一瞬現れた女神

また随分とご無沙汰してしまったアカショウビンです。

image9017

このところ、カラオケの練習が忙しかったわけでも

image9009

食べ過ぎていたわけでも

image9023

ダイエットが忙しかったわけでも

image9014

恋人とのデートが忙しかったわけでも

image9019

お気に入りの髪飾りを探していたわけでもありません(笑)

image9027

ちょこっとだけ動画も撮ったのでお許しを・・・(^^ゞ

アカショウビン(メス)
アカショウビン(オス)

ミソサザイ

image9029

クロジ

image8995

ヒガラ

image9070

カケス

image8996

image8997

サンコウチョウ

image9006

サンショウクイ

image9007

トラツグミ

image8998

image8999

クロツグミ

image9000

image9069

巣立ったばかりの、ヤマセミのチビちゃんです。

毎年巣立ち雛を観察しているポイントから近いのですが、

時期が一か月ほど早いですし、すぐ近くに今年掘ったばかりの新しい巣穴を見つけたので、

例年とは別のペアの可能性が高いと思います。

数年同じ巣穴を使うことも珍しくないので、来年はもう少し早い時期から気にかけてみたいと思います。

image9044

距離的な条件や光量の条件は例年の場所より遥かに良いのですが、

3羽以上を同時に撮れそうな感触は全くありませんでした。

image9054

誰に教わるわけでもなく、水浴びを繰り返しながら、狩りの訓練をするのでしょう。

image9035

image9047

飛び物は撮り放題・・・

控えめにシャッターを押したつもりでしたが、3時間余りで、1200枚ほど撮影していました(^^ゞ

image9067

水面上を超低空飛行するのは、ヤマセミさしさを感じられる行動の一つですが、

これだけ綺麗な水鏡の写真が撮れることは珍しいです。

image9063

アオアシシギ

image9001

チュウシャクシギ

image9002

まずまずの正面度でしょうか?

image9003

クサシギイソシギ

image9005

アマサギ

image9004

オオヨシキリ

image8991

コムクドリ

image8994

今年の渡りの時期は、まだ見ぬ鳥や、何年も観察していない鳥を撮影することを目標に奮闘しましたが、

それほど甘くはなかったですね。

ただ一瞬だけ、女神が微笑んでくれた瞬間がありました。

どうやらシマアオジのメスですね。

image8992

日本では北海道で繁殖する鳥ですが、日本海側の島嶼で観察されることは時々あるものの、

本州で観察されるケースは極めて稀なようで、ほとんどの個体は大陸から直接北海道へ渡ると考えられているそうです。

近年は、繁殖地でもなかなか観察が難しいようで、

ホオジロ科の鳥としては唯一、絶滅危惧IA類(最も絶滅の危機に瀕している鳥)に指定されているのですね。

オスより発見が困難であろうメスが見られたのは、本当に幸運なことだと思います。

・・・本心は派手なオスのほうを見たかったですが、半分負け惜しみです(^^ゞ

近場でも、タイミングさえよければ、思わぬ鳥を見つけることができる可能性を感じる事となりました(^^)

image8993

広告
  1. #1 投稿者: ○○泰男 (2013年6月5日 - 19:52)

    アカショウビンて、口紅食えているみたいにみえますね

    • #2 投稿者: アカショウビン (2013年6月10日 - 17:34)

      ○○泰男 さん、こんにちは♪
      キスマークをつけてあげましょうか❤

  2. #3 投稿者: abend (2013年6月5日 - 22:00)

    こんばんは。
    あまさぎって綺麗ね^^
    アカショウビンさん登場だったのですね^^

    • #4 投稿者: アカショウビン (2013年6月10日 - 17:38)

      abend さん、こんにちは♪
      アマサギは年中この色ではなくて、繁殖期の一時期だけなのです。
      白い時期は良く見ないと区別が難しいのですよ。
      今は私のシーズンです(笑)

  3. #5 投稿者: ❤ちえたん (2013年6月5日 - 22:07)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^

    んで、お久しぶりです~^^;
    最初っから、言い訳が多いですよぉ~~wwww!!
    食べ過ぎに、ダイエット!、カラオケやデイツ!髪飾りまで・・。
    どれも、これもホンマなのでわ?と感じてるのは私だけぇ~?・・・(笑)
    全てが、アカショウビン物語となってるんですね^^
    じっくり楽しませてもらいました^^
    アカショウビンって・・・。(呼び捨てにして申し訳ないです! 笑)

