まいこはん♡

秋の渡りは気になるものの、このところの暑さで敬遠していましたが、
29日は、一大決心?をして、海まで出かけてみましたε=ε= (ノ ̄▽ ̄;)ノ

猛暑でも秋の渡りは確実に始まっていますね(^_^)

私の地域の日本海側では、シギの仲間では秋の渡りの時期に最も数が多いトウネンです。
春の渡りの時期にはコースが違うのか、私はこれまで全く見かけたことがありません。
スズメほどの大きさで、水鳥としてはおそらく最小クラスの鳥ですが、可愛さではダントツでしょうか?
image5020

image5021

image5022

image5023

image5024

image5025

image5026

トウネンは漢字で「当年」と書き、今年生まれたばかりのように小さな鳥という意味だそうです。
警戒心も弱く、じっとしていれば、足元まで来てくれますよヾ(=^▽^=)ノ

こんな小さな体でも、シベリアなどで繁殖し、
冬はオーストラリアやニュージーランド辺りまで渡るものも居るそうなので、
驚くべき能力を秘めていますね(*゜▽゜)ノ
8月から9月初めの早期に見られるものは、長距離を移動するグループなのかもしれませんね。

日本海側は干潟と呼べるような場所がほとんどないので、一箇所で見られるシギ類は数も種類も少ないですが、
砂浜なので、鳥が警戒しない限りいくらでも近くから撮れ、北向きの海なので基本的にいつでも順光で、
干満の差が少なく、潮汐を全く気にせず撮れるというのは最大のメリットですね(*゜▽゜)ノ

ソリハシシギ
瀬戸内ではよく見かけますが、日本海側ではあまり多くないような気がします。
日本海側で写真を撮ったのは初めてです。
image5027

image5028

image5029

シロチドリ
日本海側では最も多く見られるチドリで、渡りの時期以外でも遭遇率は高いです。
群れになっているのが普通ですが、今回は一羽単独でした。
チドリの仲間は、秋には色合いが似ている上に、幼鳥も交じって見分けが難しいのですが、

シロチドリは、首の辺りが首輪が切れたような感じで白くなっているので、
前から見れば比較的簡単に見分けられます。
image5030

image5031

こちらは京女の「舞妓はん」ことキョウジョシギです。
「myご飯」や「蒙古斑」ではありません(←何のこっちゃ)
ちなみに漢字では「京女鷸」と書き、今の時期は冬羽でやや地味ではありますが、
京都の女性の着物にたとえて名付けられたそうなので、全くのデタラメではありませんよ!!
image5016

image5017

image5018

image5019

スマートなイメージのシギの仲間では、ずいぶんと骨太に見えますね(笑)

なかなかこれまで豪遊する資金がなかったので、今回が舞妓遊び初体験ですが、
貧乏をみかねて、こちらまで出張してくれたようですよヾ(=^▽^=)ノ

8時になる頃には、ジリジリと日差しがきつくなり、耐え難くなったので、
「舞妓はん」との別れは寂しいですが、尻尾を巻いて、そそくさと退散しました。

└( ̄◇ ̄;)┐=3=3=3=3=3=3 お代は出世払いで~~~~  ミ(^θ^)彡 マタネェ~
一生アカショウビンの出世はありえないので、払う気がないのが見え見えですね( ̄Д ̄;;

広告
  1. #1 投稿者: 木蓮 (2010年9月1日 - 04:50)

    トウネン、とっても可愛いですね! (^^)このまま懐に入れて、持って帰りたくなりそうです。でも、オーストラリアやニュージーランド辺りまで渡るとは!本当に驚きです。ソリハシシギは、なるほど、そこはかとなく嘴が反っていますね。なかなかユーモラスな顔立ちをしています。シロチドリ、ぽつんと一羽で、何か寂しそうですね。京女には、私も弱いんですよ~。キョウジョシギに、もうメロメロです。(^^)品があって、歩き方も優雅で堂々としていますね。(^o^)

  2. #2 投稿者: ちえたん (2010年9月1日 - 08:51)

