いったいどこから来たの?

このところ、日によって寒暖の差は大きいですが、

鳥たちの行動がソワソワした感じで、北帰行や繁殖期が近づきつつある感じがします。

またブログをかなりサボってしまったので、一挙大放出祭りです(^^ゞ

マヒワ

image8534

アトリ

image8568

オオアカゲラ

image8535

ルリビタキ

image8536

image8567

メジロ

image8537

image8538

image8539

image8540

ベニマシコ

image8543

シロハラ

image8545

ツグミ

image8555

image8556

ミヤマホオジロ

image8557

image8558

image8559

image8560

image8561

image8562

image8563

image8564

カシラダカ

image8569

ノスリ

image8541

カワアイサ

image8542

image8544

ミソサザイ

今シーズンは沢山の個体が見られますが、冬はなかなか撮影チャンスがないですね。

もう少し季節が進めば、美しいさえずりが聞かれることでしょう。

image8570

image8571

image8572

image8573

ハギマシコ

今シーズン近所で越冬してくれている鳥の中では、一番逢いたいと思う子です。

冬季にはなかなか近づくことが困難な場所なので、ようやく2回目の撮影ですが、

雪の降り始めの頃より倍以上に増えて、30羽ほどの群れになっていました。

image8551

image8553

image8554

image8552

image8549

image8550

image8546

image8547

image8548

カワセミ

image8574

image8575

image8576

オオジュリン

image8577

シベリアジュリン

image8589

image8611

チュウヒ

image8578

image8579

image8580

シベリアハヤブサ

image8602

オオバン

image8587

ミコアイサ

image8607image8608

オカヨシガモ

image8609

カンムリカイツブリ

image8610

カワウ

普段は目を向けることもない鳥ですが、繁殖羽が綺麗に見えたので、久しぶりに撮影してみました。

image8604

image8605

コウノトリ

image8586

image8598

ハマシギ

image8603

タシギ

image8599

サンカノゴイ

相変わらずのサービス絶好調!!

