具合はいかが!?

この週末は、予報の割には天気の崩れが少なく、鳥見にはあまり問題ありませんでした(^^)

通過するだけの鳥だけでなく、冬鳥も徐々に渡ってきていますが、小鳥はまだまだ少ない感じがします。

ようやく新しい脚を使ってみましたが、これまでとは安定感が比べ物にならず、

特に条件の悪い時には力強い味方になりそうです(^▽^)/

ただ一つ良くなると、今度は雲台周りの剛性感が気になり始めるので、困ったものです(^^ゞ

ノビタキ

image6529

image6530

image6531

コヨシキリ

image6543

image6544

アオアシシギ

image6532

タカブシギ

image6533

オオハシシギ

image6534

image6535

image6536

ハマシギ

image6537

image6538

アマツバメ

この鳥は繁殖の時期に巣に戻る時以外は、ほぼ一生飛び続ける鳥だそうです。

寝るのも交尾も飛びながらだそうで、飛び続けることが一番楽なのでしょうね~

image6539

image6540

この美しく長い翼は、飛ぶために進化した結果なのでしょう。

image6541

image6542

アトリ

今季ようやく見つけた冬の小鳥ですが、この鳥の飛来はほぼ例年並みだと思います。

今回は100羽程度の小さな群れでしたが、

大群で日本海側のいくつかの場所に渡って、その後全国に分散するらしく、

時として万単位の空を覆い尽くすほどの大群が見られることがあります。

私がそのような光景を見たのは、4年くらい前ですが、

その群れに鷹が何度も突入していたのが印象的でした。

 

ヒヨドリのように波状飛行する鳥なので、羽を広げていない瞬間があるのが面白いところです。

image6545

image6546

image6547

image6548

コハクチョウ

image6550

image6551

カワセミ

image6549

ミサゴ

image6552

image6553

冬の猛禽が少しずつ見られるようになりました。

ハイイロチュウヒ

image6554

image6555

image6556

image6557

image6558

image6559

image6560

ハイタカ

どうしたの?調子悪いの?

image6561

二日酔いで「吐いたかぁ~?」

image6562

なんだ「歯痛かぁ~」

image6563

病院へ行ったほうがいいよ!

ところで保険には「入ったかぁ~?」

image6565 

じゃあ、イッテラッシャーイ(。・ω・。)ノ~~

ところで出かけるときに、靴「履いたかぁ~?」                         

広告
  1. #1 投稿者: koyuki (2011年10月24日 - 00:06)

    具合は大丈夫ですよ~
    こちらの週末は雨なので靴履いたわよ(≧◇≦)
    なんとこちらから消えた鳥さん達、みな
    西に渡ったのですね。
    あっ!アトリは先日山で見かけました^^。
    何万羽の群れを見てみたいものですね。
    アマツバメの習性って面白いですね。ジックリ観察してみたいものです。
    どのシギもバッチシ写ってて素晴らしいですね。
    今年はカワセミを見ずに終わりそうです。
    今はオオハクチョウの数が増えてきてます。
    それとハクガンが今年は今のところ41と昨年より+3だそうですよ。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2011年10月25日 - 08:24)

      koyukiさん、こんにちは♪
      服は脱いでも(←シツコイ)靴はバッチリですね(^^)b
      そちらは、そろそろスタッドレスへの履き替えも必要な頃ですかね?
      私はまだ未確認なのですが、場所によっては、
      オオジュリンなども渡って来ているようです。
      アトリの大群は今でも鮮明に覚えていますが、
      いつも出かけられないので、なかなか見られないものですね。
      でも数百程度の群れなら、自宅の上空を飛んでくれることもあるのですよ(^▽^)/
      アマツバメは飛んでいるところを撮影するしかないのですが、
      もたもたしている間に、すぐ遠ざかっちゃいます(^^;
      オオハクチョウは昨シーズン全く写真が撮れませんでした。
      あまり探したわけではないのですが、アメリカコハクチョウより見つけにくい感じがします。
      ハクガンがそんなに(@@;
      こちらでは一度限りの一羽しか記録がありませんが、
      北米では150万羽以上の大群になる鳥なので、
      こちらにも少しまわして欲しいですね(*゜▽゜)ノ

