やっと逢えた\(^-^)/

今日は、約1ヶ月ぶりに遠出をしましたε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ

image4470

 

image4471

image4472

 

image4473

 

image4474

 

image4476

image4475

 

image4477

image4478

image4479

 

image4480

今季初見も結構ありますが、ここまでは全て脇役です。

本日の主役は、このお方

ソリハシセイタカシギです(*゜▽゜)ノ

image4481

image4482

 
本来は、アフリカ大陸などで越冬する鳥で、
日本への飛来数は極めて少ないです。
昨シーズンは、今日撮影した場所ではありませんが、越冬していたので、
何度か探してみたものの、ついに、私の前に一度も姿を見せてくれませんでした(>_<;)
今回は渡りの時期に飛来したので、滞在日数が短いだろうと思っていましたが、
何とか私が出かけられる日まで滞在してくれて感謝です(*´∇`*)

これほどユニークな嘴の鳥は他にはありませんね(^m^)
image4486

image4483

image4484

image4485

快食快○(-“”-;)
image4487

広告
  1. #1 投稿者: abend (2010年4月24日 - 12:29)

    ソリハシセイタカシギ ほんとに嘴が反ってるんですね~^^コチドリの眼が大きくて可愛いです。

  2. #2 投稿者: ニコラス (2010年4月24日 - 13:20)

    >本日の主役は、このお方ほんと嘴が珍しいのですね。!

  3. #3 投稿者: ポン太 (2010年4月24日 - 13:31)

    こんばんわソリハシセイタカシギはアフリカから飛来しているんですか(・_・;)そう考えるとかなり遠くまで危険を冒しながら旅を続けているんですね♪貴重な鳥を見させていただくことができました^^

  4. #4 投稿者: モドキ (2010年4月24日 - 14:51)

    お~っ、これがアボセットですねぇ(涙)当方のアボセットと同じアボセットとは思えません。優雅で美しい姿ですが、それにしてもユニークなくちばしですねぇ!シギチ充実の今号、どちらま出かけられたのでしょうかネ?

  5. #5 投稿者: たんぽぽ (2010年4月24日 - 23:24)

    凄い嘴ですね(@_@;)撮影できてよかったですね!コチドリ、かわいいです(^-^)

  6. #6 投稿者: アカゲラ (2010年4月25日 - 03:32)

    こんにちは今日は シギチ 一色ですね。セイタカソリハシシギは珍しい シギなんですね。それが ふんだんに獲れるとは 贅沢な悩みですね。一度 お会いしたいものですよ。こちらの干潟は まだ早いようで 干潟が 顔を出していません!(^^)! コチドリが 砂嘴の内側を 散歩しているのが 双眼鏡で確認できたぐらいです。ノビタ君とオオジュリンが観察できました。そろそろ夏鳥が戻ってきているようです。

  7. #7 投稿者: ちえたん (2010年4月25日 - 05:32)

    アカショウビンさん♪ こんにちわ~♪逢いたかった鳥さんに逢えたんでつねぇ (●^o^●)良かったでつ☆そこは湖?沼?海?ですか?(無知でスミマセンポリポリ (・・*)ゞ)遠出すると、そんなに沢山のシギに出会えるのでしょうか?「ソリハシセイタカシギ」ってやっぱり嘴が反ってるから付いた名前?(*≧pq≦)プププ 個人的には「コチドリ」ちゃんに逢いたいでつね(^_-)-☆

  8. #8 投稿者: koyuki (2010年4月25日 - 13:12)

    アカショウビンさんこんばんは~☆凄い!凄い!シギ三昧。贅沢な鳥見をされるセレブさん!オバシギ?耳が痛い。ムナグロ?腹黒かも・・・(^_^;)最後にやっと会えたのですね^^。それも「アカショウビンさんいらっしゃ~い^^」って両翼を広げて歓迎してくれましたね\(^o^)/ 日頃の行いが良いからですね。四十肩の痛みは大丈夫のようですね。いろんなポーズをとってくれて大サービスしてくれて良かったですね^^。それともこの鳥が原因で痛くなったとか・・(笑)実はKoyukiもお目にかかりましたです。が・・暗かったので心も暗いです^^;。チュウシャクシギさんは群れなんですね。羨ましいですよ~^^;。

