宮島土産!?

この週末は暴風でしたが、へこたれずに出かけてきました(^^;

ようやく夏鳥のツバメが飛んでいるのを見ましたが、例年より少し遅いかもしれません。

 

アビ類が好調な今年は、できれば夏羽を見たいと思っているので、しつこく撮りに行くつもりです。

あと一月くらい滞在してくれれば、換羽中の個体が見られるかもしれませんね!

気を抜けば吹き飛ばされそうなほど強風の上に、高い波で見え隠れする鳥を撮るのには苦労しました(^^;

オオハム

image7234

シロエリオオハム

image7233

幸運にも、アビを再び見ることができました(^▽^)/

オオハムやシロエリオオハムとは逆に、嘴がやや上に反っているのが特徴です。

肉眼で見比べても白っぽく見えるので目立っていました。

image7229

image7230

image7231

image7232

こんな日に海に浮かぶのは鳥類くらいかと思ったら、哺乳類も浮かんでいましたよ(笑)

2317

ダイシャクシギはまだ滞在中でした。

水辺だと目立つ大型のシギも、田園の中では完全に保護色で、

発見できたのは幸運だったかもしれません。

image7252

image7253

image7254

image7255

image7256

image7257

image7258

image7259

そうこうすると宮島土産の杓文字を二種類もプレゼントされましたヽ(*^^*)ノ

右はクロツラヘラサギで今シーズン何度か撮影していますが、

左は秋に僅か一日しか滞在せず撮れていなかったヘラサギです。

クロツラヘラサギは世界的に数が少ない貴重な種ですが、

日本においてはヘラサギのほうが飛来数が少なく観察の機会が少ないですね。

image7235

image7244

image7243

コサギが見慣れぬ珍客に興味津々。

image7236

image7237

image7238

image7239

image7240

image7247

image7248

image7249

image7250

image7246

image7242

image7251

家の周りでは、時折小鳥が居ても見えない始末(-“”-;)

2318

でも黒くなり始めたアトリも見られたりして、やはり季節はゆっくり進んでいるようです。

2319

少し相手をしてくれたのは、コガラでした。

狙っているのは新芽のようですね(*^-^)

image7260

お庭では、少し梅の蕾が膨らんできたので、来月になればようやく春の彩に包まれるでしょう(^▽^)/

2321

アセビは秒読みかな?

2320

広告
  1. #1 投稿者: asobo (2012年3月25日 - 19:19)

    もう、つばめですか?
    ここ数年、つばめを見ることがとても少なくなりました。
    つばめが巣を作れるような家が少なくなったせいでしょうか。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2012年3月27日 - 10:43)

      asobo さん、こんにちは♪
      ツバメは夏鳥としては最も早い時期に渡ってくる鳥ですね。
      近所では姿はまだですが、じきに渡ってくると思います(^^)
      私もここ数年急激にツバメが減ったと思います。
      巣を作る場所の問題もありますし、
      農薬の使用や田んぼが徐々に減っていることなどで、
      食料となる昆虫なども減っているような気がしますね。

  2. #3 投稿者: abend (2012年3月25日 - 19:43)

    ヘラサギさんとコサギさんの画像
    水面がキラキラして綺麗ですよね。
    春らしくなってきたようですが本日は寒くて逆戻りしたような
    気がします。
    あと1週間もしたら桜だよりもきけるかな~なんて思いながらですが・・

    • #4 投稿者: アカショウビン (2012年3月27日 - 10:52)

      abend さん、こんにちは♪
      週末になると天気が崩れるパターンが続いていて、
      水面も鉛色になりがちなのが残念です。
      でも白い鳥は日差しが強すぎても色が飛んで難しいので、
      鳥の質感は曇っているくらいが丁度良いかもしれません(^^)
      暖かい日が長く続きませんね(-“”-;)
      次の週末も雪の予報が出ていて、花もなかなか咲きそうにありません。
      例年なら桜の便りが届く頃ですが、いつになるでしょう?
      こちらの桜は、もしかしたらゴールデンウィークでも楽しめるかもですね(^^;

  3. #5 投稿者: りばてぃ (2012年3月25日 - 20:43)

    保護色って良く出来ているんですね。
    肉眼だと探しにくそうです^^。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2012年3月27日 - 10:56)

      りばてぃさん、こんにちは♪
      シギの仲間は色が地味なので、
      大型の種類でも田んぼの中だと見過ごしてしまいますね(^^;
      飛ぶところを見たので存在に気が付いたのですが、
      そうでなければ、おそらく渡ってしまったと思ったことでしょう(^^ゞ

  4. #7 投稿者: kanaconnie (2012年3月26日 - 00:05)