    アカショウビンさん♪こんばんわぁ~♪やっと・・・ここへ入れました・・(◞_◟)ハァ… 暑いのに、頑張って海まで行かれたんですねぇ~ (●^o^●)暑さも、鳥の誘惑には勝てなかったって事でしょうか?(笑)トウネン?トウチャンが寝んね?ppp(≧ε≦+)ノ”スズメ位の大きさでつか?愛くるしい顔していまつね^^ブルーの水面にも鏡の様に映っているフォト、綺麗ですね~すーーっと引き込まれましたょ^^vソリハシシギは瀬戸内海で良くみられる・・・φ(。。)メモメモ反った嘴で餌食べにくくないかしらん?^^;;\(*´∇`*)/ワーィ シロチドリちゃんだわっ❤海鳥の中でも可愛い系ですよねぇ^^やはり徘徊を遠征に変えないと逢うの無理みたいでつね^^;おやおや?日本海の茶屋で舞妓はん遊びしてきたんでつかぁ? (๑≖ิܫ≖ิ) ニタァ♥着物の柄も繊細そうで、豪華な舞妓はんでおますなぁ~ぅふん。。。背筋もピンと延びてて気品が漂っていまつねっ☆初体験で舞い上がってしまったのね・・・身元分かるもの忘れてないでつか?(≧n≦笑)ククク

  3. #3 投稿者: abend (2010年9月1日 - 12:43)

    足元の 水の雰囲気が良いですね~^^出世 一生ありえないんですか?(笑)キョウジョシギの最初のお顔 なんか妙に印象的です。

  4. #4 投稿者: :tae: (2010年9月1日 - 12:58)

    ほんとかわいい(✪ω✪)❤クチバシが細い気がします・・気のせい?wチョコチョコ歩いてるかんじの足がかわいいですね!

  5. #5 投稿者: Kanaconnie (2010年9月1日 - 14:25)

    当年とって○○歳・・・、じゃなくてトウネンちゃん、くりくりお目目がかわいいですね。そのかわいい瞳で長距離を飛び続ける・・・すごいことです。鳥にはなんとか・・・といパワー物質があるとかテレビで見たような気がします。舞妓はんから蒙古斑になるアカショウビンさんのセンスが好きです♪(笑・ちなみに知り合いのヨーロピアンミックスの子供には蒙古斑がありません)最後の写真の歩く姿がなんだかとってもおすましでかわいい。

  6. #6 投稿者: モドキ (2010年9月1日 - 15:47)

    アカショウビンさん、暑い中、ついにシギチ詣でですか?!トウネンは可愛いですね。確かに若い個体は寄ってきますね。色んなポーズを見せてくれてラッキーでしたね。ソリハシシギは識別が簡単タイプですね。シロチドリは若いのや換羽中のものは結構悩みます。舞妓さん遊びとは豪勢ですね。modokiがパチンコで大勝しても無理ですよ(笑)ただ、こちらで見かけるキョウジョウシギとはちょっとイメージが違います。冬羽へ換羽が進んだ個体、それともやっぱり若い?

  7. #7 投稿者: たんぽぽ (2010年9月1日 - 23:17)

    おはようございます。きれいな写真ばかりですね(^_^)舞妓さんと素敵な時間が過ごせてよかったですね(笑)

  8. #8 投稿者: アカショウビン (2010年9月1日 - 23:18)

    木之本 木蓮さん、こんにちは♪トウネンはごく普通に見られる鳥で、特別何か特徴のある鳥ではないですが、この鳥を見ると安心するというか、やっと渡りの時期に突入したなぁ~と感じさせてくれます(^^)手に乗っけて、ナデナデしたらどんな感触だろうって思いますね(^_^)ノシギやチドリの仲間は長距離の渡りをするものが多いので、こんな小さな体で、よく海を越えることができるものだと感心します。ソリハシシギは名前の通りですね(^^)体がかなり大きなオオソリハシシギというのも居て、この場所ではまだ見たことがないのですが、昨年秋と、今年の春にも別の場所で見ているので、探してみたいと思います(*^-^)シロチドリは仲間とはぐれてしまったのかも・・・でもこれから次々渡ってくるはずなので、きっと合流することができるでしょう。木蓮さんも、京女に弱いのですか?舞妓遊びはなかなか楽しかったですよ!!頑張って貯金に励んで、いつか豪遊してみてくださいね(笑)

  9. #9 投稿者: アカショウビン (2010年9月1日 - 23:41)

