広島弁の鳥

相変わらず週末は天気が悪かったのですが、また寒波がやってきそうなので、

その前に、気になる鳥を撮影しに行きました,,,,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ

目標は未見の北方系を中心に四種だったのですが、叶ったのは僅か一種だけ(T_T;)

他の鳥は元々見られる可能性は低いと思っていたので・・・まぁこんなものでしょう。

 

初見の鳥は、広島弁で「おぉ~わしじゃ」と挨拶してくれました。

体長95cm、翼を広げると2mは優に超える、

日本で通常観察できる猛禽としては最大のオオワシですね(^_^)

なかなか近くには止まってくれないらしく、米粒サイズの証拠写真でも撮れれば・・・

と思っていたのですが、この日は今季初めて近い場所に止まってくれたのだそうですよ!

ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ

image6974

image6975

image6976

オジロワシは遠かったですが、これも日本で観察できる猛禽としては最大級ですね(^^)

image6977

クロツラヘラサギ

image6978

ミコアイサ

image6979

image6980

ホシムクドリ

100羽以上の群れでした。

冬鳥の少ない今季の中では、異例の多さです(*゜▽゜)ノ

image6981

image6982

image6983

image6984

image6985

ハヤブサ

パラパラ漫画風です。

流石にハクチョウサイズの鳥を襲うことはないと思いますが、

ハヤブサが遠かったので、前ボケにして遊んでみました(^_^)

image6986

image6987

image6988

image6989

image6990

image6991

image6992

image6993

image6994

image6995

image6996

image6997

image6998

image6999

image7000

image7001

image7002

image7003

カモメ

image7004

image7005

image7006

image7007

オオセグロカモメ

image7008

広告
  1. #1 投稿者: りばてぃ (2012年1月22日 - 20:04)

    オオワシの平地からのテイクオフ、かっこいいですね^^。
    こういう大物を捉えたら、ファインダー越しで何分も粘るんでしょうね。
    勝手に想像してワクワクしてしまいました。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2012年1月23日 - 13:38)

      りばてぃ さん、こんにちは♪
      私の場合、一種の鳥で粘るのはせいぜい2時間くらいまですね。
      それ以上のときは、よほどのことがある場合です。
      人によっては、一羽の鳥の撮影に何日もかけられますよ(^^;

  2. #3 投稿者: 暇人 (2012年1月22日 - 21:03)

    こんばんは
    広島弁でしゃべる オオワイじゃ さん が 綺麗に撮れていますね。暇人は 北海道弁を使う オオワシじゃ を 1回しか撮ったことがありません。オオワシ の全国大会を開くと いろいろなお国訛りが 聴けそうですね!(^^)!。今日は中型 大型の鳥さんの オンパレードですね。こちらは 「大・中・小」とも 全く撮れませんので 休業中です!(^^)!

    • #4 投稿者: アカショウビン (2012年1月23日 - 13:44)

      暇人さん、こんにちは♪
      オオワシは、地域によって訛り方が違うのでしょうね(笑)
      このオオワシは、15年くらい連続で飛来しているそうですが、
      この先いつまで続くかわからないので、撮影できて安心しました(^^)
      だんだん、見たことがない鳥を撮影するのは難しくなりますね(^^;

  3. #5 投稿者: koyuki (2012年1月22日 - 21:37)

    おぉ~わしじゃ~はワシのフィールドじゃけんのぉ(笑
    まあーーー素晴らしい止まり木、枝隠れもなくバッチシでナイスです!
    ハヤブサのコマ送り面白く見せて戴きました。
    やはりウン上昇ですね^^。
    ハクチョウのぼかしが良い味だしてますよ~(^-^)
    そのせいかホシムクドリを見ながらよだれが・・・^^;。
    こちらでは1羽見つけた人はウンの良い人か目利きの
    人じゃないと見られません。この大群を見ると卒倒しそうです(笑

