冬鳥がやってきた!!

ようやくご近所にも冬の小鳥がやってきました(^^)

例年より若干遅れ気味ですが、アトリが飛び交うようになると、いよいよ冬鳥シーズンの幕開けという感じがします。

image9305

ノビタキ

image9300

image9301

サメビタキ

image9302

image9303

コサメビタキ

image9304

コヨシキリ

秋の渡りの時期は撮りにくいので苦労させられますが、何とか画像が残せました。

image9315

image9316

今秋はあまりシギチ撮影に出かけられませんでしたが、そろそろ渡りも終盤ですね。

ムナグロ

image9313

コチドリ

image9312

トウネン

image9310

image9311

ハマシギ

image9306

image9307

image9308

image9309

とても遠かったので証拠写真以下ですが、

尾羽が長そうではありませんし、クロハラアジサシかな?って思います。

今年はアジサシ類を全く見ていなかったので、近くで見たかったなぁ~~~

image9314

チョウゲンボウ

image9326

カラスとトビがあまりに騒がしかったので、駆けつけてみると、

オオタカがカモを捕まえていました。

image9317

image9318

image9319

image9320

image9321

image9322

カラスが執拗に攻撃するので、オオタカがカラスにさえぎられた没写真ばかりを量産して、

なかなか大変な撮影となりました(^^;

カラスが凶器のようなものを手にしているような・・・(@@;

image9323

image9324

結局満足な食事はできなかった様子です。

image9325

普段は撮らないトビを写してみましたが、背面は意外と綺麗!?

image9327

最後は、冬の縁起物?ということで、

マガン

image9328

ヒシクイ

image9329

広告
  1. #1 投稿者: kanaconnie (2013年10月13日 - 19:52)

    オオタカが羽でモノ言ってますね。カラスが武器を持ってる!!ほんとうだ~(@_@;)
    ゆっくり食事ができなかったのはちょっと気の毒ですね~。カラスは智恵があるんですね。でもカラスがカモを食べちゃう・・・?いろいろびっくりです。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2013年10月16日 - 18:00)

      kanaconnie さん、こんばんは♪
      日本のタカ類の中では、最も狩りの能力が高いと思われるオオタカですが、
      カラスの集団が相手だと、なかなか太刀打ちできないみたいです。
      車にはねられた動物にカラスが群がっていたりすることも良くありますよ!
      自然界のお掃除屋さんといったところでしょうか?

  2. #3 投稿者: asobo (2013年10月13日 - 21:25)

    シギというと細くて長い脚と思っていたけど
    そうでもないシギもいるんですね。それにしてもカラスってまるでハイエナみたいだなぁ。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2013年10月16日 - 18:06)

      asobo さん、こんばんは♪
      シギの脚の長さはさまざまですね。
      写真のトウネンはスズメほどの大きさなので、
      脚の長さは数センチしかありません。
      確かにカラスはハイエナに近いイメージかもしれません。
      でも、ハイエナは意外と狩りは上手なようで、
      ライオンの方が獲物を横取りすることが多いみたいですね~

  3. #5 投稿者: ともべい (2013年10月13日 - 22:31)

    そちらはドカッと入ってきてますね。オオタカさん羨ましい~
    この冬も出会いを求めて何度か出向きます・・・(*^_^*)

    • #6 投稿者: アカショウビン (2013年10月16日 - 18:09)

      ともべい さん、こんばんは♪
      オオタカの狩り直後を見たのは初めてですが、
      他のタカ類とは比べ物にならないくらいの迫力を感じました。
      新しく道路ができたので、こちらに来られるのが楽になりますね(^^)

  4. #7 投稿者: りばてぃ (2013年10月13日 - 23:59)

    カラスは木の枝を持っているのか?なんともこざかしい!(笑)
    思わずトビさんに肩入れしてしまいますf(^^;

    • #8 投稿者: アカショウビン (2013年10月16日 - 18:14)

      りばてぃ さん、こんばんは♪
      カラスが持っているのは、おそらく稲刈り後の茎の部分じゃないかと思います。
      トビは積極的に狩りをすることは少ない鳥ですね。
      オオタカが食べ終わるのをひたすら待っているという感じでした(^^)

  5. #9 投稿者: KYG (2013年10月14日 - 04:25)

    もう冬なんですね~~

    • #10 投稿者: アカショウビン (2013年10月16日 - 18:20)

      KYGさん、こんばんは♪
      このところ、数の上では冬鳥の方が圧倒的に多くなりました。
      夏鳥もたまに見ますが、もうすぐ姿を消すことでしょう。

  6. #11 投稿者: ○○泰男 (2013年10月14日 - 05:10)