    ✿ ちえたんさん、こんにちは♪|/// |(ω・ )ノ| ///|ウィーンゴメンチャイ・・自動ドアの電源が切れていましたね(^^ゞ頑張って海まで出かけてみましたが、長居は無理でした( ̄Д ̄;;でも山と違って、見渡せばどの鳥が居るのかすぐ判るので、短時間でも楽しめましたよん(*^-^)ちえたんさんも、暑さで頭がやられてますね(*≧m≦*)暑いのさえガマンすれば、快晴なので海の色は最高に綺麗で絵になりますねヾ(=^▽^=)ノ瀬戸内なら、今の時期たくさんの種類が見られるはずですが、近くで見ようと思うと、結構難しいですね。以前ズボッと、膝上まではまってしまったことがあります(-""-;)ソリハシシギは目線と、嘴の先が同じくらいなので、意外と便利なのかもしれませんね。初舞妓遊びはとっても楽しかったですよ(^^)vこれがたぶん身を滅ぼしていくんでしょうね~(>_<)お代を払っていないので、次は借金鳥を見ることになるんでしょう(T_T;)でも、暫くは海通いが止められまへんなぁ~o(*^▽^*)o

  10. #10 投稿者: アカショウビン (2010年9月1日 - 23:48)

    ☆ abend さん、こんにちは♪この時期日差しが強くて大変ですが、そのぶん海の青さが強くて、波も穏やかなので、写真を撮るのには絶好だと思います(*´∇`*)出世はありえないですね~(笑)気楽に過ごすには、今のままが一番かな?(←たんなる強がりです)

  11. #11 投稿者: アカショウビン (2010年9月1日 - 23:56)

    . – tae – さん、こんにちは♪鳥たち可愛いでしょ!!シギの仲間は全般的に嘴が細くて長いのが特徴ですね(^^)今回撮影したのは、それほど嘴の長い種類ではありませんが、ビックリするほど長いのも居るので、いずれ登場することがあると思います(*´∇`*)シロチドリの歩く姿は可愛いですよ(*^-^)いずれ動画が撮影できるカメラを買わないといけませんねぇ(*゜▽゜)ノ

  12. #12 投稿者: アカショウビン (2010年9月2日 - 01:06)

    Ogawa Kanaconnieさん、こんにちは♪≧(´▽`)≦アハハハ、当年とって・・・誰かが書くだろうなぁ~と思って残しときましたよ(笑)東南アジアで越冬するシギやチドリの仲間は多いはずなので、Kanaconnieさんのお住まいの地域でも、冬に海に行くと見られるんじゃないかな?いくら可愛くても、鳥のトウネンは獲らないでくださいね(^m^)パワー物質ですか?それは知りませんでした・・・私にその物質があったら、夏バテせずに済みそうですね(*´∇`*)オヤジギャグまで気に入っていただきありがとうございますぅ(^_^ゞ蒙古斑って東洋人特有なんでしょうね~

  13. #13 投稿者: koyuki (2010年9月2日 - 01:16)

    アカショウビンさんこんにちは~^^わ~~トウネン祭りだワッショイですね(・‿・)えっ?スズメくらいの大きさとは想像できません。チョットだけよ~の仕草が可愛いですね^^。小さな身体で地球の裏側まで飛行するとは驚きです(@_@;)シロチドリも可愛い!!!お題のキョウジョシギさんは貫禄がありますね!これだけ遊ばせていただくと御代は支払わないと!(笑)アッチッチにならないうちに逃走できて良かったですね^^。

  14. #14 投稿者: アカショウビン (2010年9月2日 - 01:19)

    アゲハ モドキ さん、こんにちは♪シギチは見られそうで見ることができていない種類が多いので、暑さに負けず出かけて見ました(^_^)時期的にまだ少し早いかと思ったのですが、結構渡ってきてますね。おかげで、初対面もあって有意義でした(*´∇`*)トウネンは成鳥か幼鳥かなかなか区別ができませんが、おそらく幼鳥の比率が高いのでしょうね。ソリハシシギはセイタカシギを除けば、識別を迷うことがない数少ないシギですね(*゜▽゜)ノようやく念願の舞妓遊びができましたが、モドキさんが京都からお知り合いを派遣されたのではないのですか?完全な夏羽でないことは確かだと思いますが、この個体は若いのでしょうかね(?_?)・・・ということは、モドキさんは普段、芸妓遊びの方をされているのですね(笑)

