渡りはじめ!

まずは、相変わらずの近所通いの成果です。

カワセミ

image6317

image6318

カイツブリ

image6319

クサシギ

image6320

image6321

イカルチドリ

image6322

ホオジロ

image6323

キビタキ

今年はかなり飛来数が少なかったのですが、ようやく幼鳥が見られました。

image6324

image6325

オオルリ

image6326

image6327

ヤマガラ

image6328

image6329

image6330

シジュウカラ

image6331

コガラ

image6332

image6333

image6334

クサギ

2238

ハギ

2239

サカハチチョウ

2240

2241

コミスジ

2242

ルリタテハ

綺麗な羽の表面を見せてもらう前に飛ばれてしまいました(-“”-;)

2243

この時期、近所を毎日のように巡回しても、あまり変わり映えがしませんね~

・・・ということで、少し早すぎるかな?と思いつつ,,,,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ

久しぶりの曇り空に誘われて、海まで出かけてみましたヽ(*^^*)ノ

いきなりトビに睨まれてしまいましたが、めげずに探します(・ω・。)(。・ω・)

image6335

ウミネコ

image6352

コチドリ

image6351

シロチドリ

image6349

下の鳥はどことなく雰囲気が変?と思いつつ撮ったのですが、

動作はシロチドリとは全く違って、あまり小走りをしないメダイチドリの動きに近い感じでした。

首の輪がつながっていないのは、シロチドリの最大の特徴と思っていましたが、

いろいろ調べるとメダイチドリなどでもこのような個体も居るようですね。

この個体は一般的なシロチドリの首輪と比較すると、かなり幅が広い感じがしますし、

脚も太くてシッカリしています、

シロチドリは普通は上の写真のように頭を縮めて低い体勢をとりますし、

鳴き声もかなり高い声ですが、

この鳥は常に頭を伸ばして起き上がるような格好で、低めのよく響く鳴き声をしていました。

シロチドリならいつも集団で行動するはずなのに、他のシロチドリに交ることもありませんでした。

 

他の鳥とは行動が別だったので、直接大きさの比較はできませんでしたが、

常に首を伸ばし気味の格好ということもあり、小型のチドリの仲間としてはやや大きく感じられました。

嘴がやや長めで鋭く尖っていて、脚もメダイチドリに比べれば長い感じがするので、

私は初見のオオメダイチドリと識別しましたが合ってますかね?

これまでに見たことがあるのかもしれませんが、

あまりオオメダイチドリらしい特徴的な写真を撮ったことがないので、

怪しいものも全てメダイチドリとしていました。

image6336

参考のため、今年春に撮影した普通のメダイチドリ(色が違うのは夏羽に換羽中のため)ですが、

嘴や脚の長さの印象がかなり違いますよね。

image6082

image6337

メダイチドリに比べ頭が平たいとか、より砂地を好むという特徴も合致しているように思いました。

image6338

image6348

秋の渡りは既に始まっているようで、旅の途中で道草をしている他の鳥たちにも遊んでもらえましたよ(*゜▽゜)ノ

トウネン

この個体には足環が付いていました。

image6339

足環のぶん余分に疲れたでしょうから、足湯で疲れを癒してくださいね(^_^)ノ

image6340

image6341

image6342

image6343

image6350

ミユビシギ

日焼けしてお肌の曲がり角・・・じゃなくて

白髪交じりのナイスミドル・・・でもなくて

換羽中のため羽の色がすごいことになっていますね(^m^)

これから冬に向け、白っぽい羽に生え変わります。

image6344

image6345

足疲れたぁ~~~

判りにくいですが、名前のように後ろ向きの指が退化して、指が3本しかないのが特徴です。

image6346

長旅でお疲れだったようですねm(_ _)m

砂風呂に入って、お休みなさ~い(@´▽`@)ノ”””

image6347

広告
  1. #1 投稿者: agehamodoki (2011年8月18日 - 12:57)

    コンニチハ♩
    ご近所と言いながら、いつもバラエティに富んだラインナップが羨ましいです。
    山の鳥では、オオルリの若がいいですね。この季節限定でしょうか。
    シギチもけっこう撮られていますね。怪しいメダイチドリねぇ・・・
    modokiも、過去何度も見ていますが「これだ」と言う画像がありません。
    図鑑の解説を読む限り「大いに怪しい個体」だと思います。
    トウネンやミユビシギは夏羽が残ってますね。
    また、シックで清楚な冬の装いを見たいものです。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2011年8月19日 - 08:57)