    ミソサザイにヒガラ、県北に出向かないと見れない子たちを
    こちらで出逢えて、嬉しいです~♪
    ヤマミンはお子が見れる時期なんですね?
    最近、いつもの場所へ居ないんですが・・・。
    子育て中なのかな?^^;
    アマサギの羽色、本当に綺麗ですねぇ~♪
    いつか見てみたいです!
    ここへ来ると、逢いたいと願ってる鳥さんたちに逢えて
    ウキウキするし、幸せを感じます^^
    っていうか・・・ネット繋がりの鳥師匠は凄いんですよ!と自慢こいて!
    他所の牛蒡で法事しとります~~~(・∀・)ニヤニヤ

    • #6 投稿者: アカショウビン (2013年6月10日 - 18:01)

      ❤ちえたんさん、こんにちは♪
      ちょっと言い訳が多すぎましたね(^^ゞ
      どこまでが本当か、ご想像にお任せします。
      本物のアカショウビンと、
      長時間デートしたことだけはバレバレですね(笑)
      ミソサザイやヒガラも、
      冬季には低山帯でも見られる可能性があるのですよ!
      ただミソサザイは、冬のウグイスを見つけるくらいに難しいですが・・・
      ヤマミンミンは早ければ5月下旬頃には巣立ち雛が見られると思います。
      でも、普通は梅雨の雨がシトシト降るころに見ることが多くて、
      撮影にはいつも苦労させられます。
      雛が孵ったら餌運びが忙しくなるので、
      いつもの場所で見かけないということは、抱卵中なのかもしれませんね。
      アマサギは珍しい鳥ではないですよ!
      田園地帯で見かけることが多いのですが、
      繁殖期でも真っ白な個体が少なくないです。(若い個体なのかも?)
      コサギよりも少し小さいので、田んぼで小さなサギを見かけたら要注意です。
      最近のちえたんさんは、普通の人から見たら立派な師匠クラスですよ!
      自覚症状がないほど、病状が悪化しているようですね(^m^)

  4. #7 投稿者: kanaconnie (2013年6月5日 - 23:58)

    アカショウビンさんじっくり見せていただきました~。腰のあたりに青い毛があるのですか?
    ヤマセミの水鏡も本当にきれいです!素晴らしいっ♪
    アマサギも優雅だし、シギの正面は別人みたいだし(笑)
    今日も貴重で素敵な写真をたくさん見せていただきました。
    ありがとうございます。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2013年6月10日 - 18:08)

      kanaconnie さん、こんにちは♪
      はい、腰にはまだ蒙古斑?が残っています(笑)
      なかなか見えにくい場所なので、
      この部分がちゃんと写ってくれると嬉しいですね(^^)
      同じ鳥でも、見る角度によって美しく見えたり、変顔になったり面白いです。
      ありふれたサギの正面顔も、なかなかのものですよ!
      またチャンスがあったら撮ってみますね。

  5. #9 投稿者: kakasi24 (2013年6月6日 - 18:23)

    今日は、見事な赤さまですね・・・自分も後3日で探しに行って来ますが、マネージャーから来ているとの情報が有るので、大丈夫だと思ってます~ちなみに昨年は2羽巣立ったとの事、一般の方が入れない所なので楽しみです。 アマサギのバックスッキリとすばらしい絵ですね~羨ましいです。 やませみはかなり出掛けないと居ないので、垂涎の的です。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2013年6月10日 - 18:22)

      kakasi24 さん、こんにちは♪
      赤様は距離も近くて申し分のない条件です。
      何年も前から、この木をつついていたようなのですが、
      今年はようやく営巣する気配が感じられます。
      アマサギの背景は田んぼですが、
      個人的にはシンプルすぎるので、もう少し緑色が欲しかったですね。
      ヤマセミはこちらでは普通種と言ってもよいくらいで、
      カワセミよりも簡単に見られるのですよ(笑)

  6. #11 投稿者: agehamodoki (2013年6月7日 - 23:05)

    お~っ、ずい分ご無沙汰だと思ったら「ご自身物語」の撮影に忙しかったのですか?!(笑)
    ご自身の演技力も大したもんですが、セルフタイマーで撮ったのなら大変だ!
    彼女まで登場していますが、まさか不倫ではありませんよね(汗)
    見事な「赤い物語」の完成に拍手が鳴り止みません。
    ヤマセミのカットが1200枚ですか、
    それだけ撮れるチャンスがあると言うのも羨ましいです。
    シマアオジのメスですか?経験無しで、同定不可です!

