老紳士?

このところ、ホオジロ科の鳥が一気に増えたので、もしや!と思って探しに出かけました((((( ( (ヽ(^0^)/

白髪頭の老紳士?シラガホオジロです。

前回見たのは2年前ですが、WordPressに移行する前の記事にも関わらず、

私のブログの鳥名による検索では、先日のコウライアイサに次ぐ第二位という注目度の高い鳥です。

image6788

ウンチが写ってしまいました(^^ゞ

image6789

image6790

image6787

地面に降りると見つけにくく、まともな写真はこの一枚しか撮れませんでした。

全身が見えないのが残念ですが、白髪頭は確認できますね(^^)

image6786

ツグミ

冬の定番の鳥ですが、今期は飛来数が増えず、なかなか写真が撮れるチャンスがなかったのですが、

ようやくブログに載せられそうな写真が撮れました(´▽`)

例年なら、わざわざこの鳥を狙って写真を撮ろうとも思わないのですが、

冬鳥の少ない今季は、狙ってでも撮りたいほど貴重な存在に感じます。

image6791

image6792

image6793

image6794

image6795

キジバト

image6796

カワアイサ

image6797

image6798

image6799

image6803

image6801

image6802

image6800

image6806

image6804

image6805

オシドリ

image6807

広告
  1. #1 投稿者: 暇人 (2011年12月16日 - 15:35)

    こんにちは
    こちらは 連続真冬日を更新中で,小鳥さん,水鳥さんの 姿が見られませんです!(^^)!
    例年ですと,レンジャク,ベニヒワ,マヒワ,ウソ,アトリが やってくる時季なんですが,情報では 単発的に見かけているということで,暇人は まだ 見かけていません(-_-メ)。そちらは 珍鳥の部類の 「シラガホオジロ」ですか・・。「ホオジロ」は良く見かけますが,気を着けて 見てみないと いけないようですね。
    「ウンチ」の場面まで撮るとは プライバシーの 侵害になりませんか??!(^^)!
    そちらは カワアイサが まだ 居られるんですね。こちらは 閑散期で 寂しい限りで,今日は 「ツグミ」を 撮っただけでした(-“-)

    • #2 投稿者: アカショウビン (2011年12月17日 - 08:07)

      暇人さん、こんにちは♪
      今年は冬鳥があまり増えませんね。
      アトリ科の情報がほとんど無いように思います。
      特にマヒワは三年連続で少なく今年はまだ鳴き声も聞かないですね。
      この週末は再び雪が降っているので、
      北風で何か運ばれてくることに期待です(^^)
      北海道はホオジロ科の珍しい鳥が多そうですね!
      注意して探せば、いろいろ見つかるのではないでしょうか?
      ウンチの後、携帯ウォシュレットでも持っていったら喜んでくれたかな?(笑)
      こちらのカワアイサは、厳寒期にしか見られません。
      3月にはほとんど帰ってしまうと思います。

  2. #3 投稿者: ニコラス (2011年12月16日 - 17:10)

    踊りのお稽古でしょうか?

    • #4 投稿者: アカショウビン (2011年12月17日 - 08:08)

      ニコラスさん、こんにちは♪
      紅白のリハーサルを行っている様子でした(笑)

  3. #5 投稿者: kanaconnie (2011年12月16日 - 19:49)

    雪が降っているせいか、とても寒さが伝わってくる写真でした。
    メスの方がなんとなく優しい顔してますね。
    カワアイサのリサイタル・・・?いろいろな動きがおもしろい。
    オシドリはどうしてこんな模様になったのか…きれいですね。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2011年12月17日 - 08:18)

      kanaconnieさん、こんにちは♪
      今朝は積雪が5cmくらいありました。
      冬鳥は雪の時期が一番似合う気がしますが、
      撮影には厳しい日々になりそうです( ̄ー ̄;
      雄雌の見た目が違う鳥は、ほとんど雌のほうが優しい雰囲気ですね。
      オシドリは雌にもてるために着飾るのでしょうかね?
      仲むつまじい鳥のイメージですが、子育てするのは雌だけらしいですよ(^^;

  4. #7 投稿者: koyuki (2011年12月16日 - 23:27)

    昨日図鑑で見てたシラガホオジロ!
    さすが素晴らしい眼力ですね。
    毎回ヒットに拍手です(^~^)
    雄と雌の間に割って入ったスズメ、微笑ましいですね^^。
    ツグミはこちらでも見ました。
    今年はナナカマドなどの赤い実が少ないです。
    お立ち台のカワアイサ、サービスしてくれましたね。
    私未だオシドリ見たこと無いのですよ^^;。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2011年12月17日 - 08:36)

      koyukiさん、こんにちは♪
      天からの知らせでもあったのでしょうか?
      図鑑でシラガホオジロを眺めていたのですね。
      そちらで丹念に探せばは、
      ホオジロやヒバリの仲間で珍しいのが見つかりそうですね(^^)
      こちらには毎年飛来すす場所があるのですが、
      そこ以外の場所で発見するのはほぼ不可能だろうと思います。

      今年は木の実が全般的に豊作のような気がするのですが、
      鳥が少ないので余計にそう感じるのかもしれません。
      これから沢山の小鳥がやってきてくれると嬉しいです。
      近所ではオシドリ、マガモ、コガモの3種で99%くらいを占めると思います。
      それ以外のカモを見ようと思うと少し出かけなければならないのです。
      オシドリは水辺の木の枝に居ることも少なくないので、
      見逃すことが多いかもしれませんね。

  5. #9 投稿者: hulala (2011年12月17日 - 19:41)

