不鳥?

ここ最近は近場の鳥見だけなので、変わり映えしない日々です。

オオルリは次の宿場へ向けて旅立ったようで、全く見かけなくなりましたし、

キビタキもほとんど見かけなくなりました。

渡りの中休みといった感じで、不鳥(調)が続いています。

 

コサメビタキ

image9273

image9274

image9276

image9277

image9278

キビタキ

image9275

コゲラ

image9279

image9280

アオゲラ

image9281

image9282

コシアカツバメ

ツバメ類では一番遅くまで観察できますが、ボチボチお別れが近いでしょう。

image9272

鳥が少ないので、普段使用しないレンズの虫干しを兼ねて、お庭の花や昆虫を撮影してみました。

今の時期良い香りが漂ってくるキンモクセイです。

2400

シロバナのホトトギス

2399

コルチカム

2398

今年我が家に初登場した、シロバナのヒガンバナ。

2397

昆虫撮影には、この春に買って以来まだほとんど使用していなかった

「TAMRON AF70-300mm F4-5.6 Di LD MACRO 1:2」

というレンズを持ち出しました。

ズームの一眼レフ用レンズとしては、現在最も安価で購入できるレンズだと思いますが、

焦点距離の長さと最短撮影距離の短さが、昆虫撮影には比較的向いていると思っての導入です。

覚悟はしていたものの、AF速度が激遅なので、シャッターチャンスを逃すことはしばしばでした(笑)

2410

2401

2403

2404

2405

2402

2407

2406

2408

2409

タムロンらしい甘めで柔らかい描写ですが、花や昆虫を撮影するだけなら悪くないですね。

私の撮影目的には、値段の割に充分納得のできるレンズでした。

広告
  1. #1 投稿者: superkamui (2013年10月1日 - 20:02)

    こんにちは(^^)
    コルチカムは秋のクロッカスといわれていますよね。春のクロッカスより優しく落ち着いた色で、秋らしいですね。キンモクセイ、はじめて見ました。北海道ではライラックという花があるのですが、そっくりです。ライラックも同じモクセイ科で、良い香りがします。ライラックの花期は5月ですから、花期はだいぶ違っていますね。

    コサメビタキはagehamodokiさんのブログやアカショウビンさんのブログでよく見させてもらっていますが、何度見ても本当にかわいいですね(・▽・)ぜひ実際に見てみたいです(^^)

    • #2 投稿者: アカショウビン (2013年10月2日 - 15:22)

      superkamui さん、こんにちは♪
      コルチカムは花弁が薄いので、光に透けた感じがとても気に入っています(^^)
      ライラックという名前は聞いたことがありますが、
      見たことはないですね。
      ギンモクセイという白い花を咲かせる植物もありますが、
      こちらはあまり香りは強くありません。

      コサメビタキは今年はもう無理かもしれませんが、
      北海道でも繁殖していると思うので、探してみてください。
      こちらでは夏でも時々観察できますが、
      渡りの時期の春と秋が圧倒的に数が多いです。
      高い場所にとまることの多い鳥ですが、
      秋は木の実を食べるために、低い場所に降りてくることがあるので、
      間近で見られるチャンスが多いです(^^)

  2. #3 投稿者: ともべい (2013年10月1日 - 21:25)

    タムロンはSP90mmだけ持ってますが、開放は柔らかい描写になりますね。
    花がらみには最高かもしれませんね。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2013年10月2日 - 15:31)

      ともべい さん、こんにちは♪
      タムロンの90mmはマクロ撮影の定番レンズですね。
      私もいずれ欲しいと思っています(^^)
      このレンズは、普通の望遠レンズとして買ったら後悔しそうな気がしますが、
      花や昆虫には使える!って思いました。

  3. #5 投稿者: koyuki (2013年10月1日 - 21:44)

    シロバナノヒガンバナ、ホトトギス、ステキですね!
    アカショウビンさんちのお花畑はお洒落ですね。
    まだまだ花鳥風月?が楽しめそうで羨ましいです。
    蕎麦の花は蝶のレストラン、こちらはモンキチョウくらいしか
    見られなくなりました。
    昆虫の中ではトンボの写真が一番好きです^^。
    不鳥といえども可愛い系が良いですね(^○^)

    • #6 投稿者: アカショウビン (2013年10月2日 - 15:46)

      koyuki さん、こんにちは♪
      同じ花でも、色が違うだけでずいぶんと印象が違いますよね。
      何を勘違いしたか、この時期に白いツツジも咲いていますよ(笑)
      今年の夏は暑かったこともあって、
      昆虫は全くといっていいほど撮影していませんでしたが、
      このところ暑さも和らいで、ようやく撮影する気になりました(^^ゞ
      今月いっぱいくらいは、色々な蝶やトンボの撮影ができると思います。
      でもやっぱり撮りたいのは蝶より鳥ですから、
      早く好鳥になることを期待しています(^^)b

  4. #7 投稿者: agehamodoki (2013年10月1日 - 21:54)