こんなことは二度とないかもしれないので、撮れるときにはたくさん撮っておかなければ・・・

image8581

image8582

image8583

image8584

image8585

セグロカモメ

image8588

マガン

image8601

サカツラガン

image8597

実は今回の主役は、一見何の変哲もないように見えるこのヒシクイですが、

ヒシクイをご存知の方ならすぐにわかるように、嘴の色が変なのです。

image8590

昨年から滞在中なので、ヒシクイをちゃんと観察していた人なら、

変な嘴のヒシクイということで写真を撮られた方も少なくないと思います。

image8591

image8592

image8593

ヒシクイには日本では観察できない亜種がいくつかあることを知っていたので、気になっていろいろ調べてみると、

首の長さや嘴の形状などは、ツンドラ型の亜種ヒシクイより、タイガ型の亜種オオヒシクイに似ているように見える点。

嘴のオレンジ色の面積が広いこととその形状。

亜種オオヒシクイよりやや小柄である点。

嘴の基部に白い羽毛が少しある点。

以上いずれも亜種ニシヒシクイの特徴に合致しているように思います。

image8595

亜種ニシヒシクイはユーラシア大陸の西部(ウラル山脈より西)で繁殖する鳥ですが、

ウラル山脈を境界に東西で目に見えて特徴が変化するわけではなく、

連続的に西の個体ほど嘴のオレンジの面積が増加し、体が小さくなる傾向があるようです。

最新の「日本鳥類目録改訂第7版」にも亜種ニシヒシクイの記載はないので、

現在のところ、おそらく日本への正式な飛来記録はないものと思われます。

image8596

この個体について問い合わせも行ってみたのですが、

亜種レベルの違いは外見だけでは断定できないという、当然というか予想通りの回答結果でした。

日本のサイトではほとんど情報らしい情報は入手できないので、

anser fabalis fabalisという亜種ニシヒシクイの学名をキーワードに、海外の写真などをいろいろ検索してみましたが、

明らかにこの個体と嘴のパターンは似ていて、

もしこの写真がヨーロッパで撮影された写真なら、

亜種ニシヒシクイではなく亜種オオヒシクイであるなどと疑う人は一人もいないことでしょう。

下記サイトで見ても亜種ニシヒシクイの中でも最も数の多い嘴のパターンのB~Cに最も近いように思います。

http://nio.no-ip.com/hisikui/q03b.html

亜種オオヒシクイの嘴のパターンに、このような嘴のパターンがないことが判れば一番良いのですが、

これまでに私が調べた範囲では確証を得ることはできませんでした。

DNA鑑定なり、標識調査などにより繁殖地が判かるなどしない限り亜種の断定をすることはできないのでしょうが、

個人的には日本で観察される普通の個体とは外見上の明らかな違いがあり、

亜種ニシヒシクイである可能性はかなり高いのではないかと思えます。

とりあえず私のブログの中では亜種ニシヒシクイ?として分類しておきたいと思います。

image8594

広告
  1. #1 投稿者: kanaconnie (2013年2月13日 - 23:03)

    メジロは私にもわかる春のイメージの鳥です。
    ススキ?をバックにしてカワセミがあざやかできれい♪そしてミコアイサは完全にパンダですね~。
    サンカノゴイはやっぱり不思議・・・、どこか魚っぽい気がします。
    ミソサザイ・・・かわいい。鳥さんは姿かたちだけでなくさえずりでも楽しめるんだ・・・と改めて思いました。
    (マレーシアにいるときはよく鳥の鳴き声を聞いていたことを思い出しました)
    ヒシクイは違う仲間が群れに入ってしまった?とか人間でいうハーフの子がいる・・・とかそういうことなのでしょうか?それとも、妙に西洋人のような顔をしているけど純粋に日本人なのよ~・・・みたいな?
    いずれにしても、それをはっきりさせるのはとても難しいのですね。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2013年2月18日 - 21:15)

      kanaconnie さん、こんばんは♪
      メジロは春には梅や桜の蜜を求めて出てくるので、
      お花見シーズンには目につきやすいですよね(^^)
      ミコアイサの正面顔はパンダそのもの、
      あまり数の多いカモではないので大人気です!
      サンカノゴイは私の目には爬虫類っぽく見えます。
      何度見ても変な生き物です。
      ミソサザイはとても小さな鳥で、スズメの2/3くらいですかね。
      あまり明るい場所には出てこず、地味で目立たないのですが、
      とても声量豊かで、しかも超ソプラノです♪
      ヒシクイの亜種は、ヨーロッパ人と東洋人の違いに近いですね。
      隣国同士を比べるとあまり違いはないけれど、
      イギリス人と日本人を比べると全く違うというイメージでしょうか?
      ハーフが存在する可能性もあるし、
      顔を見ただけでは、ヨーロッパ人か東洋人か
      明確に区別できない人がいることに似ています。
      ガンやカモの仲間は種を超えた交雑が起こることもあって、
      人間とサルのようなハーフの可能性もあるのです。
      沢山のカモを見ていると、時々なんじゃこりゃ!?
      というような変なカモが交っていますよ。

  2. #3 投稿者: ともべい (2013年2月14日 - 23:02)

    流石に、よく探鳥されてますね。
    亜種ニシヒシクイですか~、北に帰っちゃう前にもう一度だけ出向きたいと思ってますが、なかなか行けてません。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2013年2月18日 - 21:24)

      ともべいさん、こんばんは♪
      今シーズンは他の誘惑を断ち切って、毎週のように出かけてしまいました(^^ゞ
      さすがに少し飽きた感もあるのですが、
      まだ誰も気が付いていないような鳥を探そうと奮闘すると、
      いくら時間があっても足りないくらいです。
      亜種ニシヒシクイでなかったとしても、
      珍しい個体であることは間違いないと思うので、
      撮影して損はないと思います(^^)
      ヒシクイが見られるのもあと少しかな?

  3. #5 投稿者: ❤ちえたん (2013年2月15日 - 00:35)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^