  9. #9 投稿者: アカショウビン (2010年4月26日 - 00:19)

    abendさん、こんにちは♪名前の通りでしょ!!オオソリハシシギも、嘴が反っている数少ない鳥ですが、比べ物にならない感じですね(^^)コチドリは、黄色のアイリングが魅力的ですね^^

  10. #10 投稿者: アカショウビン (2010年4月26日 - 00:21)

    SK ニコラスさん、こんにちは♪嘴のユニークさでは、ヘラサギの仲間と双璧といっても良いと思いますね^^どちらも、あまり見られないという希少価値もあって、嬉しい出会いでした(*´∇`*)

  11. #11 投稿者: アカショウビン (2010年4月26日 - 00:30)

    ♂ ポン太さん、こんにちは♪ソリハシセイタカシギの繁殖地は、主に中央アジアで、東から西までかなり広い範囲のようです^^冬季に大半は、アフリカ大陸やヨーロッパ南部など西南に渡るようですが、極少数が、東南へ渡って日本などでも見られるようです。他のシギの仲間でも、比較的長距離の渡りをする種類が多いですね^^シギの仲間では、かなり目立つ鳥なので、外敵に襲われる可能性は少なくないでしょうね。

  12. #12 投稿者: アカショウビン (2010年4月26日 - 00:41)

    モドキさん、こんにちは♪モドキさんには少々目の毒だったでしょうねm(_ _)m鳥との距離は、どうしようもない時がありますものね。でも、遠くても実際に見ることができたというのは、とても良かったのではないでしょうか?5回もお姫様に振られた私ですが、米粒の大きさでも見てみたかったです(T_T;)今回は、新聞でも報道されましたので、場所を公表できますよ^^山口県の岩国市で、中国地方では、最もシギチが多く観察できる場所だと思います(^^)それでもアボセットは初飛来ということでした。

  13. #13 投稿者: アカショウビン (2010年4月26日 - 00:46)

    たんぽぽさん、こんにちは♪日本で見られる野鳥の中で、もっとも変わった嘴の鳥かもしれませんね^^細くて華奢な感じもあるので、折れてしまうことがないのか心配にもなりますね。コチドリは、私にとってはあまりよく見かける鳥ではないのですが、今シーズンは、比較的相性が良いようです(´∇`)v

  14. #14 投稿者: アカショウビン (2010年4月26日 - 00:55)

    暇人 アカゲラさん、こんにちは♪ソリハシセイタカシギは、他のシギと比べると、非常に警戒心が弱く思いました。それほど近づいてもくれませんが、人影があっても飛んだりすることもなく、終始同じ場所から全く移動しませんでした。かなり広い場所ですが、飛来後10日間ほど数枚の田んぼの範囲でしか行動していないようです(^^)この鳥だけでトータル5時間くらい粘りましたが、あまりバリエーションのある写真にはなりませんでした(-""-;)

  15. #15 投稿者: アカショウビン (2010年4月26日 - 01:18)

    ちえたんさん、こんにちは♪日本で観察されたことのある鳥は、図鑑に載っていないものもかなりありますので、おそらく600種は超えていると思いますが、毎日見られる鳥もあれば、場所限定の鳥や、これまで1度しか観察例のない鳥まで様々です。ソリハシセイタカシギは、ほぼ毎年日本に飛来しているとは思いますが、せいぜい数羽程度だと思います。決まった飛来場所もないので、なかなか逢えない鳥ですが、ようやく私も見ることができました(^^)v名前は見ての通りで、嘴が反っていることと、シギの仲間では足が長く背が高いというところから付けられています(^_^)今回訪れた場所は、レンコン栽培をしている蓮田とその近くの河口です。特に春と秋には、瀬戸内沿岸や、海に近い水田などではこのような鳥がよく見られます^^コチドリは珍しい鳥ではありませんので、きっと見つかると思いますよ!

