三段オチ

タヒバリ

小鳥の飛び物撮影は、ファインダーで捉えることが難しく、

さらにピントがなかなか合わないので、打率がものすごく低いですが、

それだけに飛んでいる姿を写真で見る機会が少ないので、

暇な時にはまた挑戦してみようと思います(^^)b

image9677

ハヤブサ

image9636

image9635

チュウヒ

image9637

image9638

image9639

ダイゼン

image9671

image9672

ハマシギ

今シーズンはあまり大群を見ませんね~

まだこれから渡ってくる可能性もあるでしょうが・・・

image9674

カンムリカイツブリ

image9675

ハジロカイツブリ

image9676

カワアイサ

image9634

スズガモ

image9663

ヒドリガモ

image9664

マガモ

image9673

ホオジロガモ

image9662

image9661

image9659

image9660

セグロカモメ

image9658

カモメ

image9665

ズグロカモメ

image9667

image9668

image9666

image9669

image9670

マガン

image9678

マナヅル

2羽になりました。

別種が飛来するともっと嬉しいのですが、贅沢な悩みですね(^^ゞ

おそらく飛来時期が違うはずなので、番ではないと思うのですが、

仲も良さそうで、もし性別が違うとしたらこれから番になるのかな?

ツルは相手が死なない限りベアを解消することはないらしいです。

ライバル不在のままに、愛を育んでいくのでしょうか❤

奥側の目の周りの赤い部分が狭いほうが、先に飛来していた私がやや若いのではないかと思っていた個体ですね。

image9640

image9641

image9642

image9643

撮影中は胸の色の濃さもかなり違うように見えたのですが、写真だと違いが微妙かな?

左のやや濃く見えるほうが若いと思っている個体ですが、

年齢による差か、性別による差か、それとも単なる個体差なのか私にはサッパリわかりません(^^ゞ

image9644

image9645

【落雁】

この時期、日没前になると一気に暗くなりシャッタースピードが稼げなくなりますが、

初めての試みで、逆光でもあえて露出補正をせず、

夕焼けバックのシルエット撮影に挑戦してみました(^▽^)/

低い高度に雲が出たことが、光を分散してくれてよいグラデーションになってくれました(^^)v

image9679

ホワイトバランスはオートのままですが、ファインダーを覗いた時の色味とあまり変わらない感じです。

夕焼けを撮影する場合は、赤色を表現するためにホワイトバランスを曇りなどに変えるのがセオリーですが、

キヤノンのオートホワイトバランスは定評があるだけに、常にオートのままでも失敗写真になることはほとんどないですね。

芸術的な写真を目指すなら、色温度などで追い込むのでしょうが、

キヤノン機の場合は、これまでの経験だと、夕景だからホワイトバランスを曇りに・・・

などと単純に変更すると、かえって不自然な色彩になるような気がします。

image9680

色々な課題もありますが、とりあえず撮影してみて良かったです(^^)

image9681

ちなみに、和菓子の「らくがん」も同じ漢字ですが、どういった関連性があるのかなぁ(?_?)

image9682

image9683

【落白鳥?】(-“”-;)

image9684

【落鶴!】(ーー#

感度を上げるにつれノイジーになりますが、

ざらつき感があった方が、かえって夕暮れの雰囲気が出るような気もします。

また同じような条件に巡り合ったときには、あれこれ挑戦してみたいと思います。

image9646

image9647

image9648

image9649

image9650

image9651

image9652

image9653

image9654

image9655

日没を過ぎる頃には、辺りは一段と暗くなりさらに色彩が変化します。

背後の木にはオオタカの姿もありましたが、

この時間になると、もう襲われる心配もないでしょうから、明朝までしばしの休息タイムです( u _ u )

image9656

image9657

広告
  1. #1 投稿者: asobo (2013年11月27日 - 22:15)

    凄いなぁって思うカットがいっぱい。
    嫌いなカモメも格好いいって思った。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2013年11月28日 - 18:37)

      asoboさん、こんばんは♪
      ありがとうございます(^^)
      私の写真は、図鑑のような写真が多くなりがちなので、
      風景写真っぽい雰囲気のものも挑戦していきたいと思います。
      なかなかセンスほうが伴いませんが(^^ゞ
      鳥好きの人でも、カモメが好きというのはあまり聞いたことがないですね。
      ズグロカモメは一般的なカモメと違って、軽やかでスマートな感じがします。

  2. #3 投稿者: ❤ちえたん (2013年11月28日 - 07:22)

    アカショウビンさん♪ おはようございます^^

    三段オチ!どのお写真も凄いですね~♪
    茜色をバックに飛ぶ鳥たち^^
    本当に綺麗で、年賀状に使いたい位です!^^
    ツルは、一生同じ相手と添い遂げるんですね^^
    ここの2羽、仲が良さそうなので、きっと番ですね!^^
    そう思いながら見ると、微笑ましく感じます^^
    最後の2枚の日没後の色合いも好きです^^
    まったり~とマガン?やツルが佇んでいて
    何だかホッとしますね^^
    ハヤブサ「何見てんのよ~~!」って言ってるみたいです^^
    カワアイサやカンムリカイツブリもそろそろ見れるかなぁ・・・。
    モリバヤシが不調なので、次回はカワハラ散策してみます!

