秋の遠足ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ

前回の記事で名前の判らなかった花の名前が判りました。
ジャコウソウモドキ(スピードリオン)という名前でした。
1835

少し前に蝶の名前を間違えて、泣く泣く没になったあの名曲を再アレンジして・・・
皆さんご一緒に!
♪上野発のジャコウソウモドキ降りたときから~♪

9/9の夕方、我が家の前のお宅の屋根にこんな鳥が・・・
イソヒヨドリの雄ですね(@@;
♪イソヒヨはまだ16だから~♪
image5052

image5053

先日、自宅横の鳥居に止まった雌を紹介しましたが、
近所で雌は毎年観察しているものの、雄を見たのは初めてですし、
同じ年に複数個体を確認できたのも初めてです。

日本では海岸近くで繁殖しますが、世界的には2000m以上の高地で繁殖する鳥だそうなので、
雄雌を同じシーズンに観察できたということは、近くで繁殖している可能性もあるのでしょうか?
いつか、繁殖期にあの美しい囀りが聞こえたら大喜びですねヾ(=^▽^=)ノ
11日は秋の遠足に出かけて、観光地を巡ってきましたε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ

おばちゃん(オバシギ)
これまであまり近くで見たことがなかったので、今回一番の収穫でした。

image5078

image5079

美佐子(ミサゴ)さん
image5057

オナガガモ
image5054

スズガモ
image5055

コブハクチョウ
image5058

キアシシギ
image5056

オオソリハシシギ見~よ~♪
image5059

image5060

チュウシャクシギ
今回撮影した中では、最も大型のシギ(体長42cm)です。
嘴が短かったのでチュウシャクと思ったのですがホウロクシギ(たぶん幼鳥)に訂正します。
日本で観察されるシギの中で最大(体長60cm)です。
オオソリハシシギの体長が39cmなので、2枚目の写真で比較すると明らかに大きいです。
image5061

image5062

image5063

ハマシギ
image5064

イソシギ
image5065

ソリハシシギ
image5066

image5067

メダイチドリ
image5068

image5069

image5070

image5071

image5109

シロチドリ
image5072

ミユビシギ
image5073

image5074

image5075

image5076

image5077

セグロカモメかごめ♪
image5080

♪夜明けのバンに♪
image5081

マナヅルが滑った♪
image5082

♪後ろのトウネンだあれ♪
image5084

image5085

image5083

広告
  1. #1 投稿者: Kazuu (2010年9月13日 - 03:16)

    こんにちは(*^_^*)歩く百科事典アカショウビンさん!写真からだんだん寒い季節に向かっているように感じるのはなんでかな?鳥ちゃん達になにか変化が???はい、一緒に唄いましたよ~~~(*^^)v

  2. #2 投稿者: ちえたん (2010年9月13日 - 03:46)

    アカショウビンさぁ~ん♪ こんにちぱぱぱぁ~~♪はいは~~ぃ^^『♪上野発のジャコウソウモドキ降りたときから~♪』音程間違えてませんでしたかぁ~?(*≧pq≦)プププ では、マイクお返ししますぅ~~キャハハハハσ(^◇^;)。。。秋の遠足!楽しんでこられてみたいですねっ(^_-)-☆あれでそ?おやつは500円以内・おかずは3品!(果物はおかずにいれません。)ちゃんんんと守って、行ってこられましたかぁ~(笑)こちらでなんどかお目にかかったシギちゃん、沢山出会うことができたのですねぇ^^ちえはどうしても、メダイチドリとシロチドリのところで、カーソルが止まってしまいまつ^^;;だって、可愛いんですもの~(ღ◜◡‾)エヘヘ♪

  3. #3 投稿者: ちえたん (2010年9月13日 - 03:47)

