迷走ε=ε=ε=(?_?;)

先週は蝉やホトトギスが鳴いたりしていましたので、
このまま暑くなるかと思ったら、今週はまた少し肌寒くなりましたね。

今朝は、家のすぐそばでトラツグミがよく鳴いていました。
4月頃は連日鳴き声が聞こえていたので、
抱卵が終了し雛が誕生し餌運びの時期にでもなっているのでしょうか?

ヒ~~ン♪ヒ~~ン♪というちょっと寂しげな声で鳴き、私は結構好きな鳴き声ですが、
人によっては、真夜中に聞くとちょっと気持悪いかもしれません^^;

さて土曜日のこと、お山に向かう途中、タヌキを見たのですが、
今考えると、これが諸悪の根源だったかも・・・(^^;

この日は薄曇りで、アカショウビンを撮影するには
快晴より遥かに良いコンディションでした。

もう囀りが始まっていると思われた、もう一つの目的の鳥は全く声が聞こえませんでした(-“”-;)
アカショウビンは近くへは来たものの、全くサービスなしで、
4時間経過・・・・
前日までサービスデーが続いていたらしいので、粘ろうかとも思いましたが、
好転する可能性は低いと判断し、近所の山までUターンしました。

山ではヤブデマリがたくさん咲いていました^^
1337

昼前とあって、鳥も愛想が悪かったですが、

今回はサンコウチョウの全身写真をかろうじてGetできました。
雄の体長は45cm・・鳩とカラスの間くらいです。 

image4686

カワラヒワ
この個体は、三列風切外弁の白色部の幅が1本だけかなり広く、
冬場だとオオカワラヒワとの野外識別は困難なのかな?という気がしてきました(;´Д`A “`
背中の中央に近い方も広い場合ならオオカワラヒワを考えてよいのかな?

・・・ちょっと研究が必要なようです。

image4675

鳥がイマイチなので、昆虫を撮って遊んでみました。
これは、たぶんカワトンボ(アサヒナカワトンボ?)だと思います
1335

コミスジ
1332

アカタテハ
1333

ミヤマカラスアゲハ
1334

次は、川に期待して移動しました。
セグロセキレイ
image4677

ダイサギ
image4676

アオサギの雛はかなり成長していました
image4678

ネエネエご飯ちょうだい!
image4679

お腹空いたよ~ガブッ(^O^)
image4680

ウグッ・・・これじゃご飯があげられないでしょ(ーー#)
image4681

やった!!御飯だぁ、僕にもちょうだい!!
image4682

(〃´o`)=3 フゥやれやれ(^^;
image4683

もっとちょうだい(^O^)ノ     ( ´△`;)アァ-疲れた
image4684

ヤマセミに期待もしたのですが、昼ごろは不活発なので、姿が見えませんでした。

困った時はブッポウソウと思い移動したものの、
証拠写真だけ撮って、条件の良い場所に移動して撮影準備をした直後に農作業が始まってしまい、

ブッポウソウは警戒して森に避難したまま戻ってこないので、あえなく撤収しました(ーー)
でも、この場所だけで、最低でも6羽飛来していることが確認できましたよ(^_^) 

1401

1400

すぐ近くで発見したシオカラトンボ。
トンボ類はブッポウソウの標的の一つですが、
シオカラトンボは、ヤンマ類のように長時間飛び続けることは少ないので、

何とか生き延びることができるかもしれませんね^^; 

1336

あちこちウロウロしてみましたが、思うような写真が撮れませんでした。
ダメな時って何をやっても上手くいかないものですね(T_T;)
本当に困った時は、最後の命綱、
必ず撮れるアカショウビン植物園に助けてもらいました(^^ゞ

オダマキ
1342

アイリス
1340

1339

アヤメ
1341

ヒメフウロ
1343

多肉植物の花ですが、名前が判りません。
1345

フランスギク
1346

ニワゼキショウ
道端で普通に見られる花ですが、結構綺麗ですよね。
この花の形で、アヤメ科の植物というのは意外な感じがします。
1338

夕方なので花の状態が悪いですが、ムラサキツユクサ。
以前のものより赤色寄りで、花がやや小型です。

・・・ということは少し前に撮った方は、オオムラサキツユクサなのかもしれません。
1344
 
広告
  1. #1 投稿者: ポン太 (2010年5月25日 - 06:32)

