真冬の鳥見

18日は、予定外で、急遽半日ほど鳥見ができました\(^-^)/

日曜日から晴れの日が続き、朝は放射冷却によりー7~8℃まで冷え込むこともあります。

反対に昼間は8℃を越えることもあり、動くと汗ばむくらいです^^
朝は凍ってツルツルですね(^^;ということでツルです(笑)

このマナヅル時々登場していますが、北帰行を忘れてしまって、
10年以上居ついています。

image4180

位置について・・・
image4181

ヨーイ
image4182

ドン!!
image4183

変身・・・・・
image4184

パッ
image4185

変身後も、やはりツルでした・・・これでツルツルの完成ですね(^m^)
昨年末に飛来したこのタンチョウは、すぐに抜けてしまったと聞いていたので、
あれ以降行っていなかったのですが、事実ではなかったようです(-“”-;)
やはり、自分の目で確かめなければならないということですね(´▽`)
来年は幼鳥と一緒に帰ってこないかな?
image4186

image4187

日本広しといえども、野生のマナヅルとタンチョウが近いエリアで見られる場所は、
他にはないことでしょうね^^
ハイタカ(若鳥かな?)
image4188

ハイイロチュウヒ
またしても雌しか撮れませんでしたが、入浴シーンなど見ることができました(→→)彡(^θ^)ミ

image4189

image4192

ハシボソガラスへシャワーのおすそ分け
image4193

image4190

image4191

image4194

ツクシガモ(今季初撮り)
筑紫地方に多く飛来することで名付けられた鳥です。

image4195

まともな飛行シーンは初めて撮りましたが、美しいです^^
image4196

image4197

image4198

image4199

 
アカツクシガモ
本来は非常に稀な鳥ですが、こちらでは毎年安定して見られます。
日本では飛来数が少なすぎて絶滅危惧種の評価では、情報不足(DD)となっています。

image4202

image4203

 

image4200

 
クロツラヘラサギが、遥か沖合い(1kmくらい?)の浅瀬にいたので
飛んで戻ってくることを期待したのですが、2時間以上同じ場所でした(-“-;)

1105
 

夕方が近づくにつれ、強風が吹き空が霞んできたので、
おそらく黄砂が飛んできたのでしょう。
ハッ、ハッ、ハックチョウ・・・・
コハクチョウがねぐらに帰りはじめる頃には、寒くて風邪をひきそうなので、
私も撤収してねぐらに帰ります。

image4201

 
今回は本命だった鳥(ケアシノスリなど)には振られましたが、
カワアイサを除き、全て天然記念物や、絶滅危惧種に指定されていたり
それに準じる貴重な鳥ばかりです。
他にも多くの貴重な鳥がたくさん生息している場所ですが、
あまりに普通に見られるので、感覚が麻痺してしまいますね(^^ゞ
珍しい鳥たちが見られる環境を、いつまでも保ってもらいたいものです(^^)
 
家に帰ると、月と木星がランデブー
1103本当はこの写真の下の方に、スキー場のゲレンデの光を入れたかったので、急いで帰ってきたのですが、
既に照明が落とされていました(>_<)
ナイター営業の日なら良かったのですがね・・・

3つの光を1枚の写真にという想いは打ち砕かれましたが、

あらかじめ、車中から夕日を撮っておいたのは大正解でした^^
1102月と日と星でこの鳥が思い浮かんだなら、あなたは素晴らしい!!!

image3268

 
サンコウチョウ(三光鳥)です。
♪月日星ホイホイホイホイ♪と聞こえるかな(?_?)

http://cid-d1aa3c98d68fa059.skydrive.live.com/embedicon.aspx/%e3%81%95%e3%81%88%e3%81%9a%e3%82%8a/%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6.mp3

もう既に夏鳥に想いを馳せるアカショウビンです^^

今後天気が崩れそうなので、おまけで19日に、赤く輝く火星を撮ってみました。
私の機材では模様までは無理なようですね(-“-;)
地球への最接近(今回は小接近)は28日、31日が衝で太陽の真反対の位置になります。
1106

広告
  1. #1 投稿者: くまた (2010年1月20日 - 06:55)