    • #6 投稿者: アカショウビン (2012年1月23日 - 13:56)

      koyuki さん、こんにちは♪
      ようやく憧れのオオワシを見られて、至福のひと時でしたよ(^_^)
      飛ぶところも見たかったのですが、雨足が強くなったので諦めました。
      またいつかの楽しみとしてとっておこうと思います。
      ハヤブサは前回とは違う場所なのですが、ここも河口でした。
      漢字が違うのでどうやら運気下降にはならないようですね(^m^)
      いつもはハクチョウを見ることはそれほど多くない場所なのですが、
      アクセントに丁度良かったと思います(^▽^)/
      ホシムクドリは日本で一番数が多く見られる場所かもしれませんね。
      こんなに沢山居るのに、この場所でホシムクドリを撮影するカメラマンを
      一度も見たことがないのですよ。

  4. #7 投稿者: ○○泰男 (2012年1月22日 - 21:54)

    オジロかっこいいですねぇ☺
    雪景色を舞うオジロもいいですが、こうして野を舞うオジロもいいなぁ☺

    • #8 投稿者: アカショウビン (2012年1月23日 - 14:01)

      ○○泰男 さん、こんにちは♪
      オジロワシは、大きくて迫力ありますね(^^)
      私は、雪の中のオジロワシやオオワシに憧れますよ~
      この場所でも積雪することは珍しくないのですが、
      家からはかなり遠いので、雪道を長時間ドライブする勇気がありません(^^;

  5. #9 投稿者: abend (2012年1月22日 - 22:37)

    こんばんは。
    はやぶさが飛び立って降りるまで飛んでるのを
    観てる気分になりますね^^
    とってもカッコいい。楽しませてもらいました。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2012年1月23日 - 14:08)

      abend さん、こんにちは♪
      ハヤブサはこのまま飛び去るかと思ったのですが、
      何度か旋回して戻ってきました(^^)
      スピードを出さずにゆっくり飛んだので、
      偵察飛行だったかもしれませんね。
      猛禽としては、あまり大きい鳥ではありませんが、
      飛ぶ姿は、とてもパワフルで圧倒されますよ(^▽^)/

  6. #11 投稿者: ニコラス (2012年1月23日 - 14:56)

    鳥、鳥の大群に圧倒されますね。

    • #12 投稿者: アカショウビン (2012年1月24日 - 10:31)

      ニコラス さん、こんにちは♪
      ムクドリの仲間は大群になることが珍しくないですね。
      ホシムクドリは大陸にはとても多い鳥で、
      万単位で見られるのも普通だと思います(^^)

  7. #13 投稿者: agehamodoki (2012年1月23日 - 15:21)

    オオワシとオジロワシ、こちらでも琵琶湖の湖北まで
    足をのばせば見ることができるのですが、
    ノーマルタイヤのマイカーでは躊躇する天気が続いています。
    けっこう近い距離で見ることができてラッキーでしたね。
    こちらのクロツラは年末にブームとなったけど・・・越冬中かな?
    何度見てもユニークですよね。
    で、ホシムクドリが100羽ですか?
    これがアパレルメーカーの在庫なら、早くはかないと危ないですよ(笑)
    それにしても淀川の河川敷に1羽現れて大騒ぎでした。
    ちなみにmodokiは2度チャレンジしてハズレT_T;
    ハヤブサの飛翔がダイナミックで美しいです!

    • #14 投稿者: アカショウビン (2012年1月24日 - 10:41)

      agehamodokiさん、こんにちは♪
      今シーズン湖北のオオワシが遅かったようでニュースになっていましたね。
      事前には、300mとか500mとかの距離があると聞いていたのですが、
      この日は朝の天気が悪く、人が居なかったようで、
      近いところに止まったのだろうとのことでした(^^)
      こちらも雪の日が多くて遠出は躊躇しますが、
      幸いにも大雪にはなっていません(^_^)v

      クロツラは年末に見た個体と同一かもしれませんが、
      場所は大きく離れて越冬中です。
      ほぼ毎年のように見られるのですが、いつも距離が遠いですね(T_T;)
      ホシムクは昨年以上に数が多かったです(^▽^)/
      こちらにいらっしゃればハズレはないと思いますよ。
      きっと春までは売れ残ることでしょう(^m^)
      例の場所ではないので、来られる前にはご一報を!