  2. #3 投稿者: 暇人 (2011年10月24日 - 16:18)

    こんにちは
    ノビタキは 5月に幼鳥,親鳥を撮って,9,10月のノビタキを撮って 比較しよう思っていたんですが,秋のノビタキには 出会えませんでした(-“-) お陰さまで ノビタキの幼鳥が 眠ったままで 成鳥にはなっていません。暇な時にでも 使ってやろうと 思っています(-“-) アトリの大群すごいですね。これでスト 撮りほうも 大変ですね。!(^^)! チュウヒと二日酔いの鳥さんと 豪華な ラインアップで 驚いています(*^_^*)
    こちらは どうも 不作のようで アオジ♀が 精々 季節感を感じさせてくれていますが,西岡公園のほうは 全く 静かですヨ(-“-)。賑やかのは エゾリスだけとは 情けない状況です(-_-メ)

    • #4 投稿者: アカショウビン (2011年10月25日 - 08:32)

      暇人さん、こんにちは♪
      ノビタキって5月には幼鳥が見られるのですか(@@;
      ずいぶんと繁殖が早い鳥なのですね。
      こちらは春と秋の限定なので人気の高い鳥です。
      今年は通過する個体が少なめの気がしますが、どこかで道草しているのかな?
      アトリの数百羽程度の群れは毎年見られるのですが、
      万単位は1シーズンしかお目にかかったことがないです。
      群れが大きいとまるで別の生き物のようです(^^;
      鳥が居るのはまだ一部の場所だけで、家の周りはまだ静かですよ。
      これが、嵐の前の静けさならば良いのですが・・・

  3. #5 投稿者: agehamodoki (2011年10月24日 - 20:23)

    夏の名残りと冬の気配が交錯する季節ですね。
    新しい脚で鳥追い、けっこう満足のご様子で何よりです。
    秋が深まった割には色んなシギチが見られますね。
    オオハシシギの太くて真っ直ぐの嘴がイイです。
    アマツバメの長い翼が美しい鎌形に見えます。
    タカ渡り観察時に、けっこう集団を見かけますが
    確かに止まっているところなんて見たことないですね。
    すでに草原は子供たちのおやつの定番「ハイチュウ」の季節ですか?
    特徴のある顔ですよね。腰の白が目立ちます。
    ところで、アカショウビン邸の落ち葉は「ハイタカ?」「掃いたか?」

    • #6 投稿者: アカショウビン (2011年10月25日 - 08:48)

      agehamodokiさん、こんにちは♪
      新しい脚は買ってよかったと思います(^^)
      前の脚でも最初使ったときは別世界のように感じましたが、上には上がありますね。
      この時期になって姿が見られることがあるのが、セイタカシギなのですが、
      今年は春も含めて、まだ一度も見ることができていません。
      昨年は11月半ばに撮っているのでまだチャンスはあると思いますけどね(^^)b
      オオハシシギは2羽に増えていました。
      昨年も一月くらい滞在したので、今年ももう少し見られるチャンスがあるかもしれませんね。
      タカ渡りの時期にはハリオアマツバメなどが観察できることもあるようですね。
      私はまだ普通のアマツバメしか見たことがありませんが、
      別の種類も見てみたいなと思っています。
      ハイチュウは雌しか確認できませんでしたが、
      なかなか飛ぶのを見るだけでも難しい雄を見つけたいですね。
      も少ししたら、コミミなども渡ってくるかもです(^^)
      今年は自宅周辺ではまだハイタカを見ていないのですよ。
      ・・・なので答えは「掃いてない」です(笑)

