行く鳥来る鳥に想いをはせながら・・・

近所の小鳥たちは、今のところあまり変わり映えがしませんが、

それでも見ているだけで癒されます。

でも、そろそろ夏鳥とはお別れの時期でしょうね。

 

コサメビタキ

image9243

image9244

image9245

image9269

image9270

オオルリ

image9250

キビタキ

image9249

すごく遠かったので不鮮明ですが、唯一の新顔はサメビタキでした。

この鳥さんは、当地で繁殖している可能性は極めて低いので、

今季の小鳥では、秋物第一号ということになります。

image9268

あとはいつもの森の住人たちです。

メジロ

image9246

カワラヒワ

image9248

コゲラ

image9271

サシバ

渡りの途中だと思われますが、当地では秋に見る機会は少ないです。

image9247

オオタカ

image9251

シギチは、今シーズンの観察ポイントの条件がとても悪いので、

ふと違った地域に出かけることが頭をよぎりますが、

好きな場所で、独りでのんびり撮影したいという思いのほうが強くて、

普段は探さないような場所も回りながら、何とか種類を稼いでいます(^^)b

ムナグロ

image9265

image9266

コチドリ

image9253

トウネン

image9254

image9255

ホウロクシギ

image9267

オオソリハシシギ

image9256

image9257

image9258

image9259

image9260

写真を撮ったときはオバシギだと思ったのですが、

嘴が短めである点や脚の色が比較的明るく見える点などからコオバシギであろうと思います。

image9262

image9263

image9264

クロツラヘラサギはまだ健在でした。

image9261

最後はショウドウツバメです。

日本では北海道や東北で繁殖する鳥で、

土壁に巣穴を掘るという、ツバメの仲間としては変わった生態を持っています。

「小洞燕」という名前はその生態をよく表していますね。

羽色が暗褐色である点や、胸にネックレス?をしているのが特徴的です。

胸のネックレスはT字型をしているのですが、この写真では向きが悪くて細い縦の線が見えていません。

特に秋の渡りの時期には各地で観察できるので、ショウドウツバメを見たい衝動?にかられたら、

探してみてください。

image9252

カモメやカモ類は、ボチボチ冬物が観察できるようになってきましたが、

小鳥たちも、いつ冬物が登場しても不思議ではない時期になりました。

さて、次はどんな鳥が観察できるでしょうね?

広告
  1. #1 投稿者: ニコラス (2013年9月24日 - 13:18)

    鳥の瞬間芸流石ですね。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2013年9月25日 - 10:06)

      ニコラスさん、こんにちは♪
      なかなかこちらの思い通りにはならないのですが、
      たまに良いポーズをしてくれると嬉しいです(^^)

  2. #3 投稿者: agehamodoki (2013年9月24日 - 20:04)

    年末年始のテレビ番組ではありませんが
    「行く鳥、来る鳥」ってところですね。
    コサメビタキはこちらでもけっこう見かけます。
    大きな瞳がチャーミングです。
    青くないオオルリが、逆に「青臭い」ですね(笑)
    今の時期の若いオオルリやコルリが大好きです。
    ムナグロは夏羽と冬羽?それとも幼羽?
    ホウロクなど大型のシギは出合いの機会が少ないです。
    クロツラは当地で越冬ですか?!
    ショウドウツバメは止まっているところ見たことありませ~ん。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2013年9月25日 - 10:20)

      agehamodoki さん、こんにちは♪
      コサメビタキは、比較的広範囲で観察できますね。
      今年はエゾビタキを全く見つけられませんが、
      渡りのコースが少し違うのかも!?
      そろそろノビタキもやってくるでしょうし、
      ムギマキにも期待が膨らみます(^^)
      私はコルリを秋に見たことはないですね。
      以前は春の渡りの時期にあちらこちらで囀りを聞きましたが、
      最近はそれもなく繁殖地でも数が減少しています。
      ムナグロの幼鳥と冬羽の識別は、私はギブアップします(笑)
      ホウロクは4羽に増えていましたよ!
      オオソリとホウロクは比較的観察機会が多いものの、
      オグロとダイシャクは観察機会が少ないです。
      チュウシャクも春だけで秋には見たことないかも?
      ショウドウツバメは朝早めだったのが良かったのでしょう。
      飛んでいたら写真はおろか、識別も困難ですね(^^;

