イスカツリーの後は・・・

霧で霞んだ画像が多いですが、このところ悪天候の日が多かったのでご容赦をm(_ _;)m

 

ミヤマホオジロ

image9811

image9828

ミヤマホオジロは柿を餌にしないので、少し面白い写真ではあるのですが、位置と向きがいまひとつですね。

image9829

ジョウビタキ

image9819

ルリビタキ

image9813

image9812

image9830

ツグミ

image9831

シロハラ

image9815

マミチャジナイ

冬鳥とはいえ12月頃に観察できる機会はあまり多くありません。

年によって沢山見られたり、全く見られないこともありますが、

比較的暖地で越冬する鳥のようで、秋に観察できても、その後はいったん観察できなくなり、

早ければ年明けごろから再び観察できて、春の渡りの頃に群が見られるといったパターンが多いです。

おそらく現在は一羽だけだと思いますが、シロハラに交ってたまに姿を見せてくれています(^^)

image9838

image9839

コゲラ

image9810

image9871

珍しく赤パッチがハッキリ写りました。

image9869

アオゲラ

image9832

image9833

image9834

image9835

image9836

アカゲラ

カラスザンショウにアカゲラが来たのは初めて見ました。

コゲラやアオゲラは冬季に木の実を食べることが多いですが、

アカゲラも木の実を食べることがあるのですね~

image9837

マヒワ

image9826

image9827

オオカワラヒワ

日本で繁殖するカワラヒワと、冬鳥として大陸から飛来するオオカワラヒワ、

頭部の灰色味が強く、三列風切りの白斑が太いものがオオカワラヒワとされていますが、

色々なサイトを見たりすると、改めて識別は難しいものだなと思います。

所詮亜種レベルの違いなので、フィールドでの識別で100%の精度にはならないのかもしれませんが、

図鑑などを参考にした限りでは、今回撮影した個体であればオオカワラヒワと判断しても良さそうに思いました。

image9823

image9824

image9825

アトリ

image9818

image9882

image9822

image9883

モズ

image9840

image9872

イスカ

サービスは悪くないのですが、天候が悪く写真が撮れないことが多いですね。

いつも高い場所で、しかも距離があるので、青空バックで空気が乾燥していなければ証拠写真にもなりにくいです。

青空が広がって、しかも霧がほとんど出なかったのは、イスカ到着後25日目の奇跡です。

image9868

image9867

イスカといえば針葉樹のイメージですが、時々広葉樹にもきてくれます。

image9842

image9843

image9844

image9845

よくよく観察すると、木の皮をかじっているようです。

お口直しといったところでしょうか?

image9846

image9847

image9848

image9849

image9850

image9851

image9852

image9853

image9854

image9855

イスカツリーというよりは、もはや花火状態ですね。

image9856

image9857

image9859

image9860

image9861

image9862

image9863

image9864

image9865

image9866

イスカツリーも綺麗ですが、今度はレンジャクツリーです(^▽^)/

キレンジャクの群れの中にヒレンジャクが3羽ほど交っていました

(この写真の中では、中段の左右の端の2羽がヒレンジャクです、腹に黄色味を帯びた部分があり尾羽の先端が赤)

image9876

ピントが中途半端ですが・・・(^^;

image9877

image9878

image9880

image9881

image9879

image9884

ベニマシコ

この時期の色は赤味が弱くてイマイチですが、それでも赤い鳥の写真を撮るのは嬉しいです(^^)

image9820

image9821

image9873

いつもはシャイな子ですが、ミヤマホオジロに追われて、私の目の前へ・・・・

完全に私と目があったようで、両者緊張です(;´▽`A“

image9874

温かそうな、ももひきを見せてくれました。

image9875

イスカの撮影中に、突然目の前て口笛が鳴りました(@@;

枝かぶりですが、あまりに近すぎて動くこともできず・・・(;´▽`A“

昨年は数の多かったアカウソですが、それでも撮影のチャンスはあまりありませんでした。

イスカのようにとは言いませんが、もう少しサービスしてほしいものです。

image9841

広告
  1. #1 投稿者: asobo (2013年12月8日 - 13:05)

    イスカという鳥の名は初めて聞きました。
    ツリーからの急降下、実際にみてみたいです。
    レンジャクの編隊も心地いい。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2013年12月9日 - 11:18)

      asoboさん、こんにちは♪
      イスカは主に北日本へ飛来する鳥で、
      それ以外の地域では観察機会が少ないですね。
      今年は数多く飛来しているようで、
      このようなことは10年か15年に一度くらいかもしれません(^^)
      雄雌の色が全く違って、腹の部分まで色がついている鳥は、
      他にはほあまりないですから、何度見ても飽きません(*゜▽゜)ノ

  2. #3 投稿者: ポン太倶楽部 (2013年12月8日 - 22:22)

    こんばんわ
    だんだんと寒くなってきましたね。
    群れになっている鳥達は迫力ありますね。
    ターゲットになった木などはあっという間に丸裸に
    食べ尽くされてしまいそうですね。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2013年12月9日 - 11:28)