  4. #7 投稿者: りばてぃ (2011年10月24日 - 21:59)

    カワセミは、美しい色にユーモラスな体型ですよね。
    近所の池にも飛んでくることがあり、どこからともなくバーダーさんたちがやってきます。
    情報網が凄いのでしょうね^^。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2011年10月25日 - 08:57)

      りばてぃさん、こんにちは♪
      カワセミは人気の高い鳥ですよね(^^)
      都会ではなかなか鳥の撮影が難しい面がありますが、
      カワセミは東京の公園などでは、あちらこちらポイントがあるようですし、
      同じ場所に出没する傾向が高いので、
      カワセミを沢山撮られるブログなどを見ると東京の方が多いように感じます(*^^)
      田舎のカワセミは人馴れしていないので、
      警戒心が強めでチャンスはあまり多くないですね。

  5. #9 投稿者: kanaconnie (2011年10月24日 - 22:02)

    「ハイタカ」連発、ありがとうございます・・・。
    アマツバメ、KLにいるときによく見た鳥だと思います。
    たくさんで群れて飛ぶ時もあってピチュクチュ・・・とにぎやかな声でした。
    飛んでいるときに腰?の辺りの白い模様が見えて勝手に「パンダッち」と呼んでいました。たしかにじっとしていない鳥で弧を描くようになんども駐車場に突入していくのを見ました。巣があったのかもしれません。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2011年10月25日 - 09:06)

      kanaconnie さん、こんにちは♪
      ハイタカはしつこすぎましたね(^^;
      これが原因かわかりませんが、これから先少し冷え込むようです(笑)
      KLではアマツバメやアナツバメ仲間が多いかもしれませんね。
      アナツバメの仲間は高級食材「ツバメの巣」として有名ですが、
      KL近郊に産地がなかったですかね?
      私はあまり沢山の群れは見たことがないですが、
      数年前の春の渡り時期に、海岸付近で100羽程度の群れが
      グルグル回っているのを見たことがあります。

  6. #11 投稿者: ❤ちえたん (2011年10月24日 - 22:36)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^

    うぅ・・・・不覚にも!
    ハイタカ三連発ギャグに大笑いしてしまった・・・・il||li▄█▀█●il||li
    鳥さんの知識や機材の知識だけでなく
    ギャグの才能も持ち合わせておられるアカミンミン師匠!
    あの時?、爪の垢を|・ω・`)コッショリクスネテおくべきでしたわっ!(プププッ。)
    新しい「足」は安定していて使い易そうですね^^
    自分の足は〇足でも、こんな手たあったのねぇ~~(・∀・)ニヤニヤ
    色んなお山や河川敷に徘徊してはいますが・・・・。
    なかなか鳥さんとの出会いに恵まれませんです・・・(・・,)グスン
    シギさんも見てみたい~♪
    ノビちゃんにも逢いたい~♪
    そんな風に思って、毎日を送っている私にとって
    ここは「夢」のような場所でもあり目標でもあります^^
    お馬鹿ばかり書いていますが・・・・。
    アカショウビンさんの更新楽しみにしている一人です^^

    • #12 投稿者: アカショウビン (2011年10月25日 - 09:26)

      ❤ちえたんさん、こんにちは♪
      アララ、私のギャグで大笑いなんて・・・寒くなかったということですかね?(笑)
      潜伏期間があるので、今は大丈夫でも、後から寒気が襲ってくるかも知れないので、
      くれぐれも体調管理には気をつけてくださいね(^m^)
      爪の垢を宅急便で送りましょうか?御代は要らないので、ごぁんと交換でいいですよ!
      これまでの脚は少し細くて、見た目にもバランスが悪かったですが、
      〇根足になったので、安定感が抜群です。
      ちえさん自身は細くて不安定そうでしたが、いつもブレませんか?
      私も自宅周辺では鳥の気配があまり感じられないのです(T_T;)
      遅れているのか、ルートが違うのか定かではありませんが、
      夏鳥と違って、年による変動が大きいことは確かですね。
      でもそろそろ、ツグミやミヤマホオジロやジョウビタキなど、
      冬の定番の鳥たちが渡ってきても良い頃なので、
      目にする小鳥もだんだん増えてくるだろうと思います。
      今年の冬に、一度くらいは県境を越えて北の湖畔へ向かってみたらどうですかね?
      日本でも有数の越冬地なので、沢山の鳥に出会えると思いますよ(*゜▽゜)ノ

