淡雪

今シーズンやっと撮影できたシメ。

私の場合は春先になってから撮影できることが多いです。

image10467

image10468

オオカワラヒワ

image10470

アトリ

image10471

image10472

ビンズイ

image10473

image10474

image10475

image10476

久しぶりのアオバト

image10469

カケス

image10420

image10421

イスカ

image10480

image10481

image10482

image10483

ミヤマホオジロ

image10484

カシラダカ

image10477

image10491

image10478

先日までは淡雪が降ることもありましたが、雪がらみの写真が撮影できるのも、そろそろ終わりでしょうね。

image10490

image10488

image10489

ジョウビタキ

image10461

ルリビタキ

image10462

image10463

image10464

オオアカゲラ

image10465

image10466

image10485

image10486

image10487

ハイタカ

image10479

広告
  1. #1 投稿者: wakasahs15th (2014年2月24日 - 16:29)

    こんにちは(*^_^*)
    自分は殆どが初めてですが、アオバトっているんですね(*^_^*)
    観光地なんかでは見る事がないですが野生のみですか?

    • #2 投稿者: アカショウビン (2014年2月25日 - 21:05)

      wakasahs15th さん、こんばんは♪
      アオバトは日本の山地で繁殖するハトですが、
      観察の機会はあまり多くないですね。
      冬季には木が良く茂った公園のような場所でも観察できることもありますし、
      海水を飲みに海岸に現れることもあります(^^)

  2. #3 投稿者: koyuki (2014年2月25日 - 23:38)

    春近しって感じですね。
    シメさん写せてシメシメ?な~んちゃって(≧∇≦)
    淡雪のなかのジョウビタキさんがとてもキュートです(。◕‿◕。)
    イスカ未だ居座ってるのですか?(笑)
    長く楽しませてくれるのですね~羨ましいです。
    こちらでも見れる人は見てるのですが、koyukiには
    見せてくれません^^;。
    カケスがこちらのカケスより顔つきが精悍に見えますね。
    狭い日本でも海を隔てると違いがあるのですね。
    このところ暖かな日が続いてタンチョウも見られるように
    なりました。そろそろガン類が見られそうです。
    ハイタカの飛翔美しいですね~♪

    • #4 投稿者: アカショウビン (2014年2月26日 - 09:10)

      koyuki さん、こんにちは♪
      昼間はポカポカ陽気で過ごしやすくなりましたよ(^^)
      ただ昨日から、鳥さんの代わりにPM2.5が飛来して霧の中のようです(>_<)
      シメさんはご近所では3年に一度くらいしか撮影チャンスがありません。
      今回は撮影の可能性が高そうな場所に出かけての撮影です。
      イスカは秋のまま、3~40羽程度が滞在中ですよ!
      前回飛来時は4月初めにも撮影しているので、
      あと一ヶ月程度観察できるかもです(^▽^)/
      ただ秋に比べると見える範囲にとまってくれず、
      撮影チャンスが激減したように思います。
      北海道のミヤマカケスとは顔つきが違いますね~
      本州と北海道の間には海があるとはいうものの、
      ものすごく離れているわけではないのに生態系がかなり違うようですね。
      こちらのガン類は最近見に行っていませんが、
      かなり数が減っていると思います。
      北海道は大半が通過組なのですよね!
      観察のタイミングは難しそうですが、
      探せば白い交じり物なども見られるのが羨ましいです。
      来月になると徐々にシギチなども渡ってくると思います(*^-^)

  3. #5 投稿者: agehamodoki (2014年2月26日 - 13:20)

    大雪を騒いでいたらすでに2月の下旬。
    早くなった日の出に春が近くなったことを実感します。
    シメはこちらでは冬鳥ですね。
    アトリが落ち穂拾いをしている光景をこちらでも見ました。
    樹上の餌が少なくなったということでしょうか。
    ビンズイやミヤマホオジロはもっぱら地上派ですね。
    こちらでもイスカは健在です。ただし遠い稜線です。
    そろそろ見納めかもしれませんね。
    カシラダカも冬鳥の中で好きな小鳥です。
    ルリビタキは今シーズン個体数が多かったと思います。
    オオアカゲラ、久しく見ていません。
    先の大阪の「高山」で出合える予定だったのですが・・・T_T;