  15. #15 投稿者: アカショウビン (2010年9月2日 - 01:24)

    月島 たんぽぽ さん、こんにちは♪天気が好すぎてとても暑かったですが、おかげで海の色が綺麗で、写真を撮るのには最適でした(*´∇`*)貧乏なアカショウビンでも、ちゃんと舞妓遊びをすることができましたよ(^^)v初めての鳥の場合は、警戒心がどれくらいか予測できないのですが、近くてもそれほど逃げることもなく、楽しませてもらえましたヾ(=^▽^=)ノ

  16. #16 投稿者: アカショウビン (2010年9月2日 - 02:26)

    ☆ koyuki さん、こんにちは♪トウネンは例年だと10羽以下の群れの事が多いのですが、今回は20羽以上でした(^^)毎年2~3箇所の浜を渡り歩いて写真を撮るのですが、今年はこの浜の地形が大きく変わって、大きな水溜りが2箇所出来ているので、シギチが立ち寄りやすい条件が揃っているように思います(*´∇`*)トウネンと、シロチドリは暫く毎週の登場になると思いますが、それ以外の種類がどれだけ見られるか、今後の楽しみです(*^-^)キョウジョシギは体格がガッチリしていますね~普通のシギと違って、小石などをひっくり返しながら餌を探すので、嘴も太くて、一般的なシギのイメージとはかなり違いました。この日はいつも車を止める場所に進入できなくて、1km近く機材を持ち歩く羽目になったので、疲れてしまいました( ̄Д ̄;;頑張って、お代を貯金しなければなりませんね(笑)

  17. #17 投稿者: くまた (2010年9月2日 - 06:36)

    トウネンさん、小さな鳥さんなのですね。ボーッと水に浸かっている(・・わけではないのでしょうが^^;・・)様子が可愛いです~(#^.^#)浜辺に上がってのアラベスクポーズもどこか控えめですね。舞妓はん、だらりの帯をたくし上げて闊歩してますね^^;あちこちのお座敷に呼ばれて大忙しでしょうか?それとも、逃げたお客を追跡中?@@;

  18. #18 投稿者: アカショウビン (2010年9月2日 - 23:17)

    となりの くまた さん、こんにちは♪トウネンは小さな体でせわしなく動いてますよ^^一瞬動きが止まった時に撮っているのですが、ほとんど同じポーズなので、背景だけ差し替えた感じになってしまいました(-""-;)シギの仲間は、暇さえあれば餌を探して食べる、大食漢のような気がしますね(^m^)長距離を渡るのですから、相当なエネルギーを蓄えなければならないのでしょう(*^-^)舞妓はんが、追跡してアカショウビンを探しに来てくれたら幸せですね!ただ、その筋の人を連れてくるのはお断りですが・・・まぁ、万年貧乏のアカショウビンは、びた一文払うことはできませんね(ーー;)v

  19. #19 投稿者: hulala (2010年9月5日 - 11:55)

    こんばんはプライベートメールを送信したらコメントが入るようになりました。お騒がせしてすみません。「マイご飯」と読んでしまった、京都の舞妓はんでしたね。トウネンはモドキさんのところで覚えました。そしてキョウジョシギ・・・・狂女シギ、hulala見たいだと一人で笑ってました。>時になる頃には、ジリジリと日差しがきつくなり・・・ということは早朝からのお出かけだったのですか。凄い気力、威力、体力ですね。

  20. #20 投稿者: アカショウビン (2010年9月5日 - 23:58)

    ◆ hulalaさん、こんにちは♪アハハ、まるで食いしん坊のようなブログタイトルに見えてしまいますよね(笑)私も、自分でタイトルを付けておいて、「マイご飯」と読んでしまいそうでした(^^ゞhulalaさんは狂女なのですか?本当はおしとやかなのでしょう(^m^)我が家には、同じキョウジョでも「恐女」が住んでいますよ(>_<;)本当に気力と体力があれば、暑い中でも平気なのでしょうが、私は暑さが苦手なので、写真がギリギリ撮れる明るさの5時半頃から撮影を始めました(^^)v6月頃に比べると、一時間以上日の出が遅いので、4時過ぎに起きればOKで、ずいぶん朝が楽に感じます(^_^)遠くへ行くときは2時出発も珍しくないので・・・

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。