ(^o^)ノ

  11. #11 投稿者: くまた (2009年3月17日 - 05:00)

    ハヤブサさん、アカショウビンさんを狙ってるのですか?美味しそうなのかしら(^_^;)見事な風見鶏の皆さんですね。でも、重すぎて風になびかないような・・。カラスも色々(黒々?)ですね。家の回りでは、ハシブトさんとハシボソさんをよく見かけますが、もしも、ミヤマさんがいたとしても見分けがつかないと思います・・^^;以前ハシブトさんが50羽くらい集まって、空き缶を放り投げたりして遊んでいたのを見たことがありますが、ああゆうのって、何なんでしょうね^^;・・カラス祭りとか・・?

  12. #12 投稿者: アカショウビン (2009年3月17日 - 06:17)

    となりの くまたさん、こんにちは♪私は不味いですよ~脂肪が多いしフォアグラまで持ってるし。。。(←それって高級食材?!)風見鶏は風向きが変わったら止まる位置を変えて知らせてくれるかもしれませんが、いつも止まってないからあまり役に立ちませんね~(-""-;)ハシブトとハシボソが見分けられるのならミヤマは簡単ですよ(^^)ハシボソより嘴が細くて鋭い超ハシボソで白っぽいですから。。。ハシブトさんが運動会をしていたのですか??カラスはいろいろなものをつついて好奇心旺盛なのかもしれませんね♪猛禽類がいたら真っ先にちょっかいを出して追っ払ってしまうし鳥を撮っているとちょっと邪魔なときもありますね(^^;

  13. #13 投稿者: Nami (2009年3月17日 - 06:38)

    ”風見鳥”、楽しくていいですね~♪オオカワラヒワはまん丸ですネ。満腹?メジロガモは目がわかりませんね。雄の目は白い・・・見てみたいです。(^^)

  14. #14 投稿者: Natalie (2009年3月17日 - 06:59)

    ハヤブサもよく見ると可愛いのよね☆

  15. #15 投稿者: アカショウビン (2009年3月17日 - 11:34)

    Namiさん、こんばんは♪風見鳥いいでしょ!カモメも止まってほしかったなぁ~オオカワラヒワもジョウビタキといい勝負ですね(^^)渡りに備えて十分体力もついたことでしょう^^メジロガモは逆光気味なので目もわかりにくいし、赤味がかった色も沈んでしまいました(ーー)なかなか見ることができないのですが、雄がやってきたら私も見たいです(^^)

  16. #16 投稿者: アカショウビン (2009年3月17日 - 11:38)

    。 Natalieさん、こんばんは♪猛禽類も正面から見ると結構可愛い顔をしてますね。毛も柔らかそうで嘴や爪がなかったら猫とあまり変わらないような。。。

  17. #17 投稿者: Natalie (2009年3月18日 - 02:16)

    鷹匠にあこがれたこともあったなぁ・・・子供のころ。。(--)遠い目・・・

  18. #18 投稿者: アカショウビン (2009年3月18日 - 04:00)

    。 Natalieさん、こんにちは♪鷹匠にあこがれてたんですか~?そういえば国語の教科書に鷹匠の話が載っていたような。。。鶏を食べるだけじゃなくて、生きてるのもお好きなようですね(^^)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。