  3. #5 投稿者: ともべい (2013年9月24日 - 21:52)

    渡りの季節、海に山に田んぼに野原に、行きたいところ多々あり、されど体は一つ・・・良い季節ですが、悩ましい時期でもあります。
    アカショウビンさんは、うまいこと廻られてますね~
    コオバの幼鳥でしょうか、こちらはオバさんは良く見かけますが、コオバは滅多に寄ってくれませんわ。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2013年9月25日 - 10:29)

      ともべい さん、こんにちは♪
      体がいくつも欲しいと思いますが、その分機材もいくつも必要になって、
      写真整理は地獄かな?(笑)
      私はともべいさんほど遠方まで出かけることはないですし、
      季節ごとに同じ場所にしつこく通うことが多いのですよ。
      シギチはあまり頻繁に出かけられないこともありますが、
      こちらでは、オバさんでさえ観察機会は少ないように思います。
      コオバの識別は確信をもてませんでしたので、
      識別に詳しそうなともべいさんのコメントをお待ちしておりましたが、
      やはりコオバの幼鳥の可能性が高そうですね。
      私にとっては今回が初撮りです(^^)

  4. #7 投稿者: kanaconnie (2013年9月25日 - 00:06)

    鳥にも季節があるんですよねー。
    ド素人の私は季節に変わりなく小鳥を見つけるだけで大喜びですが、「今しか見られない」となれば(羽も変わるでしょうし)ベテラン?の皆さんは一層力が入りますね。
    森の中で小鳥たちを発見する「鳥目」能力も素晴らしいです!!

    • #8 投稿者: アカショウビン (2013年9月25日 - 10:48)

      kanaconnie さん、こんにちは♪
      鳥の体内カレンダーはかなり正確なようで、
      毎年安定して観察できる渡り鳥なら、
      初めて見られる日がずれても、せいぜい10日くらいじゃないでしょうか。
      渡りの時期に一度でも見られればハッピーな鳥もありますし、
      一生で一度でも見られれラッキーといったレベルの鳥も沢山あります。
      この時期、宝くじの当たりを見つけるような感覚で出かけていますよ(^^)

  5. #9 投稿者: abend (2013年9月25日 - 07:26)

    おはようございます。
    オオルリ とても綺麗な色ですね。
    鳥で季節の変化がわかるなんてすごいです^^

    • #10 投稿者: アカショウビン (2013年9月25日 - 10:55)

      abend さん、こんにちは♪
      青い鳥・・一目見ただけで幸せになれますね(^^)
      毎年、同じ時期に同じ場所に出かければ、
      たいてい同じ鳥に逢うとこができるのですよ。
      同じ実が生る木がいくつもあっても、
      毎年のように特定の木にだけ集まってくることも不思議なことです。

  6. #11 投稿者: koyuki (2013年9月25日 - 16:03)

    こちらの夏鳥が渡って行ったようですね^^。
    そろそろノビタ君も行くかもね~
    キビタキの黄色が鮮やかさが目に沁みます。
    また会う日まで~♪を楽しみに過ごします。
    シギチの穴場をお持ちで羨ましいですね。
    コオバさんもいらっしゃるとは@@!奥が深いですね!
    ショウドウツバメの生態の解説、お勉強になりました。
    クロツラヘラシギは羨ましいです。
    私はメジロにあまりご縁がなくて・・・でもこちらでは
    群れで出会う事もあり珍しくはないのですが相性が
    悪いのかもです(+o+)
    シギチ、ガンの季節が来ました。
    ツグミ、カシラダカも北の地方では見られるとか、鳥さん達も
    衣替えのシーズンですね。

    • #12 投稿者: アカショウビン (2013年9月26日 - 13:06)

      koyuki さん、こんにちは♪
      今観察できる鳥さんは、koyuki さんのところの子かもですね(^^)
      ノビタ君がいつ来るかと思って首を長くしていますが、
      今のところまだみたいです。
      これから一週間以内には見られそうな気がします。
      今年は、この時期多いはずのタシギなどの姿が見つけられません。
      豪雨の後は、好天続きで乾燥気味だからでしょうか?
      ショウドウツバメの生態は図鑑などの受け売りですが、
      日本では土壁を利用する鳥自体少数派ですよね。
      メジロは撮影の難易度はかなり高い鳥だと感じます。
      比較的写真を撮らせてくれるのは、梅や桜が咲く時期でしょうか?
      そちらでは、もう冬の鳥が続々渡ってきているのですね~
      こちらより一ヶ月くらい季節の進み方が早そうな感じです。
      例年通りなら、アトリ、マヒワあたりが、
      冬の小鳥の第一陣として10月初め頃に渡ってくると思います。
      日々鳥が入れ替わっていくので、これから目が離せませんね(^^)

