デカい鳥

一年でも一番寒いはずのこの季節・・・

朝晩はかなり冷え込むことがあるものの、

昼間は二桁の気温になるなど季節外れの暖かさが続きました。

暖かさに誘われて、今季は随分と早くからハクチョウの北帰行も始まっているようで、

のんびりしていると、あっという間に冬鳥シーズンが終わってしまいそうです(^^;

 

コハクチョウの中で見つけたオオハクチョウです。

やはり存在感が違いますね(^▽^)/

毎年少数が飛来しますが、越冬中に安定して見られることは少ないです。

その気になって探せば毎年撮影できるとは思いますが、

サボり癖があるので、撮影したのは何と4年ぶりとなります(^^ゞ

見た目にはよく似た同じハクチョウですが、コハクチョウは陸上で餌を食べることが普通なのに対して、

オオハクチョウは水草などを食べることも多くて、一日中水面で過ごすことも珍しくありません。

image10326

西日本では数の少ないオオハクチョウですが、

北日本ではオオハクチョウが圧倒的に多くてコハクチョウのほうが少なくなります。

繁殖はコハクチョウのほうがより北の地域で繁殖するそうで、

小型のコハクチョウは遠距離の渡りをして、大型のオオハクチョウは近距離の渡りをしていることになります。

image10327

image10328

image10329

image10330

こちらは年間を通じて観察できるコブハクチョウがコハクチョウの群れに交っている様子です。

オオハクチョウ以上に水辺から離れることが少ない鳥さんだと思いますが、

私は陸上でコハクチョウの群れに交っているのは今回初めて見ました。

あまりハクチョウの群れを真剣に観察することがないので、

単にこれまで気が付かなかっただけかもしれませんが・・・

image10331

オオハクチョウより大きくて、日本で観察できる鳥の中でも最大級・・・とにかくデカいですね!

image10332

デカいついでで、コブハクチョウと双璧のデカさを誇る鳥といえばナキハクチョウです。

日本への飛来記録は1991年以降の3例ほどだと思いますが、いずれも同一個体ではないかと言われています。

運よく5年前に撮影したものですが、全て同一個体とすれば初飛来後から20年以上経過しているので、

そろそろ生存は微妙な感じもしますね。

世界的にも数が非常に少ない鳥ですし、

北米に生息する鳥であまり長距離の渡りは行わないとされているので、

今後日本で観察される可能性は限りなくゼロに近いことでしょうね。

このシーズンは珍鳥が次々飛来して、鳥だけでなく大勢の人々で賑わったことを懐かしく思い出します。

image26661

今季ようやく飛来してくれたツクシガモ。

色彩が派手なうえに、小型のガンよりも大きな体は遠くからでもとても目立ちます。

先日撮影したコクガンは、このツクシガモよりもやや小さな鳥です。

image10320

image10321

image10322

今シーズンは草地が刈られているので諦めていたのですが、地面をよく見るとホオアカが飛来していました。

まともな写真にはなりませんが、姿が見られただけでも嬉しいです(^^)

image10325

おまけです。

ノスリ

image10334

image10333

カワセミ

image10323

image10324

カワアイサ

image10335

コガモ

image10342

イカル

image10336

image10337

コガラ

image10338

オオアカゲラ

image10340

メジロ

image10341

イスカ

image10343

image10339

広告
  1. #1 投稿者: ○○泰男 (2014年2月3日 - 21:10)

    ウトナイ湖の白鳥は、少し前までヒトにオネダリする不届きものでした。 何も暮れないヒトには羽で小突いたりもしてたんです。 今は餌付けが禁止されたのでそういうフトドキモノは居なくなったのですが、未だにヒトを怖がらずめちゃくちゃソバまでよってきます。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2014年2月3日 - 21:57)

