冬鳥も大半は揃ったけれど

4日は前日からの強風が残っていました。
強い風の翌日は、珍系の期待もあるのですが、
暖かな日が続いている影響か、珍系どころか未だに見つけられない常連種も結構あります。
思うような鳥は撮れませんでしたが、今季初撮りもあり、まずまずでしょうか?

ハジロカイツブリ
image5584

カモメ(後の大型の鳥はセグロカモメ)
カモメ科の鳥を総称してカモメと呼ぶのでややこしいですが、
種としてのカモメという鳥もいます。
数としてはそれほど多くないですね。
ウミネコよりも小型で、ユリカモメなどに近い大きさです(^▽^)/
image5585
image5586
image5587

スズガモ
image5588

ホオジロガモ
カモの仲間でも、とりわけ可愛く感じますね(*´∇`*)
image5589
image5590
image5591

ミコアイサですよね~
換羽中なのでしょうが、珍種?かと思うような色合いです。
ファインダーで覗いたときは、カイツブリの出来損ないかと思いました(笑)
image5592

イソシギ
image5593

オオヒシクイ
当地に飛来するヒシクイは、今年の春の調査で繁殖地が他のヒシクイと別の場所であることが判明し、
DNA鑑定でも、亜種ヒシクイと、亜種オオヒシクイの中間的な特徴があるそうです。
嘴の特徴も両者の中間的で、図鑑と見比べても微妙だな~と感じながら
私はとりあえずオオヒシクイに分類していますが、
今後、新亜種として分類される可能性があるのだそうです。
image5594

タゲリ
image5595
image5596

ホシムクドリ
日本ではあまり見られる鳥ではないですが、
この日はヨダレものの30羽くらいの群れを見ました。
しかし、大陸では非常に数が多く、日本のムクドリやスズメのような存在だそうです。
image5597

ハヤブサ
image5598
image5599
image5600
image5601
image5603

頬髭斑が細く眉斑が後頭部まで達するウスハヤブサの可能性のある個体

image5604
image5605
image5606
image5607

ペリットを吐き出しているところ。
image5608
image5609
image5610

広告
  1. #1 投稿者: kanaconnie (2010年12月6日 - 11:42)

    あ、パンダ系ですね。(笑)
    タゲリ、目が飛び出しているように見えますが、気のせい?
    ハヤブサ、個性を感じます。「え?呼んだ?何かようでもあるの?」って言ってるみたいです。
    ペリットというのは消化できない種とかを吐き出すことですか?
    それとも猫の吐き出す毛玉みたいなもの?でしょうか。
    初歩的なことかもしれませんが・・・。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2010年12月7日 - 20:46)

      kanaconnie さん、こんばんは♪
      タゲリのめは、くりくりして、少女マンガのようですね(^^)
      小鳥などは特に、飛び出した感じのものが多いように思います。
      ペリットは、何を食べるかによって違いますが、
      植物の実を食べる小鳥などは、種などが含まれていて、
      これによって、植物の種を遠くまで運ぶことに役立っています(*´∇`*)
      魚食性の鳥の場合は、骨などを吐き出します。
      猛禽の場合は詳しく知りませんが、
      おそらく、羽毛や小骨などが含まれているのでしょう。
      初歩的ではなく、かなり高度な質問だと思いますよ(^^;

      • #3 投稿者: kanaconnie (2010年12月8日 - 21:42)

        ペリットのこと教えてくださってありがとうございます。
        我が家の窓際にもくろちゃんが時々固い種をおいていきます。
        はじめて見たときは誰が置いたのか、トトロのお土産?とビックリしたのですが、ある日ゲポッとしているのを見て、くろちゃんの仕業とわかりました。
        でも、我が家の窓枠では芽は出ませんね(笑)。

        • #4 投稿者: アカショウビン (2010年12月10日 - 10:09)

          kanaconnieさん、こんにちは♪
          私はあまり生態などは詳しくないですが、
          ペリットとして排出するのは、少しでも早く軽くして、飛行する負担を少なくするためだと思われます。
          撮影していても、長時間休憩した鳥が、ペリットや糞を排出すると、その後に飛び立つ場合が多いですね(^_^)
          くろちゃんもシッカリ運び屋をやっているのですね(^m^)
          土に植えて芽が出たら、何を運んだか分かりそうですね(^^)