      agehamodoki さん、こんにちは♪
      オオルリはあまり幼鳥を見る頻度は多くなくて、いつもはキビタキばかりですが、
      今年はよく遊んでくれます(^^)
      オスの若は色が中途半端なことがありますが、ずいぶんと羽の色が綺麗でした。
      幼鳥の見られる期間は毎年短いですが、もう少し遅い時期に麓で見ることがあります。
      おそらくもっと北から渡ってきた個体なのでは?と考えています。
      怪しくて決め手にかけるチドリですよね(-“”-;)
      おそらく若なので中途半端なのだと思いますが、
      少なくともシロチドリの可能性は無いだろうと思いました。
      夏羽の誰が見てもオオメダイと太鼓判を押してくれる個体を見てみたいです。
      私はトウネンやミユビの夏羽に近い個体を見たことは少ないのですが、
      早い時期だと得した気分ですね(^_^)
      トウネンは冬羽のほうが警戒心が薄い気がするのですが気のせいですかね?

  2. #3 投稿者: koyuki (2011年8月18日 - 15:26)

    こんにちは!
    もうシギチ?通年じゃないですよね(スミマセン素人なもので・・)
    Koyukiも迎えに行こうかな~でも明日はお天気が悪いみたい(>_<)
    青い鳥今年は未だ一度も会えません。
    見捨てられたようですね(泣
    サカハチチョウは夏羽が好きです^^。ご近所にご挨拶廻りに行かないと
    情報が希薄になって来ました。
    コガラの仕草がこちらのハシブトガラと似てますね^^。
    シギチの正面顔ユニークですね。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2011年8月19日 - 09:08)

      koyukiさん、こんにちは♪
      シギチの渡りはもう始まってますよ(^^)ノ
      おそらく北海道を経由して来ているでしょうから、
      koyukiさんの地方では、8月初めくらいには見られるのでは?
      こちらでは9月から10月頃がシギチの渡りの本番ですね。
      私の所ではシロチドリは通年見られますし、コチドリは夏鳥として繁殖していますよ。
      ただ夏の観察は自殺行為です(笑)
      サカハチチョウの写真を撮ったのはまだ2回目くらいかな?
      私は撮ったときには全く名前さえ浮かんできませんでした(^^ゞ
      翅の表も裏も綺麗ですよね。
      コガラとハシブトガラは私は見分けがつきません。
      こちらでは、識別の必要もありませんけど・・(笑)

      • #5 投稿者: koyuki (2011年8月19日 - 23:10)

        こんばんは!
        今日久し振りに海岸に行って来ました^^。
        そうなんですね・・・居たのよん(^_-)-☆
        アカショウビンさん地方のナイスミドルじゃなくてイケメンでした(笑
        鳥見は楽しいですね。
        今は山より海が好きになりました^^。
        更新は何時も10日遅れのKoyukiですがよろしくです<(_ _*)>

        • #6 投稿者: アカショウビン (2011年8月20日 - 08:11)

          koyuki さん、こんにちは♪
          そちらでも、koyukiさんが海までやってくるのを待っているお方がいたのですね(^_^)
          それもイケメンですって!?
          私は、ナイスミドルか白髪の紳士くらいしか見たことが無いのですよ(T_T)
          こちらでは、シギチの夏羽に近い個体を見ることは珍しいのです。
          夏は暑いこともあって山が楽しいですが、
          海だと日替わりで何が見られるかわからないので、
          ワクワクします(*´∇`*)
          でも鳥が移動するたびに、砂浜を行ったり来たりは疲れますね(^^;
          やはり体力づくりが必要かも・・・(;´д`)トホホ

  3. #7 投稿者: ニコラス (2011年8月19日 - 03:11)

    近所って自然公園でしょうか? すごい沢山いますね。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2011年8月19日 - 09:14)

      ニコラスさん、こんにちは♪
      一応「西中国山地国定公園」の一角には含まれているような気がします。
      あまり意識することはありませんけどね。
      渓谷などがあちらこちらにあって、紅葉の時期は楽しめますよ(^▽^)/

  4. #9 投稿者: 暇人 (2011年8月19日 - 10:48)

    こんにちは
    シギ,チドリの可愛い姿・・いいですね!(^^)! カワセミの影も薄くなってしまいましたね!(^^)!
    こちらは 相変わらず 鳥影が薄いですが,東千歳の 原野を 当てもなく 走りまくってみましたが,カワラヒワ,ノビタキくらいにしか お会いできませんでした。西岡公園のほうは 全く 小鳥さんが現れる 兆しがありませんです(-“-) 当分は,こちらで 眼の保養をさせていただきます!(^^)!