    あ・・アハハ・・・・( ̄▽ ̄;)マナヅルさんがタンチョウヅルさんに変身したのね・・。さすがです!ツルツル・・キレイにすべってます! p(゜゜*)! (ーー;)タンチョウさんご夫婦、この場所が気に入ったのですね^^来年以降も楽しみですね。マナヅルさんは、気に入りすぎたようで^^;チュウヒさんの入浴シーン、なかなか色っぽいですねぇ。ハシボソガラスさんへのシャワーは「見てるんじゃないわよ(-_-メ)」と言っていそうな・・。アカショウビンさんもお気をつけあそばせ(ー_ー)ませませ。飛び去るチュウヒさんの後姿も美しいです~。ツクシガモさんの衣装もデザイン性が高くてオサレですね^^真正面から見ると、笑顔が飛んでくるみたいです^m^

  2. #2 投稿者: Natalie (2010年1月20日 - 08:45)

    >日本広しといえどもさすが、世界屈指の鳥マニア!!ほんまにアマチュアですか??ここまで鳥の造詣が深い素人さんは他にいないでしょうね・・・たんぽぽさんに興味があるなんて、不思議です。。。。(^^:)

  3. #3 投稿者: モドキ (2010年1月20日 - 14:47)

    アカショウビンさん、こんばんは!思わずNatalieさんのコメントを復唱「ほんまにアマチュアですか?」以前お聞きした「同業の川上は世を忍ぶ仮の姿では・・・」しかし出だしの鶴の運動会風語りは暇人さん風ではありますね(笑)オオタカは色から若に賛成です。チュウヒは寒中水泳と言うか、冷たい風呂がお好き?飛翔姿はカッコ良い「V字飛行」を見せていますね。撮影もバッチリ!ツクシガモは綺麗なカモですよね!これは例年大阪南港野鳥園にやって来ます。アカツクシガモは以前申し上げたように、団体さんはお目にかかったこと無いです。クロツラもやって来るけどきわめて少ないです。ただのヘラサギは冬の湖北の定番になりました。それにしても最後は、これでもかと夏鳥のサンコウチョウ、それも囀りまで!ク~ッ、恐れ入りました。

  4. #4 投稿者: たんぽぽ (2010年1月20日 - 23:26)

    シャワーの写真、すごいです~夕日も素敵❤サンコウチョウさん、しっぽが長いですね~(#^.^#)鳥が飛んでいる姿って、気持ちがよさそう。Natalieさん、どうしたのかしら?心配ですね。

  5. #5 投稿者: hulala (2010年1月20日 - 23:54)

    こんにちは昼も夜もカメラで撮影、何のカメラマンさんかしら。始めのツルさんのストーリーはぴったり。ツクシガモはびっくりするほどきれいですね。サンコウチョウの鳴き声にあわせて踊ってしまいました。ホイホイホイホイ!

  6. #6 投稿者: abend (2010年1月21日 - 00:19)

    三光鳥ってどうしてこんなに尾が長いんだろう?最初の鶴 いいですね^^見てみたいですが、無理なのでこちらで楽しませて頂いてます我が家附近では絶対みれない鳥ばかりです。どれもほんと綺麗です。

  7. #7 投稿者: 白い花 (2010年1月21日 - 00:28)

    ツルの姿は、やっぱり優雅で美しいですね。昔から民話にツルの化身として綺麗な女の人が出てきますが、なるほどと頷いてしまいます。私はなぜか、鴨が飛んでいるのが想像できなくって、実物が飛んでいる写真を見ても変な感じがしてしまいます。三光鳥って、初めて存在を知りました。小さな鳥なのに、こんなに尾が長いのですね。鳴き声が、本当に綺麗ですね。ところで、昨日の夕方、夕焼けでしたよね。私は神戸なのですが、夕方病院の帰りに高速を走っていたとき、夕日が沈むのを見ました。夕焼けができていたので明日はお天気なのかなと、つい洗濯物を干しっぱなしにしていたら朝起きたら雨が降っていました・・・そんなあ~

  8. #8 投稿者: アカショウビン (2010年1月21日 - 01:41)