    (*✪o✪*)おぉぉ♬
    大・大放出祭りですねぇ~♪
    スクロールする右手が疲れましたょ!(笑)
    そうそう、これよ!これーーーーー!
    カワアイサにミコアイサ、図鑑みたいに模様がくっきり~♪
    (私の記録写真はショボ過ぎて、雰囲気しか解らん!笑)
    ハギマシコが30羽以上の群れで・・・。
    羨ましいですぅ~~見て見たいですぅ~~~><
    〇〇マシコ、この冬に一度はお目に係りたいと願っていますが
    どうやら、「ご縁」がなさそうです^^;
    シベリヤハヤブサ、やっぱりカメラ目線が可愛いわぁ^^
    近寄ったら噛まれそうだけど、頭ナデナデしたくなります!
    カワウのお目目綺麗なヒスイ色なんですよね^^
    探鳥会で先生様方が、スコープを合わせて見せて下さいました^^
    サンカノゴイ、あはっw今日も絶好調でしたか?
    縦に横にビヨーーーンと伸びる姿は何度見ても楽しいですね^^
    ニシヒシクイ?ヒシクイにも色んな種類がいるんですね?
    エセバーダーな私は、群がってるヒシクイを見れたら
    それだけで、違う品種の事なぞ考えに及ばないでしょうね(大泣)

    • #6 投稿者: アカショウビン (2013年2月18日 - 22:07)

      ❤ちえたん さん、こんばんは♪
      ちょっと枚数が多すぎましたね(^^ゞ
      腱鞘炎にならないように、アフターケアをお忘れなく(笑)
      カワアイサもミコアイサも、チョコをちらつかせたら、
      近くまで来てくれましたよ(^m^)
      ハギマシコは他の鳥にはない、ミステリアスな色彩ですね。
      オオマシコもそうですが、比較的標高の高い地域で見られることが多いです。
      雪が降ると誰も近づくことのないような場所なので、
      車が脱出できない恐怖と闘いながら・・・といった感じでしょうか?
      それでも雪がほとんど無いような場所があったりもするので不思議です。
      とはいえ、日本海側に限られるかもしれませんが、
      海岸付近で観察されることもありますし、
      必ずしも標高が高くなければならないということはなさそうです。
      ベニマシコ以外の〇〇マシコは、観察のチャンスは少ないですが、
      見られないというわけではないので、頑張ってみてください。
      私自身ハギマシコのまともな写真を撮影できたのは、
      今シーズンが初めてですから・・・
      カワウの目は綺麗な色をしていますよね(^▽^)/
      普段意識することもない羽の模様も意外と綺麗でビックリです。
      サンカノゴイは動画を撮ったらもっと楽しめたかもしれませんね。
      私のレンズでははみ出すほどなので、
      機材なども考えないと無理なのですが、
      こんなチャンスは、今年限りのような気がします。
      ヒシクイの別亜種が観察できるなんてことは、頭の片隅にもなかったので、
      この個体の存在は全く知らなかったのです。
      たまたま調べ物をしていたところ、
      とあるブログで写真を見つけてから、慌てて撮りに行ったのですよ(^^ゞ
      一羽一羽ゆっくり確認できる鳥なのに、見逃していた自分が情けないです。

  4. #7 投稿者: koyuki (2013年2月15日 - 21:56)

    凄ーい@@!!!一挙放出で逃げろ~(笑)
    会いたい鳥からそろそろ渡って来そうな鳥まで
    並んだ並んだ赤青黄色ーー♪
    亜種ニシヒシクイは良く観察しないと見つけれないですね。
    大勢の中から見つけるのは至難の技でしょうね。
    群れの中は要チェックしなければと思いました。
    サンカノゴイの容姿のしなやかで色っぽいこと・・・ナント云って
    良いのかビミョウです(笑しかし傑作!!!

    今は目指せ!ハギマシコ!路肩で餌をあさってるのですが
    車の通りが多くて写させてもらえません(>_<)

    • #8 投稿者: アカショウビン (2013年2月18日 - 22:19)

      koyuki さん、こんばんは♪
      こちらのヒシクイは数が少なくて、今年は全部で50羽もいないだろうと思います。
      マガンの群れに交っていたりすると、確かに探すのは大変ですが、
      20羽ほどの小さなヒシクイの群れの中だったので見つけるのは簡単でしたね。
      ただ、こんな鳥が交っているとは思ってもみなかったので、
      最近まで全く気が付いていなかったことが恥ずかしい限りです(^^ゞ
      サンカノゴイは、鳥とは思えないような動きで面白いです。
      小魚などを食べているのかと思っていましたが、
      ここでは、小さな甲殻類のようなものを獲っているように見えました。
      北海道ではハギマシコは平地で見られるのでしょうね。
      こちらでは、標高の高い場所で観察されることが多くて、
      ある意味決死の覚悟?で出向きました(笑)

  5. #9 投稿者: kakasi24 (2013年2月15日 - 22:01)

    今晩は、見事なオンパレードですね。 ガンや水鳥系は不勉強でコメント出来ませんが、貴重種のようですね~おめでとう御座います。  ちなみにこちらでも地元初珍で、国内でも珍が来ており、大阪方面から新幹線で遠征してきた強者グループが昨日おりました~~此処までする必要があるのかな?