    こんにちわ何気に見過ごしそうになりましたが、もうトンボが飛んでいるんですね♪こちらだと夏の時期にしか出会わないので、かなりはやく感じますwサギのひなは立ってエサをまっているせいか大きくみえますね^^

  2. #2 投稿者: koyuki (2010年5月25日 - 07:15)

    鳥、蝶、花と盛りだくさんですね!前回サンコウチョウシリーズ見せていただきました。お宝のフィールドをいろいろ開拓されたのでしょうね。シオカラトンボも!秋の昆虫かと思ってました^^;。アオサギさんの雛たち食欲旺盛ですね~こちらでは高木にコロニーがありますので雛は見えません^^;。お庭のお花さんの撮影も忙しそう^^ピンクのムラサキツユクサは葉の色も変わってますね。

  3. #3 投稿者: Nami (2010年5月25日 - 07:55)

    ヤブデマリって、素敵なお花ですネ。植物園のお花たちも。(^^)アオサギの親子、メチャクチャかわいい~!!!雛たち、こんなに大きくなってもまだ甘えているんですネ~。(^^)鳥の世界も親は大変そう。

  4. #4 投稿者: abend (2010年5月25日 - 10:12)

    ブッポウソウ インコかと思いました。綺麗ですね。そして花たち どれもすごく綺麗です。ヤブデマリが山紫陽花に見えましたよ。

  5. #5 投稿者: アカゲラ (2010年5月25日 - 11:01)

    こんばんはそちらは もう トンボが飛んでいるんですか!(^^)! こちらは まだ 1頭も飛んでいません。羽化の姿も見られませんです。まだ 寒さが残っているせいかもしれませんね。アオサギの姿 可愛いですね。市内 北にある コロニーにも 行ってみたいのですが なかなか時間がありませんです!(^^)!。明日からは 野暮用が 続きますので,思うように活動はできませんです。きょうも 1日雨でしたが 頑張って 公園を一回りしてきましたが, 収穫は エゾリスだけでした(-_-メ)

  6. #6 投稿者: たんぽぽ (2010年5月25日 - 14:10)

    素敵な写真がたくさんありますね!アオサギの雛、とてもおもしろかったです(^_^)サンコウチョウの全身写真が撮れてよかったですね。ヒメフウロ、かわいい❤

  7. #7 投稿者: モドキ (2010年5月25日 - 14:53)

    こんばんは♪天気がスッキリしませんね。それに、こちらは暑いです。なんだかんだと言いながらサンコウチョウとブッポウソウをしっかり押さえてらっしゃる。う~ん、羨ましい!こちらでも、神奈川方面の山間部ではサンコウチョウは繁殖しているようです。ブッポウソウはいないなぁ~っ。甲信越方面へ出かければいるらしいけど・・・独特のブルーですね。吉備中央町へ出かけたドライブが懐かしいです。アオサギファミリーのストーリーは暇人さん風のタッチでほのぼのさせていただきました。

  8. #8 投稿者: ちえたん (2010年5月25日 - 22:59)

    アカショウビンさん♪ おはよぉ~ございま~~す^^(-^〇^-) あははは アオサギ親子の会話~面白いですぅ~~ (●^o^●)ホントに、そんな風におしゃべりしてるように見えまつね^^こちらでも、アオサギやシラサギ沢山いますけど・・・・。どこで繁殖してるのか?巣を見たことはないです・・・・><昆虫もフォトに撮ると、細部まで見れて綺麗ですね^^ちえも、今度挑戦してみよ~~っと^^うんうん^^ブッポウソウだぁ~~~~❤ うっとり~~~❤綺麗な色ですよねぇ~ 6羽も発見したのでつかぁ?(@@)どんどん逢いたくなってきました・・・・(-。-) ボソッおっと!仕事に行く時間で~~す^^行ってきます=3=3=3

  9. #9 投稿者: アカショウビン (2010年5月25日 - 23:07)

