注意不足(^^ゞ

距離がすごく遠かったのですが、トビにしては何となく飛び方が違うような気がしてシャッターを切りました。

シャッターを切ったら安心して、その場では確認しなかったのですが、

家に帰って確認すると何とオジロワシでした(^^;

2年ぶりです。

image10344

image10345

そして次に、

スズガモはあまり写真を撮ったことがないので、

たまには記念写真を撮っておこう!

と思って何気なく写した一枚ですが・・・

image10346

こちらも家に帰って拡大してみると、一番右の個体の様子が変です(?_?)

嘴の黒斑がとても小さいので、コスズガモっぽいですね!

コスズガモとスズガモは非常によく似ていて、

いくつかの微妙な違いがあるようですが、

いろいろ調べてみると、嘴の黒斑と風切羽の色のパターンが特に重要な識別点のようです。

嘴の黒斑は個体差もあるようですが、このサイズと形は図鑑と全く同じに見えるので、

コスズガモと識別して良さそうな気がしますね。

撮影中に気が付いていれば、別の識別点の一つの、

頭の形状が分かる横顔の写真くらいは撮れたのにと後悔しています(T_T;

場所柄、同じ個体をもう一度見つけられる可能性は限りなくゼロに近いような気がしますが、

機会があればまた探してみたいと思います。

関東まで出かけなければ見られない鳥かと思っていましたが、居るものですね~(^^)

 

嘴爪黒色部だけではコスズガモとは識別できないとの貴重なご指摘をいただきましたので、

この個体はスズガモということに訂正しておきたいと思います。

羽がある以上、コスズガモが観察できる可能性はゼロではありませんので、

今後スズガモを観察する機会には、いろいろな角度で写真を撮影したいと思います。

image10347

おまけです。

チュウヒ

image10348

image10349

image10350

image10351

ツクシガモ

image10352

ホオジロガモ

image10353

オオバン

image10354

オオジュリン

image10355

ホシムクドリ

image10356

image10357

image10358

image10359

ビンズイ

image10360

ウミウ

image10364

オオハム

image10361

image10362

image10363

今度は識別することさえ困難なほど汚染された個体を見つけました(>_<)

たぶんウミネコだろうと思いますが・・・

image10365

広告
  1. #1 投稿者: kanaconnie (2014年2月7日 - 23:47)

    なるほど~。アカショウビンさんでも家に帰って「しまった!」と思うことがあるのですね。
    わたしなんか写真でじっくりゆっくり見ても違いがよく分からない・・・。
    オジロワシもすごいですがチュウヒもかっこいいですね~。ゆったりと風に乗る様子が目に浮かびます。
    「右向け右!!」のホシムクドリが面白いですね。風向きとかで同じ向きになるのかな。
    雪、大丈夫でしょうか?お気を付けくださいね。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2014年2月10日 - 15:59)

      kanaconnie さん、こんにちは♪
      コスズガモは、探しても見つかるような鳥だと思っていなかったので、
      盲点でしたね(^^ゞ
      比較のために、スズガモの正面写真を載せようと思って探してみたのですが、
      一枚も見つかりませんでした。
      普通種でもちゃんと写真を撮っておかないといざという時に困りますね。
      この日はかなり風が強かったのですが、
      風の強い日は猛禽が良く飛んでくれます。
      ただ寒いし、三脚から手を離せないし、撮影するのは大変ですけど・・
      ホシムクは群れで飛んできて、そのままとまったので同じ向きですね(^^)
      雪は大丈夫でしたよ!
      25cmほど積もりましたが、この程度なら何の問題もありません(^^)v

  2. #3 投稿者: koyuki (2014年2月8日 - 00:03)

    こんばんは~
    なるほど!何気に写した中に珍鳥が居ると
    ラッキーな気分半分、もっと真剣に撮れば良かったと
    後悔半分でしょうか。
    以前もアカショウビン先生が仰ってたのに私は手抜きスル―してるのですよね(-o-;)
    こちらのスズガモ軍団の中も注意して見なければいけないって事ですね。
    わあ~ホシムクドリの群れ羨ましいです。
    今年はむくどりの群れから探すよう頑張りまっす!
    またまた汚染鳥ですか・・・可愛そう・・・
    今ハチジョウツグミを見せていただこうと訪問しましたら
    こちらに記録がなくて残念でした。
    図鑑を見てもまともな写真が写ってないのは何故でしょう?
    昨日アトリと一緒に居たのがハチジョウツグミらしいのですが
    確認したかったわ~(^_-)-☆