    となりの くまたさん、こんにちは♪ちゃんとツルツルすべっているようで、良かったです^^本人は自覚症状の無いまま、重症化しています( ̄ー ̄;週末はまた寒くなるようですよ(-""-;)タンチョウが渡ってくるだけでも、珍しいことですが、毎年見られるようになれば、これほど素晴らしいことはありませんね^^他のツルでも、確実に毎年見られる場所は稀ですからね。マナヅルは、このまま独身貴族を貫くのでしょうかね(?_?)ハイチュウ・・しかも雌の入浴シーンを見てしまいました^^;美佐子さんのように、覗きをしたつもりはありませんが、また噂になるでしょうかね(>_<;)ツクシガモは、一目見ただけでも、他のカモとは違うオーラがありますね(*´∇`*)正面から見ると、目を細めてニンマリしているようですね(⌒o⌒)

  9. #9 投稿者: アカショウビン (2010年1月21日 - 01:47)

    。 Natalieさん、こんにちは♪そんな心にも無いことを。。。(笑)今はデジカメの普及で、誰でも簡単に写真を撮れるようになったので、野鳥写真で生活できるような人は、ほとんどいないんじゃないかな?本を出版されているような人でも、本職を持ってらっしゃる方が大半ですよ^^たんぽぽの花は、とても綺麗ですからね~(ナンチャッテ)

  10. #10 投稿者: アカショウビン (2010年1月21日 - 03:00)

    モドキさん、こんにちは♪モドキさんまで復唱されるのですか(笑)もし仕事なら、毎日が苦痛になってしまうかもしれませんね。上流とはいえ、流域面積も減り、デニムだけになってしまったので、川の流れが変わり、繋がらなくなったかもしれませんね。オオタカ、ありがとうございます。車の中からそっと撮りましたが、警戒心の強い鳥ですね。以前、車の中からガラス越しに目が合っただけで、逃げられました(-""-;)鳥も水浴びは、温かい方が好みでしょうかね?天気が良く、田んぼなので、他よりは温かいかもしれませんね^^ツクシガモは、こちらでは、アカツクシより難易度が高いかもしれません(笑)クロツラより、ただのヘラサギの方が、飛来数は少ないのでしょうね。こちらへも連続で飛来していたようですが、ここ2年は飛来していないようで、未見です(>_<)

  11. #11 投稿者: アカショウビン (2010年1月21日 - 04:02)

    たんぽぽさん、こんにちは♪シャワーの写真は、カラスがちょっかいを出しにか近くへ飛んできて、嫌って飛び立ったところを撮りました(^^)v後で見たら、面白い写真になっていました^^夕日は沈みそうなので、あわてて撮りました^^;たんぽぽさんのような、素敵な写真には、程遠いです。サンコウチョウは、アカショウビンと肩を並べるくらい大好きな鳥です(*´∇`*)今年の夏も、頑張ってストーカーをしようと思います^^Natalieさんは、恋患いかな?(笑)

  12. #12 投稿者: アカショウビン (2010年1月21日 - 04:09)

    hulalaさん、こんにちは♪最近は節操もなく、何でも撮ってますね(^^ゞ空を飛ぶものなら、見境が無いようです。ツルの写真は、向きと体勢が見事にはまってしまいましたね^^ツクシガモは、嘴や脚が赤いのもポイントが高いと思います。サンコウチョウは、鳴き声を聞くだけでウキウキします(*´∇`*)撮影しにくい鳥ですが、待ち遠しいです(^_^)

  13. #13 投稿者: アカショウビン (2010年1月21日 - 04:16)

    abendさん、こんにちは♪サンコウチョウの尾羽が長いのは、雄だけで、求愛のためなのでしょうね^^いつもは下に垂れていますが、求愛中に尾羽を持ち上げている写真を撮ったことがありますよ(^^)vツルはなかなか野生のものを見るのは難しいですね。隣の、岡山の後楽園では、タンチョウが正月に放鳥されますし、岡山県内にタンチョウ飼育施設が何箇所かあるので、一度出かけてみてはいかがでしょう?

