渡りも本番

このところ、いろいろなことがありすぎて、PCに向かうことがままならず、随分とご無沙汰してしまいました。

さて本格的な渡りの時期を迎え、観察できる鳥もガラッと変わってきましたね。

相変わらず目についたものは出来るだけ撮影しているので、まとまりのない写真の羅列になってしまいますが、

適当にご覧くださいませ。

コサメビタキ

image8877

image8878

image8879

image8918

キビタキ

image8919

image8920

サンショウクイ

image8901

image8902

image8904

既に巣材運びが始まっていたので、今シーズンも楽しみです(^^)

image8903

サシバ

image8911

image8912

image8913

image8914

image8915

image8916

image8917

オオジュリン

image8897

ノビタキ

image8883

ヒバリ

image8880

イソヒヨドリ

image8882

カモメ

image8921

シマアジ

image8884

今年は当たり年でしょうか?

オスメス各5羽で計10羽というのは私には初めてのケースです。

image8885

image8886

image8887

image8888

image8935

コチドリ

image8856

image8857

ダイゼン

image8858

image8859

image8860

image8866

ムナグロ

image8899

image8900

オバシギ

image8861

image8862

image8863

image8864

image8865

オオソリハシシギ

image8867

image8868

image8869

image8870

image8871

image8872

image8873

image8874

アオアシシギ

image8896

image8928

コアオアシシギ

image8931

アカアシシギ

image8932

タカブシギ

image8923

ヒバリシギ

image8924

image8925

オジロトウネン

image8926

チュウシャクシギ

image8933

image8927

セイタカシギ

昔は珍鳥だったと聞きますが、この春はあちこちで結構数多く観察されているみたいです。

image8875

脚が長すぎて縦じゃなきゃ収まりません(笑)

image8889

image8890

image8891

image8892

image8893

image8894

image8895

image8934

オオジシギ

image8922

下の個体は、土手の草地から飛び出して水際に着地しましたが、

タシギとは微妙に違うような気がしないでもありません。

白っぽくて、タシギより大きな感じがしたので、オオジシギの可能性があるのかもしれませんが、

タシギと並んでくれない限り、私の眼力では識別できる自信が全くありません(^^;

怪しいものは、一応タシギとしておくのが賢明でしょうね。

その後専門家の方にこの写真を見ていただいたところ、

オオジシギの可能性が高い個体であるとの判断をいただきましたので、オオジシギとして分類しておきます。

image8898

そして、いつも悩むこのタイプの個体・・・

上面が黒なら何も悩まずに済むのですが、

灰色なので、シベリアハクセキレイと考えても良さそうな個体ですね。

雨覆いにうっすらグレーの色があるとはいえ、ほぼ白色ということは、やはりホオジロハクセキレイの冬羽でしょうか?

頭部にも灰色の部分が多いですし、若い個体の可能性がありそうです。

シベリアハクセキレイと決定づけられる確証がないだけに、一応ホオジロハクセキレイとして分類しておこうと思います。

image8855

ここ最近、発見できて一番嬉しかったのはムネアカタヒバリですね。

ヒバリという名前が含まれていますが、セキレイの仲間です。

毎年通過しているのでしょうが、普通のセキレイに比べると色彩的に地味なうえに、

スズメほどの大きさしかないので、発見できることは少ないです。

一瞬だけのチャンスでしたが、コウボウムギがたくさん生えている場所でよく撮影できたものだと思います。

夏羽に近いのでしょうか?文字通り胸の辺りまで赤く綺麗な色をしています。

image8881

アオゲラ

image8905

image8906

ミサゴ

暑いので海水浴中かと思いましたが・・・

image8929

暫らくして飛び立ちました。

かなりの大物をGetしていたようです(@@;

ノートリですが、近すぎて完全にはみ出しました(笑)

image8930

カイツブリ

昨年、何度か登場した例の個体だと思いますが、今ではアマサギのような色合いになっています。

image8907

image8908

image8909

普通のカイツブリと比べるとあまりに違いますね。

今年も白い仔が誕生するのでしょうか?

image8910

広告
  1. #1 投稿者: agehamodoki (2013年4月28日 - 21:07)