    • #4 投稿者: アカショウビン (2014年2月10日 - 16:17)

      koyuki さん、こんにちは♪
      いえいえ、99%はラッキーな気分でしたよ(^^)
      粘っても横向きの写真が撮れる程度で、
      それほど良い写真にはならなかったと思います。
      たまたま、この日は天候が悪くて10羽くらいのカモしか見えなかったので、
      やけくそで撮影した写真が大当たりでした(笑)
      家に帰るまでは、収穫が何もなかったと思って落ち込んでいたのです。
      koyukiさんは、以前クビワキンクロを撮影されていましたね!
      こちらにはキンクロハジロは万単位で飛来して、
      日本への飛来数の4分の1くらいが集まるらしいですが、
      それだけに、なかなか一羽一羽確認する気にはなりませんね(>_<)
      数が多いだけに交じり物の可能性は充分あるのでしょうが・・・・
      ホシムクは今年も100羽くらいの群れが見られましたよ(^^)v
      反対に普通のムクドリは一羽も見つけられずです(笑)
      ハチジョウツグミはツグミの亜種にすぎないので、
      図鑑には写真が一枚載っていれば良い方かな?
      アカショウビン図鑑では、ツグミの下にありますよ!
      交雑などによって個体差が大きな鳥ですが、
      昨年は比較的綺麗な個体を撮っているので、参考にしてみてください。

      • #5 投稿者: koyuki (2014年2月10日 - 23:24)

        アカショウビンさんありがとうございます!
        は行を探してたので解りませんでした。
        これぞハチジョウツグミって画像ばかりですね。
        こんなに鮮明に写ってると判別も容易に出来るのですが
        私の腕とカメラでは無理です~(>_< )
        多分交雑かもです。
        ご教授ありがとうございました。

        • #6 投稿者: アカショウビン (2014年2月11日 - 17:19)

          koyuki さん、こんにちは♪
          ツグミ類の警戒心はかなり個体差が大きいように思います。
          近づいても全然平気な個体がいるかと思えば、
          遠く離れていても飛んで逃げてしまったり・・・・
          どのような画像が残せるかは、時の運によりますね。
          昨年はハチジョウツグミが同じ場所で長期間観察できましたが、
          このような経験は初めてで、
          それまでは一度見つけてもそれっきりというパターンでした。
          交雑と考えられる個体でさえ、
          観察できる機会はそう多くないと思います。
          今シーズンは普通のツグミでさえ数が少なく感じますが、
          ハチジョウツグミや、こちらでは観察機会が少ないアカハラあたりを
          見つけたいものです。

  3. #7 投稿者: ○○泰男 (2014年2月8日 - 06:58)

    OジローはQ太郎君の弟でしたっけ?
    あ、そっちじゃないよね。
    やっぱり猛禽類は見分けつきにくいですよね。
    ウトナイ湖まわりにもオジロいますが、オオワシと区別つかないときがあります。 わたしの場合、鳥の名をあまり知らないからですかね。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2014年2月10日 - 16:24)

      ○○泰男さん、こんにちは♪
      猛禽には姿の似た種類も少なくないので、
      見分けるのには慣れが必要ですね。
      ベテランの方は遠くを飛んでいてもすぐに判るみたいですが、
      私は写真を撮って拡大しても判別できないこともあります(>_<)
      特に若い鳥は個体差が大きかったりして悩むことが多いですね。
      オジロは、こちらで観察できるのはほとんどが幼鳥で、
      文字通りの尾の白い個体はまだ見たことがありません。

  4. #9 投稿者: agehamodoki (2014年2月8日 - 13:32)

