嘴と箸と橋?

5月に入り、本来なら鳥の渡りもピークの頃のはずですが、

今年はどうもスローペースというか、種類も数も少なめな状態が続いています。

でも、数が少なければそれだけ真剣に探すので、思わぬ鳥を発見できる可能性もありますね。

 

チュウシャクシギ

image11020

image11021

image11022

アオアシシギ

image11035

image11033

image11034

数えるほどのシギしか見つけられない中、2年ぶりにサルハマシギを観察できたのは大きな収穫でした(*^-^)

image11023

image11024

image11025

image11026

image11027

image11028

image11029

image11030

image11031

image11032

シロチドリ

image11039

ケリ

image11010

image11011

image11012

image11013

image11014

ハシビロガモ

image11036

カワラヒワ

image11037

image11038

ビンズイ

image11015

ニュウナイスズメ

image11016

image11017

マミチャジナイ

image11018

image11019

全然関係ないですが、おまけの写真です。

遊びだったら良かったのですが、所用で久しぶりに遠出・・・

休憩を兼ねて立ち寄った場所ですが、真ん中のルートでは定番のスポットですね。

GW中にも関わらず、渋滞は一度もなく宿泊場所も確保できたのは日頃の行いが良かったからでしょうか?

でもどこへ出かけても思うのが、ご飯(お米)が不味いことですね。

私の地元のお米はブランド米にもなっていて、新潟の某ブランド米とも肩を並べるほど評価される地域もあるくらいなので、

旅先や外食で普段食べているご飯より美味しいと思ったことはほとんどありませんが、

今回は品種も全く違うのか、どこで食べても同じような箸をつけたくないほどの不味さでした(>_<)

どれだけ美味しい料理が並んでも、ご飯が不味いとそれだけで満足感が完全に消え去ってしまいますね。

 

※味については、あくまでも個人的な感想で、食べ慣れていないので違和感を感じただけかもしれません。

その地域の方々にとっては、私の地域のご飯のほうが異質で不味く感じられるのかもしれませんね。

2463

こちらは翌日の帰りに撮影したものですが、光線によって随分と表情が違うものです。

2464

知っている人なら簡単にわかると思いますが、次の橋は上の橋とは全くかけ離れた場所にあります。

生まれて初めて立ち寄った場所ですが、こんなアングルで橋を撮影できるポイントがあるとは全く知りませんでした。

三ルートのうち、このルートだけは一度も使ったことがありませんが、いつか利用してみたいものです。

2465

夕方ということと、この日のイベントは既に終了しているので駐車料金はタダとのこと・・・

ちょっぴり得した気分です(*^-^)

これだけでも絶景ですが(卍)が見られたら最高でしょうね!

2466

こちらは虹の橋?、「環水平アーク」という現象らしいです。

家でゴロゴロしていた時に、突然の情報で空を眺めたら、短い時間でしたが私も観察することができました(*^-^)

どうやら彩雲とは違った現象のようですね。

太陽に近い部分にある環が、内暈という「太陽に暈がかかる」と呼ばれる現象だと思いますが、

この現象と屈折率が異なるものだそうです。

普通の虹でも時々2重に見えることがあるのと同じようなことでしょうね。

夏至に近い太陽高度の高い時間帯に、条件が整えば観察のチャンスが高まるようですが、

なかなかハッキリと見えることは少ないようです。

今日は広い地域で条件が良かったようで、実際にご覧になった方も少なくないかもしれませんね(^^)

2467

2468

広告
  1. #1 投稿者: wakasahs15th (2014年5月4日 - 17:00)

    こんにちは(*^_^*)
    シギの種類は多いんですね。どのシギも初めて見る鳥ばかり
    ですが、サイズはサギと同じくらいでしょうか?
    お米は今は価格競争が厳しいので一般的に品質は二の次かも
    知れませんね。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2014年5月4日 - 19:52)

      wakasahs15thさん、こんばんは♪
      シギはかなり種類が多い鳥で、日本で観察可能なものは50種以上かな?
      サイズも様々で、カラス並みのものから、スズメくらいのものまで幅広いです。
      今回撮影した中で最も大きいのはチュウシャクシギで、
      ハトとカラスの中間くらいですね。
      地元のお米はほとんどがコシヒカリですが、
      倒れやすく、病気や高温に弱かったりと栽培はやや難しい品種のようですね。
      手間はかかりますが、高く取引されることもあり、
      小規模農家のほうが栽培に適しているのかもしれません。

