夏も終盤

先日、春に予約注文していた来年のカレンダーが到着しましたヽ(*^_^*)ノ

Eyvind Earleのカレンダーは、今回で3冊目ですが、

表紙の作品は「Where Dreams Are Born」というタイトルで

晩年に制作された、緻密で奥行きが感じられるとても素晴らしい作品だと思います。

 

これだけ細かな作品ながら、オリジナルは版画であるというのが驚きです。

気が遠くなるほどの細かな作業をしている、彼の人柄も伝わってくるような気がしますね。

 

画集に掲載されている版画作品だけで300点前後あると思いますので、

この先20年以上かけてようやくコンプリートするコレクションになるかもしれませんが、

一年一年がとても楽しみです(^▽^)/

私が所有している「Three Pastures on a Hillside」という作品が、

何年後に登場するかも気になるところですね((o(^-^)o))

 

さて、鳥たちの繁殖シーズンもそろそろ終盤、森の中もかなり静かになってきました。

私のいつも出かける場所は、ミンミンゼミやツクツクボウシなどの、

どちらかというと秋がメインのセミばかりなので、

この時期、鳥の鳴き声が聞こえないときは、静まりかえっています。

 

特に今年は、比較的遅くまで鳴き声が聞こえるホトトギスやクロツグミが少ないので、

余計静かに感じるのかもしれません。

ホトトギスは少し前に撮影することができましたが、

クロツグミは、こんな遅い時期になってようやく撮影できました(^^ゞ

image7741

イカルは夏鳥というわけではありませんが、私の地域では限りなく夏鳥に近く、

例年、真冬にはほとんど観察することができません。

この冬は、私としては初めて数百羽の越冬個体を見たのですが、

反対に春以降は数が少なく、いつもの年とは逆転現象が起きています。

image7727

image7728

image7743

サンショウクイ

あまり良い写真は撮ることができませんでしたが、今年の夏は何度も楽しませてくれました。

6羽で飛んでいたので、繁殖が成功したのは間違いないと思われます。

そろそろ見納めだと思いますが、来年も同じ場所に戻ってきてくれると嬉しいですね(^^)

image7735

(おそらく幼鳥)

image7732

image7733

 

以下、鳥の種類は、あまり変わり映えしませんが、

小鳥は幼鳥を見る機会のほうが多くなってきました。

 

オオアカゲラ

image7710

アオゲラ

image7711

image7712

アオバト

image7713

ホオジロ

image7714

ヤマガラ(幼鳥)

image7715

コガラ

image7726

ヒガラ(幼鳥)

image7721

シジュウカラ(幼鳥)

image7740

ゴジュウカラ(幼鳥)

image7716

image7717

エナガ(幼鳥)

image7729

コゲラ(幼鳥?)

image7730

オオルリ(幼鳥)

image7719

image7722

image7723

コサメビタキ(幼鳥)

image7724

image7725

サンコウチョウ(幼鳥)

image7736

キセキレイ

image7737

image7738

チュウダイサギ

image7739

ブッポウソウ

image7742

おまけ

オニヤンマが超大物をGetしていました(@@;

最初見つけたときは、これだけ大きな獲物を持ちながらも、何事もないように飛んでいたのですよ!

2378

広告
  1. #1 投稿者: kakasi24 (2012年7月27日 - 15:02)

    今日は、早秋の気配なんでしょうね? そちらもやはり鳥の動きに異常を感じましたか、こちらも例年数多く来る物が減少したり、殆ど見かけなかった物が長く定着する等、昨年以降おかしな気配が充満です。
    冬ごもりの雪物に期待させて頂きます。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2012年7月30日 - 13:45)

      kakasi24 さん、こんにちは♪
      この時期になると、早朝には霧が出やすくなって、秋っぽさが感じられます。
      昨年の冬の大雪の頃から、鳥の動きが明らかにおかしい気がしますね。
      夏鳥には影響がないかと思いましたが、
      昆虫なども少なくなったこともあり、
      昨年の繁殖の影響が少なからずあるのかもしれません。
      この冬は姿を一度も見なかった鳥も多くて、
      次こそは種類だけでも、例年並みに見られれば・・と期待しています(^^)

  2. #3 投稿者: ともべい (2012年7月27日 - 22:16)

    幼鳥さんは、座っていると近づいてきてくれるので、余計に目につきますね。
    先日も山道で座っていると、至近距離にウグイスやミソサザイの幼鳥が数mまで寄ってきたのにはビックリしましたわ。
    最後の写真凄いな~初めて見ました。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2012年7月30日 - 13:51)

