2011年カレンダーゲット!!

最近写真があまり撮れていないので、全く違った話題から始めたいと思います。

毎年、野鳥カレンダーを買っているので、
このブログでも何度か紹介したことがありますが、

まさかEyvind Earleのカレンダーを買う日が来るなんて夢にも思いませんでした

以前一度だけEyvind Earleについてはブログ記事を書いたことがあるのですが、
ブログを始めた頃なので、ご覧になった方はほとんどいらっしゃらないと思うので、
内容的には被ってしまいますが、同じようなことをもう一度書きたいと思います。

私は特に絵に興味があったわけではないし、今でも美術品などに特別な思いはありませんが、
15年ほど前に偶然立ち寄った販売目的の展示会で、作品を見て心を惹かれた画家がいます。

Eyvind Earle(アイベン・アール)
2000年に亡くなったアメリカの画家です。

デイズニー映画の眠れる森の美女の背景画も手掛けたことのある人で、

油絵なども描いていますが代表的な(というより個人でもがんばれば買える)作品は、
シルクスクリーンという技法の版画です。
主に、森、木、丘、霧など自然をモチーフにした作品が有名です。
同じ技法を用いた作品を多く手掛けている
ヒロ・ヤマガタ
クリスチャン・ラッセン
などはポスターとしても入手できることから、ご存知の方は多いでしょう。

しかしEyvind Earleの作品を見ると驚くと思います。
本当にこれが版画なのか、と目を疑うような細かさと色彩の豊かさや立体感です。
買えるものなら展示してある作品が全部ほしいとまで思いましたが、
その時は作品を一つ買うだけでも、ゼロが一つ多くて断念しました。

 
そんなこともすっかり忘れていた頃に、運命なのか再び展示会に遭遇しました・・・
その時は既に没後だったのでEyvind Earleの作品は1点のみでした。
Three Pastures On A Hillside
気を失いそうになってハッと気がついたとき、
その作品は家の壁に掛かっていました。
我が家にある宝物と同じ版画の画像が載っているサイトです。
Three Pastures on a Hillside
実際の版画の色合いと緻密さは全く伝わりませんが、
雰囲気はある程度わかることでしょう。
本当は、初期のシンプルな作品が好きなのですが、
今となっては入手することは難しいですね。
他の作品も見たいけどネットに掲載されている絵だけじゃつまらない!!
というわけで画集も3冊買いました。(日本には在庫がないのでアメリカからの取り寄せ)
2冊は没後に摺られた作品を含む全版画、約350作品が載っている画集で、
残り1冊はクリスマスカード用の絵が、確か800点位載っている画集です。

初期の作品の画集は直筆サイン入りなので当時既に絶版で、
状態の良いものは中古だけどプレミアがついて定価よりもかなり高かったです。
円高の時期に買いましたが、3冊で約8万円くらいだったと思いますが、
一般の画集と比べてもやや高額な部類ですね。
この画集はでかくて重くて超豪華・・・あまりにも神々しいので3回ぐらいしか開けてません(^^ゞ

版画というと何枚でも複製できるようなイメージがあるかもしれませんが、
Eyvind Earleの場合だと、通常の作品は100~200枚程度で、作品によってはもっと少ないものもあります。

作者の保存用などもあって、全てが市場に流れるわけではないので、
欲しい作品を手に入れようと思っても、意外と難しいものです。
ほとんどの作品は日本とアメリカだけで販売されたようですが、
絵に興味がある方でも知名度がそれほど高くないですね。

今回入手したカレンダーは、勿論本来のカレンダーとしては使いませんが、
版画が数点載っただけのパンフレットのようなものでも、かなり高価なことを考えると、
一般のカレンダーと変わらない価格というのは、すごくリーズナブルです(^^)
久々に見つけたお宝に、どんな貴重な鳥を見たときよりも、大喜びのアカショウビンです(*´∇`*)

ほとんどの方には、全く興味のない話題だったと思いますが、
このカレンダーが発売されることを知り、版画や画集を買ったとき以来の
久しぶりにワクワクする買い物だったので、記しておきましたm(_ _)m
さて、アカショウビン植物園より