  2. #5 投稿者: ニコラス (2010年12月6日 - 14:34)

    スズガモが阿波踊りやってますね(笑
    ハヤブサのカメラ目線なんともいえません。カッコいいです。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2010年12月7日 - 21:09)

      ニコラス さん、こんばんは♪
      一番下のスズガモは、羽を上にあげて、ホント阿波踊りみたいですね(^m^)
      猛禽は目つきが鋭いですね!
      カメラ目線ではなく、カメラマンを警戒しているだけかも(^^ゞ

  3. #7 投稿者: たえ (2010年12月6日 - 18:50)

    こんにちは~
    ほんと、全体的に冬感満開ですねw
    鳥は寒くないのかな・・海に入っててw

    ホオジロガモほんとかわいいですね❤
    色がハッキリしてるからかな~
    ほっぺたの白いとこがかわいい❤ww

    ハヤブサかっこいいですね!
    狙ってる感じがしますw

    • #8 投稿者: アカショウビン (2010年12月7日 - 21:25)

      たえ さん、こんばんは♪
      田んぼや葦が冬枯れで、冬がやってきたことを感じさせられます。
      カモが水面に浮いている理由は、哺乳類に襲われない為というのが、一番の理由のようです。
      一見、水の中の方が寒いように思いますが、水は零度以下にはならないので、
      真冬には陸上より暖かいということもあるのですよ(*´∇`*)
      ホオジロガモのほっぺはチャームポイントですよね(*^-^)
      まだ近くで見たことがないので、近くで見たいと思っているのですが、
      なかなかこのカモは、岸に近づいてくれません(>_<)

      ハヤブサは、おそらく他の猛禽を警戒してキョロキョロしているのだと思います。
      飛行能力はとても高いですが、地面に居れば、
      他の猛禽に襲われる可能性もゼロではないので・・・

      • #9 投稿者: たえ (2010年12月8日 - 07:52)

        おはようです~
        もう冬ですね・・紅葉もあっという間になくなりましたねぇ。

        カモ・・・そんな理由があったんですか∑(゚д゚lll)
        かしこいなぁ・・別のやつに襲われそうだけどw

        ホオジロガモのほっぺたかわいいですー❤
        近くにきてくれるといいですね!

        ハヤブサは常に緊張してるんですねw
        めっちゃ強いイメージですもんね~
        地面でもゆっくりできないんですねw

        • #10 投稿者: アカショウビン (2010年12月8日 - 11:54)

          たえさん、こんにちは♪
          やっと紅葉の季節だと思ったら、もう寂しくなりましたね。
          でも鳥が見えやすくなるので、鳥見には大歓迎です(^▽^)/
          確かに水面だと目立つので、猛禽に襲われる可能性は高くなりますね。
          そこで団体でいれば、沢山の目で監視できるので、いち早く逃げるということになるのですが、
          もちろん猛禽も生きていかなければならないので、必ず犠牲は出ますね(^^;
          カモだけが増えすぎてもいけないので、
          これでちょうどよいバランスになっているはずです(*゜▽゜)ノ
          ハヤブサに限らず、野生の生き物は、常に警戒することを怠りません。
          気が緩むと命取りですからね(>_<)

  4. #11 投稿者: 暇人 (2010年12月6日 - 20:42)

    こんばんは
    先日 鵡川の海岸に行ってきましたら,ホオジロガモが 波間にいたので ちょっと 驚きましたが,珍しいこうけいではないんですね。タゲリの飛んでいるところ 恰好いいですね!(^^)!
    うまいこと 撮るもんですね!(^^)! 流石ですね こちらは 鳥影が少なく 水鳥ばかりが目につきますが,珍しいのには 出会えないでいます。ネタ 欠乏症になっています(-“-)

    • #12 投稿者: アカショウビン (2010年12月8日 - 09:46)

