熊は寒いのが苦手( ̄(エ) ̄;)

春本番を向かえ、熊も冬ごもりから目覚めていることでしょうヽ( ̄(エ) ̄)ノ
我が家のお庭にも、熊が居そうな予感がして、恐る恐る探検をして見ました。
キョロ ((o(・x・ )o( ・x・)o)) キョロ
 
予感は的中(>_<;)
でも「熊が居そう」ではなく「熊谷草」(クマガイソウ)でした(^^;
1229
去年も同じような記事を書いたような記憶が・・・(^^ゞ
ところが・・・・・
開花目前にして、日曜日の朝の霜により、惨劇が(>_<)
1230ちょっと分かりにくいかもしれませんが、花芽は完全にノックダウンしてうなだれています。
花は来年まで持ち越しになってしまいました(T_T;)

今年1年限定で、クマガイナサソウに改名が必要なようですm(_ _)m
数ある我が家の花でも、最も自慢の一品ですが、花が見られないのは寂しい限り・・・
他にもエビネなどにも被害があり、今シーズンの気温変化の激しさには困ったものです(ーー#)仕方がないので、昨年の花に再登場してもらいましょう。

0284
0285
 

日本産の蘭の仲間では、最も大きな花が咲く種類で、花だけで10cmほどの大きさがあります。
近年は盗掘などで数を減らし、自生しているものを見ることはほとんどないそうです。
自生しているものの採取は当然禁止されています。
絶滅危惧種Ⅱ類に指定されていることでも、貴重性が分かりますね。
 
種から増やす技術なども確立していないようで、
地下茎で年に1~2株増えれば良いほうということで、株を入手することも容易ではありません。
 
光、温度、湿度、風などの生育条件を満たすことが難しく、
植えた年は普通に育ったように見えても、翌年芽が出ないということも多いようです。
鉢植えで育てるには、相当巨大な鉢を準備しない限りほとんど不可能だろうと思います。
よく似たタイワンクマガイソウ(の部分が緑ではなく花と同じような色をしている)は、
比較的育てやすいということです。
 
元々2株から始まり、昨年8株になりましたが、
今年は何と14株と一気に増え(そのうち花芽が付いていたのはたぶん11株です)
生育環境としては最高のようですね(*´∇`*)
来年は、きちんと花を見たいものです。
ちなみに盗掘したものではありませんよ(笑)
親戚の山野草園から、特別に購入させていただいたものです(^^)v
そのほかの植物も、今年は開花時期が遅い上に、花の状態が悪く、
比較的状態の良いものを紹介しておきます。チューリップ
1234

1231

1232

1233

リキュウバイ
1236

シュンラン
1235

シモクレン
1237

セイヨウキランソウ
1238

こちらは日曜日に撮影した鳥です

 
マガモ
image4488ノビタキ(雄)
image4489

image4490

image4491

ノビタキ(雌)
image4492

image4495

セッカ
image4496

ホオアカ
image4497

イソシギ
image4498

今年はツグミの渡りが遅く、まだたくさん残っています。
image4494

たまにはスズメの写真も・・

image4493

 
こちらは珍しく山間部の水田でで撮影したムナグロ
ほぼ夏羽になっています。
image4500同じムナグロですが、夏羽に換羽が始まったばかりで、まるで別の鳥のようですね。
image4499

数は数えませんでしたが、2~30羽くらいの群れで、

私がこれまでに山間部で見たシギチの中では、ケリを除けば最も大きな群れでした。
かなり前にもセイタカシギウズラシギなど多くのシギを初撮りしたことのある場所で、
コハクチョウが迷行したこともあります。
水田はいくらでもあるのに、同じ場所でだけでよく見るというのはミステリーですね(?_?)
 
私には区別がつきませんが、鳥たちにとっては三つ星レストランなのでしょう(^^)
 
 
広告
  1. #1 投稿者: Nami (2010年4月27日 - 00:29)

    クマガイソウ!・・・名前はしっかり覚えていますよ~♪ (*^_^*)今年は”クマガイナサソウ”になってしまったんですか。残念ですね。今年の気候にはどの植物も困惑しているでしょうね。そんな中でも花を咲かせている植物たち、すごい!マガモ君、ちょっととぼけた表情がいいですネ。(^^)スズメはこちらにもいるんですが・・・私、どうも沖縄のスズメはスリムな気がしていて・・・今回お写真を拝見しても、やっぱり、沖縄のスズメの方が全体的にほっそりしているのではないかと感じるんですが・・・”リュウキュウスズメ”だったりするんでしょうか?(同種だけれど、多少違うとか・・・?)ムナグロ、漫湖の水鳥センターで、”ムナジロ”状態の剥製を見ました。”ムナグロ”期は本当に胸が黒いんですね。おもしろいです。