    オジロワシですか?オオワシ同様にここ数年見ていません。
    コスズガモは数年前東京都内の公園で人気でした。
    遠目には識別できません。私も確実に見逃しでしょうね。
    それにしてもホシムクドリの凄いこと。
    普通のムクドリ並に居ますねぇ・・・・!
    オオハムがひょうきんなポーズをとっていますね。
    こんなシーンは見たことありません。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2014年2月10日 - 16:33)

      agehamodoki さん、こんにちは♪
      オジロワシやオオワシは隣県には毎年飛来しますが、
      県内では近年観察記録が無いと思います。
      もう少し近場に飛来してくれればよいのですが、贅沢な悩みですね(^^ゞ
      コスズガモは毎年東京には飛来しているのでしょうね(^^)
      カモの数はとても多い地域ですが、
      それだけに一羽一羽チェックしている人はほとんど居ないと思います。
      目立つ種類ならともかく、コスズガモの情報というのは、
      これまでに一度も聞いたことがありませんでした。
      ホシムクは完全に普通種ですね~
      この場所では普通のムクドリを見つける方が困難です(笑)

  5. #11 投稿者: 暇人 (2014年2月8日 - 17:02)

    こんにちは(‘_’)
    贅沢な ライン・アップですね。こちらのほうは 鳥欠乏症で困っています。(いつものカラ類は 見かけるんですがネ(‘_’))そろそろアオシギが姿を見せそうなので、毎日 覗きに行っているんですが、マガモだけが 元気ですが、お目当ての アオシギ、ミヤマホオジロは サッパリ姿を見せてくれません。(+_+)
    水源池は全面凍結で 水鳥もやってきてくれませんので、ブログの材料がなく 休業したくなっています。(+_+)

    • #12 投稿者: アカショウビン (2014年2月10日 - 16:40)

      暇人さん、こんにちは♪
      今シーズンは全国的に鳥が少ないようですね。
      例年観察できる鳥でも、まだ一度も見ていないものが結構あります。
      アオシギはこちらでは情報を聞いたことがありません。
      あまり南まで渡りをしない鳥さんなのかもしれませんね~
      暦の上ではもう春なので、そろそろ北帰行も本格化する頃ですね(^^)
      新たな鳥さんに期待しながら、観察を続けたいと思います。

  6. #13 投稿者: ともべい (2014年2月8日 - 22:39)

    流石、アカショウビンさんです!
    何気なく撮影しておくという洞察力が良い出会いになってますね~
    スズガモの中でコスズガモを探すだけでも至難の業と思いますわ・・・(^_^;)

    • #14 投稿者: アカショウビン (2014年2月10日 - 16:46)

      ともべいさん、こんにちは♪
      別のカモの観察を目的に立ち寄ったのですが、
      強風のためか、カモの姿がほとんど見られませんでした。
      それでも写真を撮ったことが思わぬ幸運につながりました(^^)
      しかも真正面を向いていたのは一番のラッキーですね。
      コスズガモの情報があっても、なかなか探し出せるものではないでしょうね。

  7. #15 投稿者: ❤ちえたん (2014年2月8日 - 23:48)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^

    雪!凄かったですね^^;
    〇島市内中心部も数センチの積雪だった模様・・・。
    除雪作業に慣れてない山陽道、4時過ぎまで通行止めーー(大汗)
    流石、中国道や浜田・松江道の復旧は流行ったですわ^^;
    オジロワシ?見るのも名前を聞くのも初めてです^^;
    飛び方一つで、怪しい感じる~~!
    鳥の師匠、アカショウビン先生!と呼ばせて下さい!(笑)
    スズガモも未だ見た事がないかな?
    一見、キンクロちゃんに似ていますが
    背中の模様がちょっと違いますね。
    こんなレベルなワタシなので、コスズガモが混じってても
    スルーしてしまうでしょうね(汗)
    ホシムクの団体さん、凄い数ですね!(@@)
    そんなに固まらないで、こっちへも数羽来てくれたらいいのに・・・。
    オオハムの真正面顔、可愛いです!
    油まみれのウミネコさん・・・・大丈夫かな?
    これでは、飛べそうにないんですが・・・・><

    • #16 投稿者: アカショウビン (2014年2月10日 - 17:09)

