独り立ちの季節

日曜日の早朝は、この時期、私の地域の周辺でごく稀に観察されることのある、
色違いの私?を探しに出かけてみたのですが、
さすがに見つかりませんでした。
0054

標本だと美しさが伝わらないので、
興味があればネットで検索してみてください。

日本で観察できる鳥の中では、最も見てみたい種類なのですが、
探す範囲も、とてつもなく広いので、相当な幸運が必要なことでしょう。
(海外を含めると特別珍しい鳥ではありません)

離島などでは渡りの時期にほぼ毎年のように観察されるのですが、

近年、夏季に観察されたことのある地域=繁殖している可能性がある地域、
というのはおそらく国内でも他にはほとんど無いだろうと思います。
何十年か前には写真を撮られていた方がいらっしゃったのですが、
現在は、この鳥を本気で探していらっしゃる方はいないかもしれません。

日本で繁殖行動が確認されたのは、過去3例だけで、いずれも巣立ちまでには至らなかったようです。
ただ、こちらでは近年にも観察されたという情報がいくつかあるので、
ごく僅かに繁殖しているのではないかと期待しています。

渡り期に観察された場所のいくつかは、立ち寄ったりすることも少なくないのですが、
未だに発見出来ずです。
死ぬまでに一度、しかも遠征ではなく身近な場所で見てみたいと思っています(*゜▽゜)ノ

結局午前中残りの時間は、いつものように近所の探索をしていました。
クサシギ
 image4908

キビタキ幼鳥
image4910

クロツグミ
image4911

メジロ
image4912

ブッポウソウ
外ってなんだか楽しそう(^o^)
image4913

あ~ホントだ(^O^)
image4914

お腹空いたでしょ!!
うんヽ(=´▽`=)ノ
image4915

でもご飯は無しよ(^m^)
え~(;`O´)o
image4916

ここで時間切れタイムアップしたのですが、
この行動が見られたということは、この後巣立ったかもしれませんね(*´∇`*)

6月の中旬頃、ブッポウソウが自宅のすぐ傍に現れ、人工物以外の巣穴候補を頻りに覗きにきていたのですが、
残念ながらその場所は使用しなかったようです(ーー;)

人工物以外の場所で繁殖することは非常に珍しく、
しかも本来の営巣場所の樹洞やキツツキの古巣でもない場所で、
そこを利用すればスクープだったのですが、なかなか思い通りにはなりませんね。
来年以降にでも使ってくれたら面白いので、営巣しようとした場所は伏せておきます。

午後に出かける途中、ヤマセミにも出会いました(* ̄▽ ̄)ノ~~
image4917

カワミドリ
1683

ヘクソカズラ
下品な名前ですね(笑)
1684

クサアジサイ
1685

ツチイナゴ
1686

オオシオカラトンボ
1687

アオメアブ
1688

ヒメウラジャノメ
1689

ホソバセセリ
1690

カミキリムシの一種
1691

ルリシジミ
1692

コミスジ
1693

オニヤンマ
1694

広告
  1. #1 投稿者: Kanaconnie (2010年8月2日 - 05:19)

    アオショウビンさん、でしょうか?美しいですね。いつかきっと見れますよ。ブッポウソウ劇場、楽しいです。益々ファンになりましたよ。羽の色にばかり気をとられていましたが、可愛い顔しているんですね。あら、そういえば今日は歌わないんですね。(笑)

  2. #2 投稿者: アカショウビン (2010年8月2日 - 06:06)

    Ogawa Kanaconnie さん、こんにちは♪実は標本の横に名前が書いてあるのですが、ヤマショウビンという名前の鳥ですね(^_^)アオショウビンという鳥も実在していて、過去には日本の南西諸島で記録があるそうですが、一般的には見ることが出来ません。○○ショウビンと名前の付く鳥は、東南アジアにはかなりの種類が生息していて、マレーシアでもアカショウビン、ヤマショウビン、アオショウビン、ナンヨウショウビンなど、一般的に見られるだろうと思います(*´∇`*)Kanaconnieさんがブログに乗せたら、私は相当悔しがりますよ(笑)喉の調子は良いのですが、夏バテで作詞する頭が回転しておりません( ̄ー ̄;