  2. #2 投稿者: abend (2010年4月27日 - 00:40)

    マガモ カメラ目線ですね。花残念ですね~この寒さでは仕方ないのかもしれませんが、残念。

  3. #3 投稿者: ちえたん (2010年4月27日 - 03:38)

    アカショウビンさん♪ お昼休憩チュwお邪魔します~♪御題読んで驚きましたょ~~(◎-◎;) やっぱり・・・・そっちも「熊」さんが出没するんだ!ってねっ(笑)数年前、家の近所に出没しまして・・・(-。-) ボソッ回覧板で「音の出る物を持って歩きましょう」とおフレが回った事あるんでつ^^;;クマガイソウのお花、来年までおあずけでつね><。エビネとかと似た感じのお花なんでつねぇ^^「ノビタキ(雌)」が一番かぁぃぃ~❤← この前もそんな事書いたよーーな^^マガモさん、まだ要るんでつかぁ?こっちのはもう既に、渡ってしまったみたいですょ・・・・・。最近は、田植え前準備で田を耕しておられるので、小鳥ちゃんたちが沢山群がってます~ (●^o^●)

  4. #4 投稿者: くまた (2010年4月27日 - 06:19)

    クマ花さん、一つ残らず駄目になっちゃったのですか(゜-゜;)アラアラマァマァキザな髪型とポテッとした下膨れの顔のクマさんが見られなくて残念ですね(-_-;) (ーー;)でも、花の為に使われる筈だった体力を更なる繁殖につぎ込めば来年は20株以上の花がドドーン\(^o^)/と咲くかもしれませんよね~。 ・・希少植物だけに、大もうけが出来るかも( ̄▼ ̄メ)ククク・・ヾ(=^T^;=)ヨソサマノダヨ~光に透けた瑞々しいオレンジ色のチューリップの花が とっても綺麗ですね^^マガモさんの鳥の良さそうな表情と、カールした尾羽(?)も良い味出してます~^m^三ツ星レストランでは美味しいお米がとれそうですね(゜p゜*)ジュルッ・・

  5. #5 投稿者: アカゲラ (2010年4月27日 - 07:59)

    こんばんはアカショウビン様のお宅の庭はどうなっているんでしょう??クマを飼っていらっしゃるんですか?!(^^)!「クマガイソウ」とは モドキ様も 脱帽しますね!(^^)!!(^^)!最近は 雀の数が減っており,そのうちに 希少種になるかも(そんなことはないですね!(^^)!)。お向いさんの テーブルには 雀とヒヨドリしか 寄ってきませんので,お主人が 嘆いていましたがね!(^^)!機会があったら 水の張った 田んぼを うろついて シギを探してみようと思っていますが!(^^)! 見つかるでしょうかね(-"-)GWは 野暮用もありませんので,のんびり 鳥追いでも やって 暇をつぶします!(^^)!

  6. #6 投稿者: たんぽぽ (2010年4月27日 - 09:35)

    チューリップ、綺麗ですね!今年は特に異常気象ですね。マガモさん、モデルさんみたい(^_^)

  7. #7 投稿者: アカショウビン (2010年4月27日 - 23:18)

    Namiさん、こんにちは♪今年のクマガイソウは2週間ぐらい遅れていたのですが、その後の仕打ちは酷かったです(>_<)昨年の今頃は、たくさんの花が咲いていましたが、今年は咲いても形が悪かったり、変色したりで、天候の影響は大きいですね(ーー;)マガモは本来警戒心が非常に強い鳥ですが、私の様子を伺いながら、ゆっくり通り過ぎていきましたよ^^スズメ自体は亜種の記載はないので、全国同じだと思います。(冬季には、ニュウナイスズメという頬の白いスズメの仲間が見られる可能性はありますが、沖縄で観察できるのかよくわかりません)動物全般的に、同じ種でも北ほど大きく、南ほど小さい傾向があるようです。体温の維持のため、北ほど大型化すると云われていますが、スズメは、年間を通してそれほど移動しないはずですので、暖かい沖縄では、スリムに進化しているのかもしれませんね(^^)ムナグロはずいぶん違うでしょ!冬に見ると、語源が想像できませんが、夏はムナグロだけでなくガングロでハラグロです(笑)