    キンオクセイの甘い香りがすると秋を感じます。
    渡りの鳥は小休止状態ですか?
    こちらでも色々出ていますが、数は少なそうです。
    ラインナップではさりげなくアオゲラが羨ましいかな。
    タカ渡り観察地点でいつも声だけ聞いています。
    花彼岸花はあの毒毒しい赤が好きになれませんが、
    白いとまた彼岸花らしくなかったりして(笑)
    花と蝶。そんな秋の一日があってよいと思います。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2013年10月2日 - 15:59)

      agehamodoki さん、こんにちは♪
      キンモクセイが咲く時期は、ヒタキ類が渡るころなので、
      鳥でも香りでも秋を感じますね(^^)
      今年はエゾビタキが立ち寄ってくれないし、
      ノビタキもまだなので一時的に寂しくなっていますが、
      こういった年の方が多いような気がします。
      アオゲラは鳴き声は聞こえても、
      なかなか撮影のチャンスは少ないですね。
      目の前の込み入ったところへ飛び込んだので、
      暫く待っていたら、良いところに登ってくれました(^^)b
      同じ彼岸花でも白いと、らしくありませんよね~
      私は彼岸花よりもう少し早い時期に咲く、キツネノカミソリが好みです。

  5. #9 投稿者: kanaconnie (2013年10月1日 - 23:40)

    小さな花がとても可憐できれいです。
    蝶々が蜜を飲む音が聞こえてきそうです。虫の目に近づいたような気がする。
    お庭でこんなにたくさんお蝶や花に会えるのですね・・・羨ましい限りです。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2013年10月2日 - 16:21)

      kanaconnie さん、こんにちは♪
      普段は見過ごしてしまいそうな小さな花でも、
      注意深く観察するといろいろと発見があります。
      蕎麦の花を近くで見たのは初めてですが、雌蕊がピンクでした(^^)
      動く昆虫を細かいところまで観察するのは難しいですが、
      カメラがあるからこそですね。
      文明の力に感謝です!

  6. #11 投稿者: ❤ちえたん (2013年10月1日 - 23:57)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^

    コサメちゃんとサメビタキの違いが
    イマイチよーー解らん私です(汗)
    胸の濁り加減とか、目の先の白いとことかで見分けると言っても
    個体によっては、かなり違いますもんね><
    いつものモリバヤシでは、諸先輩様方に
    サメはちょっと遅い渡りじゃけぇ、これからよ!と教えて頂きました。
    今年は逢えるかなぁ・・・逢いたいなっ☆
    オオルリやキビタキの旅の途中の子は、あまり見ないです。
    さっさと行ってしまうのかしらん?
    キンモクセイ、良い香りがしますよね^^
    この辺りでは、庭に必ず植えてあるので
    あちこちから、漂ってきます~♪
    虫とお花、アカショウビンさんの腕だからこそ!のお写真の数々
    バックが柔らかい緑で、どれも優しい写真ですね^^

    • #12 投稿者: アカショウビン (2013年10月2日 - 16:52)

      ❤ちえたん さん、こんにちは♪
      ヒタキ3兄弟は紛らわしい個体があって、識別に悩むことがありますね。
      実は今回サメっぽい個体を撮影していたのですが、
      角度的に確証が得られず掲載を断念しました(^^ゞ
      私の場合は色味よりは、まず横顔の顔つきを重視しますね。
      慣れてくると他のヒタキ類とは、顔つきというか目つきが全く違って見えます。
      もう一つ図鑑には掲載してないと思いますが、
      下尾筒の部分に黒い斑があれば100%サメビタキです。
      ただ見えにくい場所ですし、黒斑がない場合もあるので、
      決定的な識別ポイントとならないのが難点ですね。
      オオルリやキビタキは10月の前半くらいまでなら、
      まだ見られる可能性はあると思いますが、
      年によって立ち寄る場所も違うでしょうし、何ともいえませんね~
      虫とお花の写真は、私の腕ではなくて、
      カメラやレンズを設計した技術者のおかげかな?(笑)

  7. #13 投稿者: ニコラス (2013年10月2日 - 05:34)

    アカトンボの季節なんですね~~

    • #14 投稿者: アカショウビン (2013年10月2日 - 16:54)

      ニコラス さん、こんにちは♪
      アカトンボのピークはもう過ぎた感がありますが、
      11月の初めころまでは観察できると思います。

  8. #15 投稿者: ○○泰男 (2013年10月2日 - 15:13)

    なんかすげええええ、、、♡

    • #16 投稿者: アカショウビン (2013年10月2日 - 16:56)

      ○○泰男さん、こんにちは♪
      げええええ、、、って、
      そこで吐かないでね(笑)

  9. #17 投稿者: 暇人 (2013年10月4日 - 10:30)

    こんにちは
    そちらは、「不鳥」といいながらも 結構 元気な姿が見られているんですね。こちらは「絶 不調」?ですよ。!(^^)! でも、秋風が冷たくなってきましたら、ぼつぼつと 「カラ類」が 姿を見せるようになりましたが、まだ、林の奥ですので、なかなか 撮り切れていませんです。そちらは 蝶も お元気なようですね!(^^)! こちらは モンシロチョウが わずかに 飛んでいるくらいです。!(^^)! 秋の石狩浜へ行ってみましたら 鳥さんは 1羽もいませんでしたよ!(^^)!

    • #18 投稿者: アカショウビン (2013年10月6日 - 17:01)

      暇人 さん、こんにちは♪
      今年はまだ気温も高めで、全般的に鳥も遅れ気味な感じがします。
      カラ類はまだ撮影の難しい時期ですね(>_<)
      鳴き声は聞こえても、葉っぱが邪魔して撮影ができません。
      でも、マガンは例年より早めに到着したようですよ(^^)
      このところなかなか出かける機会がないのですが、
      落ち着いたら、いろいろな場所に出かけたいです。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。