穏やか過ぎ?

例年この時期は積雪も多くて厳しい頃なのですが、

どういうわけか今年は雪も少なく穏やかな日が続いています。

北の地域や、関東方面はかなり大変そうですが、お気をつけくださいませ。

荒れた天候が続けば、変な鳥が迷い込んでくることも期待できるのですが、

あまり状況には変化がなく、あちこち探しても結局同じような鳥を撮影する羽目になっています。

遠出をしてもあまり状況に違いはなさそうなので、

行きなれた場所を中心に、微妙に捜索範囲を広げつつじっくり観察しようかなと思っています。

あと一月余りすれば、北を目指す鳥たちで、また状況が多少変わってくることでしょう。

キクイタダキ

image8473

ヒバリ

image8450

キンクロハジロ

image8451

image8452

ホオジロガモ

image8454

image8453

ツクシガモ

image8446

飛んだ方向が悪く、ピントは顔に合ってないし近すぎてはみ出しましたが、

迫力があるのでまぁいいかって感じですね(^^ゞ

image8445

昨シーズンは珍しく一羽も渡ってこなかったので、2年ぶりとなるアカツクシガモです。

時期的にもう諦めていたのですが、新年早々にやってきてくれました。

年末の寒波で渡ってきたと考えられる、唯一のお客様です。

ただあまり綺麗な色の個体ではありませんし、脚を怪我しているのが気がかりです。

全国的に記録はありますが、日本へ渡ってくる個体数は極めて少なく、

ほぼ毎年観察できるのは日本で唯一といってもよいでしょう。

image8427

image8428

image8429

image8430

ビロードキンクロ

毎年飛来しているはずですが、なかなかチャンスがなくて撮影したのは実に4年ぶりです。

image8461

image8462

image8463

ズグロカモメ

image8464

サカツラガン

image8432

アメリカコハクチョウ

中央の嘴のほとんどが黒い個体がそうです。

image8470

下は黄色の部分の形状が違うので、これはまた別の個体です。

たまに黄色の部分が全くなくて、真っ黒な個体が見られることもあるので、

この場合は一瞬テンションが上がりますね。

大きさと鳴き声でやっぱりなと思いますが・・・

いつかトランペットの演奏をもう一度聞いてみたいものです。

反対にもう少し黄色の面積の広い個体は比較的多く見られますが、

どの程度までをアメリカコハクチョウとするかの境界線は結構微妙です。

交雑の可能性もありますし、個体差である可能性もあります。

上の個体のように、黄色の部分が線状になっているほうがよりアメリカコハクチョウらしい感じはしますね。

image8471

嘴の色以外に特に違いがあるわけではありませんが、

普通のコハクチョウと比べると何となく気品があるように感じられます。

アメリカ大陸では反対に、普通のコハクチョウのほうが希少性があるのでしょうね。

image8472

コウノトリ

相変わらず警戒心が弱く、すぐ近くまで来てくれます。

構図なんてあったもんじゃなく、体勢によってははみ出すので、本当はもう少し離れてくれると良いのですが(笑)

image8434

image8435

image8436

でもこういった瞬間だけは、ドアップがいいですね!

image8437

セイタカシギ

image8438

カワセミ

image8439

image8440

今シーズンはまだ写真を撮っていませんでしたがチュウヒです。

image8447

image8449

image8460

こんな場所で佇んでいると完全に保護色ですね。

正面顔はフクロウっぽいので好きです。

image8457

image8458

image8459

image8456

サンカノゴイ

image8465

なんだか様子が変です。

image8466

どうやら目の前のコサギが気に入らなかったようですね(笑)

こんな瞬間は初めて見ました。

最近撮影した鳥の写真の中では、断トツで超お気に入りのショットになりそうです(^^)

image8467

それにしても、表情が豊かでユニークな鳥ですね(^m^)

image8468

縮んだり伸びたり広がったり・・・いったいどうなっているのでしょう?

image8469

キジ

ありふれた鳥ですが、簡単に撮れそうなのにいざ撮ってみるとなかなか絵にならない、

この一枚目のような写真をずっと撮ってみたかったのです(^^)

image8441

image8443

image8444

image8442

ベニマシコ

なかなかスッキリした写真を撮らせてくれません(-“”-;)

image8431

ハジロコチドリ

昨年に引き続き発見できました(^^)b

最近は、やや珍しい鳥だけれどあまり熱心に探す人がいないような、こんな鳥を見つけるのがマイブームです。

逆光のうえ背景に雪まであったので光の条件はイマイチでした。

でも、昨年は常に距離に泣かされ続けたので、近くで見られたのは嬉しかったです。

チドリの仲間としては格別に脚の色が綺麗ですね。

image8433

広告
  1. #1 投稿者: kanaconnie (2013年1月14日 - 22:55)