  8. #8 投稿者: アカショウビン (2010年4月27日 - 23:22)

    abendさん、こんにちは♪マガモは、私の存在を気にしていたのかもしれません^^;カメラ目線でポーズをとってくれたと思いたいですね(*´∇`*)クマガイソウはとても残念でしたが、葉は元気なので、来年に期待したいと思います(^^)

  9. #9 投稿者: アカショウビン (2010年4月27日 - 23:43)

    ちえたんさん、こんにちは♪私の家の近くは、熊がよく出るようですよ(;´Д`A “`昨年はあまり目撃例がなかったようですが、連日のように熊情報の連絡があるときもあります。私が実際に見たのは一度しかないですが、30m位の距離だったので固まってしまいました(>_<;)それでも、私がカメラのシャッターを押したら、一目散に逃げたので、音に対する警戒心は並外れたものがあると感じました。中国山地は、熊が多いですから、気を付けてくださいね^^クマガイソウは蘭の中でも変り種ですが、エビネは小さな花がたくさん付く種類です。こちらは、これから花芽が出て咲く可能性もあるので、咲いたら紹介しますね(*´∇`*)マガモは基本的には冬鳥ですが、ごく一部は繁殖もしていますよ。マガモとしては、警戒心が非常に弱かったので、こちらで生まれ育ったのではないかと思いました。田んぼにはどんな鳥が群がっていたのでしょう?ツグミやカワラヒワ、スズメ、ヒバリなどが居たかもしれませんね(^_^)私の家の周りでは、3月頃が田んぼに鳥が多くて、これからはツバメやサギ類とカラスくらいです。

  10. #10 投稿者: アカショウビン (2010年4月27日 - 23:56)

    となりの くまたさん、こんにちは♪今年クマは冬眠から目覚めるタイミングが悪く、全滅してしまいました(>_<;)そうそう!今年花を咲かせるエネルギーが要らなかった分、来年ドドーンと、たくさんの花が咲くことに期待したいですね(*´∇`*)くまた家のカタクリたちも、いつかその日を夢見て、栄養を蓄えていることでしょう(^^いっぱい増やして、くまたさんに押し売りすれば、私の懐も潤うことでしょう(^m^)あっ!実が生らないので、やっぱり買ってもらえないかな~(ーー)チューリップも花の形がいびつなものが多いですよ。私の冬場の行いが、ここまで影響を及ぼすとは・・・マガモさんはちょっと寝癖がついてますね(笑)顔もまだ眠そうに見えますね(´0`)ゞ田んぼは、鳥たちの快○のおかげで、きっと豊作になることでしょう(*^-^)

  11. #11 投稿者: アカショウビン (2010年4月28日 - 00:06)

    暇人 アカゲラさん、こんにちは♪我が家では熊を放し飼いにしているのですが、今年は元気もないようです(>_<)こちらではスズメが減った印象は感じないのですが、話はよく耳にしますので、全国的には減っているのでしょうね。どちらかというと、ここ最近ツバメが激減している印象があります。昨年は少し持ち直した感じもしましたが、今年も今のところ数が極端に少ない印象で、イワツバメまで少ないです(ーー)気温が上がって、もう少し渡ってくると良いのですが・・・そろそろこちらでは、山のシーズンですが、家の近くでは夏鳥の声をまだ聞きません(-""-;)

  12. #12 投稿者: アカショウビン (2010年4月28日 - 00:12)

    たんぽぽさん、こんにちは♪チューリップはやっと咲き始めた感じですが、花の状態が悪く、写真に撮れるようなものがほとんど無いです(>_<)昨年の秋から、鳥の様子もかなり違っていて、異常気象を察知していたのかもしれません。マガモさんは、泳がずに、モデルウォーキングをしていましたよ(*´∇`*)衣装も綺麗ですね(^_^)

  13. #13 投稿者: hulala (2010年4月28日 - 05:52)

    こんにちはクマガイソウが沢山ありますね、すごいです。今年の天候不順で花がやられてしまったようで、残念です。葉を見ると私はどうしてもエリマキトカゲに見えてしまって・・・m(__)mこの次はきれいに咲いて欲しいですね。シュンランのみどりが美しい、我が家のシュンランは見損ないました。↓のソリハシセイタカシギもユニークなくちばしですね。快食快○・・・写真もそれの長さも、お見事です。これ○自体も白と黒なのかしら?