    コンニチハ♪
    ちょっとご無沙汰されると、どっと鳥画像を放出されますね!
    羨ましいのやら、すでに懐かしいのやらコメント対象が目移りします。
    確かに渡りはすでに本番ですね。いきなりコサメビタキ!
    サンショウクイはめずらしくご近所で見かけました。
    お腹しか見られませんでしたがー_ー;
    サシバは秋の渡り以外では余り見る機会がありません。
    もう少し田舎へ行けば繁殖地がありそうです。
    シマアジの団体さんは凄いです!
    大体1羽2羽または1ペアですよね!
    シギチも充実していますねぇ・・・一通りそろっているような。
    ムナグロ、オオソリあたりの夏羽が美しいです。
    見る機会が少ないのはヒバリシギでしょうか?
    ムネアカタヒバリの夏羽は以前、こちらの埋め立て地で人気でした。
    私は地味な冬羽しか見たことありません。
    白いカイツブリ、健在なんですね!
    応援したくなりますよね!
    そう言えばTVニュースで全国区になった白いカラス君のその後は?

    • #2 投稿者: アカショウビン (2013年5月9日 - 20:23)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      コサメビタキは、秋の渡りの時期の鳥という印象があるかもしrませんが、
      私のところでは春の方が観察機会が多いですね。
      少数は繁殖もしているようです。
      サシバも不思議と春の方が観察のチャンスが多いのですよ!
      鳴き声がするので、気が付きやすいというのもあるかもしれません。
      シマアジは雄なら一羽だけでも嬉しいですが、
      今回はあまりに多くて、画面の中に全部の個体が収まらないという
      嬉しい悲鳴でした(笑)
      シギチは揃っているようで、意外と普通種が抜けています(^^ゞ
      ソリアシシギやキアシシギなどですね~
      実はこの2種はこちらではあまり観察の機会も多くなくて、
      滞在も短期傾向なのです。
      ムネアカタヒバリの夏羽は私も今回が初めてです。
      冬羽は地味とはいうものの、普通のタヒバリに比べると、
      模様がはっきりしていませんでしたか?
      白いカラスは私が撮影した時でも、
      既に最初のポイントとは少し離れた場所でした。
      その後私の地元でも発見されて地方紙に載ったたのですが、
      結構地域的に離れているので、同一個体かどうか微妙な感じです。
      放浪癖があるのか、現在の所在は不明ですが、
      繁殖期が終わった秋ごろには、また同じエリアで観察できるかもしれませんね。

  2. #3 投稿者: koyuki (2013年4月29日 - 16:16)

    サシバかっこ良いですね!
    一挙放出の面々さん垂涎の至りでございます^^。
    シギチ羨ましいですね。koyukiと2種かぶってました(^_-)-☆
    アカショウビンさんの様には写せれませんが(汗)
    オジロトウネン、ヒバリシギは見つけれないと思います。
    白いカイツブリちゃん元気にしてて良かったですね。
    未だカイツブリの夏羽を見た事ありませんので
    巡回しなくては・・・それとシマアジ飛ばして下さーい(笑)
    こちらもコサメビタキ、キビタキももう渡って来てるようです。
    天候不順で見回りに出かけられません。
    最近Cannon・supershotのコンデジで写してたら解像度が悪いと
    クレームを言われました(>_<)

    • #4 投稿者: アカショウビン (2013年5月9日 - 20:37)

      koyuki さん、こんばんは♪
      サシバは北海道では観察できませんでしたかね?
      夏場に近場で観察できる猛禽は、トビとこのサシバくらいなもので、
      それ以外の猛禽は稀なので、とても貴重な存在です。
      シギチは渡りの出足が遅かったものの、短期集中といった感じで、
      一度に多くの種類が観察できました。
      オジロトウネンとヒバリシギトウネンなどと似たサイズですが、
      このクラスのシギで足が黒くなかったら要注意ですよ!!
      白いカイツブリは元々三羽でしたが、
      秋以降は一羽だけしか確認できなくなりました。
      新しく生まれた命も、翌年まで生き延びられる確率は低いのでしょうね。
      まぁ、全部生き残ったらカイツブリだらけになっちゃいますが・・・
      シマアジはもう姿が見えませんでしたので、北へ向かって移動中だと思います。
      koyukiさんのところに立ち寄ると良いですね(^▽^)/
      北の方は異常気象が続いているようですね~
      このところ快晴続きで渡りが一気に進み、鳥影は薄めです。
      天候不順なほうが、長居をしてくれるかもしれませんね!

