だぁるまさんが・・・

今季は数が多めのマミチャジナイ。

この時期にしてはかなり濃い霧に包まれたので、色が出ませんでした(^^;

image10526

image10525

先日のツグミ祭り?のときに唯一撮りこぼしていたトラツグミがようやく撮影できました(´▽`)

大型ツグミの中では、とても愛嬌のある顔です。

image10527

タシギ

image10536

オオハシシギ

image10534

ムナグロ

2月末の撮影ですが、2月にムナグロを見つけたのは初めてですね。

越冬することもあるようですが、例年だと4月中旬ごろから目につく鳥さんです。

image10535

タヒバリ

image10537

image10538

オオジュリン

image10528

ミコアイサ

image10531

image10532

image10533

ズグロカモメ

早い地域では頭が真っ黒の個体が見られる時期ですが、

私が普段観察するエリアでは換羽が遅いのか、これまでに頭が黒い個体を見つけたことがなくて、

毎年黒くなる前に渡ってしまいます。

姿が見られるのもあと少しだと思いますが、今年こそ黒髪になるでしょうか?

image10539

バッチリのカメラ目線ですね。

image10540

イソヒヨドリ

image10543

ノスリ

image10529

2羽一緒に撮影するのは初めてのこと・・・

鷹の仲間はメスの方が体が大きい場合が普通で、ノスリも例外ではありません。

ノスリは白っぽいものから黒っぽいものまで色彩の個体差がかなり大きな鳥ですが、

このペアは似たもの夫婦といった感じですね(^^)

いずれ一緒に繁殖地へと向かって新婚旅行に旅立つのでしょうか?

image10530

ミサゴ

image10541

だぁるまさんが・・・・

そっと近づいたら、思いっきり睨まれました(;^_^A

ただ通路を通りたいだけなんですけど(^^ゞ

image10542

広告
  1. #1 投稿者: kanaconnie (2014年3月3日 - 00:35)

    今日は地味な色の鳥さんが多いなぁ…と見ていたら
    いきなりのミコアイサにドキッとしました。立派なパンダですね~。
    スグロカモメのカメラ目線におぉ~と感心していたら
    ミサゴの「なんや?」なアップ!!遠くを見つめるような1枚目と合わせてなんだかドラマチックです。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2014年3月3日 - 21:12)

      kanaconnie さん、こんばんは♪
      確かに最近地味めな鳥ばかり撮っているかも(^^ゞ
      ミコアイサはパンダガモなんて呼んだりしますね~
      正面から見たら、もっとパンダっぽいかな?
      ミサゴの一枚目は、なんとなく背中に哀愁を感じるような・・・
      タカの仲間としては、警戒心があまり強い方ではないですが、
      ちょっと近づきすぎたかもしれませんね(^^ゞ
      でも襲われずに、無事生還することができました(笑)

  2. #3 投稿者: ○○泰男 (2014年3月3日 - 18:51)

    いいなぁ、、、早く雪解け進まないかなぁ、、、。
    今、ちょうど春取りと冬鳥の入れ替わりの時期みたいで、あまり鳥がみられなくなっちゃいました。 道路の排雪とか大きな機械がうごいているせいもあるのかな。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2014年3月3日 - 21:22)

      ○○泰男 さん、こんばんは♪
      暖かい日が続いたので、日陰の雪もほとんどなくなりました(^^)v
      こちらの鳥も、ハクチョウやガンなど、
      大型のものは一気に少なくなりましたよ。
      南からシギなどが渡ってくるまでは小鳥中心になりそうです。
      泰男 さんのところだと、これからハクチョウやガン類などが
      中継に立ち寄ったりして賑やかになることがあるのでは?

  3. #5 投稿者: ❤ちえたん (2014年3月4日 - 18:22)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^

    転んだぁ~~!
    げっ!振り返るの早すぎ~~~!(笑)
    美佐子さんったら、凄い顔して睨んでいますね^^
    マミチャ、先日川向こうの赤い実に沢山群がっていました^^v
    一緒にアオバトも10羽以上居たのですが
    遠すぎだし・・・おまけにすぐに葉に隠れてしまい
    写真は1枚も撮れてませ~~~ん><。。
    トラツグミにタシギ、ムナグロに・・・・etc
    どれも逢った事がない子たちです。
    ここへ来ると、図鑑を見るよりどんな子なのかをお勉強できて
    有り難いです^^
    ミコアイサ、はっきりパンダ目が見れていいなぁ~♪
    警戒心が強いのか・・・池の遠い所でしか見たことがありません^^;
    ズグトカモメ、頭がうっすらとゴマ塩状態ですね。
    これからどんどん黒くなっていくのかしら^^
    イソヒヨも随分長い事逢えてないです・・・・。
    海辺まで行くのは大変なので、川を上ってきてくれないかな^^

    • #6 投稿者: アカショウビン (2014年3月4日 - 22:28)