    ヘラサギは2種が一緒にいることは相当珍しいのでしょうか?
    (私は1羽観るだけでも大興奮すると思いますが・・・)
    海に漂う鳥さんの写真は見るだけで寒くなります。風が強いし冷たいだろうな~。
    シギの4枚目の写真、「あぜをはさんで挨拶をする農家のおじさん」のような雰囲気で好きです。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2012年3月27日 - 11:06)

      kanaconnieさん、こんにちは♪
      繁殖期以外では、近縁の鳥が群れになって行動することは普通で、
      ヘラサギとクロツラが一緒に行動するのはごく自然のことですが、
      特にヘラサギは日本へ飛来する数が少なく、
      多い年でも10羽未満ではないかと思います。
      一羽で観察できるだけでも、とてもラッキーなことで、
      私自身ヘラサギを見たのまだ二度目なので興奮しましたよ(^▽^)/
      海に出かけた日は、気温そのものはそれほど低くはなかったのですが、
      強風で体感温度はとても低く、寒さには強いアカショウビンでも、
      この冬一番寒く感じた瞬間でした( ((-。-) ))

  5. #9 投稿者: koyuki (2012年3月27日 - 00:02)

    見事なおへらのお土産ですね@@!
    アカショウビンさんちの大きな鍋で煮炊きに使えそうですね^^。
    お店に陳列されてたように並んでますね。
    飛んでる姿も2種そろい踏みで滅多に見られない光景でしょう?
    「持ってる男子」ですね(笑
    カンムリカイツブリは未見、アビ、ミミカイツブリは最近見ました。
    それと哺乳類も!この寒いのに驚き~!^^
    私もミミの夏羽見たいです。
    桃色の蕾が膨らんで春らしいですね。
    こちらはガン類が渡ってきてるのですが雪が多くて食糧難で可愛そうなんですよ。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2012年3月27日 - 11:20)

      koyuki さん、こんにちは♪
      素晴らしいお土産をいただきましたよ(^▽^)/
      このへらで料理をしてくれたら嬉しいですが、
      大きな鍋だと、メタボのアカショウビンが、ますますメタボになることに・・・(>_<;)
      私自身、ヘラサギを見るのはこれで二度目で、
      両種そろい踏みは初めてでした(*´∇`*)
      以前は両種が越冬することは珍しくなかったようですが、
      ここ数年はクロツラだけのようですね。
      ミミカイツブリは私が撮影した頃を最後に観察されなくなったようです。
      あのとき出掛けておいて本当に良かったと思ってます(*^-^)
      哺乳類は年々海で見かけることが増えています。
      この前夕景を撮影したときにもかなり浮いていましたよ。
      ガンの北帰行も前途多難ですね~
      こちらのコハクチョウはなかなか北へ向かわず、
      まだかなりの数が残っているようです。

  6. #11 投稿者: 暇人 (2012年3月27日 - 16:09)

    こんにちは
    相変わらず 豪華な出演者で 賑わっているようですね!(^^)!
    クロツラヘラサギまで いるんですね!(^^)!。イカル,アトリは こちらでは 後 1カ月後には お目にかかれそうですが,それまでは 宝くじに 当たるような 確率での 鳥探しをしていますが,ようやく,カシラダカ,ミヤマホジロにお目に掛かることができました!(^^)!。今朝も 雪が降り積もり カシラダカもビックリしていたようですよ!(^^)!

    • #12 投稿者: アカショウビン (2012年3月29日 - 10:36)

      暇人さん、こんにちは♪
      クロツラヘラサギはほぼ毎年越冬しています(*^-^)
      ただ行動範囲が広く、時々とんでもない場所へ移動するので、
      撮影のチャンスはさほど多くありませんね(-“”-;)
      冬の小鳥は、ツグミ類ばかりで、他はあまり見られなくなりました。
      ぼちぼち日焼けしたノビタキが見られる季節ですが、
      今年は遅れるかもしれませんね。
      ツバメは家の周りでも増えてきて、夏鳥シーズンが近いです(*゜▽゜)ノ

  7. #13 投稿者: hulala (2012年3月27日 - 20:31)

    こんばんは
    波が荒いのにアビさんは波乗りしているんですね。気持ち良さそうですが
    撮っているアカショウビンさんは大丈夫でしたか。
    ダイシャクシギは美しいモデルのようでかっこいいです。

