夏から冬へ

朝6時過ぎ・・・

夏に比べて随分と日の出が遅くなりましたね。

2277

8月から始まったシギの渡りも、そろそろ終盤になってきました。

アオアシシギ

image6479

タシギ

image6485

ハマシギ

image6486

アカアシシギ

image6476

image6477

ツルシギ

image6474

image6475

真中がアカアシシギで両端がツルシギです。

どちらもあまり数が多いシギではないので、同時に撮ったのは初めてですが、やはりよく似てますね。

image6478

オオハシシギ。

2年連続で観察できましたが、これも数の少ないシギです。

image6480

image6481

image6482

image6483

手前はハマシギ

image6484

ハシビロガモ

image6487

ノビタキ

image6489

コヨシキリ

秋の渡り時期に、こんな好条件の場所に止まってくれることは珍しいです。

image6490

セッカ

唯一夏鳥ですが、今季はまともな写真が撮れませんでした。

image6488

マガン

image6493

image6492

image6491

ミサゴ

image6494

image6495

image6496

image6497

image6498

image6499

image6500

オオバンぶるまいで・・・

image6501

最後に鉄の鳥

2278

広告
  1. #1 投稿者: ❤ちえたん (2011年10月9日 - 17:51)

    アカショウビンさん♪ こんばんわぁ~♪

    ヤッタァ~~~!久しぶりの一番コメ!ゲッチュです!
    これは、良い事がある前兆ですね!(キッパリ!笑)

    早朝、日の出前から鳥見に出かけられたのですね?
    いつもなのでしょうが・・・・凄いなぁと感心します^^
    今日もまた、沢山のシギたち^^
    3羽並んでいる、アカシギとツルシギ?
    どこがどう違うのか、さっぱり解りません・・・ʅ( ‾⊖◝)ʃ ヤレヤレ・・・
    ツルというくらいだから足が長い?(んな訳ないですよね?汗)
    ハシビロガモのお口面白いですよねぇ^^
    これなら、私にでも識別できそうです!(笑)
    美沙子さん、水中めがけてお魚を採ってますね^^
    あのアンヨで魚をひっかけるのでしょうか?
    はいはい!期待とおり?最後のオチは、やはりオヤジギャグの
    「オオバン」ぶるまいでしたぁ~~(ケラケラケラ。)
    飛び物好きなアカショウビンさん・・・・。
    ついに!鉄の鳥まで追っけたのですねっ!(≧n≦笑)ククク

    • #2 投稿者: アカショウビン (2011年10月11日 - 09:48)

      ❤ちえたん さん、こんにちは♪
      一番乗りおめでとうございます( ^-^)∠※.。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★
      「寒いギャグを優先的に聞ける券」差し上げます(笑)

      はいはい、真っ暗な4時ごろ出発しましたよ(^^;
      冬鳥だけになってしまえば早朝のメリットはあまりないのですが、
      渡りの時期は朝だけしか逢えないことも多いので、早起きは大事ですよ(^^)b
      アカアシシギとツルシギそっくりですよね。
      ツルシギの名前の由来は、赤い色がツルを連想させるからだそうですが、
      あてずっぽう?の足の長さの違いというのは実は合ってます!
      水辺に暮らすシギの足の長さは比較できないことがあるので、
      他の特徴があれば識別ポイントとして使わないので、
      あまり気にしたこともなかったのですが、
      ツルシギは長い足でドンドン移動するのに比べて、
      アカアシシギは歩くスピードが明らかに遅かったです。
      羽の模様なども微妙に違うのですが、普通は嘴を見て判断しますね。
      私も名前にアカが付くのでやはり足は短いですぅ(-“”-;)

      美佐子さんは狩ではなかったですね。
      おそらく水浴びに近いような行動だと思います。
      狩をするときは上空でホバリングをして、一気に水面まで急降下しますよ!
      カメラではなかなか追いつかないようなスピードです(^^;
      私は羽が付いているものは何でも撮るのをモットーにしています(^m^)
      さりげなく風車も写っているでしょ!

