落し物(ー人ー)

我が家のお庭もようやく春らしく賑やかになりました(*´∇`*)

ツバキ

2326

ボケ

2327

カンザキアヤメ

2328

カッコウソウ

2329

ヒゴスミレ

2330

エイザンスミレ

2331

今日はシギチを探しに出かけてみました。

波打ち際ではセグロカモメが大あくびする程度でサッパリです(-“”-;)

image7352

ノビタキ

image7349

シロチドリ

image7344

image7345

あまりパッとしない中、ようやくチュウシャクシギを発見!!

※注釈(笑)

シギやチドリの仲間は時々首をかしげるようにして、上空の猛禽に警戒します。

image7348

下の写真のような場所でも、肉眼ではなかなか見つけられるものではありませんが、

最初に発見した場所は草で全身が隠れる場所だったので、飛んで初めて気が付きました(^^ゞ

干潟のある地域では、わざわざこんな場所で餌探しをすることは少ないでしょうが、

カニを好む大型のシギほど草地で見る機会が多い気がします。

image7346

image7347

こちらにも上空を警戒する鳥が・・・

image7339

嘴の形状からしてオオメダイチドリでしょう。

image7340

伏せろ!!!!!

image7342

image7343

他にも時々飛び回る中型のシギもいたのですが、正体はつかめませんでした。

少し不完全燃焼のまま自宅近くで夏の小鳥でも撮ろうと車を走らせていると・・・・・

道路脇に絶対に落としてはならないはずの落し物が(-“-;A

ヤマセミのメスですね~

image7350

アスファルト上だったのでとりあえず横のスペースへ移動させて撮影しましたが、

日常的に超低空飛行をする鳥なので、おそらく車にでもぶつかったのでしょう。

死後間もないのは間違いない状況で、少し羽に触れてみましたが、

しっとりとした何とも言えない感触でした。

こういう状況に出くわした場合は、何もせず(もちろん触らず)放っておくというのが正しく、

これまでは私も、せいぜい道路脇に寄せることはあっても、そのまま放置していましたが、

この状態のヤマセミを放置しておくのも気が引ける思いだったので、

とある場所に届けて引き取っていただきました。

 

そんなこんなで撮影を予定していた場所はスキップして、自宅周辺でキビタキだけ撮りました。

青い鳥も姿はチラッと見たのですが今回もお預けですm(_ _)m

image7351

広告
  1. #1 投稿者: abend (2012年4月21日 - 21:38)

    こんばんは。
    カモメさんのあくびが可愛いですね。
    チドリさん 伏せてる姿が綺麗ですね
    とってもかわいいです。
    ヤマセミって大きいんですか?
    ちょっと残念ですね。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2012年4月24日 - 10:15)

      abendさん、こんにちは♪
      鳥のあくびを見ていると、リラックスしている感じがして、微笑ましいです(*´∇`*)
      チドリは巣を守るために、偽傷行動をして気を引くことがあるらしいのですが、
      日本では繁殖しない鳥なので、何をしていたのか判りませんでした。
      羽の模様が良く分かるのでこういうのを見られるのは嬉しいです。
      ヤマセミは体長約38cmでハトより少し大きな鳥です。
      普段はかなり大きく見えるのですが、今回は小さくてとても軽く感じました。

  2. #3 投稿者: agehamodoki (2012年4月23日 - 10:18)

    渡りの季節が本格化しているのに、どうも休みと好天が一致しないmodokiです。
    そろそろ1度、ご近所のシギチポイントへ出かけたいです。
    チュウシャクシギは意外と内陸部の草地でも見かけます。
    河川敷ゴルフ場で、いつもゴルフをしています!?
    ああ~っ、なんとも可哀そうなヤマセミですね!
    目がまだ生きているようです。
    残念です。合掌。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2012年4月24日 - 13:48)

      agehamodokiさん、こんにちは♪
      今年に入って好天の日が少なくてなかなか思い通りになりませんね。
      私はチュウシャクシギは内陸で見たことはありませんが、
      大阪湾から琵琶湖経由で北上したりするルートもありそうですね(^^)
      何年も前のことですが、
      内陸の田園でセイタカシギをはじめ何種ものシギが見られたことがあります。
      その近辺は他にもアジサシ類などが立ち寄ったこともあって、
      いろいろな鳥が交錯するポイントのようです。
      ゴルフ場に出没する鳥は、イーグルやアルバトロスなどだけかと思いましたが、
      チュウシャクシギもですか・・・(笑)
      ヤマセミは繁殖期を前に残念です。
      相方のオスも戸惑っているかもしれませんね(T_T;)

  3. #5 投稿者: koyuki (2012年4月23日 - 10:57)

    花爛漫のアカショウビン家日々楽しみですね^^。
    まず!スミレ!チョー可憐です\(^o^)/
    鳥もですがスミレ!沢山紹介してくださいね。
    雪が解けるといろんな図鑑が必要になってきたkoyukiです。
    キビタキは未だですがノビちゃんが大群衆で渡ってきたようで
    賑やかですよ。
    シギチは日本海側は多いのでしょうか?佇む風景に緑色がありますね。
    オオメダイチドリの伏せのポーズはワンちゃんより決まってますね(笑
    お~ぉヤマセミさんお気の毒に・・・第二の人(鳥)生で日の目を
    見せてくれるでしょう。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2012年4月24日 - 14:02)

      koyukiさん、こんにちは♪
      koyukiさんはスミレが大好物ですよね~
      エイザンスミレとヒゴスミレは、葉が特徴的なので、
      アカショウビンでもなんとか識別可能なのですが、
      それ以外の普通に咲いているスミレの名前が実はよく判らないのです(^^ゞ
      道端に咲く何気ないスミレでも、もしかしたら北海道では見られなくて、
      koyukiさんにはお宝になるかもしれませんね。
      何とか勉強して正式な名前が判ったらプログに載せてみたいと思います。
      シギチは瀬戸内側の方が圧倒的に多いと思うのですが、
      干潟があるかどうかの環境的要素が大きいと思っています。
      立ち寄らないだけで、通過個体そのものは少なくはないのかもしれません(*^-^)
      ヤマセミはもしかしたら剥製などにしてもらえるかもしれませんね。
      それが良いことかどうかわかりませんが・・・