  16. #16 投稿者: アカショウビン (2010年4月26日 - 01:45)

    ☆ koyukiさん、こんにちは♪この時期、夏鳥の飛来も始まって、お山も楽しくなり始める時期ですが、お山はいつでも行けるので、遠出をしてシギチに遊んでもらいました(*´∇`*)もう少し暑くなれば、私の体力がもちませんので、山ごもりして、避暑をすることにします^^;今回はシギチ三昧というより七味くらいでしょうか?(笑)普通のセイタカシギも見かけたのですが、飛ばれてしまいました(>_<)オバシギだけでなく、コオバシギが交じっているということでしたので、潮が満ちてくるのを待っていましたが、トビやカラスの巡回にたまりかねて一斉にどこか遠くへ飛び去って、最後に喜べませんでした(T_T;)でも、本来の目的の大スターに逢うことができて、最高でした(*´∇`*)koyukiさんも、姿は見られたのですね(^^)条件は悪くても、めったに見られない鳥が見られるというのは、幸せなことです^^一度で満足な写真を撮れたら、再会のチャンスが訪れた時のモチベーションが上がりませんので、次こそは・・・という位が良いと思いますよ(慰めになっていないですね^^;)でも私は、初見でそこそこ満足な写真が撮れた鳥より、最初は証拠写真しか撮れかった鳥のほうが、気になり続けてより好きになるような気がしています^^今回、自分のイメージした写真にはなりませんでしたが、近くで見られたのは良かったです(*^-^)

  17. #17 投稿者: Nami (2010年4月26日 - 05:27)

    珍しい鳥に会えてよかったですネ。この鳥サンもアカショウビンさんに写してもらいたくて、待っていたのかもネ。(^^) 本当におもしろいクチバシですネ。これ、沖縄にはいないんでしょうか?・・・いたら見たい!・・・クロツラがいたので、何となく珍しいクチバシのはいそうな錯覚が・・・(*^_^*)羽ばたいている写真、カッコイイです。他の鳥たちもかわいいですネ。(^^)

  18. #18 投稿者: くまた (2010年4月26日 - 05:28)

    おぉ・・ソリハシセイタカシギさん、なんと優雅なお姿でしょ@@;広げた羽の透きとおるような美しさ、反った長い嘴のエレガントなアールバレリーナのようにスラットしたおみ足(゜・゜*)ハァ~ッんで、何ゆえ最後の最後に、あのお写真を持って来るかなぁ・・ヾ( ̄▼ ̄; モシモーシ  ・・・それにしても、あっぱれな快○ですねぇ・・・(゜-゜;)

  19. #19 投稿者: ニコラス (2010年4月26日 - 05:49)

    アフリカ大陸から日本へヒッチハイク旅行してるんですね。凄いな~~!!

  20. #20 投稿者: アカショウビン (2010年4月26日 - 06:19)

    Namiさん、こんにちは♪私が見たい鳥のかなり上位の鳥でしたが、ようやく見ることができました(*´∇`*)確かな情報ではないですが、どうやらこの日がラストチャンスだったようで、私が来るのを待っていたということにしましょう。この鳥は、おそらく沖縄の方が観察頻度は高いだろうと思いますよ。2年前には、Namiさんの行かれた漫湖で6羽が越冬したそうです(^^)年によってどこで見られるかわかりませんが、きっとチャンスはあると思います。シギやチドリは、水鳥の中では一番好きなので、楽しいひと時を過ごすことができました(*゜▽゜)ノ

  21. #21 投稿者: アカショウビン (2010年4月26日 - 06:32)

    となりの くまたさん、こんにちは♪ユニークさと美しさを兼ね備えた、素晴らしい鳥でしたね(^^)あの嘴での食事シーンを見てみたい!という思いがようやく実現しました。最初の写真は、早朝の完全な逆光状態で、どうせ没写真になるだろうと思っていましたが、朝焼けが水面に写りこんで、しかも羽が透けて想いの外雰囲気が感じられる写真になりましたね^^この日、ずっとお食事をしていましたので、快○は当然の成り行きですが、毎回畦に上って、水は汚さない綺麗好きのようでした^^この日は、終始食べ続けていましたので、体力をつけ、しっかり出して軽くなった体で、次の目的地へ旅立ったようです(^^)ノ””

  22. #22 投稿者: アカショウビン (2010年4月26日 - 06:36)

    SK ニコラスさん、こんにちは♪ニコラスさんの戦艦に乗船していませんでしたか?もっと珍しい鳥も乗れるように、開発してくださいね(*´∇`*)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。