    • #12 投稿者: アカショウビン (2013年6月10日 - 18:35)

      agehamodoki さん、こんにちは♪
      今年もセルフ写真の撮影に忙しかったです(^^;
      こちらも1000枚以上の撮影になりましたが、
      あまり動きがなくてほとんど同じような写真ばかりの量産です。
      セルフタイマーじゃなくて、リモートレリーズを使ったのですよ(笑)
      モドキさんもカメラは同じだから、機能はありますよね!
      不倫になるかどうかよく判りませんが、相方はやきもちをやいているかもです(^^ゞ
      離婚の危機だけは避けたいものですね~
      ヤマセミが撮り放題なのは、多分巣立ち後の数日だけでしょうね。
      一週間後でも、同じ場所に居ることは居るもののサービスはほとんどありません。

  7. #13 投稿者: ポン太倶楽部 (2013年6月8日 - 20:57)

    こんばんわ
    久しぶりに本物のアカショウビンさん(笑)を見ることができました。
    何度見てもこの姿は綺麗ですね^^
    ヤマセミの水鏡の写真も綺麗でした。
    あそこまで綺麗に撮れるチャンスも少ないんですね?

    • #14 投稿者: アカショウビン (2013年6月10日 - 18:44)

      ポン太倶楽部 さん、こんにちは♪
      今回はバッタもんではなく、正真正銘のアカショウビンの登場です(笑)
      日本で観察できる鳥の中でも、1、2を争う大好きな鳥さんです。
      対抗馬はもちろんヤマセミなので、この2種さえ撮影できれば、
      私的には大満足です(^^)
      ヤマセミは河川の中流域から上流域にかけて生息する鳥なので、
      流れの影響で水鏡になるような条件の場所はほとんどないですね。
      ここはヤマセミの撮影のためにあるような、本当に特別な場所なのです。

  8. #15 投稿者: ともべい (2013年6月9日 - 23:29)

    私も二度、お山に上がりました。アカショウビンさんに出会えるかな?と思いましたが、会えませんでしたね・・・(^^ゞ
    地元で、シマアオジと遭遇ですか・・・流石ですね。私は離島で何とか・・・と思ってましたが、今年も会えませんでした。
    (クサシギは、イソシギかな?)

    • #16 投稿者: アカショウビン (2013年6月10日 - 18:52)

      ともべい さん、こんにちは♪
      アカショウビン(鳥も私も?)は、数日間撮り放題といった感じでした。
      今年はきっとまだチャンスがあるはずですので、
      またトライしてみてください。
      離島でシマアオジは外しても、シッカリお土産があったじゃないですか!!
      ちゃんとチェックしてますよ(笑)
      あまりちゃんと確認もせずにクサシギとしましたが、
      過眼線が目の後方までシッカリある点から考えても、やはりイソシギでしょうね。

  9. #17 投稿者: asobo (2013年6月10日 - 20:26)

    いつ見ても凄いなぁって思います。
    こうやってみていると、なんとなくシギ科の鳥がステキだなぁって思います。
    イソシギって曲が好きなせいかもしれません。

    • #18 投稿者: アカショウビン (2013年6月11日 - 10:09)

      asobo さん、こんにちは♪
      私もシギ科の鳥は水鳥の中で一番好きな鳥です(^^)
      イソシギって曲があるのですか?
      私は初めて知りました。
      クロツグミの歌があることも、ブログを始めてから知って、
      いろいろと勉強させられます。

  10. #19 投稿者: koyuki (2013年6月11日 - 23:01)

    アカショウビンさんお久しぶりです!
    お元気そうでまず安心しました(^○^)
    ご自分のシルエット撮り放題羨ましいです^^。
    恋い焦がれてるヤマセミの写し鏡の素晴らしさ・・・
    ゴックン!です(笑)
    クロジは今年は当たり年でしょうか、koyukiも見る機会は
    ありましたが懐までは飛んできませんでした(^_-)-☆
    アマサギも会いたい鳥さんの候補です。
    夏羽のシギチはあまり見る機会がないので
    こちらで堪能させていただきました。
    シマアオジはこちらでも1昨年から姿が消えました。
    本当に貴重な鳥さんのオンパレード楽しみましたよ~

    • #20 投稿者: アカショウビン (2013年6月14日 - 19:45)

      koyuki さん、こんばんは♪
      今年もセルフ写真撮り放題です(笑)
      一応名乗っているからには、毎年撮影しなければなりませんが、
      ここ7~8年くらい毎年撮影できているので、内心ホッとしています(´▽`)
      クロジは今年やたらと多いですね。
      年々お山が静かになっているように感じますが、
      そんな中でも、例外的に数が多い鳥がいると、嬉しいですね。
      ただ、懐には影響しない点はkoyukiさんと同じです(笑)
      アマサギは南方系のサギらしいですから、
      北海道ではチャンスが少ないかもしれませんね。
      でも、だんだんと温暖化によって、
      いずれ普通に見られるようになるかもしれませんね。
      シマアオジはkoyukiさんの身近でも観察できていたのですね(^^)
      何でも、農業の機械化が数を減らしている原因とか聞きました。
      これ以上数が減らないでほしいものだと思います。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。