    ビロードキンクロさん、実際にこの正面の顔に出くわしたら鳥とは思わないかもしれません!
    カワセミきれい。
    そしてサンカノゴイ!!!すごいですね~!!びっくり七変化!!これはアピールになっているのでしょうか?わたしなら真っ青になってしまいますね~。こんな写真が撮れるなんて!!!素晴らしいです。
    チュウヒの保護色もすごい!!
    いや~、あれこれびっくり!楽しく拝見させていただきました。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2013年1月15日 - 14:28)

      kanaconnie さん、こんにちは♪
      ビロードキンクロの正面顔は、ただの漂流物か何かのようにしか見えませんね。
      私が正面顔の写真を狙ったのも、まさにその点にあります。
      サンカノゴイは私もビックリでした(@@;
      何か声のようなものを発したのもわかりましたよ!
      コサギは慌てて飛び去ったのは言うまでもありません。
      チュウヒは枝などには滅多に止まることがなく、
      ほとんど地面で休憩しますが、周りが枯草だと見つけにくいですね。

  2. #3 投稿者: ともべい (2013年1月14日 - 23:03)

    昨日、チュウヒの後ろ姿の場面で、私の車の前におられたのはアカショウビンさんかな?と思いましたが、時間切れで帰りました・・・(^_^;)
    ハジコチ、ええですね~、こちらでは会えませんわ。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2013年1月15日 - 14:38)

      ともべいさん、こんにちは♪
      私がチュウヒの写真を撮影している時に、
      車が後ろに停まったのは気が付きましたが、ともべいさんだったのですね(^^)
      ハジコチは、昨年はいつも中州を歩き回っていて、
      川岸まで歩いて行っても、米粒写真を撮るのがやっとでした。
      小さいので気が付いた人もあまりいなかったと思います。
      昼間の鳥の少ない時間帯に中州を探したら、また見つかるかもしれませんね。

  3. #5 投稿者: ○○泰男 (2013年1月15日 - 07:27)

    コウノトリ、いいなぁ、、、見てみたいなぁ、、、

    • #6 投稿者: アカショウビン (2013年1月15日 - 14:44)

      ○○泰男 さん、こんにちは♪
      コウノトリは北海道での観察例もあるようですから、
      いつかチャンスはあるかもしれませんね(^^)
      他の冬鳥とは違って、このまま居ついてしまう可能性もあるので、
      いつまで観察できるか楽しみです。

  4. #7 投稿者: ❤ちえたん (2013年1月16日 - 07:38)

    アカショウビンさん♪ おはようございます^^

    12月からずっと寒波が襲ってきていまして
    毎日気温は低めですが、〇島も雪は少ない気がします。
    お菊さんが、雪の無い場所を求めて佇んでる姿、可愛いですね^^
    ビロードキンクロ?初めて聞いた名前です^^;
    目や鼻?嘴がどこにあるのか・・・・解り難いですねぇ(笑)
    真正面からのお顔、ぐふっと思わず笑ってしまいました^^
    アメリカコハクチョウは嘴が黒い子ですね?( ..)φメモメモ
    大きさはコハクチョウと同じ位でしょうか?
    真っ白な羽、ピーン伸びた背筋?
    うーーん、やはり美しいです~~♪
    サンカノゴイの威嚇する姿にはびっくり!(@@)
    ほんと、どこがどうなってるのか・・・・。
    面白い場面の写真が撮れて、ラッキ~でしたね^^
    ブロッコリーの葉陰にくっきり模様のキジ!
    キジの綺麗な模様が生えてて、綺麗なお写真ですね^^
    ハジロコチドリ、ふっくらしてて可愛いです^^
    そして、今日の中で私が一番好きな写真は!
    チュウヒのカメラ目線~♪ 
    「何々?」ってお顔が愛嬌があっていいです^^

    • #8 投稿者: アカショウビン (2013年1月18日 - 19:51)