  3. #3 投稿者: アカゲラ (2010年8月2日 - 07:00)

    こんにちはブッポウソウの雛・・・可愛いですね!(^^)!。そろそろ幼鳥が 飛び出しているんですね。こちらでは もう少し先になるかもしれません。今は まだ ウグイスが元気ですが,その他の 小鳥さんの気配は 感じません!(^^)!こちらは カワセミが飛んでいるのを 何度か見かけています。カワセミ狙いのバーダーさんが 増えてきていますので,大人しく池際を散歩していますヨ!(^^)!きょうも 池際の枝を覗きながら歩いていましたら,カワセミが 一休みしていましたが,すぐに 飛んで行ってしまいました!(^^)!そろそろ カワセミの動きが活発になってきたようです。ヤマショウビン・・実物を拝んでみたいものですね!(^^)!

  4. #4 投稿者: くまた (2010年8月2日 - 08:08)

    雛ブッポウソウちゃん、この後 ご飯に釣られて外界デビューを果たしたのでしょうか?ご飯を銜えて 素早く方向転換をするママを見る雛の「何それ~~(TДT)」なお顔ってば^m^アカショウビンさんは人工物の巣に少々ご不満のようですが、クマにしてみれば例えモニター越しであっても、こんな美しい鳥さんの活き活きとした生態を見られるだけで有り難いことでございます。しかもバッチリ現場報告付きなんて、贅沢贅沢 m(__)mアリガトデス~ヤマセミさんにしても、なかなか見る事が出来ない鳥さんなのに、此方ではあまりにも普通で^^;ヤマショウビンさんは、ご親戚だけあってシルエットは かなりアカショウビンさんに近いですね。美味しいワカメと鮑のとれる舳倉島では毎年見る事が出来るとか(ググってみました^^)ヤマショウビンさんもアワビ食べるのかなぁ・・ (゜p゜*)イイナァ・・  (ーー;)へ○ソカズラさん、可愛いお花なのに、この名前はちょっとかわいそうですよね^^;でも、匂いが・・・・・らしいですよ。クマは敢えて嗅いだ事はありませんが・・。

  5. #5 投稿者: ちえたん (2010年8月2日 - 08:45)

    アカショウビンさん♪ こんにちは^^んでただいまぁ~ん♪ここ数日うだる様な暑さで、集中力・気力・体力も萎えてしまってるワタシでつ。。。。(* ̄ρ ̄)”ほほぅ… ヤマショウビンさん^^図鑑で見てみました^^アカショウビンちゃんと同じく、赤くて色っぽい長い嘴が特徴なんでつね?^^わぁ~沢山の幼鳥可愛いですねぇ~♪巣立ちの時期なんですね^^家の周りでもスズメやツバメが巣立って最近電線とかに沢山留まっていますよ^^ヤマセミさんに逢ったのでつかぁ?いいな・・・・イジ ☞☜ イジ ていうか・・・さっき!帰宅途中で遭遇できました~ (●^o^●)双眼鏡で確認しましたょv^^vブッポウソウの幼鳥は少し色が違うんですね?(緑がかって見える?)餌をねだる様子^^親子劇場が可愛いですぅ~(。◠‿◠。)ニコッ「ヘクソカズラ」ほんとにそういう名前なんでつか?アカショウビンさんが勝手に付けたとかぁ…(;-。-)昆虫さんもいっぱいですね^^ちえも昨日撮ってみましたが、なかなか上手く撮れませんでした^^;;

  6. #6 投稿者: ちえたん (2010年8月2日 - 08:46)

    アカショウビンさんへ またまた長くなりすぎました・・・(((o_ _)o ペコリっ。。ゴメンナサイ。。。(。◔‸◔。)?今日は「カラオケショップ ○○ショウビン」は休業日なんですねぇ~><次回の開店を楽しみにしていまつよん^^(ところで壁紙変えられたんですね?涼しそうな青色でおk~でつね^^)

  7. #7 投稿者: koyuki (2010年8月2日 - 11:45)

    こんばんは~^^ヤマショウビンさんは観察難易度の高い鳥さんのようでアカショウビンさんに負けず劣らずですね。ブッポウソウの雛さん可愛いですね!嘴が幼いですね^^。2頭顔を出してるところがナイスショット!何時も盛りだくさんがご近所でご用達出来て幸せですね。えっ?苦労してるよって?ハイ!良く解っております<(_ _)>