    ♂ ポン太さん、こんにちは♪トンボは4月頃に初めて見たように思います^^カワトンボの方はかなりの数でした。ただこのトンボは、山の中の湿った薄暗いような場所で見られますので、平地ではあまりお目にかかれないかもしれませんね。アオサギの雛は、かなり成長していましたよ(*´∇`*)でも、親と同じくらいの大きさに育って巣立ちをするので、あと1か月位かかるのではないでしょうか。

  10. #10 投稿者: アカショウビン (2010年5月25日 - 23:21)

    ☆ koyukiさん、こんにちは♪数だけは撮れたのですが、やはり思うような鳥の写真が撮れないと、チョット寂しいですね(ーー)お宝はなかなか見つからないですね。声はすれど、姿が見えずばかりで、朝から晩まで定点観察をされる方もいらっしゃいますが、貴重な休みに、何も撮れないと辛いので、迷走してしまいました(^^;シオカラトンボは、8月頃からよく見るような気がしますが、この時期でも、時々見ることがありますね。アオサギは急傾斜地の高木ですが、見通しの良い場所にあります(*´∇`*)今年は手前に葉が茂っていない巣が、いくつかあって、撮りやすかったです(^^)vムラサキツユクサの葉は、やや白っぽさがありますね。見た目では、固くてしっかりした感じでした。

  11. #11 投稿者: アカショウビン (2010年5月25日 - 23:31)

    Namiさん、こんにちは♪ヤブデマリは、一本の木にたくさん花が付くので、かなり見ごたえがあります(*´∇`*)鳥の多くは、親と同じくらいの大きさに成長して巣立つので、親の餌運びも大変でしょうね(^^;アオサギは、餌運びの期間が2か月近くあるようで、鳥の中ではかなり長い方ですね。反対に、サンコウチョウは10日から12日で未熟なまま巣立ちます。巣立った後も、暫くは雛に餌を運ぶのでどちらにしても、親は大変ですね(;^_^A

  12. #12 投稿者: アカショウビン (2010年5月25日 - 23:42)

    abendさん、こんにちは♪インコ!?嘴や脚の色が派手だからでしょうかね?ヤブデマリは、紫陽花によく似た花ですね^^結構大きくてしっかりした木に、たくさんの花が咲くので遠くからでもよく目立ちます。山では、他にも似たような花を咲かせる植物は多いですよ(^^)バラ目とマツムシソウ目という、かなり遠い関係なのに花が良く似ているというのは、面白いことですね(^_^)

  13. #13 投稿者: アカショウビン (2010年5月26日 - 01:03)

    暇人 アカゲラさん、こんにちは♪トンボは先月から見かけるようになりましたが、まだ数は少ないです。アオサギは昔はほとんど見かけることのない鳥でしたが、最近はどんどん増えていますね(>_<)アユの放流などが、数を増やしている原因の一つだと思いますので、人間が飼っているようなものかもしれません(^^;餌が競合するヤマセミにとっては、いい迷惑でしょうね。公園でエゾリスなんて良いじゃないですか!こちらではいくら探しても、絶対に見られませんので・・・・

  14. #14 投稿者: アカショウビン (2010年5月26日 - 01:08)

    たんぽぽさん、こんにちは♪ありがとうございます(^^)アオサギの雛はいつもお腹を空かしているようですよ^^;育ち盛りの、たんぽぽさんの、息子さんも同じでしょうね(笑)嘴で音を出しているのでしょうが、カタカタというような音が聞こえてきます♪サンコウチョウは、もう少しスッキリ撮りたかったですが、次の宿題ですね。ヒメフウロ、ピンクが可愛いですね(*´∇`*)

  15. #15 投稿者: アカショウビン (2010年5月26日 - 01:23)

    モドキさん、こんにちは♪日曜日からずっと天気が悪いですね(>_<)最低気温は何とか2桁ですが、日差しがないので寒さを感じます。サンコウチョウは杉林などではどこでも見られて、近年は数が少ないというのが信じられないくらいです。ただ、数は多くても、撮りにくい鳥ではありますね(^^;ブッポウソウも、場所限定ではありますが、おそらく最も飛来数の多い地域でしょうから、撮りやすくて、普通種のような感覚がありますね(^^)ムクドリや、ハクセキレイを撮るより楽チンです(笑)アオサギは普段は気にもとめない鳥ですが、子育て中は、じっくり観察するのも面白いですね(^_^)