      暇人さん、こんにちは♪
      そちらでも、ホオジロガモがやってきているのですね(^_^)
      タゲリは、地面にいたのが、飛び立った直後です。
      車中から三脚無しだったのですが、何とか収まってくれました(^^)v
      渡り時期には鳥が多かったのですが、大半は通過してしまったようで、
      昨年に続き、冬鳥はかなり少ないです。
      春先まで苦戦しそうですね(-“”-;)

  5. #13 投稿者: りばてぃ (2010年12月6日 - 21:52)

    ハヤブサのカメラ目線、皆さんもお気に入りのようですね^^。
    DNAレベルで鳥の分類がされているんですか。広域に移動すれば、それだけ交雑は発生する確率が増えるのでしょうね。

    • #14 投稿者: アカショウビン (2010年12月8日 - 09:52)

      りばてぃさん、こんにちは♪
      ハヤブサには、相当睨まれてしまいました(; ̄ー ̄A
      最近は科学技術の進歩で、DNAの分析や、GPSを使った渡りのコースの調査なども行われています。
      それによって、分類が微妙に変化してきているものもありますね(^^)
      見た目では全く違う鳥が、意外と近い関係だったりすることもあるようです。
      カモなどは交雑する場合が多くて、たまに変な色の固体を見ることがあります(^^)

  6. #15 投稿者: abend (2010年12月6日 - 22:54)

    自分じゃ見れないトリがいっぱい見れるのはよだれものですよ^^
    タゲリの目が可愛いですね。

    • #16 投稿者: アカショウビン (2010年12月8日 - 10:00)

      abend さん、こんにちは♪
      私のように、いつもあちこち出かけて鳥見を続けても、
      なかなか出会えない鳥が多いですから、
      普通の生活の中で変わった鳥を見るのは難しいですよね(^^;
      私のブログを見る前には、よだれかけの準備を忘れずに(笑)

  7. #17 投稿者: lucky345 (2010年12月7日 - 00:27)

    アカショウビンさんこんばんは、modokiです。
    気が付けばカレンダーは1枚だと言うのに、寒くない師走となっています。
    ホオジロガモがやって来ると、カモも最終便でしょうか?
    こちらの相模川ではコウライアイサの情報が伝わっています。ただし♀らしいですが・・・
    タゲリの飛翔姿が美しいです。
    し・か・し、ホシムクドリの団体さんは豪勢です!1羽でいいから「こちらへ呼んで下さ~い」
    相変わらずハヤブサが地べたに止まってますねぇ・・・これが、どうも納得いきません(笑)

    • #18 投稿者: アカショウビン (2010年12月8日 - 10:13)

      lucky345さん、こんにちは♪
      12月というのに、暖かいですよね。
      おかげで、カモなどでまだ見つけられないものが多いですよ(ーー)
      この地域の常連の、アカツクシとツクシガモを始めとして、まだ見ていない種類が結構あります。
      こちらのコウライアイサは、確認はしていませんが、
      今年も越夏していたかもしれません。
      年末年始辺りで機会があれば確認してみたいと思っていますが、天候しだいですね。
      ホシムクは今季出会いが多いですよ(^_^)
      アノ鳥も滞在中なので、機会があったらお越しください(^▽^)/””

  8. #19 投稿者: koyuki (2010年12月7日 - 01:16)

    アカショウビンさんこんばんは♪
    品揃え豊富なデパートですね^^。
    スズガモさんの慌てて飛び立つような仕草に思わず
    笑っちゃいました(^▽^)
    ハヤブサとオオタカと似てますね。Koyukiは見分けられません^^;。
    タゲリさんの飛翔も美しいですがタカ類の飛んでる姿が好きです。
    ハヤブサもチョウゲンボウもカメラ目線ですね。
    お嬢さんのようですよ~♪