  8. #8 投稿者: abend (2010年8月2日 - 11:45)

    ブッポウソウの雛 かわいらしいですね。ヤマショウビンって綺麗な色ですね^^

  9. #9 投稿者: モドキ (2010年8月2日 - 15:05)

    アカショウビンさん、こんばんは♪お盆も近いことですから、御親戚の動向が気になりますね(笑)ヤマショウビンやヤイロチョウは絶対に見られない鳥ではないだけに、よけい気になりますね。この道にハマってしまった限りは1度は見てみたいです。国内で!ブッポウソウも巣立ちが近そうですね。親が餌を持って外で待っているのは、巣立ちを促しているといわれますね。以前、湖北のアカショウビンさんのご兄弟の営巣では、親が外でトカゲをくわえていました(笑)ヘクソカズラ、よく話題になりますよね。下品だけど、可憐ですよね。鳥類ではなく蝶類のラインナップもなかなかのもの。ホソバセセリはお初です!

  10. #10 投稿者: たんぽぽ (2010年8月2日 - 21:02)

    シジュウカラ、かわいいですね(^。^)ブッポウソウ、とてもおもしろいですね(笑)ヘクソカズラ、凄い名前・・・・(>_<)オニヤンマ、きれいですね♪

  11. #11 投稿者: アカショウビン (2010年8月2日 - 23:11)

    暇人 アカゲラさん、こんにちは♪今年はブッポウソウの繁殖が遅く心配していましたが、たくさんの雛が育っているようです(^_^)例年だと、この時期はキジバトとセミの声ばかりになってしまいますが、今年はまだかなりの囀りが聞かれます。お盆を過ぎる頃には、山からほとんどの鳥が姿を消してしまいますが、今年は8月末くらいまで楽しめるかもしれません(*´∇`*)カワセミはなかなか相性が悪くて、他の鳥を待っているときに、たまたま近くに来たらカメラを向けるくらいです(^^ゞ

  12. #12 投稿者: アカショウビン (2010年8月2日 - 23:43)

    となりの くまた さん、こんにちは♪ブッポウソウの雛のその後は確認していませんが、この日か遅くても翌日には巣立ったのではないかと思います(*´∇`*)前日には、餌を頻繁に運んでいたそうなので、雛もチョッとビックリだったでしょうね(^^;どの鳥でもそうですが、人工物が写らない場所で撮りたいというのが本心ですね。ブッポウソウの場合は、巣箱がなければ簡単に絶滅してしまうほど危機に瀕しているのですが、裏を返せば、巣箱の設置だけで保護ができるということで、いろいろな対策を行っても、数が減少し続けている鳥が多い中では、特別な存在ですね(*゜▽゜)ノ自宅近くでブッポウソウを確認したのは、今年が初めてなのですが、数が増えている証拠でもあり、近くには巣箱はないので、人工物以外を使って繁殖している可能性は高いと思います。来年以降も目が離せなくなりました(*^-^)

  13. #13 投稿者: アカショウビン (2010年8月2日 - 23:43)

    となりの くまた さん、続きです♪舳倉島は野鳥撮影者にとっては、聖地のような場所ですね。ヤマショウビンに限らず、本土ではほとんど観察できないような鳥がたくさん観察できる場所です(^_^)遠くて時間がかかるので、リタイヤしなければ無理かなぁ~機会があれば、近場の隠岐にでも行って見たいと思っています(*^-^)ヤマショウビンにアワビを盗られる前に、なんちゃっての私が食べなきゃ(^q^)へ○ソカズラは、葉や茎もそうですが実の臭いが強いようですね。花が終われば忘れてしまいますし、写真を撮っている限りでは臭いは気がつきませんでした(^^)v(←ドンカン)

  14. #14 投稿者: ポン太 (2010年8月3日 - 00:25)

    おはようございますヤマショウビンに上手く会えると良いですねw確かに標本だけだと美しさがわからないのであとでググッてみます♪ブッポウソウのヒナ達は愛嬌があって可愛いですね!親鳥がエサでヒナ鳥を外に導こうとすると巣立ちの時なんですね。メジロは秋から春にかけてはいるのですが、この夏に見ることがないです^^