      ❤ちえたん さん、こんばんは♪
      美佐子さんは、ホント振り返るのが早すぎですよね~
      というか最初から横目で見られていますね(^^;
      お魚の着ぐるみを着ていたら危なかったかもしれません。
      マミチャそちらでも見られるようになったのですね(*^-^)
      アオバトは撮影難易度が高めの鳥ですね。
      いまだに満足できるような写真が撮影できていません(>_<)
      何年か前に絶好のロケーションがありましたが、
      その時はカメラを持っていない時でした(笑)
      トラツグミは個体数があまり多くないですね。
      これまで複数羽を同時に見たことはありません。
      タシギは越冬もしますが渡りの時期に多いですね。
      とにかく目立たないので、飛んでから気が付くことが多いです(^^;
      ズグロカモメは、冬羽でも頭に少し黒い部分が残るのですが、
      まだ冬羽の状態のままのように見えます。
      他所でも、まともな夏羽の写真は撮ったことがないので、
      いつか撮影したいと思っています。
      イソヒヨは、繁殖期が近づくので、川を下っているかも!?
      以前は冬場に自宅周辺で見ることもありましたが、
      最近は全然見なくなりました(T_T;

  4. #7 投稿者: koyuki (2014年3月5日 - 00:12)

    ミサゴの睨みかっこ良い~~~!!!
    でも鋭い眼光にビックリしたですわ~《(>_<)》
    小鳥も良いけど猛禽類も惹かれますね(‐^▽^‐)
    トラツグミもイソヒヨドリも見れる人は見れるのに、
    koyukiの目は節穴だから無理なのですよ^^;。
    アカショウビンさんの目はいくつあるのですか?
    上下左右etc.・・・(笑
    シギチもそろそろ賑やかになって来るのでしょうね。
    ズグロカモメはこちらでは超珍鳥かもです。
    北海道の図鑑にはユリカモメの類似種程度にしか
    扱ってません。
    今季はベニヒワに免じて欲は言いません。
    宅急便では送りきれませんでしたので悪しからず・・・(≧∇≦)

    • #8 投稿者: アカショウビン (2014年3月5日 - 03:20)

      koyuki さん、こんばんは♪
      ミサゴはものすごい目力がありますね。
      視力も人間とは比べ物にならないでしょうね!
      トラツグミは忍者的かな?
      普段はごちゃごちゃした場所に身を隠していることが多くて、
      見過ごしていることも少なくなさそうです。
      私もトラツグミとイソヒヨドリは最初はなかなか見つけられない鳥でした、
      でも毎年同じ場所で観察できる傾向が強いように思いますよ(*^-^)
      一度見つければその後は簡単に逢えると思いますが、
      その最初の一度が難しいですよね(笑)
      私の目は4つくらいあるかな?(恐)
      視力も良くないし、何か鳥のようなものが居るのかな?
      といった感じでカメラを向けることが多いですよ(^^ゞ
      その上老眼も進んだので、カメラの液晶では細かな識別も不可能で、
      パソコンでようやくまともに識別できるといった感じですね~
      なので、怪しそうなものなら何でも撮って、
      無駄な写真を量産してます(^^ゞ
      ズグロカモメは世界的な貴重種ですね。
      幸いにも中国地方の西部から、九州北部あたりにかけて多く飛来するようです。
      一見ユリカモメと似てはいるのですが、こちらでの行動は全く異なって、
      ユリカモメが主に水面上を飛ぶのに対して、
      ズグロカモメはカモメらしからぬ感じで、
      田んぼの上を飛んで狩りをしています。
      ベニヒワは宅急便では無理でしたか・・
      代わりにユキホオジロでも良いですよ(笑)

  5. #9 投稿者: agehamodoki (2014年3月5日 - 13:18)

    マミチャの飛来数は波がありますね。
    今年は見たことありません。
    トラツグミは情報だけだとけっこうあります。
    見たのは稚ブログ掲出分だけですが・・・
    冬場のムナグロはちっとも黒くないですね。
    こちらでは田んぼで時々見かけます。
    オオハシシギはずっと珍度が高いです。
    タヒバリは淀川河川敷や土手に多かったかな・・・
    そう思うと、冬の宿題もけっこう残っています(笑)

    • #10 投稿者: アカショウビン (2014年3月5日 - 14:53)

      agehamodokiさん、こんにちは♪
      マミチャは年によっては全く見られないことがありますね。
      秋にも観察できたので、春にも期待していましたが、
      局所的ではあるものの、かなりの群れとなっていました(^^)
      トラさんは今季は難しいかと思いましたが、一瞬だけ姿を現しました。
      ある程度開けた場所に出てこないと、なかなか見つけることができませんね。
      ムナグロやダイゼンは冬羽の方が綺麗に見えるのは私だけでしょうか?
      そちらでは、越冬も珍しくないのですね~
      温暖な気候が好みなのでしょうね。
      おっと、今年はこちらよりも雪国になりましたよね(笑)
      オオハシシギの越冬個体を見つけたのは初めてですが、
      他所でも越冬した場所がありました。
      全般的には例年とは違った冬だったように思いますが、
      春の渡りはどうなるでしょうね?

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。