ホトトギス
1710

フサフジウツギ(白花)
1701

ニイニイ(ネエネエ)今日はお料理だって!
1705

まずはフライパンにアブラ(ゼミ)をひきます。
1706

香り付けに、少量バター(ショウリョウバッタ)を使って、お料理を・・・・1704

なんてバカなことを言っていると、エンマ(コオロギ)さんに舌を抜かれそうですね(^^ゞ
1708

最近歌ってないとお叱り?のコメントもあったので、

頑張って歌ってみます(^O^)
♪花びらの白い色は~♪ 
クサキョウチクトウ(白花)
1707

♪ひょっこりヒヨドリバナ♪
1712

♪白いトウモロコシにかえたのは~♪

今年我が家で、最近話題のピュアホワイトという 白いトウモロコシを栽培したのですが、
とにかく甘くて、まるで砂糖菓子を食べているような感じです(^^)
試していませんが、新鮮なうちは生でも食べられるそうですよ^^
普通のトウモロコシより、値段が高めかもしれませんが、
見つけたら試してみてはいかがでしょう?
1695

♪えんやゴ~ヤ♪
1697

1698

♪壊れかけのグラジオラス♪
1696

♪ボタンクサギ追いしかの山~♪
 1699

♪シュウカイドウ冬景色~♪
1709

♪出会いは億センノウゲ胸騒ぎ♪ 1700

♪おミョウガつには凧あげて~♪
 1703
♪薄紅色したシモクレンほど♪
本来は春の花ですが、今年も熱中症なのか、真夏に再度咲き始めました。
1702

♪犬のヒマワリさん♪
1711

夏バテのため、作詞家の頭が混沌としてご乱心ですm(_ _;)m

また暫く封印ですかねぇ~(ーー)
 
 
広告
  1. #1 投稿者: アカゲラ (2010年8月4日 - 12:34)

    こんばんはもう,来年のカレンダーなんですね。クリックして見ましたが 素敵なカレンダーですね。暇人のところは,毎年 スーパーのチャリティーに出品されている「野鳥カレンダー」です!(^^)!新聞販売店の顧客さんに 配布した 残りものですが,ここ数年は この 野鳥カレンダーで 勉強させてもらっています!(^^)! 撮影地などが 参考になりますので,保存しておいています!(^^)!植物園のお花 百花繚乱といったところですね。こちらは 気温が 低めなようですので ヒマワリ畑も イマイチ と言ったところですよ!(^^)!

  2. #2 投稿者: モドキ (2010年8月4日 - 15:26)

    アカショウビンさん、なかなか高尚な趣味をお持ちですね!作者の「Eyvind Earle」はよく存じませんが、作品は見た記憶があります。大胆な構図の中に、繊細な動きが感じられるますね。梢を渡る風の音や動物たちの呼吸が聞こえてきそうです。ちまたはいよいよ「お盆モード」仕事も鳥見も小休止でしょうか?!

  3. #3 投稿者: たんぽぽ (2010年8月4日 - 22:26)

    来年のカレンダーですか?早いですね(^。^)素敵ですね。白いトウモロコシ・・・前に銀座の三越で買った記憶があります。おいしかったですよ♪シモクレン、今年もですか?今は夏なのにね。きれいな色ですよね(^。^)

  4. #4 投稿者: アカショウビン (2010年8月4日 - 23:10)

    暇人 アカゲラ さん、こんにちは♪ネットで他の事を調べていて、たまたま検索したらタイミングよく出てきたんですよね(^^ゞ実際にカレンダーとして使用するものは、野鳥カレンダーを買う予定です^^今年使っているカレンダーの8月は、アカショウビンになってますよ!暇人さんは、北海道の野鳥写真を使ったカレンダーなのでしょうか?私も以前、近隣地域で撮られた野鳥カレンダーを見たことがありますが、これなら、自分で撮った方がマシだと思ったので、買いませんでした。うちのヒマワリは、昨年の種が残っていたらしく、勝手に生えてきました(*´∇`*)