  14. #14 投稿者: ニコラス (2010年4月28日 - 06:13)

    スズメ コロコロのようですね!美味しいおコメがあるのでしょうね?(w

  15. #15 投稿者: アカショウビン (2010年4月28日 - 06:29)

    hulalaさん、こんにちは♪クマガイソウの花芽は、寒さに弱いようですね(ーー)何か被せておけば、守れたと思うので、良い教訓になると思います^^葉は、蘭科の植物とは思えないようなユニークさがありますね。エリマキトカゲという表現は気に入りました(*´∇`*)春蘭は、目立つ場所にあるのですが、花の色が葉に紛れて目立たないので、私は昨年見逃しました(^^ゞソリハシセイタカシギは、日本の野鳥でも1、2を争うユニークな嘴なので、鳥見を始めた頃から一度見てみたいと思っていましたが、ようやく叶いました(^^)鳥の○は、ツバメなどと同じように、白黒交ったものだと思います。鳥の場合は大小を兼ねていて、白い部分は小に相当するものですが、尿素の色だそうですよ。

  16. #16 投稿者: アカショウビン (2010年4月28日 - 06:41)

    SK ニコラスさん、こんにちは♪スズメは、美味しいお米をいっぱい食べて育ったかもしれませんね(^^)寒暖の差が激しいほど、お米が美味しくなるようで、私の住んでいる地域のお米は、お値段も高いです(^^;ただ、今回は寒暖の差が激しすぎたようですね(>_<)

  17. #17 投稿者: koyuki (2010年4月28日 - 13:04)

    こんばんは^^クマガイソウ可愛そうですね。種を残す事も出来なくてますます絶滅危惧種の難度が高まりそう。北海道でも自生してるようですが見たことありません。ラン科はお手入れが大変と思いますが・・・アカショウビンさんは見る人、撮る人ですね^^。Koyukiもやっとノビタキさんに会えました。ツグミさん未だ居ます。熊さんには会ってませんが鶯の初音も聞きました。ムナグロさんは会えませんがオオジシギも渡ってきているようです。イソシギさんの飛翔バッチシですね!鳥の名前も花の名前も良くご存知ですね(@_@;)

  18. #18 投稿者: モドキ (2010年4月29日 - 13:33)

    アカショウビンさん、連休前に大阪往復のせっかちなmodokiです。不純な季節のいたずらのせいで、せっかくの花が可愛そうですね。黒ノビ君、帰省時に見に行くつもりが行けませんでした。したがって、今季は未見のままですぅ。ムナグロの夏羽と冬羽の比較が面白いです。ほんと、不思議でもありますね。

  19. #19 投稿者: アカショウビン (2010年4月29日 - 23:12)

    ☆ koyukiさん、こんにちは♪クマガイソウは、種はできるらしいのですが、発芽しないのですよ^^;なので、増殖技術の確立されているよく似たアツモリソウより、貴重性が高いということになると思います。礼文島にのみ自生するという、レブンアツモリソウは格段に貴重でしょうが・・・熱帯の蘭とは違って、日本に自生している種類ですから、場所の条件が良ければ、手入れは特に必要ありませんよ^^せいぜい、花のあと早めに摘花して体力を保つくらいですが、今年は、早く摘花をする羽目になりました(ーー)今年は気候のせいか、渡りが幾分遅い気がしますね。昨日は、ようやくアマサギを見ましたが、写真は撮れませんでした(>_<)オオジシギは、こちらでも僅かに繁殖しているらしいですが、近年の状況はよくわかりません。何度か、過去に繁殖記録の場所に足を運びましたが、成果は得られずです(-""-;)花の名前は、昨年頑張って調べましたので、今年は少し楽になりました(´▽`)頭に名前が入っているのは少ないですよ(^^;

  20. #20 投稿者: アカショウビン (2010年4月29日 - 23:20)

    モドキさん、こんにちは♪せっかく連休前に大阪へ帰ったのに、またとんぼ返りですか?仕事のためとはいえ、大変ですね^^;今年は花にとっても、鳥にとっても、試練の年になるかもしれませんね。ノビタキは、かなりの個体数を見ましたので、もう少しチャンスがあるかもですよ^^菜の花とのコンビネーションを撮りたかったですが、菜の花畑には登場してくれませんでした(>_<)この時期の、シギやチドリの色の個体差には驚かされますね。別種のムナグロとダイゼンが、夏羽冬羽共によく似ていることも、摩訶不思議ですね(^^)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。