      ともべいさん、こんにちは♪
      幼鳥は警戒心が薄くて、近くで観察できることが多いですね。
      時々、最短撮影距離以内に飛んできて、
      ピントが合わずに焦ることがあります(^^;
      ただ、サンショウクイだけは相変わらず高い場所ばかりで、
      愛想が悪いです(-“”-;)
      私もセミを捉えたオニヤンマというのは初めて見ました。

  3. #5 投稿者: koyuki (2012年7月27日 - 22:39)

    例の画伯の版画、ち密で深い色合いで絵画音痴の
    koyukiも素晴らしいと思います。
    カレンダーにもこだわりがあるようですね。
    おおおぉ~ナントかわゆいお子ちゃまたちが勢ぞろいで目じりが下がります^^。
    エナガがイチオシかも♪シジュウカラとヒガラ、コサメビタキとオオルリかキビタキか
    同定できません。こちらも幼鳥が群れるようになりました。
    ピンクの花が咲いてる木は何の木ですか?
    いっそう可愛く見えますね。
    ねむの木とチュウダイサギなどなど・・・・カレンダーにして下さ~い。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2012年7月30日 - 14:15)

      koyuki さん、こんにちは♪
      私も絵音痴というか、この作者以外の絵には全くといっていいほど、
      興味も関心もないのですが、
      たまたま、実物の作品を見たときは衝撃的でした。
      koyukiさんが撮影された、登山中の写真の中に、
      海を見下ろすものが何度かありましたが、
      この作品などとイメージを重ねて見ていたのですよ(^▽^)/
      今の時期は幼鳥シーズンですが、
      成長段階によっても個体差が大きくて、識別が難しいですね。
      カラ類同志や、ヒタキ類同士はそっくりですよね(^^;
      ヒガラは2本の白線、オオルリはキビタキの幼鳥のほうがさらに似ているのですが、
      嘴と足が比較的黒っぽいことなどが特徴でしょう。
      今回の写真のように羽に青味があれば、オオルリの雄の幼鳥で確定ですが
      正直、オオルリとキビタキは紛らわしいことも多くてあまり自信がありません。
      ピンクの花は秋の七草のひとつで、萩の花ですね(^^)
      時期的には少し早いのですが、
      やや標高の高い場所なので、良く咲いていました。

  4. #7 投稿者: ❤ちえたん (2012年7月28日 - 10:58)

    アカショウビンさん♪ こんにちは^^

    綺麗で涼しそうなブルーですね^^
    昨年のカレンダーも記憶に残っています。
    >気が遠くなるほどの細かな作業をしている
    凄いですよね~~(@@)
    根気もセンスもない私には、ぜぇーーーったい無理です!
    って・・・・誰も期待せぇへんよーー!って?(笑)

    クロツグミ、大きなお口開けて囀ってますね^^
    ゴジュウカラが上手に幹を登る?姿も楽しいですね^^
    イカルにサンショウクイにオオアカゲラ・・・アオゲラ・・・・。
    そして可愛い、エナガやコサメビタキ・オオルリの幼鳥
    皆、羽がモコモコで可愛らしいです。
    この夏も無事繁殖してくれて、また来年も楽しませてくれるでしょうね^^
    それにしても・・・図鑑を見てるような沢山の小鳥たち
    羨ましい限りです!
    ここにアップしておられる1種だけでも、この夏に逢えたら嬉しいなぁ・・・・・・(-。-) ボソッ
    8月いっぱいまでは逢えますよね?
    がんばろ~~~っと^^;

    • #8 投稿者: アカショウビン (2012年7月30日 - 15:34)

      ❤ちえたん さん、こんにちは♪
      ブルーの色調で、涼しげな雰囲気がある作品ですね(^^)
      この作者は、プルーかグリーンを基調にした作品が多くて、
      見ているだけで、とても癒されます。
      キノコ?のような木の形や、霧が多く登場するのも特徴です。
      シルクスクリーンという技法で、
      ちえたんさんの良く知る?「ガリ版」に近いイメージで出来上がるみたいですよ。
      色の数だけ版があって、
      ずれないように色を重ねるだけでも気が遠くなりそうですね(^^;

      綺麗な成鳥ももちろん嬉しいですが、
      この時期限定の幼鳥は、警戒心も薄くて何より可愛らしいです(*´∇`*)
      繁殖期がほぼ終わって、小鳥が撮影できるのも朝の僅かな時間だけになりました。
      3日分の合わせ技ですが、それなりに種類が撮れて満足です。
      私の行く場所で夏鳥が撮影できるのは、あと2週間ほどなのですが、
      渡りが本格化するのは9月になってからですね。
      ちえさんの地域では、案外9月になってから、
      渡り始めた夏鳥に逢える可能性が高いかもしれませんね(^▽^)/
      いつ、どこで、どんな鳥に出会えるかわからないので、
      同じ場所でも、しつこく観察すれば、いつか大きな成果につながると思いますよ!