  7. #13 投稿者: ❤ちえたん (2013年9月26日 - 22:35)

    アカショウビンさん♪ こんばんわぁ^^

    おっ!私の盗み撮り!いつ?どこでされたんかなーー!?
    しかもw白いアイシャドーもバッチリな写真で
    少々照れてしまいます!(笑)
    コサメちゃん、何度見てもあの大きな瞳に癒されますね^^
    私も先日、いつものモリバヤシの私だけの秘密の場所にて
    数羽のコサメちゃんに逢えましたん~^^v
    一緒にエゾビタキは見ましたが
    サメビタキに出逢えた事は無いんですよね・・・><
    個体数も少ないらしく、チャンスは少なそうですね!^^;
    シギチ・・・中々逢えないですねぇ!><
    八〇川では、珍しい品種は期待できそうもないので
    近隣県の干潟を探した方が良さそうですね。。。
    ショウドウツバメ??名前も姿も初めて知りました!(@@)
    ツバメらしからぬ、淡い色合いで可愛い鳥さんですね^^
    渡りの時期には各地で観測可能なんですね?( ..)φメモメモ
    渡りが本格化していますので、、冬鳥もボチボチ観測できそうですね^^
    季節の移ろいが、今や!鳥の移いで感じる様になってしまいました(笑)

    • #14 投稿者: アカショウビン (2013年9月27日 - 11:04)

      ❤ちえたんさん、こんにちは♪
      はい!ちえたんさんが、鳥見に夢中になっているときに、
      コッソリ盗撮しました(笑)
      ごく稀に、親戚のチョウセンメジロが観察されることもあるらしいので、
      ちえたんさんを観察するときも真剣ですよ(^^)v
      コサメはホント可愛いですよね!
      ホバリングの瞬間を撮影したいけれど、難易度は高いですよね(>_<)
      相変わらずエゾビには逢えません(T_T)
      あと1~2週間は可能性はあるけれど、望みは薄いかも・・・
      サメビタキは10月の前半頃が一番観察の可能性が高いと思います。
      まだまだこれからですね。
      確かに数は多くないけれど、コサメやエゾが観察できた場所なら、
      可能性は高いと思いますよ(^^)b
      海辺のシギチは、日によって当たり外れが大きいかもしれませんね。
      秋に水を張った田んぼなどがあれば、沢山のシギチが集まることもあります。
      〇島では海岸に近い地域に田んぼが少ないと思うので、
      条件的には厳しそうですが・・・
      ショウドウツバメは、内陸よりは沿岸部の方が観察機会は多そうです。
      隣県なら確か万単位で集まるような場所もあると思いますけどね。
      昨年は9月の終わりにマヒワが見られたし、
      何年か前には9月上旬頃にシメを観察したこともあります。
      また一段と空気が入れ替わった気がするので、
      冬鳥も、もうそろそろでしょうね(^^)
      鳥で季節を感じられるようになったちえたんさん、
      病状の悪化が止まりませんね(笑)

  8. #15 投稿者: ポン太倶楽部 (2013年9月30日 - 22:37)

    こんばんわ
    もう夏と冬の鳥達の入れ替え時期になっているんですね
    小洞燕のように変った変った生活環境をもつ鳥達がいるんですね。
    たとえ遭遇してもこれは小洞燕だと認識するのは素人には難しいような
    気がします(笑)

    • #16 投稿者: アカショウビン (2013年10月1日 - 18:31)

      ポン太倶楽部 さん、こんばんは♪
      10月半ばくらいになると、夏鳥を見つけることは難しくなりますね。
      そのかわり、冬場は鳥の種類も数も多くて楽しみな季節です(^^)
      ショウドウツバメは電線に止まっていても、
      肉眼ではなかなか見分けにくいです。
      何となく色が薄いような気がしたので、
      双眼鏡を覗いてようやく確認できましたよ(^^ゞ

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。