    アセビが初々しいピンクで春の到来を教えてくれているようです。

    • #14 投稿者: アカショウビン (2012年3月29日 - 10:46)

      hulala さん、こんにちは♪
      アビの仲間は、越冬中に陸上に上がることはほぼないだろうと思います。
      冬に海がどんなに荒れても海上で過ごすのでしょう。
      私は強風で機材が倒れないよう必死でしたよ(^^;
      防波堤の中なので、海に落ちる心配はありませんが、
      場所によっては、波が超えていました(>_<)
      釣り人が大勢で、防波堤の上にも人が多かったですが、
      かなり危険な感じがしましたね(; ̄ー ̄川
      アセビの蕾は早くからついていますが、なかなか成長しない感じです。
      今週は暖かな日もあったので、早春の花が咲かないかと首を長くしています(*^-^)

  8. #15 投稿者: ❤ちえたん (2012年3月30日 - 00:17)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^

    訪問が遅くなりました・・・・><
    WPのヤツ!?勝手にフォローを解除してたんですよ!・・・ポリポリ (・・*)ゞ

    アビの背景もそうですが
    シロエリやオオハムの時も、相当海が荒れてるって感じですね><
    そんな中での撮影、大変だったでしょうね?^^;
    えっ?
    楽しいから!「ソンナノカンケイネェーーー」って?(ちと古いかっ?笑)
    〇島住なのに・・・しゃもじ嘴のヘラサギさんには一度も逢っていません><
    面白い嘴ですねぇ~一度はお目にかかりたいですね^^
    っていうか、「〇島さんの神主が~おみくじ引いて申すにわぁ~♪」
    そんな応援歌を、あのしゃもじ嘴で歌って欲しいです!(・∀・)ニヤニヤ
    近所では、コガラにアトリ&イカルですか^^
    探鳥会に出向かなくても逢える環境!羨ましいです!^^

    • #16 投稿者: アカショウビン (2012年3月30日 - 10:45)

      ❤ちえたん さん、こんにちは♪
      フォローが解除されてしまうこともあるのですね(>_<)
      最近トラブルも多い気がするので、要注意ですね。

      撮影が大変というか、とにかく寒さが半端ではなかったです。
      寒さに強いはずのアカショウビンが感じるのだから間違いありません!!
      三脚をがっちり掴んでいても、油断するとカメラごと飛ばされそうなので、
      全く気が抜けませんでしたね(^^;
      杓文字は、〇島でも観察記録はありますがあまり多くはないと思います。
      一番可能性が高いのは〇幡川の河口かな?
      〇島神社でお願いしたら願いが叶うかも!?
      アトリは毎年見られますね(^^)v
      以前は秋が中心で、雪の時期はあまり見られなかった気がするのですが、
      最近は100羽くらいは越冬していますよ(^^)
      なかなか高い場所から降りてきてくれないのですけどね。
      イカルはこれから渡りの時期には各地で見られるでしょうね~
      出かけなくてもお庭まで小鳥が訪問してくる「ちえたん家」は、
      もっと羨ましいですよん(*^-^)

  9. #17 投稿者: ニコラス (2012年3月30日 - 13:48)

    たまに哺乳類も面白いですね。ラッコでしょうか?(笑

    • #18 投稿者: アカショウビン (2012年3月30日 - 14:34)

      ニコラスさん、こんにちは♪
      確かに石を持ってますねぇ~
      お腹の中に・・・(笑)

  10. #19 投稿者: agehamodoki (2012年3月30日 - 21:27)

    丸大ハム、意外と近そうですね!
    海が荒れているのが良かったかもしれませんね。
    言われてみれば、しゃもじは広島名物でした。
    大きなしゃもじ、どちらも見たことあるけど、
    ツーショットはさすがに珍しいのでは!
    首をふりふり、餌をとる姿が面白いですね。
    modokiもツバメを見る機会が一気に増えました。
    そんな春の始まりに、やっとアトリの群れを見ました。
    もう帰る準備の集団でしょうか?
    冬鳥、夏鳥の交錯する季節ですね。
    アセビは毒のある木でしたよね。
    でも、メジロがよくやって来ます。

    • #20 投稿者: アカショウビン (2012年4月1日 - 21:26)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      丸大ハムは今回も近かったですよ(^^)
      でも波が荒いのはやはり撮りにくいです。
      一度見失うと、サッパリ居所がわからなくて、
      あっという間に行方不明になってしまいました(-“”-;)
      杓文字2種は、九州や沖縄などの越冬地では両方見られるのでしょうが、
      本州では珍しいでしょうね。
      私自身、同時に見たのは初めてのことです。
      アトリは今年少なかったようですね。
      私の家の周りでは、ほぼ毎年越冬しているように思いますが、
      頭が黒くなるまで残ってくれたのは初めてかもしれません。
      アセビにもメジロがやってくるのですね(*^-^)
      我が家のアセビは、盆栽風に鉢植えで小さく育てているので、無理かな?

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。