  15. #15 投稿者: アカショウビン (2010年8月3日 - 00:48)

    ✿ ちえたんさん、こんにちは♪お帰り~っ・・・って、いつから私の家の子になったんだろう(?_?)また一段と暑くなって、たぶん昨日は今年最高気温でした(@-@;;何もかも衰えて、疲れが、全然取れませんね(>_<)食欲も徐々に落ちてきていますが、変な時間に、急にお腹が空くのを何とかしなければ・・・(ーー;)ヤマショウビン、なかなかお洒落な鳥でしょ(*^-^)本州で見られるブッポウソウの仲間で見たことのないのは、ヤマショウビンだけなので、何とかしてコンプリートしたいです(*゜▽゜)ノほとんどの鳥の繁殖期は、そろそろ終わりになりますね。繁殖が終わると、鳥たちの行動範囲が広がるし、数が増えるので観察しやすくなりますね(^_^)ただこれも一時的で、すぐに渡りが始まるので山は寂しくなってしまいます(T_T)ヤマセミは、近くで見られましたよ(^_^)v警戒心があまりなくて、私のことは気にならない様子でした(*^-^)ちえたんさんも、ようやく確認することができたのですね!!

  16. #16 投稿者: アカショウビン (2010年8月3日 - 00:48)

    ✿ ちえたん、続きです♪ブッポウソウの雛は胸の辺りなど、緑色が強いですね~巣立ち間際で、親が居なくても、これだけ身を乗り出しているのは初めて見ました(^o^)ヘクソカズラ・・・下品なアカショウビンなら付けかねませんが、ちゃんとした名前なんですよ(^m^)昆虫も近づくと逃げるので、撮るのは難しいですね。カミキリムシだけでも、鳥とは比較にならないほど種類が多いので、ちゃんと撮り始めると、はまってしまうかもしれません(^^ゞカラオケショップはいつも開店しているのですが、今日はお客が入っていませんね~~ちえたんさんには、マイクを渡しているので、いつ歌ってもOKですよ(^O^)

  17. #17 投稿者: アカショウビン (2010年8月3日 - 01:00)

    ☆ koyuki さん、こんにちは♪ヤマショウビンを見たことのある方は、ほんの一握りだと思います(^_^)アカショウビンは、近年の北海道ではヤマショウビンなみに難しいかもしれませんが、こちらでは数そのものは多くて、相当数は飛来していると思います(*゜▽゜)ノただ、ほとんどは人が近づけないような場所なので、姿を見たり写真を撮ろうと思うと、難しいことは確かです。ブッポウソウの雛の嘴は、黄色味を帯びて、成鳥とはかなり違いますね。私自身、ここまで成長した雛を見たのは初めてですが、あの口を見ていると、餌をあげたくなっちゃいますヾ(=^▽^=)ノ苦労は全然してませんよ!鳥見が楽しくて時間が足りません(^^ゞ

  18. #18 投稿者: アカショウビン (2010年8月3日 - 01:03)

    ☆ abendさん、こんにちは♪ブッポウソウの雛は、顔つきが幼くて、見ているだけで癒されました(*^-^)ヤマショウビンは美しくて、神秘的な感じがします。是非一度だけでも、生の姿を見てみたいものです(*゜▽゜)ノ

  19. #19 投稿者: アカショウビン (2010年8月3日 - 01:20)

    アゲハ モドキ さん、こんにちは♪ヤマショウビンやヤイロチョウは、本州では数少ない観察可能地域なので、ぜひとも見てみたいですね(*゜▽゜)ノ両方とも、日本の野鳥の中でもトップクラスの色の美しさというところが魅力的ですね(^_^)同じ鳥でも、国内で見たり、地元で見たというのは、価値がまた違うような気がします。ヤイロチョウの方は有名な地域では、規制が厳しくなっているようですし、鳴き声は何度も聞いたことがあるだけに、期待を膨らませています(*´∇`*)ブッポウソウは、いつ飛び出しても良さそうに見えました。時間切れは残念でしたが、いつか巣立ちを見てみたいです。アカショウビンは、抱卵段階までは観察したことがあるのですが、餌運びをまだ見たことがないので、これも目標です(*^-^)蝶類の名を冠しているモドキさんなのに、ホソバセセリはお初なのですね。中部以西で見られるようですが、関西には少ないのでしょうかね?