      ❤ちえたん さん、こんばんは♪
      この冬は雪かきがほとんど要らなくて随分楽ですよ(^^)
      例のギャグを控えているせいですかね?
      お菊さんは写真だとじっとしているように見えますが、
      とてもせわしない鳥です。
      小鳥の中でも一番落ち着きがないかもって思うくらいです。
      ビロードキンクロは、主に北の地域で観察できるカモで、
      西日本では稀な鳥ですね。
      瀬戸内海でも観察されることもあるようですが、
      もし発見できたらとても幸運だと思います。
      アメリカコハクチョウは、図鑑で見ると
      普通のコハクチョウより若干大きいようですね。
      実際に見比べれば少し体格がよく見えますが、
      鳥自体が大きいので誤差程度ですね。
      オオハクチョウというのも、たまに観察できることがありますが、
      コハクチョウよりさらに嘴の黄色の面積が広いです。
      サンカノゴイの首の骨は一体どうなっているのかと不思議です。
      まさか伸ばした時に脱臼させているわけではないでしょうが・・・(笑)
      チュウヒはあまり警戒していないようで、なかなかカメラ目線をくれませんでした。
      満腹で、まったりしていたのでしょう(*^-^)

  5. #9 投稿者: koyuki (2013年1月17日 - 11:27)

    サンカノゴイの百面相、凄い迫力がありますね(笑)
    伸びたり縮んだり皮膚が柔らかいのでしょうか。
    今年は春から縁起が良いアカショウビンさんですね!
    チュウヒが地べたで見られるとは驚きです。
    v字飛行しか見た事ありません。
    精悍な顔つき、かっこ良いですね!
    鳥歴が短くフィールドの狭い私には見た事が無いのに
    アカショウビンさんの名ガイドで見た錯覚になりました(^_-)-☆
    あ~サンカノゴイは何度見ても笑えます。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2013年1月18日 - 20:57)

      koyuki さん、こんばんは♪
      普段サンカノゴイは全身を見ることの難しい鳥ですが、
      今シーズンはサービスが良くて楽しませてもらってます(^^)
      コラーゲンたっぷりで、ピチピチのお肌なのでしょうね(笑)
      人気者で、皆さんは長時間の張り込みをされていますよ。
      チュウヒも、普段は草むらの姿の見えない場所に降りることが多いですが、
      今回は丸見えで警戒心が感じられませんでした。
      毎年1月頃が、珍系が見られたりするなど撮影条件が良いので、
      だんだん期待感が高まってます。
      同じ鳥を撮影するにしても、
      他の人が撮っていないようなユニークな写真を撮りたいと心がけているので、
      また楽しみにしてくださいね(^▽^)/
      私も鳥歴が長いわけではないですが、
      良いフィールドに恵まれていると思っています。

  6. #11 投稿者: agehamodoki (2013年1月17日 - 21:25)

    巻頭を飾るキクイタダキ、かまくらの中にいるようです。
    ツクシガモとアカツクシガモが美しいです。
    両種とも都市近郊で見たことがあるのですが
    背景などを加味すると別種のようです。
    ビロードキンクロは小群で滞在中のようですね。
    大きなモズ観察のついでに立ち寄られる方が多いです。
    頭のナイキマークがスポーティです(笑)
    コウノトリとサンカノゴイも長逗留、何度も撮り直しができて良いですね。
    チュウヒの顔がフクロウ風は賛成です。
    子供たちあこがれのハイチュウの在庫はございませんか?
    でも、そんなに雪が少ないのなら行ってみるか・・・(冷汗)

    • #12 投稿者: アカショウビン (2013年1月22日 - 18:09)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      当初は梢の先で、お腹しか撮らせてもらえなかったキクイタダキですが、
      寒くなると下まで降りてきますね。
      地べたを動き回る姿は、
      やはりウグイスの仲間だったということを思い出させてくれます。
      ビロードキンクロの噂はそちらまで届きましたか・・・
      例年はホシムクが多数飛来する地域なのですが、
      今年はまだその場所では見つけていません。
      サンカノゴイはサービス満点ですが、
      日によって当たり外れがありますね。
      その点コウノトリは目立ちすぎで、
      流石にもう撮り飽きた感があります(笑)
      ハイチュウのメスは何度か見たという程度で、
      今シーズンはサービスが悪いです。
      オスも見た人は居るようですが、私はまだ未見です。
      この時期、家の周りは50cm位の積雪でも普通ですが、
      今日なんて雨が降って、雪はもうほとんど残っていません。
      春先なのかと勘違いしそうなくらいですよ。
      高速の規制のない日ならノーマルでもOKでしょう(^^)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。