  16. #16 投稿者: アカショウビン (2010年5月26日 - 01:42)

    ちえたんさん、こんにちは♪アオサギ親子、なんだかドタバタしてましたよ(^^;私のアフレコ?も、なかなかのものでしょ(^^)vサギの巣の多くは川沿いの木が茂っているような場所ですね。太田川などではあちこちで見かけますよ。多くの群れが集まって子育てをするので、サギがたくさん見られる場所の近くを探してみてくださいね(^_^)昆虫の写真を撮るのは、鳥と同じような感覚があって楽しいですよ!夏場は、鳥の写真が撮りにくい時期なので、興味があるのなら、手軽でお勧めです(*^-^)ブッポウソウは、少し前までは、たまに目にするというくらいでしたが、最近保護の成果で、かなり増えてきましたね(^^)日本へ飛来するのが700羽程度とも云われていますので、6羽見つかれば、それだけで1%くらいに相当するので、すごいことです(*´∇`*)

  17. #17 投稿者: くまた (2010年5月26日 - 05:15)

    アラアラ・・雛サギちゃんてば、ママの嘴がご飯に見えちゃうんでしょうか( ̄▽ ̄;それを淡々とうけいれている母サギさんが、これまた良い味出してますね~^^ (ーー;)サンコウチョウさんの体長は45cmとのことですが尾羽を除いた本体(?)はスズメよりも小さそうですね。アカショウビン植物園、頼りがいがありますね~^^このオダマキの色、爽やかで可愛らしくて素敵っ(*^_^*)アヤメの白も好いですね大ムラサキツユクサとムラサキツユクサは葉っぱで見分けることが出来るみたいですよ。こちら↓に詳しく載ってました。http://www.ne.jp/asahi/kumagaisan/flowers/ohmurasakitsuyukusa.html家にも、どちらか分からないムラサキツユクサがあるのでこれから調べてみようと思います^^;  (^_^;)コレカラカイ!

  18. #18 投稿者: アカショウビン (2010年5月26日 - 07:13)

    となりの くまたさん、こんにちは♪サギの雛たちは、親のことを、ご飯をせっせと運ぶお手伝いさんくらいにしか思ってないかもしれませんね(^^;無償の愛・・そこが素晴らしいことなのでしょうね(^_^)サンコウチョウのメスが17cm、スズメが14cm・・スズメの尾羽が短いことを考えると、本体の長さは同じくらいかもしれませんね。気になって体重を調べたら、サンコウチョウのメスが19gとスズメが24g・・やはりスズメはメタボのようです(笑)それより驚いたのが、サンコウチョウのオスの体重が29gということなので、雄雌本体はほぼ同じと考えると、尾羽だけで10g程度もあるのでしょうか(@@;体重58kgの鳥で考えたら、尾羽が20kgもあるなんて(ノ゜⊿゜)ノメスをGetするために必要なのでしょうが、これで海を渡ってくるとは驚きですね(;^_^Aムラサキツユクサは花の大きさだけでなく、葉の幅なども違うのですね。花も葉も25mm位が境界ということは、物差しも必要なようですね!500円玉の直径が26.5mmなので、簡単に調べるのには使えるかな。?c(゜.゜*)エート。。。我が家にそんな、はした金があったっけ(?_?)

  19. #19 投稿者: ニコラス (2010年5月26日 - 19:05)

    アオサギ親子の会話は微笑ましいです。>体重58kgの鳥で考えたら、尾羽が20kgもあるなんて(ノ゜⊿゜)ノシャッキントリ?(w

  20. #20 投稿者: アカショウビン (2010年5月26日 - 23:03)

    SK ニコラスさん、こんにちは♪子育て期間中は、どの鳥も同じようなことを繰り返しているはずですが、大変な労力ですね^^;どれだけの餌を食べて成長するのか分かりませんが、沢山の鳥が成長するだけの、餌が充分あるというのもすごいですね(*´∇`*)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。