    • #20 投稿者: アカショウビン (2010年12月8日 - 10:29)

      koyukiさん、こんにちは♪
      こちらは田舎なので、デパートではなくて、無人販売所かな?
      新鮮で、品揃えは豊富・・・でも早い者勝ちです(笑)
      スズガモは、着水の直前なのですが、バタバタしてますねぇ(*≧m≦*)
      オオタカは、眉斑が特徴的だと思います。
      それに何となく、顔つきにも凄みがあるように思いますね(^_^)
      私は、まだオオタカのまともな写真は撮ったことがないのですが、
      なかなか良い出会いがありません(>_<)
      私は猛禽より、タゲリのほうが好みですね(*^-^)
      どちらかというと、優しい表情の鳥が全般的に好きです。

  9. #21 投稿者: ❤ちえたん (2010年12月7日 - 12:47)

    アカショウビンさん♪ こんにちばぁ~~♪(ってσ(・・。)の事ではないですよぉ><)
    >まずまずでしょうか。
    いぁいぁ~~大々収穫祭りですよぉ。
    こんなに沢山の鳥さんたに出会えて、羨ましい限りです!(笑)
    スズガモの飛び立つ瞬間のフォト
    それぞれのカモさんの仕草も違ってて楽しいですぅ~ (●^o^●)
    そして、タゲリさんのドアップ!!
    お目目の光まで写ってて凄いですねぇ~(@@)
    ハヤブサはやっぱりカッコイイですね^^(誰かさんと同じくらいに 笑)
    チョウゲンボウさんのフォトに吹き出しつけて遊びたいくらい
    面白い表情していますねぇ^^
    ところで、質問!
    ペリットって?猫ちゃんぢゃないから、毛玉ぢゃぁないですよね?
    (ー’`ー;)う~ん・・・・午後からの業務に支障をきたしそうだわっ!(*≧pq≦)プププ

    • #22 投稿者: アカショウビン (2010年12月8日 - 10:50)

      ❤ちえたんさん、こんにちじぃ~♪
      ぁいぁい、わかってますよ、お若くてとびっきりの美人さん(^^)
      今日はこれぐらいにしといてやろう(*≧m≦*)
      この地域のカモは数も種類もホント多いんですよ!
      全体だと、10万羽くらいいるんじゃないかな?
      特にスズガモとキンクロハジロはとても多くて、
      キンクロハジロは日本に飛来する、1/4位が終結するそうですよ(@@;
      タゲリは、構図が悪かったので、トリミングもしていますが、
      20mも離れていないと思いますね(^_^)
      ハヤブサは池麺でしょ~
      チョウゲンボウはオコチャマだと思いますが、
      偶然、私が車を止めていた近くに飛んできてくれました(^^)v
      ただ、飛び立つまでに1時間以上もかかって、くたびれましたよ(; ̄ー ̄A
      ペリットは、餌の中の消化できない部分ですね。
      小さな骨や、鳥の羽毛、チョウゲンボウの場合は昆虫なども食べるので、
      昆虫の、外側の硬い部分などが含まれているのかもしれません。

  10. #23 投稿者: hulala (2010年12月7日 - 15:55)

    こんにちは
    苦手な鳥さんが多い中タゲリの飛んでいる姿はうっとりです。
    ハヤブサは獲物を狙っているんでしょうけど、何となく目が寄っているように見えて
    しまい、笑ってしまいました。
    ホオジロガモの4羽一列はよく納まってますね。かわいいです。
    これらの写真は何時間くらいかけて撮っているんでしょう。

    • #24 投稿者: アカショウビン (2010年12月8日 - 11:01)

      hulalaさん、こんにちは♪
      タゲリは至近距離で、車中からの苦しい体勢だったので、全身が撮れたのはまぐれです(^^ゞ
      ハヤブサが獲物を狙うのは、飛んでいるときなので、
      地上に降りているときは、他の猛禽に教われないように警戒しているのだと思います(^▽^)/
      鳥を真正面から撮ることができるチャンスは少ないですが、
      正面顔は、滑稽な感じになることが多いですね(*^-^)
      ホオジロガモは、300m位は離れていたと思うので、
      かなりトリミングしています(^^ゞ
      この日は、日の出前から日没の少し前まで現地で鳥見をしていました(^^;
      10時間位かな?あきれるでしょ~!
      でも場所が広範囲なので、時間が全然足りませんでした。

  11. #25 投稿者: くまた (2010年12月7日 - 18:54)