    我が家の周りにも、朝晩鴨の爆撃隊が飛ぶようになりました。
    昨シーズンは散々ウンをかけられたので、今シーズンは用心しなきゃなぁ、、、。

    • #12 投稿者: アカショウビン (2013年10月16日 - 18:22)

      ○○泰男さん、こんばんは♪
      泰男さんの家の周りは、今が一番爆撃機が飛ぶ時期ですかね?
      まちがって、口を開けて空を見ていたら直撃しそうですね(^^;

  7. #13 投稿者: wakasahs15th (2013年10月15日 - 14:28)

    こんにちは(*^_^*)
    どの鳥もふっくらして餌に困っていないような感じです。
    毎年、このようなんですか?

    • #14 投稿者: アカショウビン (2013年10月16日 - 18:26)

      wakasahs15th さん、こんばんは♪
      餌が足りているかどうかは、見た目での判断は難しいかもしれませんが、
      木の実などは充分にあるように思います。
      ただ、昆虫は例年より少ないような気がするので、
      昆虫が主食の鳥は足早に通り過ぎている感じがします。

  8. #15 投稿者: agehamodoki (2013年10月16日 - 10:16)

    台風一過冬鳥もやって来て、いよいよ晩秋モードでしょうか?
    こちらでもアトリがやって来たとのことですが、私はまだ見ていません。
    通過している小鳥はこちらと似たような感じですね。
    ただコヨシキリは目にすることはめったにありません。
    気が付いていないだけかもしれませんが(汗)
    シギチも冬の衣裳に衣替えですね。
    冬の波打ち際のシギチも楽しみです。
    せっかくのオオタカにからむカラス。
    こちらでも同じです。なまじ賢いからタチが悪いです。
    カモもやって来ているようですが・・・
    マガンの飛来はガンカモ類の真打登場ってところでしょうか!?

    • #16 投稿者: アカショウビン (2013年10月16日 - 18:41)

      agehamodokiさん、こんばんは♪
      アトリがようやく見られるようになりましたが、
      まだ数も少なく全般的に鳥の動きが例年とは違う感じがします。
      昨年は9月に観察できたマヒワもまだ確認できません。
      コヨシキリは毎年かなりの数が通過しているように思います。
      日本海側を渡る個体のほうが多いのでしょうかね?
      センニュウなども渡っているようですが、私の眼力では見つけられません(-“”-;)
      ハマシギが観察できるようになると、冬が近づいているのを感じます。
      そのうち大きな群れで飛ぶようになるでしょうね(^^)
      以前ハヤブサが狩りをしたのを見たときは、
      カラスは食べ終わるまで待っていましたが、
      今回はよほど飢えていたのでしょうか?
      もう少しお食事シーンをじっくり観察したかったです。
      マガンはハクチョウ以上になくてはならない存在のような気がします。
      今年も何か交じり物のお土産があることに期待です!

  9. #17 投稿者: koyuki (2013年10月16日 - 16:55)

    雪が降ったkoyuki地方からこんばんは!
    今夜いっぱいは風雨が強まるとの事で安心できませんが・・・
    今年の鳥見はお天気が不安定で悩ましいところですね。
    穏やかな日差しを受けたシギチに癒されますぅ~♪
    オオタカのバトル、koyukiも見ました!
    獲物はカラス。10数頭のカラスの集団がガアガアと声高に
    オオタカを攻めまくって、10分程で敗退、カラスの結束は
    憎らしいほど強いですね。羽の1本の置きみやげもなく・・・o(>_< )o
    動画で撮ると尚迫力があるでしょうね。
    こちらはマガン、オオヒシクイは凄い数、ハクガンは100位になると思いますがなかなか出かけられず悶々、やはり鳥さんを見るのが一番のパワースポットかしらん(笑)

    • #18 投稿者: アカショウビン (2013年10月16日 - 19:04)

      koyuki さん、こんばんは♪
      テレビのニュースで見ましたが、かなり沢山雪が降ったみたいですね~
      こちらも肌寒い一日でした。
      台風からはかなり離れていたのに、結構風が強くてビックリ、
      屋根が飛ばされた家もあったようです。
      でもこれから北風に乗って次の鳥が渡ってくるかもしれませんね。
      自分より大きな獲物を仕留めるオオタカでも、
      カラスの集団暴行?にはなかなか太刀打ちできませんね~
      いつもオオタカの恩恵を受けているはずなので、
      もう少し手加減しても・・・と思ってしまいました。
      マガンの一陣は9月に渡ってきたようで、今年は最も早い記録だとか・・・
      私が見たときの数はまだ2~300といったところでした。
      ハクガンがそんなに(@@;
      年々数が増えていませんか!?
      一羽でもいいのでこちらに送ってください(笑)
      koyuki さんはお山に忙しかったようなので、
      あまり鳥見に出かけられませんでしたかね?
      これからオジロやオオワシの写真を撮って、私を悔しがらせてください!