    • #4 投稿者: アカショウビン (2013年11月28日 - 19:00)

      ❤ちえたん さん、こんばんは♪
      年賀状に使いたいなんて、恐れ多いなぁ・・・・
      もう少し引き絵の方が良いのかな?なども考えたりしますが、
      夕暮れの時間帯は、色々な鳥が飛ぶ可能性があるので、
      目的を絞り切れていませんでした。
      太陽付近しか染まらなかったので、バリエーションがありませんでしたが、
      広い範囲が染まったら、また違った写真が撮れるかもしれませんね(^^)
      どうやらツルは不倫とは無縁のようですね~(笑)
      マナヅルの飛来は5年ぶりですし、
      今回2羽観察できているということは、
      前回撮影した時にたまたま離れていただけで、
      番で渡ってきていた可能性の方が高いかもしれませんね。
      マガンやツルたちは水を飲んだり羽づくろいなどをしてリラックスモードでした。
      昼間は水辺に戻らないことが多いので、喉も乾くのでしょう。
      今年は小鳥は少なめですが、水鳥に関しては順調な感じがしますね。
      私はまだ見つけていませんが、今年はトモエガモが多いようですよ!
      淡水域を好むカモなので、
      ちえたんさんの家の周辺にも現れるかもしれませんね(^▽^)/

  3. #5 投稿者: wakasahs15th (2013年11月28日 - 17:58)

    こんにちは(*^_^*)
    ツルの愛の仕草に胸キュンです。
    鳥達の愛も素敵です。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2013年11月28日 - 19:04)

      wakasahs15thさん、こんばんは♪
      2羽のツルさん、かなり仲がよさそうでしたよ(^^)
      まだ求愛行動のようなものは見られませんでしたが、
      このままずっと越冬してくれたら、
      春先には行動が変わってくるかもしれませんね。
      愛の行方に期待しながら待ちたいと思います(^▽^)/

  4. #7 投稿者: kanaconnie (2013年11月29日 - 00:37)

    ツルさんはまだ「ダンスはうまく踊れない~♪」状態なんでしょうか。
    うまくいくといいですね❤
    夕焼けのシルエットの写真どれも素敵です。
    映画の1シーンの様。何か物語が始まりそうです。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2013年11月29日 - 13:19)

      kanaconnie さん、こんにちは♪
      ツルさんは、まだ食欲の秋だけを楽しんでいる様子ですね~
      私がこの地に出向くようになってから、
      複数のツルが越冬する可能性が出てきたのは初めてのケースです。
      4年前に少し離れた場所でタンチョウのペアが越冬したことはありますが、
      その時は騒ぎでいろいろ問題が起きたので、
      飛来当初にしか観察に行かなかったこともあり、
      ツルのダンスは未だに見たことがありません(>_<)
      春先になったらもしかしたら愛のダンスが見られるのでは?
      と、期待しています(^^)

  5. #9 投稿者: agehamodoki (2013年11月29日 - 20:31)

    ハヤブサとチュウヒが珍しく地べたものだと思ったら駐機中だったのですね。
    つづく、つづく飛びもののオンパレードに感動します。
    1羽1羽の単発から数羽も美しいけど、今回は昼の部のマガンの群飛。
    そして落雁。現代日本画を見るようです。
    形容する適当な言葉が見つかりません。
    とにかく美し過ぎますヨ!
    最後の2枚は寒そうです!
    風邪など召されませんように。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2013年11月30日 - 21:00)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      今年は駐機中のチュウヒをよく見かけますよ。
      田んぼの畔で見ることは少なくないですが、
      これだけ目立つ場所で、
      一日何度も見かけるのは珍しいのではないかと思います。
      マガンの群れは、昼っぽい感じですが、
      実はこれも落雁の時なのですよ(^▽^)/
      朝夕は、空を見る方向によって、色合いがまるで違うのが面白いところかな?
      色々な方向を撮ろうと思うと、露出補正が間に合わず、
      没写真を量産することにもつながりますが
      1~2時間ほど気を抜く暇もないのは嬉しい悲鳴です(*^-^)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。