    アカショウビンさん♪ 続きでふ。ゴメンサナシマタナガナガトカイテシマイマシタ。。。。シギに逢いたくて、昨日近くまで行ったついでに、例の八○川まで場所の確認に行ってみました。。。ですが・・・なんか様子が違うなぁ・・と思って、後でネットで調べたらぁ~~><。。1本!川を間違えてました・・・ il||li▄█▀█●il||li 今度、また挑戦してみますぅ~~ (●^o^●)今日も絶好調なカラオケコーナー♪歌いながら、午後からの仕事も頑張りまつ!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

  4. #4 投稿者: 木蓮 (2010年9月13日 - 05:14)

    ジャコウソウモドキというのですね。(^^)モドキということは、オリジナルのジャコウソウは、どんな花なのでしょう?イソヒヨドリは普通のヒヨドリに比べて、青みが強いのですね。なかなか綺麗な鳥です。(^o^)それにしても、浜辺にはシギの仲間が、こんなにたくさんいるのですね!彼らにとって、良い餌場になっているのでしょうか。「かごめかごめ」の替え歌に、思わず笑っちゃいました。(^o^)でも、トウネンは、相変わらず可愛いですね~♪ (^^)

  5. #5 投稿者: くまた (2010年9月13日 - 05:44)

    え~・今日もノリノリで歌ってらっしゃるようで、お元気で何よりです・・(^_^;)ハイハイ普通のヒヨ君も美声の持ち主ですがイソヒヨ君も美しい囀りをするのですね^^いつかアカショウビンさんと歌比べが出来ると良いですね。羽を広げたチュウシャクシギさん、まるで彫刻のような美しさですね@@;メダイチドリさん、こちらに向かって大目玉一直線のような(/_^;)/美しいマナヅルさんも、言われて(歌われて?)みればたしかにちょっと滑った感のあるポーズに見えなくもなく・・^_^;ニャハッ

  6. #6 投稿者: koyuki (2010年9月13日 - 07:39)

    キャア~~~アイドル勢ぞろいですね!!(◎-◎;)やはりお弁当持ってネッ!嬉しくて早く目覚めたでしょ^^?シックなシギチさんにおばちゃんも加わってイソヒヨドリさんも真っ青ですね(*´▽`*)チュウシャクシギさんも大きさだけでなく何処か威厳を感じます。暑い暑いと云いながら鳥さん達の本能って凄いですね。トウネンさんは何度見てもカワユイですよ~♪青空があって良かったですね^^。今日はカラオケにあわせて踊っちゃいました(^▽^)

  7. #7 投稿者: Kanaconnie (2010年9月13日 - 11:46)

    イソヒヨドリは目で見ても青く見えるのですか?きれいな色ですね。遠足お疲れ様でした。おばちゃん、なんて言うから、本当になんだかおばちゃんぽく見えてしまいましたよ。シギの皆さんはくちばしだけでなく足も長くてスタイリッシュです。ミユビシギさん波と戯れているようで、可愛い。「カゴメ」はじめ数々の歌、今回も楽しませていただきました。ありがとうございま~す。

  8. #8 投稿者: モドキ (2010年9月13日 - 16:02)

    アカショウビンさん、こんばんは♪ひと足はやく「実りの秋」と言うか、大漁というか、なかなかバラエティに富んだラインナップですね。イソヒヨに始まり、早くも到来のガンカモ仲間も少々。オナガ&スズガモは今季ものでしょうか?充実のシギチの仲間ではやっぱり波打ち際のミユビシギがイイですね。季節の深まりとともに数が多くなることを願ってます。猛禽代表はミサコさん。渡りが始まったタカは、山陰を通過しませんか?まっ、それにしてもギャグの連発もここまでくると脱帽ですぅ!