    • #6 投稿者: アカショウビン (2014年2月26日 - 20:00)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      真冬に比べて、ずいぶんと日差しのパワーが復活しましたね。
      シメは地元では数えるほどしか見たことがありません。
      雪の多い場所は苦手なのでしょうか?
      アトリは春先には地面で見ることが時々ありますね(^^)
      場所によっても違うようで、田んぼの近くで越冬する集団はよく地面に降りますが、
      山地の集団はイスカのように松の木を渡り歩くので、
      撮影困難です(^^;
      秋に比べると、イスカの集団は行動範囲も広くなって、
      撮影チャンスは極端に少なくなりました。
      比較的春遅くまで滞在する鳥のようですが、
      長くてもあと一ヶ月余りでしょうか?
      次回は何年後になるかわからないので、
      チャンスがあれば一枚でも多く画像を残したいものです。
      ルリビタキは近年数が少なめだったので、
      ようやく以前の状態に戻った感じがしました。

  4. #7 投稿者: asobo (2014年2月26日 - 15:52)

    雪景色の中で見る鳥たちは風情がありますね。
    ぼくがよく行く大きな川の川原はまだ雪がたくさん残っています。
    白鷺(たぶん)とかいろいろな鳥が寒さをモノとせず活動していますよ。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2014年2月26日 - 20:05)

      asobo さん、こんばんは♪
      関東は記録的な大雪でしたね。
      こちらより積雪が多いというのは、初めてのケースではないかと思います。
      除雪体制も整っていないでしょうから、大混乱だったでしょうね(^^)
      テレビドラマなどのシーンにも雪が映っていたりしたので、
      ものすごく新鮮味がありました。
      鳥さんは寒くても元気にしていますね(^▽^)/

  5. #9 投稿者: kanaconnie (2014年2月26日 - 21:54)

    今日は地面の上の鳥さんがいますね。
    わが家の近所の雪が解け始めた時、スズメ?達がたくさん来て賑やかだったのを思い出しました。
    いつも、なんですがアカショウビンさんのところにくると図鑑(それ以上)を見てるようです。
    私にとっては動物園のゲージの中で見るような鳥ばかりです。
    オオアカゲラはマレーシアの家から見えました。たぶん・・・(笑)

    • #10 投稿者: アカショウビン (2014年2月27日 - 09:04)

      kanaconnie さん、こんにちは♪
      雪解けの頃には鳥たちが一斉に地面で食事するようになりますね。
      特に雪と地面との境界に集まっているのを見ることが多いので、
      雪解け水の作用などで餌が集まってくるのでしょうかね?
      手持ちの図鑑でオオアカゲラについて分布を調べてみたら、
      ユーラシア大陸の中緯度地方(日本の本州付近の緯度)
      の東西に帯状に分布しているようです。
      マレーシアでご覧になったのは、
      おそらく別の種類のキツツキではないかと思いますね。
      私が見たこともない鳥さんだと思うので、非常に羨ましいです(^▽^)/

  6. #11 投稿者: ❤ちえたん (2014年2月27日 - 07:24)

    アカショウビンさん♪ おはようございます^^

    ここのところ、随分暖かい日が続いていますね^^
    そちらの雪も、溶けて無くなってるんでしょうね。
    シメ、今季はまだ出会えてません・・・・。
    イカル軍団に混じってないかと、探したのですが
    イカルオンリーでした^^;
    逢えそうで、中々逢えない小鳥さんです。
    アトリもこの前は沢山残っていましたが
    少しずつ渡っていくんでしょうね><
    カケス、最近よく見かけるのですが
    枝や葉に隠れて、↑風に姿を見せてはくれないんですよ^^;
    いつか、この綺麗な青い羽を撮ってみたいです。
    アオバト~~~!
    先日初めて出会えました^^v証拠写真をとりあえず撮っておきました。
    県北までいかないと逢えない鳥!と思ってたので
    ちょっと嬉しかったです^^

    • #12 投稿者: アカショウビン (2014年2月27日 - 09:18)

      ❤ちえたん さん、こんにちは♪
      朝晩は気温が下がることもありますが、
      昼間はとても暖かくて過ごしやすくなりましたね(^^)
      除雪などで集められた雪が残っている場所はありますが、
      ほぼ雪はなくなったという状況になりました。
      今シーズン、シメの個体数は少ないかもしれませんね。
      沢山のアトリ科の鳥の中から一羽だけしか見つけられませんでした。
      アトリは秋より大きな群れになって、
      最近は1000羽くらいの集団が飛ぶこともありますよ!
      渡りに備えてだんだん北上しながら集まってきているのでしょうね(^▽^)/
      カケスは条件の良いときには、
      目の前でじっくり撮らせてもらえることもありますが、
      比較的大きな鳥の割には込み入ったところが好みのようで、
      なかなか全身を見せてくれませんね(-“”-;)
      アオバトは低山帯でも観察のチャンスはありますね。
      今回撮影したのは海岸からほど近い場所でした。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。