  8. #15 投稿者: ❤ちえたん (2012年1月23日 - 18:40)

    アカショウビンさん♪ こんばんわっw

    どこのおじさんが呼んどるんかぁ~思ぉたら!
    嘴の鋭い!目力抜群!のアンタぢゃったんねぇ~?(笑)
    しかし・・・今時の男子は「ワシ」とは言わんけぇねっ!(≧n≦笑)ククク
    体長が95センチ!羽を広げたら2メートル?(@@)
    それは凄い大きさですねぇ~~(◎-◎;)
    昔のお殿様が「鷹狩り」とかで遊んでいましたが・・・・。
    流石に、このオオタカを腕に乗せるのは無理でしょうね・・・・・・(-。-) ボソッ
    100羽以上のホシムクドリ軍団!
    見てみたい・見てみたい・見てみたいですぅ~~♪
    こちらでは・・・ここ最近カラスが異常に多くて><
    100羽とはいきませんが、30羽以上の群れが
    時々争い?ながら飛んでたりします^^;
    ハヤブサのパラパラ漫画^^
    いいですねぇ~動きがあって楽しいです^^
    そういえば、昨日の探鳥会で、初めてハヤブサを見たのですが
    高いビルの貯水槽に留まっていたという・・・米粒ほどの大きさでして^^;
    見たというより確認した?といったところでしょうか!(笑)
    カモメはオオセグロカモメですか?
    普通のセグロカモメとは大きさだけでなく
    どこか決めてになるような違いがあるんでしょうか?
    カモメの区別は難しいと、昨日先生様も言っておられました。。。
    (-ω-;) ウヌー 鳥の識別・・・奥が深いです^^;

    • #16 投稿者: アカショウビン (2012年1月24日 - 11:12)

      ❤ちえたん さん、こんにちは♪
      このオオワシは、15年くらい毎年やってきているそうです。
      寿命がどれくらいあるのか分かりませんが、
      30年とすれば、40代のおっさんくらいでしょうか?
      40代がワシというかどうか微妙ですが、いまどき男子ではないのかも(笑)
      何年か前、剥製を見たことがありますが、
      大きいと思ったいた、ハクチョウなどが小さく見えるほどの大きさで、
      とても驚いたのを思い出します(@@;
      でもあまり本気で狩をしなくて、
      ミサゴなどが捕まえた魚を横取りすることが多いみたいですよ。
      体重を調べたら、5.5kgということで、
      腕力のあるちえさんなら大丈夫かな~(^m^)
      もち肌に傷が付くのはご愛嬌ということで・・・(^^;

      カラスが群れているのですか?
      もしかしてミヤマガラスとかじゃないですよね~!?
      ハヤブサはそれほど大きくないし、
      近くで見られる機会はあまり多くないかもしれません。
      今回は、150m位離れていたと思いますよ。
      オオセグロカモメとセグロカモメは大きさはほぼ同じなのですよ。
      西のほうでは、セグロカモメが多くて、オオセグロは少ないですが、
      北のほうでは数が逆転するみたいです(^_^)
      一番の見分けポイントは、羽の色ですね。
      顔も少し違うみたいですが、私には判別できません(^^ゞ
      オオセグロカモメはかなり黒っぽい羽の色をしていますが、
      セグロカモメは、今回撮った、只カモメと同じような明るいグレーです。
      光の具合によっても色の濃さが違って見えるので、
      周りのカモメと比較するのが確実ですね。
      西日本で比較的良く見られる似た形体のカモメでは、
      オオセグロカモメが一番色が濃くて、次にウミネコ、
      明るいのがセグロカモメと覚えましょう(^_^)
      只カモメはウミネコよりも小型なのですが、
      瀬戸内にはあまり多くないと思いますし、
      それ以外で似たカモメが交じることは珍しいので、
      とりあえずこの三種を覚えるのが良いでしょう(^^)