  9. #9 投稿者: たんぽぽ (2010年9月13日 - 18:38)

    いっぱい撮れましたね~(^-^)コブハクチョウが飛んでいる写真、かっこいいですね。マナヅルの写真も、とっても素敵ですね。波を見たら、海に行きたくなりました(^_^)

  10. #10 投稿者: アカショウビン (2010年9月14日 - 05:15)

    アゲハ モドキ さん、こんにちは♪写真を撮った場所は4箇所でしたが、場所によってラインナップが違ってそれぞれ楽しめました(*^-^)今年は水を張った休耕田が見つからず、期待したツルシギとエリマキシギが見られないばかりか、定番のアオアシシギも見つかりませんでした(-""-;)スズガモはおそらく越夏個体だと思います。オナガガモも1羽だけでしたし、越夏している場所もあるので、渡りをした個体ではないかもしれません。ミユビシギはこちらではあまり多くはないですね。この日は1羽だけでしたし、私がこれまで見た中で最高は3羽です。この日小型の猛禽を見つけたのですが、写真にも撮れず見失いました(ーー)羽の先端がかなり細く尖って見えたので、ハヤブサだったかもしれません。ギャグも本場のモドキさんには敵いませんよ(笑)

  11. #11 投稿者: :tae: (2010年9月13日 - 22:13)

    おはようございます!鳥の足がかわいいですね~❤波を避けてるかんじのミユビシギがかわいい(*´ω`*)そしてハクチョウかっこいいです!!

  12. #12 投稿者: アカゲラ (2010年9月13日 - 23:54)

    おはようございます。美佐子さん,おばちゃん・・・いいですね。こちらでも見てみたいものです!(^^)! 今日は 海辺の鳥さんが一杯で 覚えるのに 大変でした!(^^)!こんなに 撮れると面白いでしょうね!(^^)! 暇人も 石狩まで出かけて行っているんですが 撮れるのは イソシギくらいです(-"-)

  13. #13 投稿者: アカショウビン (2010年9月14日 - 00:39)

    ルンパッパ Kazuu さん、こんにちは♪歩く百科事典ですって?普段は、ほとんど歩かないので、間違ってますよ(笑)今回一種、判別を間違えていたので、訂正もしました(^^ゞまだ暑い日が続いていますが、秋分の日も近づいているので、日差しは意外と柔らかくなっています。写真からは、微妙な光の変化で涼しげな雰囲気があるのかもしれませんね(*´∇`*)一緒に歌っていただき、ありがとうございました(*゜▽゜)ノ

  14. #14 投稿者: ポン太 (2010年9月14日 - 00:58)

    おはようございます素晴らしい名曲が斬新な替え歌になりましたね♪少し字余りな気もしますが(*^^)vマナヅルが飛び回っているんですね!素敵な光景ですねw

  15. #15 投稿者: アカショウビン (2010年9月14日 - 01:03)

    ✿ ちえたんさん、こんにちは♪今日もずいぶんと楽しそうに登場ですね(^_^)♪上野発のジャコウソウモドキ降りたときから~♪は、音程というより、リズム感がめちゃくちゃですね( ̄ー ̄;私が歌うと、音痴がバレてしまうので、マイクは持っててくださいね!おやつ代は、内緒で少し多めに持っていきましたよん(^^)vでも、全然使う暇がなくて、丸一日飲み物だけで過ごしました(T_T)お腹も全然空かなかったですが、少しはダイエットになったかな?今回は、狙い以外のシギにも会えて充実していました(*´∇`*)狙って見られなかったのも、3種ほどありましたが・・・ちえたんさんはチドリが好みなのかな?チドリはどちらかというと、砂浜がたくさんある日本海側に多いような気がします。特にシロチドリは、これから増えて、冬でも珍しくないので、また日本海に行くことがあったら、探してみてくださいね(*゜▽゜)ノ

  16. #16 投稿者: アカショウビン (2010年9月14日 - 01:03)

    ✿ ちえたんさん、続きです♪アリャリャ、○幡川を間違えたのですね(^m^)1本間違えたということは、○○川放水路かな?私がチュウシャクシギの群れを始めて見たのは、ここなので、他にもシギは見られるだろうと思いますよ。普段は入れない、○幡川近くの埋立地の中が良いらしいのですが、見るのには、探鳥会に参加するしかないのでしょうね。私は○島では、○手洗川や○永湾に立ち寄ることがありますよ。仕事中に歌いすぎて、J女史に目を付けらないようにね(笑