  4. #7 投稿者: 暇人 (2012年4月23日 - 16:04)

    こんにちは
    色鮮やかな お花が並んでいますね。こちらでは まだまだ お花は少ないですが,カタクリ,ザゼンソウ,福寿草が眼に着くようになりました!(^^)! オオメダイチドリの「伏せろ・・」は いいですね!(^^)! レンズの反射光に 警戒しているんでしょうか!(^^)! 驚かせは いけませんヨ!(^^)! こちらでは まだ キビタキの姿は確認していませんが,野花が咲くころには 姿を見せてくれると思うんですがネ!(^^)!
    今回も いろいろな鳥さん達が 登場しており 楽しませていただきました。こちらも 幼鳥が 飛び出してきているようで,同定が できませんです(-“-)

    • #8 投稿者: アカショウビン (2012年4月24日 - 14:12)

      暇人さん、こんにちは♪
      ようやく様々な花が咲き乱れる季節になりましたが、
      北海道もあと少しですね(^^)
      オオメダイチドリは、あまり警戒している感じではなかったですが、
      餌を探したりする合間に、しょっちゅう伏せのポーズをしていました。
      巣があれば偽傷行動ということも考えられますが、
      日本では繁殖しないようですので、その線はないかもしれません。
      ただ何が起こるかわからないのが鳥の世界なので、
      滞在中はそっとしておきたいと思います(*^^)

  5. #9 投稿者: hulala (2012年4月24日 - 19:57)

    こんばんは
    カッコウソウがきれいですね、サクラソウかとちょっと思ってしまいました。
    鳥さんもフセッなんてするんですね、可愛らしいしぐさです。
    まだ本物を見たことのないhulalaにとってはヤマセミさんのことは驚きです。
    何が起こるか分からないのは命あるものにとっては同じですが
    やっぱり見てしまうと辛いですね。
    今日は25℃という夏日になってしまって半そででした。
    八重桜も花を開きはじめましたよ。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2012年4月25日 - 10:41)

      hulala さん、こんにちは♪
      カッコウソウは、サクラソウの仲間のようですね。
      見比べたことはないので、どこが違うのか良く分かりませんが、
      あまり大きな違いはないかもしれません。
      ヤマセミは、それだけ沢山生息していることの証でもあると思うのですが、
      人間のつくりだしたもののせいで命を落としたとしたら悲しいことです。
      この時期、タヌキなどが道で事故にあっているのはごく当たり前のことで、
      生態系そのものが、知らず知らずに破壊され続けている気がしてなりません。
      こちらでも昨日は25℃を越えたのですよ~(;´▽`A“
      私も少し前から半袖生活です。
      鳥見のときは、虫刺されを警戒して長袖ですけどね。
      こちらの八重桜もそろそろ咲きそうなので、
      季節が一気に追いついてきたように思います(^^)v

  6. #11 投稿者: りばてぃ (2012年4月25日 - 07:21)

    鳥さんの亡骸・・・知識のない私は避けてしまうんだろうなぁ。
    ・・・と思ったのですが、寿命を迎えた鳥さんを見ることはないですよね?
    どこにいっちゃうんでしょう?

    • #12 投稿者: アカショウビン (2012年4月25日 - 11:20)

      りばてぃさん、こんにちは♪
      鳥に限らず野生動物はどんな病原菌を持っているか分からないので、
      近づかないのが絶対に正解です(^^)
      死んだ生き物は、他の動物が食べたりして、次の命に繋がっていくはずです。
      だから、わざわざ埋めたりするのも本当は良くないかもしれません。
      ただ、人間のせいで犠牲になった生き物はどうするのが正解なのでしょうね?

  7. #13 投稿者: hulala (2012年4月25日 - 09:01)

    ヘルプ、ヘルプ 2回もコメントが入りません。
    スパムメールになっているのかな。(@_@;)

    • #14 投稿者: アカショウビン (2012年4月25日 - 09:49)

      hulala さん、こんにちは♪
      大切なコメントがスパムになっていました。
      何を基準に判断されるのか分かりませんが、
      条件が厳しすぎる気がしますね(-“”-;)
      最初に頂いたコメントのほうを有効にしておきました。

  8. #15 投稿者: Sugel (2012年5月12日 - 08:28)

    野鳥観察小屋の窓から池を覗いたらカワセミが石の上に止まっていました。小魚などいない池なのにと思っていたらダイビングして魚らしきものを捕まえていました。おたまじゃくしにしては長いような気がします。何でしょうか。今度池をしっかり調べておきます。

    • #16 投稿者: アカショウビン (2012年5月14日 - 10:27)

      Sugel さん、こんにちは♪
      魚って、岩陰などに隠れていることも多いので、
      一見魚などいないような池でも小魚が棲んでいる可能性はあるでしょうね(^^)
      私は魚についでは無知なので、
      池に棲む可能性のある魚の種類はわかりませんが、
      場所によっては、外来種などの可能性もあるのかもしれませんね。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。