    • #10 投稿者: アカショウビン (2011年8月20日 - 08:01)

      暇人さん、こんにちは♪
      暑い暑いと思っていたら、いつの間にか秋の渡りが始まっていました(^_^)
      今年は早い時期からシギチが見られているようで、
      完全に繁殖地まで渡らなかった個体もいるのかも?
      こちらから北海道に探鳥に出かけられる方もいるくらいなので、
      夏の北海道は野鳥の宝庫のような気がするのですが、
      場所や時期にもよるのですかね?
      でも、ノビタキが見られるのは羨ましいですよ(^▽^)/
      こちらに渡ってくるのは、もう少し後ですね。

  5. #11 投稿者: たんぽぽ (2011年8月21日 - 12:21)

    カワセミ、きれいですね♪
    どの写真も素晴らしいですね。
    砂風呂、気持ちよさそうですね(^_^)

    • #12 投稿者: アカショウビン (2011年8月22日 - 09:08)

      たんぽぽ さん、こんにちは♪
      だんだん鳥たちが沢山見られるようになって来ましたよ(^_^)
      これから渡りが本番を迎えるので、どんな鳥たちにであえるのか楽しみです!
      砂風呂・・・ダイエットに良いかもしれませんね(^▽^)/

  6. #13 投稿者: hulala (2011年8月21日 - 14:02)

    アカショウビンさん こんにちは
    素敵な蝶鳥図鑑ですね。こんなにたくさん可愛い鳥さんが見られると
    いつになっても名前が覚えられませんが
    気持ちがゆったりします。

    お盆は忙しくて食事の世話係で過ぎてしまいました。
    やっと一段落したところです。

    • #14 投稿者: アカショウビン (2011年8月22日 - 09:17)

      hulalaさん、こんにちは♪
      図鑑というには私自身の識別があやふやです(^^;
      秋は若い鳥が多いので中途半端な個体が多くて、
      怪しいものは図鑑で確認していますが、それでも難しいのがあります(-“”-;)
      特に昆虫や植物は一年経つと忘れてしまいますね(^^ゞ
      でも、名前なんて所詮人間が勝手につけたものなので、
      見て楽しむことができればそれが一番だと思います(^▽^)/

      お盆はお忙しかったようですが、賑やかで楽しかったことでしょうね(*´∇`*)

  7. #15 投稿者: りばてぃ (2011年8月21日 - 22:49)

    鳥さんの真正面の写真、思わず笑ってしまいました。
    ここまでカメラ目線ってwww

    今回旅行に行ってきたのですが、たくさんの鳥のさえずりを聞きました。
    もっとも虫が多くて、そちらに気を削がれてしまいましたが^^;)

    • #16 投稿者: アカショウビン (2011年8月22日 - 09:33)

      りばてぃ さん、こんにちは♪
      鳥の正面顔って面白いですよね(^m^)
      横だけだと、図鑑と同じになってしまうので、
      チャンスがあればできるだけ正面からも撮るようにしています。
      正面の写真だけだと、よほど特徴的な鳥でなければ、
      名前の識別はほぼ不可能ですけどね(笑)

      私は昔、りばてぃさんが行かれた 三河地方に住んでいたことがあります。
      その頃は全く鳥などには興味がありませんでしたが、
      少し山手に行くと、豊かな自然が残っていたと思います。
      その頃に興味があれば、
      こちらでは見ることができないような鳥にも会えていたのかな?と思いますね。
      夏の鳥見はいつも虫との闘いです(-“”-;)
      虫の多いときはネット付きの帽子を使っていますよ。

  8. #17 投稿者: kanaconnie (2011年8月22日 - 22:26)

    カワセミの写真を見て、ベランダから見えるアオショウビンを思い出して
    胸がキュン!としてしまいました。(笑)
    オオメダイチドリ?さん、正面ショットかわいいです♪
    チドリの仲間もKLの川べりにいたなぁ・・・。
    アカショウビンさんにベランダから写真を撮りにいてもらえたらよかったです。。。

    • #18 投稿者: アカショウビン (2011年8月24日 - 14:00)

      kanaconnie さん、こんにちは♪
      胸キュン!?すいぶんと恋してますね~(笑)
      まだ見ぬアオショウビンを見ることができたら、
      私もきっと胸キュンすることでしょう(*ё_ё*)
      (たぶん)オオメダイチドリは、まだ今年産まれの若い子のような気がします。
      とっても可愛くて気になったので、一番撮影時間も長かったですよ(^_^)
      これから秋が深まるにつれシギやチドリの仲間は、
      東南アジアや南半球まで越冬のために移動するので、
      kanaconnie さんが見られるチャンスが増えるかもです。
      小型から大型まで種類が多いので探してみてください!