  17. #17 投稿者: アカショウビン (2010年9月14日 - 01:20)

    木之本 木蓮 さん、こんにちは♪私も気になって、ジャコウソウを検索したのですが、ジャコウソウモドキとはあまり似てないですね~http://homepage.mac.com/n_yoshiyuki/hana/jakousou.htmlイソヒヨドリは、ヒヨドリとは全く違った鳥で、冬に見られるツグミの仲間ですね。ヒヨドリに似ていることから名前が付けられたらしいですが、尾羽はヒヨドリのように長くないし、個人的にはあまり似てないかなと思います。雄の色はホント綺麗だと思いますね(*´∇`*)こちらでは今が、年間を通してシギが最も多い時期ですね。イソシギは年中見られますが、それ以外は基本的に渡り鳥です。何が見られるかは、毎日違うので行ってみなければわかりませんし、当たりもあれば外れるときもあるので、賭けのようなものです(笑)

  18. #18 投稿者: アカショウビン (2010年9月14日 - 04:13)

    となりの くまた さん、こんにちは♪不景気風を吹き飛ばすためにも、明るく歌わないとね(^_-)—☆本当は、猛暑に終止符を打つために頑張ってますよ(^^)vイソヒヨドリは繁殖期以外でも、天気の好い日は囀っていることがあります。くまたさんも、海に出かけることがあったら耳を傾けてくださいね!港や磯などで良いメロディーが流れてきたら要注意ですよ(*゜▽゜)ノアカショウビンが一緒に歌ったら、音痴がうつりそうな気もするので、止めておきますね(^^ゞチュウシャクシギはホウロクシギと間違ってしまいました。(/ω\) ハジカシーマナヅルは近くを飛んでくれたので、はみ出た写真ばかりで、一枚だけなんとか収まってくれました(^^;本当に滑っているのは、たぶん撮影者の方ですね(-""-;)

  19. #19 投稿者: アカショウビン (2010年9月14日 - 04:55)

    ☆ koyukiさん、こんにちは♪この日は3時起き、これで予定通りでしたよ(*゜▽゜)ノお弁当は途中で買う予定だったのですが、鳥だけでお腹いっぱいになり、買いそびれてしまいました(^^ゞチュウシャクシギではなくて、よく見たらホウロクシギでしたm(_ _)mチュウシャクシギは、オオソリハシシギと似たような大きさなのですが、結構大きなイメージだったので、勘違いしてしまいました( ̄ー ̄;気候は昨年と正反対なのですが、鳥が渡る時期は、毎年そんなに違わないですよね。日の長さなので察知するのでしょうか?アカショウビンの不正確な腹時計とはえらく違いますね(笑)アララ、今度は踊ってしまったのですね(*^-^)

  20. #20 投稿者: アカショウビン (2010年9月14日 - 05:04)

    Ogawa Kanaconnieさん、こんにちは♪イソヒヨドリの青はかなり濃い色なので、光がよく当たっていないと黒っぽく見えてしまいます。深い青とレンガ色の組み合わせはとても綺麗ですよ(*゜▽゜)ノシギの足や嘴は、長いものから短いものまで様々ですが、両方とも長いほうがシギらしく感じますね。写真のホウロクシギの嘴はこれでも短めで、成鳥になると鳥の中でも1、2を争うほどの嘴の長さで、体長の1/3位を占めるようになります。ミユビシギは波に合わせて走り回っているので、見ていて一番楽しめるシギかもしれませんね(*^-^)歌で楽しんでいただけて良かったです(^_^)

  21. #21 投稿者: アカショウビン (2010年9月14日 - 05:24)