  5. #5 投稿者: アカショウビン (2010年8月4日 - 23:21)

    アゲハ モドキ さん、こんにちは♪自分では趣味とは考えていなくて、既に亡くなっているので今後何かを買おうなどとは思ってなかったです(^^ゞEyvind Earleの作品は、大阪の業者が輸入していたので、きっと展示会が頻繁に行われていたことでしょう。デパートの片隅などで行われますので、モドキさんが実際の作品をご覧になっている可能性は高いと思います(*゜▽゜)ノ抽象的なようで、意外と実際の風景が同じような表情を見せてくれることがあるんですよね(*^-^)仕事は常に小休止?ですが、お盆は家族は仕事をしていてフリーの日が多いので、鳥見はしますよ(^^)b

  6. #6 投稿者: アカショウビン (2010年8月4日 - 23:29)

    月島 たんぽぽ さん、こんにちは♪たまたまネットで見つけたのが、よいタイミングだったようで、早い時期にカレンダーを入手できました(^^)私にとっては、ミニ画集ですけどね(^^ゞ白いトウモロコシ食べられたことがあるのですね(*^-^)とても甘くて、トウモロコシの概念が変わってしまいますよねヾ(=^▽^=)ノでも、銀座の三越で買うというのはお洒落ですね~シモクレンが夏に咲くことに気がついたのは2年前ですが、これで3年連続咲いてます(^^;たんぽぽさんも、確か昨年の夏に撮ってましたよね?

  7. #7 投稿者: ちえたん (2010年8月5日 - 03:45)

    アカショウビンさん♪お昼休憩 (*^3^)チュッ♪☆^o(_ _o)))ドン!ヽ(゚◇゚ヽ)☆Ю-(゚▽゚*)オジャマシマース!(;” 。”)ほぉ~ 版画なんでつね?凄い幻想的な感じで、本物は綺麗なんでしょうね?^^来年用のカレンダー・・・・もうそんな時期なんですね^^;;一年が、一月が、一日が、なんとも早く過ぎてく気がするのは・・・歳とったからかなぁ>< (*✪o✪*)おぉぉ♬ 今日は沢山の替え歌~~♪楽しませてもらいましたよ~~~ん☆でも・・・・昆虫でお料理は・・・・想像してしまって^^;;パスぅ~~!(笑)これでつね^^白いとうもっこしは?これがお砂糖を食べてるかのような甘さなんでつね?近くのスーパーでは見たことないですねぇ^^;;高級品なのかしら?シモクレンが夏に咲いてるのですかぁ~?へぇ~~面白いでつね^^さてっと、午後からも頑張ってお仕事しまつょ~ん☆

  8. #8 投稿者: Kanaconnie (2010年8月5日 - 04:45)

    幻想的な作品ですね。緻密だけどファンタジックで・・・。好きな作家さんの作品が手元にあるって嬉しいですよね。私もひとつだけ小さな絵を買ったことがあるのですが、その前を通るたびにニヤニヤしてました。歌謡ショー?復活おめでとうございます。これはちょっと無理があるなーとか思いながら、ほとんど歌える自分に気がついて、ひとりで笑ってしまいました。封印なんかしないで、しばらく休んだらまた楽しみにしてますよ~。

  9. #9 投稿者: くまた (2010年8月5日 - 04:58)

    気合いの入った記事から、アカショウビンさんのアイベンさんへのレスペクトぶりがビンビン伝わってまいりました^^大好きなものが、また一つ生活空間に入り込んできてくれたのですね(*^_^*)メデタシでも、どんな貴重な鳥を見たときよりも・・・とは、(ー_ー)!! 鳥さん達にはシーッ(~i~;)フライパンの上のアブラゼミとショウリョウバッタ(/_@;)/イヤ~ン 舌抜かれちゃったら歌も歌えなくなりますよ~^^;替え歌、絶好調ですねぇ・・と思っていたのですが〆の♪犬の~ひまわりさん♪に |:3ミ こけちゃいました (~_~;)モシモーシ