  7. #13 投稿者: ニコラス (2011年10月26日 - 06:45)

    寝るのも飛びながらって?落ちたりしないのでしょうか?
    ハイタカ!オバサマギャグに一票!!(笑

    • #14 投稿者: アカショウビン (2011年10月26日 - 08:08)

      ニコラス さん、こんにちは♪
      脳の片側ずつ眠るとか、ごく短時間だけ眠るとかの説があるようです。
      追跡した結果では、たまに急降下することがあるらしいですが、
      その時に寝ているのではないかとも考えられているようですね。
      渡り鳥も渡りの途中で飛びながら眠ることもあるらしいですよ( u _ u )
      酔っ払って記憶を無くしても、家まで辿り着く人と似ているのかも(笑)

  8. #15 投稿者: たんぽぽ (2011年10月26日 - 06:57)

    羽を広げていない瞬間(アトリ)、魚に見えます(^_^)
    こちらは今日もいい天気ですよ♪

    • #16 投稿者: アカショウビン (2011年10月26日 - 08:11)

      たんぽぽ さん、こんにちは♪
      ホント魚っぽいですよね(^^)
      空気の抵抗を少なくして、効率よく飛んでいるのでしょうね!
      昨日までは、雲が厚くてたまに雨が降る天気でしたが、
      今朝は雲一つない快晴で、気分が明るくなりました(^▽^)/

  9. #17 投稿者: ニコラス (2011年10月27日 - 16:49)

    撮影時間ってどれくらい掛かっているのでしょうか?気になりますね。

    • #18 投稿者: アカショウビン (2011年10月29日 - 07:58)

      ニコラス さん、こんにちは♪
      現地に居たのは10時間くらいですね(^^ゞ
      撮影というよりは、何か珍しい鳥が居ないかと探したり、
      待っていたりする時間がほとんどですが・・・
      あと知人が来ていたので、長話をしてしまいました(^^;

  10. #19 投稿者: hulala (2011年10月29日 - 11:41)

    こんにちは
    皆さんシャレが上手いですね、余裕かも。
    一人で笑っていましたよ。
    ノビタキはてっぺんがお好きなようですね。これなら見つけやすいけど
    コヨシキリのように中に入っていると見つけられませんね。
    それにきれいなスタイルをしていますね。
    アトリってすごい群れを作るのですね、見てみたいです。

    • #20 投稿者: アカショウビン (2011年10月31日 - 08:06)

      hulalaさん、こんにちは♪
      シャレというとお洒落なイメージになってしまうので、
      アカショウビンの場合は、たんなる寒いギャグですね(^^ゞ
      暗い世の中・・笑いで吹き飛ばしましょう!
      ノビタキは見通しの良いところに止まって、
      飛んでいる虫などを捕まえます。
      遠くからでも簡単に見つけられて、小鳥の中では最も撮影しやすい部類ですね(^^)
      一方のコヨシキリは、ウグイスの仲間なのですが、
      ウグイスの仲間は全般的に藪の中の込み入った場所が大好きで、
      姿を一瞬見るだけでも難しいものです。
      鳴き声と、草の揺れを見ながら探すのですが、
      落ち着きがなく常に動き回っているので、
      見つけても、カメラを向けるまでに隠れてしまうことが多いです(^^;
      アトリは飛んでいるときの鳴き声がとても可愛いのですよ(*´∇`*)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。