    • #10 投稿者: アカショウビン (2013年2月18日 - 22:53)

      kakasi24さん、こんばんは♪
      もしニシヒシクイであることが確定すれば、
      日本初記録となっても良いレベルだろうと思いますが。
      亜種だと、捕獲してきちんと検査しない限り登録されることはないのでしょうね。
      こちらも毎年遠方から来られる人が多くて、
      関東ナンバーの車を見ることも珍しくないです。
      私自身は、地元で観察種を増やすことに喜びを感じているので、
      せいぜい隣県までしか出かけたことがありません。
      観察種を増やすことが目標の人もいれば、
      特定の鳥をとことん撮影する人もいて、楽しみ方は人それぞれなのでしょうね。

  6. #11 投稿者: ちえみ (2013年2月18日 - 22:18)

    こんばんわ~(^o^)/
    鳥達が大集合ですね。
    家には保護されて家に来た飛べないカワラヒワがいます。
    雛のときに家に来ましたもう9年ちかく元気に暮らしています。
    オカメインコのゴマとは微妙な仲です。。。
    それにしても色んな鳥が居ますね~みんな可愛いですね。
    真正面から見た顔って何とも不思議ですね。
    メジロは愛らしいですね(*^_^*)
    珍しい鳥達を見せてもらって楽しませてもらえました。ありがとうです(^_^)v

    • #12 投稿者: アカショウビン (2013年2月18日 - 23:12)

      ちえみ さん、こんばんは♪
      カワラヒワは色の綺麗な鳥ですよね(^^)
      自然界では、長生きをすることは難しいと思いますが、
      飼育すれば9年も生きることができるのですね。
      微妙な仲というのが、意味深な感じですね~
      食べ物はインコと同じもので大丈夫な気がしますが、
      まさか食べ物をめぐっての喧嘩とか・・・?(笑)
      日本の野鳥としては600種以上ありますから、
      私にとっては未知の鳥が沢山です。
      まだ見ぬ鳥を、どんな性格の鳥かな?
      と図鑑を眺めながら想像するだけでも楽しくなってきます。

  7. #13 投稿者: ニコラス (2013年2月19日 - 13:48)

    >ミコアイサ
    このまま舞台に出演できそう!(w

    • #14 投稿者: アカショウビン (2013年2月19日 - 18:17)

      ニコラス さん、こんばんは♪
      パンダショーの出演依頼、絶賛受付中です(笑)

  8. #15 投稿者: hulala (2013年2月20日 - 13:42)

    アカショウビンさん こんにちは
    めずらしい種が見つかって凄いですね。
    亜種ニシヒシクイ>ですか、覚えられないとは思いますが
    ここでアップされていたことは覚えていられると思います。
    いろいろな鳥、特に水鳥はほとんど知らなかったので、こちらで見せて頂いて
    覚えられ、テレビで見ても分かるのでうれしいです・・・・初歩の初歩ですみません。
    アトリとミソサザイが可愛いです。

    • #16 投稿者: アカショウビン (2013年2月21日 - 10:16)

      hulalaさん、こんにちは♪
      日本の図鑑には載っていない鳥なので、
      何も調べなければ、少し嘴が変なヒシクイということで終わってしまいますし、
      いろいろと調べれば、もしかしたら日本では観察されたことの無い鳥かも?
      ということになるので、
      普通の鳥と違ったところがあれば、あれこれ調べてみるものだと思います。
      確証は得られませんでしたが、調べる過程はとても楽しいものでした(^^)
      私は珍しい鳥ばかりでなく、身近でいつでも見られる鳥も撮るようにしていますが、
      珍しい鳥を見ることだけが楽しいことではなく、
      身近な鳥を観察することが、本当の野鳥観察の醍醐味だと思います。
      我が家に年中住み着いているスズメが一番かわいらしく感じますよ(^_^)/

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。