  20. #20 投稿者: アカショウビン (2010年8月3日 - 02:03)

    月島 たんぽぽ さん、こんにちは♪シジュウカラやキビタキなど、巣立ちから間もない鳥は、フワフワした毛に包まれてとても可愛いです(*^-^)鳥の多くは、餌をちらつかせて、巣立ちを促すようですね^^誰に教わるわけでもなく、しっかり子育てをできるのは、すごい能力だと思いますね。ヘクソカズラ・・・花も特徴的で面白いと思うのですが、もう少し名前の付け方はなかったのかなぁ~(笑)オニヤンマは大きくて風格がありました(*´∇`*)

  21. #21 投稿者: アカショウビン (2010年8月3日 - 02:11)

    ♂ ポン太 さん、こんにちは♪ヤマショウビンは、見られる可能性はある鳥なので、いつか偶然の出会いに期待しています(^_^)日本で見られる野鳥の中では、色合いの美しさはトップクラスだと思うので、是非ググッてみてください(*゜▽゜)ノブッポウソウは前日には餌をたくさん運んでいたようですが、この日はほとんど運ばなかったそうなので、巣立ちを促しているのは間違いないですね(^_^)可愛い雛も、来年には一人前になって戻ってきてくれるでしょう(*´∇`*)メジロは、夏場には木のよく茂った場所で見られますね。秋が深まるにつれ、里に下りてきてくれることでしょう(*^-^)

  22. #22 投稿者: Nami (2010年8月3日 - 06:47)

    アカショウビンさんに”色違い”の兄弟がいらっしゃるんですネ。(^^)ブルー、きれいでしょうね~。見てみたい!ブッポウソウの雛、ちょっとやんちゃそうで、かわいい~!(^^)

  23. #23 投稿者: САБУРО(サブーラ) (2010年8月3日 - 14:00)

    こんばんは、お久しぶりです。アカショウビンさんは、鳥が囀り、回りには蝶やバッタが普通にいる本当に自然豊かな土地に住んでいらっしゃるのですね。^^そう言えばトンボの飛び交う季節は8月~初秋の9月頃でしょうか?40年近く前なら、私の家の近くにも原っぱがありオニヤンマなんか追いかけていた記憶がありますが、今はそのオニヤンマすら見かけることはありません。寂しい限りです。(´Ф`)

  24. #24 投稿者: モドキ (2010年8月3日 - 15:07)

    アカショウビンさん、アゲハモドキは残念ながら蝶ではなく蛾の仲間ですぅ!「蝶になりたかったけど、なれなかった」その辺にわが身を重ねるというか、惹かれるのです。

  25. #25 投稿者: アカショウビン (2010年8月3日 - 23:09)

    ☆ Nami さん、こんにちは♪そうなんです、○○ショウビンと名前の付く鳥は、世界的には結構いるようです(*´∇`*)沖縄では4種ほど観察記録があると思いますが、アカショウビン以外は難易度が極めて高いことには変わりありません。どこの島に現れるかわからないですが、見つけたら大スクープですね(*゜▽゜)ノブッポウソウの雛は、まだ食べ盛りのようですね(^O^)ここまで大きく育てば一安心ですが、これから試練の渡りが待っていますね(^^;

  26. #26 投稿者: アカショウビン (2010年8月3日 - 23:24)

    山田 САБУРО(サブーラ)さん、こんにちは♪自然がいっぱい=ド田舎ですが、他の地域ではあまり見かけない鳥が生息していたりするので、鳥見をするようになって、ようやく自然の豊かさを再認識しています(*´∇`*)とは言うものの、田畑や河川の工事が大規模に行われた時は、トンボやホタルなどは激減しました(ーー)最近は、かなり回復したものもありますが、一度失われたものはなかなか元には戻りませんね。トンボの発生は地域や種類によっても違いますが、暑い時期にはトンボの代表ともいえるアキアカネは、山地などの涼しい場所で過ごすものが多いので、平地で多く飛び回るのは8月中旬からでしょうね(^_^)遅い時期にはあまり活発に飛び回らないので目立たなくなりますが、11月頃でも結構な数が残っていますよ(^^)