      ○○泰男さん、こんばんは♪
      各地でハクチョウの餌付けが禁止されて、
      飛来数が激減したとかというニュースもありましたね。
      タンチョウは、餌付けで個体数が回復した経緯もあるし、
      餌付けの是非については、なかなか難しい問題だと思います。
      こちらでは餌付けは全くされていませんし、
      ハクチョウやガン、ツルなどは、
      車中から観察するのが暗黙の了解のようになっています(^^)

  2. #3 投稿者: kanaconnie (2014年2月3日 - 21:13)

    頭二つ?おおきいですね。
    お堀のアヒルしか見ていない私が白鳥を観たらおおきさにびっくりするんでしょうね・・・。
    カワセミは姫ですね♪コガラかわいい❤
    ツクシガモは本当に派手ですね。写真では水色っぽく見えますが本当は白・・・?
    こんなに目立つとねらわれやすくないのでしょうか?

    • #4 投稿者: アカショウビン (2014年2月3日 - 22:16)

      kanaconnie さん、こんばんは♪
      コブハクチョウなら、関東でもかなりの個体数が生息していると思いますよ(^^)
      体長は約140cmですから、小柄な女性くらいの感じでしょうか?
      ツクシガモは早朝に逆光で撮影したので、色がイマイチですが、
      白っぽい部分は真っ白な色をしています。
      大型であることと首がそれほど長くないので、
      標的にされる可能性が特別高いということはなさそうな気がします。
      首が細長いサギなどは結構襲われることが多いです(^^;

  3. #5 投稿者: wakasahs15th (2014年2月3日 - 21:46)

    こんばんは(*^_^*)
    オオハクチョウの群れには感動です。
    こんな群れに会いたいです。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2014年2月3日 - 22:40)

      wakasahs15th さん、こんばんは♪
      おそらく琵琶湖の北部では、ハクチョウやガンなどが観察できると思います。
      機会があったら出かけてみてください(^^)

      • #7 投稿者: wakasahs15th (2014年2月3日 - 22:44)

        琵琶湖の北部や東部でコハクチョウには
        会えました。
        オオハクチョウはまだです^^;

        • #8 投稿者: アカショウビン (2014年2月3日 - 22:51)

          こちらのコハクチョウは今年900羽位だそうですが、
          その中でオオハクチョウは3~4羽かな?
          探そうと思うと結構シンドイです(^^;

  4. #9 投稿者: ❤ちえたん (2014年2月4日 - 07:24)

    アカショウビンさん♪ おはようございます^^

    ほんと!ここ数日の暖かい事!!
    2月の上旬だと、例年大雪に見まわてますよね?^^;
    >ハクチョウの北帰行も始まっているようで
    えっ?もう既にですか~~~!?
    それは困ります!><。。。
    私が行くまで、もう少し居座るように伝えといてください!(笑)
    あの「ぶ」無しさん、コハクチョウに混じってても
    私だったら、見つけられそうにありません^^;
    ハクチョウは、いつみても優雅で美しいです~♪
    オオハクチョウやナキハクチョウも見たい!なんて贅沢はいいませんから
    コハクチョウの群れ、やはり見に行かなくっちゃ!!(汗)
    ツクシガモ、綺麗な羽模様ですね~^^
    そして、黒いベレー帽のコガラの可愛いこと^^
    いつか北部まで出かけて、探してみます^^
    最後に、私(メジロ)を綺麗に撮って下さってありがとうございますぅ(笑)

    • #10 投稿者: アカショウビン (2014年2月6日 - 14:34)