  2. #3 投稿者: ニコラス (2011年10月9日 - 18:28)

    落ちが凄い!!(笑

    • #4 投稿者: アカショウビン (2011年10月11日 - 09:50)

      ニコラスさん、こんにちは♪
      オヤジですからね~(^^;
      ちなみに飛行機は落ちませんでした(←あたりまえですよね)

  3. #5 投稿者: りばてぃ (2011年10月9日 - 18:32)

    オオハシシギの2枚目、水鏡に見事に映って不思議な世界を醸し出していますね^^。
    鳥さんがじっとしている状況だったのでしょうか。
    ピンと張りつめた中で集中してシャッターを切る・・・充実した時間でしょうね^^)v

    • #6 投稿者: アカショウビン (2011年10月11日 - 09:59)

      りばてぃさん、こんにちは♪
      シギの仲間は食事中はずっと動き回るので、
      たくさん撮っても、ほとんどが没写真になってしまうのですよ(>_<)
      たまに何かの音に警戒したときなどには動きが暫く止まります。
      休憩体勢になると、長時間全く動かないうえに、
      首を折り曲げて嘴が見えなくなることもあるので、
      撮影しても全くつまらない写真になってしまいますね。

  4. #7 投稿者: abend (2011年10月9日 - 18:52)

    こんばんは。
    ノビタキさんの写真の光が柔らかい感じがとっても好きです。
    可愛いですよね。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2011年10月11日 - 10:05)

      abend さん、こんにちは♪
      ノビタキは、一番秋らしさを感じさせてくれる鳥のような気がします(^^)
      今回は、ノビタキがほとんど葉の日陰になっているということもありますが、
      羽毛の性質なのか、結構日差しが強くても、
      ほんわかした感じに撮れるような気がします(^▽^)/

  5. #9 投稿者: agehamodoki (2011年10月9日 - 20:01)

    あかしょうびんさん、コンニチハ♩
    おっしゃる通り、シギチの渡りも終盤です。
    アオアシシギ、ハマシギは越冬しますね。
    夏に黒かったハマシギのお腹が真っ白です。modokiと一緒です!
    アカアシシギとツルシギは似ていますねぇ。
    嘴が細く長いのがツルシギかな?!
    オオハシシギは東京在住時は葛西でよく見たのに、こっちではサッパリです。
    コヨシキリもこちらでは見ないなぁ・・・
    早くもマガンが群舞していますね。冬が近くなりました。
    背景の風力発電所の羽の犠牲にならなければいいのですが・・・

    • #10 投稿者: アカショウビン (2011年10月11日 - 10:21)

      agehamodoki さん、こんにちは♪
      今年はホウロクシギやオオソリハシシギなどを撮りこぼしてしまいましたが、
      それなりに多くの種類を観察できたように思います。
      これから見られるとすれば、残りはセイタカシギくらいかな?と思いますね。
      こちらではアオアシはほとんど越冬していないと思いますが、タシギが沢山越冬します。
      何年か前には1月にツルシギを見たこともありますよ(^^)
      あらら、今はモドキさんも腹黒ではないのですね(笑)
      アカアシとツルシギは、嘴の長さがかなり違いますよね。
      私は、ツルシギの下側の嘴だけ赤いという点を識別に使うことが多いです。
      コヨシキリは秋には地鳴をよく耳にするので、沢山通過していると思います。
      数は多くても、忍者なのでなかなか撮れませんけどね(>_<)
      マガンにとって風力発電も脅威かもしれませんが、
      先日はオオタカの餌食にされたようです(ー人ー)

  6. #11 投稿者: kanaconnie (2011年10月9日 - 20:28)

    シギの仲間もいろいろいて、みなそっくりなのに足の色が違ったりくちばしが違ったり・・・、
    どこでどう変化したのでしょうね~。
    変わっていった長い時間のことを想像すると不思議な気持ちになります。
    アカアシシギとツルシギは・・・目じりが違う!?
    おばはんぶるまいかと思ったらオオバンぶるまいで・・・(笑)
    わたし、最近自意識過剰かも。。。

    • #12 投稿者: アカショウビン (2011年10月11日 - 10:34)

      kanaconnieさん、こんにちは♪
      シギの仲間は写真だけ見たら全部同じに見えてしまうかもしれませんね。
      足の色が違う理由は分かりませんが、
      長さは餌を採る水深とも関係あって、多少の棲み分けになっていると思います。
      嘴の長さは餌を採る深さにも関係していて、
      比較的嘴の長いオオハシシギやタシギは、
      土の中に深く嘴を差し込んで餌を探しますよ(^^)
      アカアシとツルシギは、嘴の長さや色などで判断することが多いですね。
      繁殖期にはツルシギは黒く変化して簡単に見分けられるのですが、
      私はまだ黒い個体は見たことがありません。
      kanaconnieお嬢さん、意識しすぎですよ!(笑)

  7. #13 投稿者: koyuki (2011年10月9日 - 22:01)