  14. #14 投稿者: アカゲラ (2010年1月21日 - 04:39)

    こんにちはサンコチョウ・・久しぶりですね,お元気のようでなによりですね!(^^)!。「ツクシガモ」は こちらでは 見られませんが,渡ってきてくれないんでしょうかね!(^^)!。きょうも いろいろな鳥さんの登場で 楽しませていただきました。こちらは,お馴染のカラ類ばかりで 退屈しています。昨日は 雨 今日は 真冬日で 家の中に籠っています(-_-メ)

  15. #15 投稿者: アカショウビン (2010年1月21日 - 04:39)

    白い花さん、こんにちは♪ツルはスタイルが良くて、他の鳥とは違った優雅さがありますね^^サギやコウノトリなども一見すると似ていますが、ツルの美しさには敵わないなという気がします(*´∇`*)鴨は、のんびり水面で浮いているイメージが強いかもしれませんが、飛行能力はとても優れていますよ^^何十キロも離れた、餌場とねぐらを往復することも、珍しくないようです。サンコウチョウは、近年数を減らしているようで、簡単には見つからないかもしれませんね。日本の野鳥では、最も尾羽の比率が長くて、体は普通の小鳥ですが、尾羽は30cm位あると思いますよ。これでも、渡り鳥というところがすごいと思います^^こちらは昨日の夕方には雨が降っていました(ーー)弁当忘れても傘を忘れるなという言葉があって、冬場は特に、天気の好い日は少ないです(>_<)

  16. #16 投稿者: アカショウビン (2010年1月21日 - 04:48)

    暇人 アカゲラさん、こんにちは♪サンコチョウは夏鳥なので、今は南でバカンス中ですね^^写真は昨年の夏のものですm(_ _)mツクシガモはどうやら西日本に飛来する鳥のようですね。この場所では2羽しか見ませんでしたが、近くで11羽飛来しているところもあるようです^^九州ではかなり多いようですよ。こちらは今日は雨で昼には霧が出ていました。気温も高くて冬らしくありません(?_?)

  17. #17 投稿者: koyuki (2010年1月21日 - 05:07)

    珍鳥、貴鳥の天然記念物、絶滅危惧種と凄い収穫ですね!愉快な口上で思わずフフフ・・です(`∇´ゞ皆さんお写真もステキで面白系なので何時も心を浄化されてますぅ^^。koyukiも雪の上で舞うタンチョウに会いたいのですが・・・なかなかかなえられません^^;。タンチョウとカワアイサ以外は見たことがありませんのでジックリ楽しませていただきました。ら?!!! ハイイロチュウヒさんに睨まれてしまいましたよ~ん(^_-)-☆

  18. #18 投稿者: アカショウビン (2010年1月21日 - 05:49)

    ☆ koyukiさん、こんにちは♪こちらでの珍鳥といえば、何といっても36年ぶりのタンチョウの成鳥ですが、日本全体で考えると、アカツクシガモということになるでしょうね^^こちらでは、ほぼ確実に見ることができますので、普通種の扱いですね(*´∇`*)日によって必ず見られるとは限りませんが、今回撮ったものは、比較的、観察のチャンスが多い鳥ばかりです。滅多に姿を現さない鳥は、撮りたい想いがいっぱいですね。サンカノゴイは、今季一度飛ぶのを見ただけで、それ以降全く見ることができていません(>_<)雪の上のタンチョウ(ハクチョウでも良いけれど)これは私も見てみたいです^^ただこの辺りが、真っ白になる時には、私の家からは、外に出ることもできないと思います(^^;いつか、本物のハイチュウさんに睨んでもらってくださいね(笑)

  19. #19 投稿者: たんぽぽ (2010年1月21日 - 14:26)

    恋患い?そんな感じですね(^_^;)サンコウチョウさん、しっぽが邪魔じゃないのかな?(^-^)

  20. #20 投稿者: ニコラス (2010年1月21日 - 22:57)

    >月と日と星でこの鳥が思い浮かんだなら、あなたは素晴らしい!!!はじめてみました。(www >♪月日星ホイホイホイホイ♪と聞こえるかな(?_?)う~~ん?(w

  21. #21 投稿者: アカショウビン (2010年1月22日 - 00:57)