  5. #9 投稿者: agehamodoki (2012年7月29日 - 15:28)

    鳥が少ないなんておっしゃいながら、
    いつも通り期待以上の豊かなラインナップに驚きやら羨望やら・・・
    確かにこの時期のクロツグミは珍鳥かも。
    それにしてもまるで「幼鳥図鑑」のような幼鳥のオンパレード。
    こちらでも、見かけますがこれだけ揃うと
    やっぱり大したもんですよ!
    アカショウビンついでに行くはずだったブッポウソウ。
    けっきょくまわることができませんでした。
    オニヤンマ、確かにデッカイセミを捉えて、どう処理するのでしょう。
    そう言えばブッポウソウがオニヤンマを食べているシーンも
    夏の定番写真としてよく登場しますね。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2012年7月30日 - 15:49)

      agehamodoki さん、こんにちは♪
      鳥の数そのものは、この数年劇的に減少した感があるのですが、
      種類に関しては、この夏一通り観察できたかな~と思います。
      ただ、写真には撮れなかった、カッコウ、ジュウイチ、マミジロあたりが心残りです。
      反対にサンショウクイは、個人的にはヒットでした。
      クロツグミは、かなり遅い時期まで鳴き声が聞こえる気がするのですが、
      シャイでなかなか撮影が難しいですね(-“”-;)
      例年なら、林道沿いにいくらでも見られるのですが、
      今年は10分の1くらいの数かもしれません。
      ブッポウソウは、今年はやや巣立つのも早めで、
      シーズンが終わってしまいました。
      まぁ、毎年確実に撮影できる鳥ですので、また来年にでもお出かけください(^▽^)/
      ブッポウソウがオニヤンマを咥えていると絵になりますよね(*^-^)
      そのブッポウソウも、渡りの時期には、
      ハヤブサの餌食になったりもするのでしょうか?
      自然の中で、長年生き残ることは難しいのでしょうが、
      いつまで経ってもバランスが大きく崩れないでほしいものです。

  6. #11 投稿者: kanaconnie (2012年7月30日 - 21:28)

    やっぱりゴジュウカラはシジュウカラより老けっぽいのでしょうか?
    いろいろな鳥、オンパレードですね!
    普段見つけても小さい鳥やら茶色っぽい鳥・・・とくくってしまいそうな鳥も本当は個性いっぱいですね。
    勉強になります。
    最後の1枚はどっちが食われているのか一瞬わからないくらいです。

    • #12 投稿者: アカショウビン (2012年8月1日 - 08:46)

      kanaconnieさん、こんにちは♪
      四十肩と五十肩もどちらが症状が重いのか気になりますね~(笑)
      私も鳥に興味を持つまでは、スズメとホオジロの区別もつきませんでしたよ(^^ゞ
      誰でも興味のないことについてはそんなものだと思います。
      私は一流の野球選手やサッカー選手を見ても、誰が誰だかサッパリわかりません(^^;
      セミは私が見たときには、全く動いていなかったので、
      元々寿命間近で弱っていたのかもしれません。

  7. #13 投稿者: りばてぃ (2012年7月31日 - 22:55)

    鳥見で鍛えられた色彩感覚なんだろうなぁ、と冒頭のカレンダーを見てそう思いました。
    なんとも表現できない色や、逆にあまりに不自然なくらい鮮やかな色があったり。
    自然界には不思議がいっぱいで飽きませんよね^^。

    • #14 投稿者: アカショウビン (2012年8月1日 - 08:57)

      りばてぃさん、こんにちは♪
      私がこの画家の作品を初めて見たのは、鳥に興味を持つよりずいぶん前のことです。
      入籍する前だったか後だったか忘れましたが、
      相方も気に入っていて、結婚記念に作品を買えれば・・・と話したことを思い出します。
      ようやく作品を購入できたのは、かなり後になってからですが、迷いはありませんでした。
      近くから見ると、とても抽象的でありながら、
      遠くから何気なく見ると、妙にリアリティーがあるんですよね(^^)

  8. #15 投稿者: ○○泰男 (2012年8月4日 - 08:08)

    オニヤンマ、最近観てないです。
    先月、オケラは見たんですけどね。
    あ、オケラって虫の方ね☺

    • #16 投稿者: アカショウビン (2012年8月6日 - 08:07)

      ○○泰男さん、こんにちは♪
      少し前まで、夜になると蛙の声がうるさいなと思っていたけど、
      いつの間にか虫の音にかわりましたね(^^)
      オケラはしょっちゅう見ますよ!
      あっ、もちろん虫じゃない方・・・

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。