      ❤ちえたん さん、こんにちは♪
      暖かい日が続いたかと思えば、また寒い日が戻ってきて、
      近年の天気変化は激しいですね(>_<)
      今年のハクチョウの北帰行は最速記録とか・・・・
      今はとりあえず足止め状態でしょうが、
      2月中にかなりの数が帰ってしまうかもしれませんね(^^;
      大きな群れの中に交っている数少ない鳥さんを探すのは、
      根気やら運やらいろいろ必要ですが、
      ハクチョウの場合は、大きいし警戒心も特別高くないので、
      難易度はそれほどでもないかな?
      マガンの中で、1000羽に一羽くらいほど交っているカリガネを探すのは、
      いつも心が折れてしまいます。
      ツクシガモは数少ないカモですが、
      瀬戸内海でも観察可能なカモさんですよ。
      ここへ行けば見られるという感じの鳥ではないですが、
      1月~2月頃になってから観察できることが多いかな?
      コガラはこの冬姿を見かけなかったのですが、
      ここ最近ようやく観察できるようになりました(^^)
      雪が増えるまでは、どこかへ潜んでいたのかな?
      メジロは綺麗に撮ってあげないと、誰かにしばかれそうです(笑)

  5. #11 投稿者: agehamodoki (2014年2月4日 - 14:12)

    2~3日、冬服で歩くと汗ばむ陽気でした(笑)
    今日はすっかり真冬に戻りました。
    白鳥も今年は見に出かけていません。
    やっぱりひと冬に1度は見ておきたいのですが・・・・
    そう言えばナキハクチョウの年でした、そちらへお邪魔したのは。
    も5年前になりますか・・・・月日が経つのがはやいですねぇ!
    ツクシガモは今年当たり年らしいです。
    と言っても私はまともな画像は残っていませんが。
    寒い寒いと言っている間にみんな北帰してしまいますね。

    • #12 投稿者: アカショウビン (2014年2月6日 - 14:58)

      agehamodoki さん、こんにちは♪
      一時期ゴールデンウィーク間近を思わせるような陽気でした(^^;
      あまりの寒暖差で、体もおかしくなってしまいそうですね!
      ハクチョウやマガンなどは、シーズンに一度見れば充分といった感じですが、
      反対に一度も見ないと寂しい感じになりますね。
      そう、あの年からもう5年も経ちました。
      モドキさんとはすれ違いでしたが、懐かしいですね(^^)
      ツクシガモは当たり年なのですか?
      こちらでは、場所によっては一時14羽とのことでしたが、
      多いときには30羽以上が飛来したことがあった気がするので、
      今のところほぼ平年通りといった感じですかね。
      以前は毎年のように飛来していたアカツクシが、
      今年はゼロなのが寂しいです。

  6. #13 投稿者: koyuki (2014年2月8日 - 00:22)

    デカイシリーズの中ではオオハクチョウはkoyuki地方に
    任せて下さい(笑
    ちっとも珍しくないのですが飛翔はとても美しいです^^。
    羨ましいのはナキハクチョウですね。
    運の良い人は見た事があるそうですが私は未だ見ぬ鳥さん
    です。コハクチョウも稀に見られる鳥さんですよ^^。
    今年はベニヒワが何千単位で見られる場所もあり、ベニヒワの
    なる木もありまして・・・しかし猛禽類が襲って右往左往しております。
    コガラはこちらのハシブトガラと見分けるのが難しいですね。
    ツクシガモ見て見たいですね~

    • #14 投稿者: アカショウビン (2014年2月10日 - 15:50)

      koyuki さん、こんにちは♪
      そちらとは大小の比率が反対っぽいですね~
      他の鳥を撮影していても、ハクチョウが飛ぶと目が向いてしまいます。
      ナキハクチョウは姿こそ他のハクチョウと大きく違うわけではありませんが、
      トランペットのような特徴的な鳴き声が印象に残っています(^^)
      一生に一度見られるかどうかといった鳥さんですが、
      運よく見られたのは良かったと思います。
      ベニヒワが何千にもなるのですか?(@@;
      マヒワでさえそこまでの大群は見たことがありません。
      群れが大きければ、チョットした気配でも飛んでしまうので、
      撮影するのは難しいでしょうね!
      この冬は小鳥にはあまり縁がありませんでしたが、
      そろそろ北上が始まると思うので、南からの鳥さんに期待です(^^)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。