  10. #10 投稿者: 木蓮 (2010年8月5日 - 05:54)

    アイベン・アールさんの作品、実に精緻で見事な作品ですね!私はクリスチャン・ラッセンの作品が好きで、Eternal Rainbow Sea というポスターを持っています(直筆サイン入り)。さてさて、アブラゼミにショウリョウバッタですか。なるほど、なるほど。さっそく‥‥‥。(こらこら)歌のほうも絶好調じゃないですか! さすがはアカショウビンさん!ご乱心なのは、私のほうですよ。何しろ、この暑い盛り、ノーテンキに花を咲かせているのですから。(笑)

  11. #11 投稿者: アカショウビン (2010年8月5日 - 06:31)

    ✿ ちえたんさん、こんにちは♪版画なんて、軽~いノリでブログを書いている私には似合わないでしょ(*≧m≦*)でも、殺風景な我が家で唯一、癒しを与えてくれています(*゜▽゜)ノ版画というと、平面的なイメージがあるかもしれませんが、普通の印刷とは全く違って、インクに厚みがあって盛り上がっているので、油絵的な雰囲気もあるんですよ(*^-^)今頃、来年のカレンダーを準備すると、鬼にも笑われそうですが、備えあれば憂いなしという言葉もありますし・・・アメリカのカレンダーで、祝日もわからないので、やっぱり実用的なカレンダーを買うのは、11月頃になりますね(^_^)歌を楽しんでいただけたようで、よかったです。仕事中に口ずさんでしまわないようにね(^皿^

  12. #12 投稿者: アカショウビン (2010年8月5日 - 06:31)

    ✿ ちえたんさん、続きます♪くれぐれも、変な昆虫料理のレシピを覚えて、「今日のごぁん」がすんごいことにならないように、気をつけてくださいねっ!この白いトウモロコシの多くは、北海道で栽培されているようです。スーパーで気にしてみたことはないですが、あまり置いてないかもしれませんね~もし見つけたら、騙されたと思って試してみてください(^m^)食感も少し違いますが、甘いのは間違いないですよ!!シモクレンは毎年夏に花が咲いているんです(^^;たぶん、葉が落ちる少し前まで次々咲き続けると思いますよ(*^-^)

  13. #13 投稿者: koyuki (2010年8月5日 - 08:30)

    アカショウビンさんってただ者でないと思ってましたらやはりくせ者でしたか(笑)高尚な趣味をお持ちですね!絵心の全く無いKoyukiには目を見張るばかり。惹かれる絵画ですね^^。お家の植物園からも歌声が聞こえてきましたね^^。自給自足できそうですね(。◕‿◕。)新鮮なお野菜でますます賑やかな囀りを響かせてくださいませ~(゜∇^*) ♪

  14. #14 投稿者: アカショウビン (2010年8月5日 - 09:46)

    Ogawa Kanaconnieさん、こんばんは♪自分が好きな絵を毎日眺められるのは、幸せなことだと思います(^_^)高かろうが安かろうが、有名だろうが無名だろうが、そんなことは関係なく、自分の感覚にぴったり合うものが、名画だと思いますね(*^-^)絵を見ながらニヤニヤというのは、よく気持ちがわかります。歌謡ショーの曲は、作詞者がかなり無理をしているので、強引な歌ばかりになってしまいましたが、一緒に歌っていただけたようで何よりです(*゜▽゜)ノボキャブラリーがないので、どんな歌になるかわかりませんが、時々お付き合いくださいね(^^ゞ

  15. #15 投稿者: アカショウビン (2010年8月5日 - 10:10)