    アカショウビンさんこんばんは!
    最初の日の出のお写真は摩訶不思議、芸術的現象ですね。
    シギ類の多さにビックリです^^。
    ビミョウーな羽の紋様もアカショウビンさんなら
    バッチシですね!
    Koyukiも今年は少し多く見れて嬉しいです。
    こちらもそろそろシギチの終わりの季節でガン類が増えてきてますよ。
    日の出が遅く日の入りが早いこの季節はうら寂しい一番
    嫌な季節です。しかし唯一鳥が慰めてくれるようで・・・・
    コヨシキリを見ると春を感じ、ハシビロガモを見ると冬を感じてしまいます。
    ノビタ君こちらに未だ逗留組みが居ますよ^^。

    • #14 投稿者: アカショウビン (2011年10月11日 - 10:55)

      koyuki さん、こんにちは♪
      日の出の時は、太陽がゆらゆらしている感じが良いですよね。
      滅多に見られませんが、満月の月が低空で赤く染まるのもまた神秘的です(^^)
      シギは種類が多くて、識別も難解ですね(^^;
      識別がバッチリどころか、前に識別した写真を見直して青くなることが・・・(; ̄ー ̄A
      シギチは日替わりなので、何年もかけて観察種を増やすしかないと思っています。
      毎年同じ海岸線に沿って行ったり来たりしているはずなので、
      回数を重ねればきっとチャンスはあると思います。
      マガンは今年ハイペースで渡ってきているような気がします。
      勢いに乗って何か交じり物がやってくることに期待したいですね(^▽^)/
      同じ鳥でも地域によって季節の感じ方が違いますよね。
      こちらではアオジは冬鳥なのですよ。
      ノビタ君は今年は一週間くらいペースが遅れている感じがします。
      そろそろ一気に増えてくるかな?

  8. #15 投稿者: 暇人 (2011年10月10日 - 20:19)

    こんばんは
    素敵な 太陽が撮れましたですね。なかなか こんなチャンスには めぐり合えませんです!(^^)!
    そちらも 冬の渡り鳥で 賑わってきているんですね。こちらは マガンが増えていますが ハクチョウは まだ 片手と言ったところです!(^^)!。これから 各地の水場が賑やかになるんでしょうね。ようやく 10月のノビタ君が撮れました!(^^)! 5月のノビタ君と どう違うんだろうと 見比べていますが,良く分かりませんです。ただ,10月のノビタ君は 太っているようでしたよ(-“-) こちらは 早々に ユキムシが 飛び始めました(-“-)

    • #16 投稿者: アカショウビン (2011年10月11日 - 11:04)

      暇人 さん、こんにちは♪
      毎日雲が出たり霧がかかったり変化するので、
      同じ太陽でも見え方がいつも違いますよね(^^)
      マガンは年々早く渡ってくるように思いますが、
      ハクチョウが渡ってくるのはおそらく下旬頃になると思います。
      カモ類もだんだん増えていますが、この時期は同じような色をしているので、
      シッカリ見ないと何が渡ってきているのか分からないですね(-“”-;)
      居残っているノビタ君は、まだ夏羽のままなのでしょうか?
      寒くなったので、そろそろ衣替えが必要ですね(笑)
      旅の準備のために食欲が増進して、それどころではないのかな?

  9. #17 投稿者: hulala (2011年10月11日 - 13:49)

    こんにちは
    日の出を見ながら鳥見なんですね、素敵な太陽です。
    でも日の出前は冷え込みが強いのではありませんか。

    アオアシシギが水面に写っていて幻想的なのに、そのうえ
    水面の秋色の色彩が落ち着いていてなんとも素晴らしい。
     
    セッカの胸毛というより胸の羽毛がやわらかそうで、なでてしまいたくなります。
    愛情いっぱいの写真集になってますね。

    • #18 投稿者: アカショウビン (2011年10月12日 - 09:28)

      hulalaさん、こんにちは♪
      私の鳥見はだいたい日の出前から始まりますよ(^^)
      明るくなり始める頃に、鳥たちがざわついている感じがとても好きなのです。
      ただ、収穫がないときは昼ごろで諦めることも多くて、
      午後からのチャンスを逃してしまうことはしょっちゅうです(笑)
      ここは私の家の周りと比べるとずいぶん暖かいのですよ!
      風通しの良い場所なので、冬場の強風はさすがに辛いですが、
      この日は私にとっては暑くて半袖で過ごしました(^^)v

      撮影中はなかなか細かい部分まで気が行き届きませんが、
      水鏡になっているときは、テンションが上がりますね(^▽^)/
      なかなか思った場所に鳥が来てくれませんが、
      確かに緑だけではない、秋色になっていますね。

      セッカの胸はフワフワした感じに見えますね。
      これでファンデーションを塗ったらきめ細かく仕上がるかな?(笑)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。