  10. #19 投稿者: ❤ちえたん (2013年10月16日 - 18:36)

    アカショウビンさん♪ こんばんはーー^^

    アトリ!既に渡ってきたんですか?!
    早いですね~^^
    早い私のモリバヤシで出逢えるのは、
    冬の寒い時期に入ってからのような気がします・・・。
    コサメちゃんもエゾちゃん、サメビタキたちは
    既に姿を見れなくなりました><
    カワハラののび太くん、数は相変わらず増えてる様子はないですが
    あの場所に未だ居てくれるかなぁ・・・・・・(-。-) ボソッ
    この秋には、シギチに全く逢えてません!><
    コチドリ、相変わらずコロコロしててお目目パッチリ~♪
    可愛らしいですね^^
    チョコマカ動き回るのに・・・
    こんなに大きくくっきりと撮れるなんんって!!(@@)
    流石、御師匠様・様ですぅ~(●^o^●)
    獲物を捕まえたオオタカ、カッコイイですが
    真正面からのお顔は、どことなしかマヌケっぽく見えますね(笑)
    マガンにヒシクイ、是非この冬にも逢いに行きたいですね^^
    数羽の群れが戦隊を組んで飛ぶ様は感動します^^

    • #20 投稿者: アカショウビン (2013年10月16日 - 19:22)

      ❤ちえたん さん、こんばんは♪
      アトリは例年だと数えきれないくらいに飛んでいる頃なのですが、
      今年はまだまだといった感じで、
      最初に見つけた群れもどこかへ移動したかもです。
      どうもこの秋は鳥の滞在期間が短いのか、
      安定して鳥が見られず、日によって当たり外れが大きいです(-“”-;)
      ノビタキの数が多かったのも数日でした。
      ヒタキ類はまだいろいろ観察できても良い時期ですが、こちらもサッパリです。
      月末頃にでもムギマキが観察できることを秘かに期待しています。
      コチドリはちょっと近すぎましたね(^^;
      遠いよりはましですが、お化けみたいに大きくてバランスが悪いです(笑)
      シギチはまだ薄暗い時間に撮影したので、ブレとの戦いでしたね(^^;
      珍しい種類が居たら粘るところでしたが、
      他の鳥が気になってすぐに切り上げました。
      オオタカ正面顔・・・
      横顔はイケメンだと思ったけど、正面から見るとアレッていう感じかな?
      それとも、後ろ姿は髪が綺麗で若いかと思ったら・・・
      振り返ってズッコケるパターンもありますね(笑)
      冬になったら、あの新しい道を使って遊びに来てくださいね(^▽^)/

  11. #21 投稿者: superkamui (2013年10月18日 - 12:17)

    こんにちは!写真のノビタキは幼鳥ですか?成鳥は顔が真っ黒だったような(^^)初夏、北海道で見た野鳥が続々と渡っているんですね。感慨深いものがあります。

    コヨシキリは渡りの時期はやぶに隠れがちなんですね。私は今年7月に北海道東部のサロマ湖で見たのですが、その時期はセリ科の花の上に乗っていることが多く観察しやすかったですよ(^o^)

    カラスのずる賢さには驚かされますね。知能がイルカの次に高いという説もあるとか…。恐るべし!ですね。

    • #22 投稿者: アカショウビン (2013年10月18日 - 16:55)

      superkamui さん、こんにちは♪
      私はノビタキは成鳥のメスかなと思ったのですが、
      正直この時期のノビタキは個体差が大きくて、
      幼鳥と成鳥メスの識別は自信がありません(^^ゞ
      顔が黒いのは成鳥のオスですね。
      秋の渡りの時期にはメスに近い色になりますが、
      目の付近は明らかに黒っぽくて、簡単に識別できます。

      コヨシキリは秋の渡りの時期は藪からなかなか出てきてくれずに、
      とても撮影が難しいです。
      今回の写真を撮るのに2時間粘りました(^^;
      北海道で撮影された写真は、コヨシキリやその他の鳥が、
      お花の上で囀っている写真を良く見ますね。
      こちらでは絶対に撮ることのできない、とても羨ましい光景です(^^)

      もう少ししたら、北海道では夏鳥のアオジやベニマシコなどが
      渡ってくると思います。
      こちらでは冬鳥なのですよ!

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。