  9. #19 投稿者: ポン太倶楽部 (2011年8月24日 - 22:06)

    こんばんわ

    カワセミも綺麗な鳥ですね!
    近所にいたら探しに行きそうですね~

    鳥達も長旅に疲れて一息ついたりするんですねw
    今まで、ウチの庭で飛行練習しているツバメたちが
    徐々に我がものの顔をして乱飛行しだしてきました(@_@;)
    そろそろ彼等も長旅に出かけるのかな~

    • #20 投稿者: アカショウビン (2011年8月26日 - 10:41)

      ポン太倶楽部さん、こんにちは♪
      カワセミは小魚が生息している場所ならどこでも見られるような鳥です。
      きっと、ポン太倶楽部さんの家の近くでも見られると思いますよ(^_^)
      一度見つけると、同じ場所に毎日姿を現すことが多いですが、
      小さな鳥なので、慣れないと最初は気がつきにくいかもしれませんね。

      シギの仲間は、北極海沿岸から、オーストラリア辺りまで長旅をするものも居ますよ。
      途中でかなり栄養補給が必要なのでしょうね。
      今年は震災の影響で餌が獲り難く、苦労しているかもしれませんね(^^;
      ツバメは日本への滞在期間が長くて、渡るのが比較的遅いですね。
      秋が進むにつれてだんだん終結して大きな群れになる傾向があります。
      地域にもよると思いますが、10月頃までは見られると思いますよ。

  10. #21 投稿者: ❤ちえたん (2011年8月27日 - 00:02)

    アカショウビンさん♪ こんばんはです^^

    何日か前に、小鳥ちゃんたちは見させてもらっていたというのに
    馴れないPC生活を送っておりまして・・・・。
    コメント遅くなりました・・・ポリポリ (・・*)ゞ
    どのお写真の小鳥さんも、くっきりと綺麗に撮っておられますねぇ^^
    流石!だなぁ~と、感心しながら見せてもらいました^^
    キビタキ・オオルリやヤマガラのお子ちゃまは
    やはり可愛らしいですよねぇ~~❤
    元気に育ってほしいですね^^
    海辺の鳥さんには、殆どあった事がないのですが
    チドリにも色んな種類がいるんですね?^^
    オオメダイチドリですか?真正面からのお顔は
    なんとも、面白い表情しています^^
    キラキラとした水辺にチドリちゃんたちの写真
    綺麗ですねぇ~♪
    小鳥だけぢゃなく、周りの背景にも気を配ってとると
    素敵な写真になるんですね^^
    大変 お勉強になります!^^
    そういえば、先日海辺で白い鳥さんを撮ったのですが
    何の鳥だか、さっぱり分かりません!ʅ( ‾⊖◝)ʃ ヤレヤレ・・・
    近くに、サギたちもいたのでシロサギさんかな?と思ったけど
    ちょっと違う・・・・。
    今度アップしますので、教えてもらえると嬉しいです^^

    • #22 投稿者: アカショウビン (2011年8月29日 - 09:32)

      ❤ちえたんさん、こんにちは♪
      PCが替わると、設定やらなにやら・・・
      やることが沢山あって手間がかかりますよね(^^;
      私も、このところブログへの集中力がなくなって、
      スローペースになってしまっています(^^ゞ
      山の中では、シャッタースピードが稼げずブレとの戦いですが、
      これからは明るい場所で撮影できるので、
      暑さだけ克服すればブレの心配はなくなりますね(^^)b
      先日少し山へ行ってみましたが、鳥が撮れそうな感触はもうありませんでした。
      小型のチドリは日本海の方が多いかもしれませんね。
      シギは瀬戸内の方が圧倒的に数も種類も多いと思いますが、
      海が南方向で逆光になりやすく、
      干満の差が大きいこともあって時間帯も考えなくてはならなくて、
      撮影条件は厳しいように思います。
      海辺ではあまり見られず、休耕田のような場所で見られる種類も少なくないのですが
      ○島の西部はあまり広い田園地帯がないような気がするので、
      好条件の場所が少ないかもしれませんね。
      日本海だとほとんど砂浜なので、多くの場所を探さなければ当たり外れが大きいですが、
      警戒心の小さな種類はすぐ足元まで来てくれますよ(^▽^)/
      機会があったら、秋の海に出かけてみてくださいね!
      この時期はまだ、朝からすぐに灼熱地獄になるので、
      意識朦朧としてあまり背景まで気が回らないのですが、
      広く動き回らない鳥は、低めの位置から狙ったり、
      水面を映しこんだり、小山に登った所を狙うなど・・・
      ジックリ時間をかけて撮影するととスッキリした写真になると思います。
      背景に拘りだすと、次々欲が湧いてくるので何度撮っても終わりはないですね(^^;

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。