    となりの くまたさん、こんばんは♪自分で書いていて、意味不明になりそうな長くダラダラとした文章にお付き合いいただきありがとうございますm(_ _)m滅多に出かける場所ではないのに、たまたま展示会に遭遇したのが運命なのでしょう。まさか、自分が絵を買うなんて考えたこともありませんでしたが、その時ばかりは体に電気が走り、2度目に見た時は即決でした(^^ゞ≧(´▽`)≦アハハハ鳥さんには内緒ですね。とっておきの料理レシピを紹介しましたが、夏バテの時期なので、変に想像して食欲が落ちないようお祈りします(ー人ー)こけちゃったくまたさん、大丈夫ですか?くまたさんが、こけたままだと、そのまま寝ちゃいますよ(_ _).。o○

  16. #16 投稿者: アカショウビン (2010年8月5日 - 11:13)

    木之本 木蓮さん、こんばんは♪木蓮さんは、クリスチャン・ラッセンがお好きなのですね(^^)作品のタイトルで検索してみましたが、イルカと魚と水を組み合わせたラッセンらしい作品ですね(*^-^)私も、ポスターでも満足なのですが、残念ながらアイベンはポスターが一作品しかなかったと思います。少し無理をしましたが、版画を手に入れることができたたというのは、とても満足度が高いです(*´∇`*)猫の木蓮さんなら、本当に昆虫料理を食べてしまいそうですね~(笑)下手な作詞で褒められると、恥ずかしいですぅ(* v v)。ノーテンキ・・楽しそうでいいじゃないですか(^_^)私は、少しせっかちなところもあるので、できるだけ、のんびり楽しく過ごせるようにありたいと思ってます(*´∇`*)

  17. #17 投稿者: アカショウビン (2010年8月5日 - 11:32)

    ☆ koyukiさん、こんばんは♪koyukiさんは、私を全て分析済みのようですね( ̄ー ̄;私も絵心は全くないのですが、アイベンの作品は自分にとって衝撃的でした。一目惚れというか、恋人に出会った時のような感覚というか・・・・今は田んぼも作っていないし、野菜も家庭菜園の域を抜け出していないので、自給自足とは程遠いです(^^ゞ季節の野菜ばかりなので、買った方が安いくらいですよ(笑)肝心の鳥の写真が撮れていないので、赤い鳥が何やら変な歌でごまかしていますねm(_ _)m本物のアカショウビンは南へ渡っても、くせものが変な囀りを続けると思いますが、大目に見てくださいね(^^;

  18. #18 投稿者: たんぽぽ (2010年8月5日 - 11:50)

    アカショウビンさん、凄い記憶力ですね(^0^)↓http://cid-02a2dd23f9fee007.spaces.live.com/blog/cns!2A2DD23F9FEE007!31400.entry

  19. #19 投稿者: アカショウビン (2010年8月5日 - 23:02)

    月島 たんぽぽ さん、こんにちは♪凄いでしょ!!シモクレンが、夏に咲くことが普通の事か気になっていたので、覚えています^^未だに調べても良くわかりませんが・・・(^^ゞ他の事はすぐに忘れちゃいます(笑)

  20. #20 投稿者: Nami (2010年8月6日 - 04:26)

    すごい、緻密な作品ですね。好きな作品が身近にあるって、嬉しいことですよネ。(^^)熱中症のシモクレン、なつかしい!今年も発病したんですかネ~。どうなっているんでしょうね~。^^;「イヌのヒマワリさん」、爆笑。←私はこれに1票!って・・・あっ、人気投票じゃないか・・・^^;・・・(*^_^*)

  21. #21 投稿者: アカショウビン (2010年8月6日 - 05:53)

    ☆ Nami さん、こんにちは♪版画は結構大きな作品なのですが、近くで見ても米粒より小さな点がたくさんあって、一色ずつ版を作る作業は、ものすごく大変だろうと思います(^^;時々、ネットでもいろいろな作品を眺めていますが、何度見ても感動的です(*´∇`*)シモクレンは、やっぱり毎年夏に花を咲かせますね~ブログネタになるし、花が少なくなる時期に咲いてくれるのは、ありがたいことではあります(*゜▽゜)ノ今回は、あまりに酷い歌ばかりだと思ったのですが、意外とヒマワリは高評価のようですね(^^次回があれば、また投票をお願いしますヾ(=^▽^=)ノ

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。