  27. #27 投稿者: アカショウビン (2010年8月3日 - 23:29)

    アゲハ モドキさん、こんにちは♪アゲハモドキは夜の蝶だったのですね(^m^)あぁ・・・蛾でも同じ蝶目ですから、ブッポウソウと私くらいの遠い親戚ではありますね(*´∇`*)モドキさんは、立派に昼間あちこち飛び回ってらっしゃるから、きっと昼の蝶になれますよ(*゜▽゜)ノ

  28. #28 投稿者: 木蓮 (2010年8月4日 - 05:06)

    最初はカワセミのことかと思ったら、ヤマショウビンという鳥がいるのですね! 知りませんでした。でも、本当に美しい鳥ですね。私も見てみたいものです。(^^)シジュウカラやキビタキの幼鳥、可愛らしいですね。巣立ちしたばかりなのでしょうか?ブッポウソウ親子のやり取り、見ていて微笑ましいものがあります。巣立ちを促しているのですよね?かつて、うちの近くの多摩川でもヤマセミは見られたのですが、今は、どこへ行ってしまったやら‥‥‥。ヘクソカズラは、こちらでもたくさん見られます。名前に怖気づいて、花の匂いをかいだことはないですが。(^^ゞ昆虫もたくさんいるのですね~♪私は猫なので、昆虫を捕まえるのが大好きです。(^^)(今は専ら、アブラゼミを捕まえています)(笑)

  29. #29 投稿者: アカショウビン (2010年8月4日 - 06:13)

    木之本 木蓮 さん、こんにちは♪カワセミもアカショウビンと近い関係の綺麗な鳥ですが、ヤマショウビンは、鳥見を趣味にしていたら、一度は見てみたいと思う憧れの鳥ですね(^_^)万が一写真を撮る機会に恵まれたら、ここで紹介したいと思います。キビタキの幼鳥は、今季初めて見ましたし、前の週までは、まだ囀りがたくさん聞かれたので、巣立ち後一週間以内ではないかと思いますね(*^-^)シジュウカラは少し日数が経っているように思います。鳥の多くは、巣立ちを促すため、餌を与えず見せるだけになるようです(^^;人間の子育てより厳しいかもしれませんね( ̄ー ̄;ヤマセミはどこでも数を減らしているようです。河川の環境以上に、営巣に適した環境が減っているのが原因のような気がしますね(ーー)ヘクソカズラは、花ではなく葉や茎そして実が一番臭うらしいです(; ̄y ̄)c●~~私も、臭いを確かめたことはありませんが、写真を撮る程度では、全く感じませんね(^_^)アブラゼミを捕まえているのですか?いくら猫だといっても、くれぐれも食べないように・・・(笑)

  30. #30 投稿者: hulala (2010年8月4日 - 08:49)

    こんにちはブッポウソウがこちらで見られるのはうれしいです。楽しみにしているんですよ。何回見てもいいですねぇ。どちらのブログもみなさん昆虫というより蝶の出番が多くなってきていますね。ルリシジミの裏翅は素敵ですね、上品な感じです。それに比べて名前が何とも可哀そうなヘクソカズラですが、秋の茶色の実は落ち着きのある感じでリースにするといいですね。でもこの暑さの中皆さん頑張っていらっしゃる、私はへばっています。(;一_一)

  31. #31 投稿者: アカショウビン (2010年8月4日 - 10:31)

    ◆ hulala さん、こんにちは♪ブッポウソウは、中国地方を以外では極めて少ない鳥なので、多くの方に興味を持っていただき、嬉しく思います(*´∇`*)ただ、巣立ってしまうと撮影することはほぼ不可能になるので、今シーズンは、これが最後になりそうですm(_ _)mこの時期、鳥を撮るのが難しいので、蝶やトンボが多くなってしまいますね(^^ゞルリシジミは翅を開いてくれると良いのですが、まだ瑠璃色が撮影できたことがありません(ーー)ヘクソカズラの実は、生のうちは臭いが強いようなので、一度確認したいと思っているのですが、花が終わるとつい忘れてしまいます( ̄ー ̄;私もへばってますよ・・・いつも、できるだけ涼しい場所に避難しています(^^)v

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。