      ポン太倶楽部 さん、こんにちは♪
      今週後半は雪予報になっています(>_<)
      大好きな鳥見ですが、家を出るまでは勇気が要りますね(笑)
      多くの鳥たちは、転々と場所を移動しながらお食事をするので、
      意外と春先まで木の実は残っているのですよ(^^)
      ただレンジャクは大食漢で、ある程度まとまった群れで行動するので、
      辺りの木の実を食べつくしては別の場所に移動しますね。
      一度群れを見つけても、同じ場所に長居をしてくれません。

  3. #5 投稿者: kanaconnie (2013年12月8日 - 23:36)

    イスカ花火、はじけてますね~。
    木の皮を食べるのは胃薬みたいなものかしら?きっとなにか訳があるんでしょうねぇ。。。
    飛んでいる写真を見ていると飛び方を教えられてるようです。特にレンジャクの翼を体にぴたっとくっつけているようなポーズ・・・、体を伸ばす力みたいなのを感じます。広げてからピーンと伸びる・・・飛ぶのも大変だろうな…と実感できます(笑・飛び方の理解は間違ってるかもしれないけど)

    • #6 投稿者: アカショウビン (2013年12月9日 - 11:41)

      kanaconnie さん、こんにちは♪
      木の皮はそれほど栄養豊富とは思えませんから、
      松の実が沢山あるのにわざわざ食べるということは、
      何らかの理由があるのでしょうね。
      レンジャクはミサイルが飛んでいるような感じがしませんか?
      小鳥と呼ぶにはやや大きな鳥(20cmほど)ですが、
      春になると飛んでいる昆虫を空中で捕まえたりするのですよ(*゜▽゜)ノ
      このサイズの鳥では珍しい捕食法ですが、
      体の割には羽が小さめですし、
      それだけに体力の消耗は激しいかもしれませんね。

  4. #7 投稿者: kakasi24 (2013年12月9日 - 00:37)

    おはよう御座います。イスカに連雀にウソと、貴重な鳥さん撮り放題の様で羨ましい限りです・・・こちらのホームでは、今年は不作で終わりそうな感じが強まって来てます。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2013年12月9日 - 11:47)

      kakasi24さん、こんにちは♪
      レンジャクだけは、チョッピリお出かけして撮影しましたが、
      それ以外は全部ご近所です(^^)
      他の場所に出かければ違った鳥が見られるかと思って、
      たまにウロウロしてみるのですが、
      何も撮れずに帰ってくることがほとんどです。
      今シーズンはどこも不作ですね(>_<)

  5. #9 投稿者: ❤ちえたん (2013年12月11日 - 07:34)

    アカショウビンさん♪ おはようございます^^

    イスカツリーにレンジャクツリー
    物凄い大群で、見応えありそうですね!
    どうやら、〇島でも標高の高ーーいお山で見れるとかどうたら・・・。
    仕事休んで行こうか!!とも思ってしまいました(笑)
    その前に!私には目標が・・・・。
    ↑ のベニマシコ~~~♪
    逢いたくて、ずっと探し続けてるんですけどね・・・・><
    どこにでも出没する鳥さんでは無さそうなので
    今季逢えるかどうか・・・・・><。。
    でも、頑張って歩いてみます!
    しかし、ここへ来ると逢いたい小鳥が盛りだくさんで
    随分楽しませてもらえますね~♪
    ミヤホの黄色い冠羽、やっぱり綺麗ですね
    私も次回見回りでは必ず逢ってやるぅ~~(笑)

    • #10 投稿者: アカショウビン (2013年12月11日 - 18:32)

      ❤ちえたん さん、こんばんは♪
      イスカツリーとレンジャクツリーは大群というほどではないですが、
      3~40羽といったところですかね。
      レンジャクは地元ではなくて、ちえたんさんの頭の中にある場所かも!?
      イスカはいくつかポイントがあるようですね~
      とりあえず地元で観察できているので、
      いくら条件が良くても他の場所に出かけようとまでは思いませんけど・・・・
      まあ、いろいろ気になるでしょうが、
      お仕事も頑張って、埋蔵金を増やしてから出かけてくださいな(笑)
      ベニマシコは鳴かないと見つけにくい鳥ではありますね。
      12月以降くらいが観察適期だと思うので、これからが本番です。
      ホオジロ系の群れに交っていることも少なくないですね!
      だいたい広い河川敷などで観察できることが多いですが、
      私の近所では、毎年木が茂っているような場所に出てきます。
      ミヤマホオジロは今年あまり数が多くないですね。
      でも数があまり多いと警戒心が強くて撮りにくくなるので、
      小さな群れのほうが観察するのには向いているかな。
      こちらの小鳥は、最近徐々に減ってきている感じがするので、
      今頃ちえたんさんのところへ向かっている途中かも(^▽^)/

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。