    たんぽぽさん、こんにちは♪やっぱり、たんぽぽさんもそう思いますか?(笑)完治する日は永遠に来ないかもしれませんね^^;サンコウチョウは、長い尾羽でも、込み入った森の中で、いつも活発に飛び回ってますよ(*´∇`*)新体操のリボンをやっているみたいです^^

  22. #22 投稿者: アカショウビン (2010年1月22日 - 01:02)

    SK ニコラスさん、こんにちは♪サンコウチョウは、数が減っていて見られる場所はかなり限られていると思います。山だらけのこちらでも、見られる場所は一部だけですね。鳴き声はちょっと微妙ですね^^;でも、この鳴き声が鳥の名前の由来だそうですよ(*´∇`*)

  23. #23 投稿者: Nami (2010年1月22日 - 07:30)

    ツルが自然の中で見られたら素晴らしいでしょうね~。見てみたい。(^^)ツクシガモって、羽の模様がおしゃれですね。素敵。(*^_^*)クロツラヘラサギ、そちらにもいるんですネ。(^^)沖縄にも来るらしくて、那覇の干潟にもいるらしいので、一度見てみたいものだと思っています。今年は見られるかな~♪

  24. #24 投稿者: アカショウビン (2010年1月22日 - 09:37)

    Namiさん、こんばんは♪タンチョウは、動物園でも飼育されていることが多いですが、天然物は全く違って、良いものですね^^機会があったら是非見てください(*´∇`*)カモの模様ははバラエティに富んでいますが、ツクシガモは希少性とあいまって、見つけると嬉しいカモです^^クロツラヘラサギは、私の知る限りでは、こちらで3か所での目撃があるのですが、時期が見事に重なっていないので、同一個体の可能性が高いと思っています。沖縄では、多くの個体が見られるはずです。おそらく3月頃までだと思いますので、ユニークな鳥をご覧になってみてください^^

  25. #25 投稿者: САБУРО(サブーラ) (2010年1月23日 - 23:22)

    ハイイロチョウヒって顔だけ見れば、フクロウっぽいですけど、やはり、フクロウの仲間なんでしょうか?体はフクロウより、かなりスマートなような気がしますが、・・・・・・。

  26. #26 投稿者: ニコラス (2010年1月25日 - 00:00)

    鶴の織物は?恩返しはまだでしょうか?(www

  27. #27 投稿者: アカショウビン (2010年1月25日 - 00:08)

    САБУРО(サブーラ)さん、こんにちは♪確かにハイチュウの顔は、少しフクロウに似た感じもありますが、鷹の仲間ですね。フクロウの仲間の見た目の特徴は、目が正面を向いていることですね^^それに顔が、平面的で体に対して大きく、真横から見れば目の辺りはほとんど見えない感じです。

  28. #28 投稿者: アカショウビン (2010年1月25日 - 00:10)

    SK ニコラスさん、こんにちは♪鶴を助けていませんでしたので、いくら待っても恩返しはしてもらえないでしょうね(ーー;)見られただけで幸せですけどね(*´∇`*)

  29. #29 投稿者: ポン太 (2010年1月25日 - 13:02)

    こんばんわマナズルとタンチョウはどちらも綺麗ですが、鶴は白と黒のイメージがあるのでどうしてもタンチョウ贔屓になってしまうかな~♪火星が赤く輝いているのがわかりますねw将来は火星旅行も夢でないのでしょうね。

  30. #30 投稿者: アカショウビン (2010年1月26日 - 01:33)

    ♂ ポン太さん、こんにちは♪昔から日本画などにはタンチョウがモチーフにされているので、鶴といえば、タンチョウのイメージがありますね^^昔は、日本中でごく普通に見られる鳥だったようです。でも写真に撮るのは、白黒のコントラストが高くて、なかなか難しいです(-""-;)火星は、白っぽい星に比べ、神秘的な光ですね^^遠い宇宙から地球を見たら、青白い天に見えるのかな?チョッと気になります(*´∇`*)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。