  3. #5 投稿者: kanaconnie (2013年4月29日 - 23:21)

    サシバの飛ぶ姿が大迫力です。きれいですね~。形も模様も・・・。
    どの鳥もそうですが自然が作る形やデザインは本当にすごいなぁといつも感心します。
    シギの仲間は口をあいているとなんだかイメージが違います。ご飯を食べるのだから口をあくのは当たり前ですが(笑)足や嘴の「シュッ」としたイメージが強いので・・・(^_^;)

    • #6 投稿者: アカショウビン (2013年5月9日 - 20:45)

      kanaconnie さん、こんばんは♪
      サシバは猛禽としては少数派の夏鳥です。
      ヘビなどをよく捕まえると聞きますが、
      私が観察した感じでは昆虫やカエルなどをターゲットにしているように感じます。
      シギは口を大きく開けてくれることは滅多にないですね。
      特に嘴の長いシギが大きく口を開いてくれると面白いので、
      あえて狙って撮影しました(^^)
      人間でいう変顔を撮っているような楽しさがありますね(^▽^)/

  4. #7 投稿者: ❤ちえたん (2013年5月3日 - 07:31)

    アカショウビンさん♪ おはようございます^^

    今日も沢山の鳥たちにうっとり~♪
    くっきりと綺麗で、図鑑を見るより感動します^^
    コサメビタキ、未だ今季は未確認ですが
    やっぱり白いアイリングがチャーミングで可愛いですね^^
    サンショウクイも見てみたい鳥さんですが
    やはり、県北まで遠征しないと無理っぽいですね^^;
    サシバの飛び立つ姿、かっこいいですねぇ^^
    羽の音が聞こえてきそうな位、勢いがありますね!
    シギチたちも沢山の種類・・・・羨ましいですぅ・・・・・・(-。-) ボソッ
    〇幡川のカワグチをちと覗いてきましたが
    一種類しか入ってなかったです・・・><
    まぁ、シギの識別はさっぱり解らないので
    居たとしても素通りしてしまうかもしれませんけどねっ(大汗)
    あの白いカイツブリが、綺麗な羽色に変身してるんですね^^
    ミサゴさん、泳いで?までお魚ゲットするんですね(笑)
    以前出かけたカワグチさんで獲物の魚を探しているミサゴを見ていましたら
    上空を何度も旋回し、一気に急降下して水中へジャボーーン!!
    あの素早さと捕えた魚の大きいのにはびっくりしました~(@@)
    ムネアカタヒバリ?? これは図鑑にも載ってない珍鳥なんでしょうか??
    普通種より、胸の淡い赤色が際立って綺麗ですね^^
    こちら〇島では、どうもキビタキの数が半端なく多い気がします^^v
    家の近くでもあの綺麗な囀りが聴けて、毎日楽しませてもらっています^^

    • #8 投稿者: アカショウビン (2013年5月10日 - 18:34)

      ❤ちえたん さん、こんばんは♪
      サンショウクイは、昔は普通に観察できたみたいですが、
      近年は減少が著しいようで、なかなか観察するのは難しいです。
      おそらく県北方面では観察できる場所があると思いますが、
      渡りの時期には思わぬ場所で観察できることもあるようですよ!
      シギチはちえたんさんのほうが、
      観察条件には恵まれているはずなのですけどね?
      淡水域を好む種類も少なくないですが、
      〇幡川の隣の埋め立て地の中では、
      かなりの種類が見られるかもしれません。
      探鳥会でなければ中に入れないようなので、
      参加してみるのもよいのではないでしょうか。
      慣れるまでは識別が難しいので、
      ベテランの方と一緒が良いかもしれませんね。
      ミサゴは全然動かなかったので、溺れているのかと思いました(笑)
      獲物が大きくてすぐに飛び立てなかってのでしょうね。
      ムネアカタヒバリはちゃんと図鑑に載ってますよ(^^)
      ただ掲載種の少ない図鑑には省略されているかも!?
      沖縄辺りでは普通に越冬しているでしょうし、
      場所によっては全然珍しくないと思います。
      今年キビタキはやや多めな気もしますが、
      反対にオオルリは少なくありませんか?

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。