      カモメ類は年齢による差もあるし、
      珍しいカモメは識別が難しいものがとても多いです。
      仮に変わったものが交じっていても、
      見逃しているケースも少なくないと思いますよ(^^;

  9. #17 投稿者: kanaconnie (2012年1月23日 - 21:10)

    わお!すごいですね~オオワシジャー!!
    アカショウビンさん、このごろ何気に鳥の神様からのご褒美が多くありませんか?
    ハヤブサ漫画をみながら、私も肩甲骨をググッと大きく動かしたら肩こりが軽くなるかな~と思いました(笑)
    ホシムクドリ、案外鋭い怖い顔なんですね。。。

    • #18 投稿者: アカショウビン (2012年1月24日 - 11:24)

      kanaconnieさん、こんにちは♪
      オオワシジャーとカタカナで書くと、
      なんだか戦隊もののヒーローみたいですね(笑)
      オオワシはこの日に出かけて正解だったと思います(^^)v
      本当はオオワシ以上に見たい鳥があって、
      わざわざこのポイントからさらに往復2時間以上かけて行ったのですが、
      見つけることができませんでした。
      まだ滞在していたのかどうかも定かではありませんが・・・
      この日は一般道をトータル700km以上も走行して疲れました(-“”-;)
      私もハヤブサ体操をしたら、疲れが取れるかもしれませんね~

  10. #19 投稿者: ポン太倶楽部 (2012年1月24日 - 21:56)

    こんばんわ
    オオワシだけあって貫録がありますねw
    戦国大名達がワシ狩りをしに出かけている話がありますが
    このワシを飛ばして狩りとかしたくなる気持ちがわかりそうです。
    ハヤブサの写真はパラパラ漫画のようですね♪
    これにハヤブサのその時のうたい文句などあったら面白そう~(^o^)

    • #20 投稿者: アカショウビン (2012年1月26日 - 10:33)

      ポン太倶楽部 さん、こんにちは♪
      オオワシは貫禄もありますが、
      嘴が黄色などと、ひょうきんさも兼ね備えています(^_^)
      昔から鷹狩りというのが行われていたようですね!
      現在の鷹匠は、オオタカを使っているようですが昔はどうだったのでしょう?
      雛の段階から育てていけば、人間のいうことを聞くようになるのでしょうね。
      ハヤブサの写真には台詞があったほうが良かったかもしれませんね(^▽^)/
      ギャグが寒くなって、寒波になっても責任持てませんが・・・(笑)

  11. #21 投稿者: asobo (2012年1月26日 - 12:22)

    広島弁の鳥って?
    はじめは九官鳥かオウムがでてくるのかなと思ったけど
    次に「おぉ~わしじゃ」の文字をみて、あらら、まさかと思っていたら、そのまさか。
    アカショウビンさんが広島弁で親父ギャグ、ついついにんまりしてしまいました、すみません。
    それにしても翼をひろげると2メートルとは。うちの近くの山にもいないかなぁ。
    広島弁でこんにちはっていうのは・・・たぶんこんにちわですよね。

    • #22 投稿者: アカショウビン (2012年1月27日 - 10:42)

      asobo さん、こんにちは♪
      その「まさか」です(笑)
      あまりにベタ過ぎましたね~(^^ゞ
      だからこその、寒い親父ギャグなのですが、
      背筋に冷たいものを感じませんでしたか!?
      オオワシは、大きいものだと翼開長が2.5mくらいになるそうですが、
      もっと体長が大きなタンチョウやオオハクチョウ、アホウドリなどより、
      やや大きくて、日本で観察できる野鳥の中でも最大級と言えるでしょう。
      主食は、魚なので、海辺や河川、湖などの側で見られるのですが、
      北海道や東北北部以外で監察できる場所はそう多くないと思います。
      私は生粋の広島弁は詳しくありませんが、
      こんにちはに相当する方言は思いつかないですね。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。