      ❤ちえたん さん、こんにちは♪
      こちらの雪は、年末に比べると全然少なくて一安心です(^^)
      県境を越えてからの方が雪が多くて、
      かなり南まで積雪が多かったのでビックリしました。
      山陽道はあまり積雪することを想定していないのでしょうね。
      除雪車や人員も限られていることでしょうね~
      オジロワシは北海道以外ではあまり観察できない鳥ですね。
      日本海側を中心に、毎年少数が南下してきますが、
      観察できる地域はかなり限られます。
      オオワシと並んで日本で観察できる猛禽類としては最大級!!
      迫力ありますよ(^^)
      スズガモは比較的数の多いカモですが、
      キンクロハジロやホシハジロが広範囲で観察できるのに比べると、
      ある程度観察できる場所は限られる印象です。
      コスズガモは日本へ飛来するものは極端に少ないですね。
      近くなければ、スズガモと見分けは困難なので、
      見過ごされていることも多いのでしょうが、
      ネットで出てくる写真は、同じ場所で撮影されたものが多い気がします。
      ホシムクはこの冬あちこちで観察されているので、
      かなりの個体数が渡ってきているかもしれませんね。
      ムクドリが観察できるような場所なら可能性あり!
      あとは運次第でしょうか?
      このウミネコ、少し飛ぶのがやっとという感じでした。
      港なので、ある程度の餌は確保できるかもしれませんが、
      生き続けられるかどうか微妙ですね(>_<)

  8. #17 投稿者: Shin's (2014年2月11日 - 12:32)

    以前、私のブログと同一のタイトルバックを使用されていた方のように記憶しています。
    その縁でというのも変ですが、突然コメントさせていただくことにしました。

    西日本在住の方ですよね?コスズガモ、オオホシハジロが西日本で記録されるのは
    恐らくヒメハジロが観察されるに匹敵する稀なことだと感じます。
    この画像の嘴爪黒色部が判断根拠のようにお見受けしましたが、この程度の細い嘴爪
    黒色部をもつスズガモは普通にいます。アメリカヒドリの純粋であるかどうかの判断が
    決して頭部の緑色光沢の多さに因らないのと同じです。叶内図鑑では頭部正面の比較
    画像が掲載されていますが、これは年齢等の付帯要素・姿勢を無視したものです。
    一般にスズガモ属の嘴先端黒色部は幼羽等弱齢個体で広く大きい傾向にあります。
    外観上でコスズガモとスズガモではっきり違うのは頭部形状他に背の波状斑の粗さが
    あり、脇の白色部にもしばしば波状斑が薄く見えるのが普通です。 この個体は完全な
    繁殖羽に移行していませんが、これら特徴が見えません。 羽ばたき画像が撮影できて
    いたら「なーんだ!」で済んでいた、初列にまで白帯がしっかり見えるパターンだと判断
    できるかと思います。
    ということで、観察時点で疑問がわかなかった個体が写真であとから気になることは
    往々にしてありますが、それが希少種であると証明するのは困難だと思います。
    初めて北海道を訪れた際、上空を旋回してもピンヒョロ鳴かない変なトビを見つけて撮影
    したらオジロワシだったということが私にもあります。コスズガモはこの私でもたった一度
    しか出合ったことのないカモです。ご理解いただけると幸いです。

    • #18 投稿者: アカショウビン (2014年2月11日 - 17:56)

      Shin’s さん、初めまして。
      貴重なご指摘をいただきありがとうございます。
      コスズガモの識別が、
      嘴爪黒色部を見ただけでは判断できないということが理解できました。
      最低でも横向きで頭部の形状を観察し、
      コスズガモの可能性がありそうなら、
      羽ばたきの写真を撮影して最終的な確認をするのが良さそうですね。
      紙面の都合もあるでしょうが、
      一般的な図鑑では類似種の識別のための情報が少なかったり、
      そのぶんをネットの情報で補おうとしても、
      どこまで正しい情報なのか見極めるのが難しいものですね。
      私自身、スズガモでさえ近場で観察できる環境にありませんので、
      今後スズガモの観察をもっと行って、
      色々な個体を見ながら知識を深めていこうと考えています。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。