    月島 たんぽぽ さん、こんにちは♪この日は思ったより豊作でした(^_^)一日で種類を稼いでしまったので、これから暫く同じ鳥が続くかもしれません(^^;コブハクチョウが飛んでいるのは、かなり近づいてから気がついたので、ドアップになってしまいました。少しはみ出したことで、かえって迫力が感じられるような気もしますね(^^)マナヅルも近すぎたのですが、枠内にはまりすぎて、ちょっと間抜けな写真になってしまいました(^^ゞ私は、秋の海が一番好きですね~これから暑さも和らぐでしょうから、機会があったら、海に出かけてみてくださいね(*゜▽゜)ノ

  22. #22 投稿者: アカショウビン (2010年9月14日 - 05:32)

    . † tae さん、こんにちは♪鳥の足もピンクや黄色のものなど、お洒落でしょ(^_^)シギの多くは、足の指が前に3本、後ろ向きに小さな指が1本あるものが多いのですが、ミユビシギは、名前のように後ろ向きの指がなくて3本だけなんですよ(*゜▽゜)ノ波を気にしながら走り回っているのが、とても楽しそうに見えました^^コブハクチョウは、飛ぶことができる鳥としては最大級ですね。普段あまり飛ぶ鳥ではないですが、近くを飛んでくれたので、大迫力でしたヾ(=^▽^=)ノ

  23. #23 投稿者: アカショウビン (2010年9月14日 - 05:41)

    暇人 アカゲラさん、こんにちは♪北海道も必ずシギが通過しているはずなので、どこかではたくさん見られるだろうと思いますよ(*´∇`*)場所や日によっても当たりはずれがあるので、たくさんの場所を丹念に探すのが良いだろうと思います。オバシギを発見した場所は、昨年何度行ってもシギチを1羽も発見できず、立ち寄らない場所と思っていたのですが、今年は春にも、たくさんのシギに出会えて、タイミングがかなり重要なんだと思います。懲りずに、また挑戦してみてくださいねヾ(=^▽^=)ノ

  24. #24 投稿者: アカショウビン (2010年9月14日 - 05:47)

    ♂ ポン太 さん、こんにちは♪アハハ、相当な字余りになったしまいましたね(^^ゞまぁ、あまり細かいことは気にせず、楽しめれば良いかなと思ってます(^_^)マナヅルは本来は冬鳥なのですが、一羽が10年以上ずっと居ついています。とはいえ、野生なのでいつも会えるとは限らず、暫く見ていなかったので、安否を心配していたのですが、元気な姿を見ることができて、ホッとしました(´▽`)

  25. #25 投稿者: hulala (2010年9月14日 - 11:44)

    こんばんはいつも楽しいコメディをありがとう。しかしこの暑いのによくまあたくさん歌がでてきますねぇ。海辺の鳥も避暑中なのかしら、涼しい顔してます。イソヒヨドリは名前は磯にいるのに2000メートル旧の高山にいるんですか、とてもお目にかかれそうもないです。羽裏の美しい文様はホウロクシギさん、きれいに羽を広げている、着物にしたら粋な感じかな。

  26. #26 投稿者: アカショウビン (2010年9月14日 - 23:10)

    ◆ hulalaさん、こんにちは♪今年の夏は猛暑だったので、脳みそが適度に壊されて、作詞には都合が良いようです(^^)v海鳥たちは、これからの寒い時期を、暖かい地域で過ごそうということなので、バカンス気分でルンルンかも知れませんねヾ(=^▽^=)ノイソヒヨドリは、日本ではほぼ海岸付近に集中して生息しています。高山で繁殖する場合は、日本とは違って積雪のほとんどない乾燥地帯なのでしょう。主に岩場や、テトラポットや防波堤などの環境を好む鳥で、ほぼ日本中どこでも見られると思いますよ(*´∇`*)シギの魅力の一つは、羽の模様が細やかで美しいところもあると思います。ホウロクシギの羽裏は芸術的ですねヾ(=^▽^=)ノ

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。