    ハヤブサさんの「何見てんの(ー_ー)」な目線が・・・^^;役者ですね~。
    それと、タゲリさんの目線も気になります(゜゜*)
    アカショウビンさんに何か言いたい事がありそうな^m^ププ・・
    水面を跳んで遊んでいるようなホオジロガモさん、可愛いですぅ(#^.^#)

    • #26 投稿者: アカショウビン (2010年12月8日 - 11:08)

      くまたさん、こんにちは♪
      ハヤブサも猛禽の一種、きっとアノ噂が広がって私を警戒していたのでしょう(; ̄ー ̄A
      タゲリはどんな思いだったのでしょうね?
      あっ!!タゲリもチドリの仲間です、そういえば秋に水浴びを盗撮していますね(ーー)
      気にしない気にしない(←私の心の声です)
      ホオジロガモ、カワユスでしょ!
      一度近くで見てみたいのですが、これもなかなかアカショウビンには近寄ってくれないんですよね~(>_<)

  12. #27 投稿者: Nami (2010年12月7日 - 19:16)

    冬になると水鳥が、ちょっと寒そうに思えたりもしますが、そんな中、イソシギのような丸っこいのは、寒くても平気そうで、何となくいいですネ。(^^) スズガモが飛んでいるお写真、おもしろくて好きです。
    タゲリの目がかわいい。ハヤブサはさすがに精悍ですネ。チョウゲンボウは、ハヤブサの弟分っぽくも見えますが・・・全然違うかな~^^;

    • #28 投稿者: アカショウビン (2010年12月8日 - 11:20)

      Namiさん、こんにちは♪
      水鳥は、高級なダウンジャケットまとっているので、ぬくぬくとしているかもしれませんね(*^-^)
      イソシギは年中見られる鳥ですが、夏には暑くないのかと思いますね(^^;
      スズガモは、着水直前ですが、カモ類の着水は、
      足を下ろしてひょうきんな格好になりますね(^m^)
      ハヤブサとチョウゲンボウは、どちらも同じハヤブサ科の鳥なので、
      体型などとてもよく似ています(^_^)
      飛行能力は流石にハヤブサのほうが高いと思いますね(*´∇`*)

  13. #29 投稿者: ポン太倶楽部 (2010年12月7日 - 19:51)

    こんばんわ

    冬鳥だけあってこのところの馴染みのある鳥達とは少し種類が変わってきたように
    思われますねw
    はやぶさはちゃんとカメラ目線を送ってくれているんですね!
    普通にみたらフクロウと間違えてしまうかもしれません(*^^)v

    • #30 投稿者: アカショウビン (2010年12月8日 - 11:36)

      ポン太倶楽部さん、こんにちは♪
      冬場はカモなどの水鳥が主な対象になるので、
      撮影場所も、撮影スタイルも違ってきますね(^^)
      ハヤブサは、きっと私のことを警戒していたのでしょう(^^;
      フクロウの仲間もタカの仲間も、同じ狩をする生き物なので、
      進化の過程で似たような姿になったのかもしれませんね。
      タカが昼間に目で狩をする生き物なら、
      フクロウは夜に耳で狩をする生き物といえるでしょう(*^-^)

  14. #31 投稿者: たんぽぽ (2010年12月7日 - 23:55)

    ハヤブサ、かっこいいですね!
    顔の表情がおもしろいです~
    アカショウビンさんのことを、しっかり見ていますね(笑)
    タゲリさんも見ていますね(^-^)
    スズガモ、何かに驚いたように飛んでいますね。

    • #32 投稿者: アカショウビン (2010年12月8日 - 11:45)

      たんぽぽさん、こんにちは♪
      ハヤブサは狩人らしく、鋭い目つきと嘴ですね(*^-^)
      完全に私は、不審人物と思われてしまったようです(; ̄ー ̄A
      タゲリにも怪しまれたのでしょうか?
      私に見とれた・・ということはないですよね~(笑)
      スズガモは着水シーンなので、驚いたというわけではないですが、
      水面にいたカモたちは、驚いたかもしれませんね(*´∇`*)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。