    こんばんは
    シラガホオジロという鳥がいることも知りませんでした。
    なかなかの紳士のようですね、なんでスズメがいるのかなと思いましたが
    中が良いのでしょうね。
    ツグミが沢山いて赤い実を食べているのも絵になりますね。
    日本画のようです。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2011年12月19日 - 08:04)

      hulalaさん、こんにちは♪
      シラガホオジロは、なかなか見られない鳥ですね。
      ホオジロ科の鳥って、普通種となかなか見られない鳥とが極端で、
      私はこれ以外の珍しい種類にはまだ出会えていません。
      周りにはスズメとシラガホオジロがもう少し電線に止まっていたのですが、
      なぜか交互になっていたのですよ(^^)
      ツグミとスズメが同じように止まることもあるし、敵対意識はないのでしょうね~
      赤い実はナナカマドですかね?
      普通の赤い実って、よほど他の食べ物がない限りは、
      なかなか鳥が食べに来ないのですが、
      この実は美味しいのか、大人気でしたよ(^▽^)/

  6. #11 投稿者: agehamodoki (2011年12月17日 - 21:07)

    ついに出ましたねぇ!「珍系」が!
    シラガホオジロは名前くらいしか知りません(^_^;)
    普通のホオジロと比べて、どこのパーツもちょっとづつ違って
    全体としてずい分違う???
    それにしても、凄いなぁ。検索数が増えるのは当然でしょう。
    ここのカワアイサ集団にはウロコ模様のあるヤツは居ないのかな!?
    私はまだツグミもシロハラもまともに見ていません。
    日本海側は積雪らしいですが、この冬の鳥事情は変ですよ!
    こちらにも「ちょっと変なヤツ」に来て欲しいで~す!

    • #12 投稿者: アカショウビン (2011年12月19日 - 08:15)

      agehamodoki さん、こんにちは♪
      シラガホオジロは毎年飛来しているようです(^^)
      北日本では、それなりに見られる場所もあるのでしょうが、
      それ以外では、ここともう一箇所越冬地があるらしいことしか知りません。
      確かにホオジロとの違いはどこ?と考えるとなかなか難しいのですが、
      全体を見ると明らかに違う感じなのです。
      この日、カワアイサはかなりの数を見たので、
      鱗付きに期待したのですが、二匹目のドジョウは見つかりませんでした。
      まぁそう簡単に見つかるはずはありませんよね~
      この冬は小鳥を中心に寂しいですよね。
      マヒワ、ルリビタキ、ウソ、シメあたりが声さえ全く聞きません。

  7. #13 投稿者: ❤ちえたん (2011年12月17日 - 22:31)

    アカショウビンさん♪ こんばんにゃん^^

    シラガホオジロ?
    へぇ~ へぇ~ へぇ~
    「へ」の三連発をしたくなる位の驚きです!(@@)
    (レディの私としては、ちょっとお下品だったかしらん?笑)
    こういった種類がいるのを初めてしりました!
    普通のホオジロは、河川敷あたりでよく見るのですが
    あの中に混じってるって事もないんでしょうね?
    その位、出会うのは珍しい小鳥なのでしょうね^^
    「鳥」の検索にて辿りつかれる方が多々おられるのも
    理解できるほど、いつも充実した内容!
    素晴らしい~の一言につきます^^
    因みに私のblog・・・検索ワードで多いのは
    鳥ではなく、食(漬物・ずいき他)です~(笑)
    ツグミ、随分沢山いますねぇ~♪(羨ましい。)
    この辺りでは、未だ確認できていません><
    昨年の大収穫祭が、嘘のようです・・・・・(・・,)グスン
    昨日から、寒気団が日本列島を覆い、小雪が舞う〇島です。
    この寒さで、一気に冬鳥たちが来てくれるといいのですが・・・・・・・(-。-) ボソッ
    期待しつつ、観察続行してみますね^^

    • #14 投稿者: アカショウビン (2011年12月19日 - 08:42)

      ❤ちえたんさん、こんにちは♪
      へぇ~ へぇ~ へぇ~(^^)σ凸
      ってボタンを押す番組がありましたよね(^^)
      3へぇ~をいただきありがとうございます。
      ちえさんの「レディ」って頭文字は「L」ではなくて「R」のほうですかね(笑)
      いつでも「鳥見出動準備OK!!」って感じです(^m^)
      シラガホオジロは、普通に探して見つかるような鳥とはちょっと違いますね。
      情報を知らなければ、一生出会うことがないような鳥の部類だと思います。
      もちろん、まだ誰も知らなかった場所で、
      コッソリ越冬している可能性もあるので、偶然に見つかったり、
      公になっていない秘密の場所というのもあるかもしれません。
      少なくとも、私の目には普通のホオジロとは全く生息環境が違うように思えます。
      どちらかというとヒバリなどと同じような生息環境を好むのかな?
      という気がしています。

      ツグミは100羽程度の群れだと思いました。
      例年だとこれくらいの群れはどこでも見られるはずですが、
      あちらこちらに出かけてもまだあまり見かけませんね。
      例年並みとは行かないまでも、これから徐々に増える可能性はあるでしょう。
      冬鳥は年による変動は大きいものですが、
      これほど全国的に鳥の少ない状況は、これまでなかったかもしれません。
      一時的なものなら良いですけどね。
      今朝もこちらは小雪がちらついてますよ( ((-。-) ))
      小鳥は風向きが良くないと海を渡れないような気がするので、
      これから北風に乗って渡ってくることに期待しましょう!
      ちなみに私のブログも、鳥の名前での検索はあまり多くなくて、
      カメラとかレンズとか三脚とかそういったキーワードが圧倒的に多いですよ。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。