  2. #3 投稿者: superkamui (2014年5月4日 - 17:22)

    アカショウビンさん、こんにちは!シギ類はどれも初めてで勉強になります(・▽・)河口、干潟もかなり魅力的ですね。内陸に住んでいるとなかなか行けないですが、海は初心者にも野鳥観察しやすい場所ですし、ぜひ行ってみたいです(^^) 
    ハシビロガモのくちばし、スゴイですね(◎o◎)ケリの三色の翼も見事ですね☆
    ニュウナイスズメは私も先日ニセコで見ましたが、可愛いですよね(^^)今はスズメらしき鳥がいてもスルーしないようにしています。ベニちゃん(ベニヒワ)かニュウナイかもしれないので(^^)

    • #4 投稿者: アカショウビン (2014年5月4日 - 20:02)

      superkamui さん、こんばんは♪
      私も内陸育ちなので、シギは頑張って出かけないとなかなか見られませんが、
      魅力いっぱいの鳥だと思います(^^)
      山の鳥と違って、遠くからでも見つけやすいことは確かですね。
      ハシビロガモは名前の通りとても大きな嘴で、強烈な個性がありますね!
      夏羽に換羽するのが遅いので、
      春にならないとなかなか綺麗な姿が見られません。
      ニュウナイスズメは、うっかりすると只のスズメと思って見落としそうですね。
      私の地域では観察機会が少なくて、
      今年ほど長期間観察できることは滅多にありません。

  3. #5 投稿者: ◯◯泰男 (2014年5月4日 - 18:34)

    こんにちは^^
    こちらはやっとオオジシギがやかましい声を張り上げながら空を舞うようになりました。シギの仲間はだいたいあんな感じで鳴くんですか?

    • #6 投稿者: アカショウビン (2014年5月4日 - 20:18)

      ◯◯泰男 さん、こんばんは♪
      オオジシギはディスプレイフライトという行動が有名ですが、
      近年はこちらの地域では繁殖していないと思われ、
      私は一度も実際の鳴き声は聞いたことがありません。
      鳴き声はシギによって様々ですが、
      オオジシギの近縁種以外のほとんどのシギは、かなり甲高い鳴き声ですね。
      ネットでオオジシギの鳴き声は聞きましたが、
      一般的なシギの鳴き声は全く別物といえます。

  4. #7 投稿者: kanaconnie (2014年5月5日 - 00:42)

    私が若かりし頃にはアイビーとかトラッドとかが流行り大好きでした。なんで突然こんなことを言うのかというとケリをみてなんとなくトラッドファッションの色合いを連想したのです。いいな、ケリ♪
    環水平アーク、見事にうつされてますね。きれいです。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2014年5月5日 - 09:03)

      kanaconnie さん、こんにちは♪
      ファッション関係は全く無知なダサいアカショウビンのこと・・・
      アイビーもトラッドも名前だけで、いったいどんなのだったかな?
      って感じですが、ケリのファッションが素敵だということはわかります(^^)
      環水平アーク、名前を聞くのさえ初めてでしたが、
      普通の虹とはまた違った感じで、綺麗でした。
      でも写真に撮ると、自分の目で見た感覚とは違ってしまうのが少し残念です。

  5. #9 投稿者: agehamodoki (2014年5月5日 - 14:07)

    ちょっと事情でご無沙汰している間に月が替わってしまいました。
    橋、嘴、箸?日本語は難しいの典型でしょうか(笑)
    数が少ないとは言え、確かに夏羽サルハマはヒットですよ。
    そう言う私はご無沙汰の間に地元でコシャクを見逃してしまいましたT_T;
    ケリは地元で繁殖シーズンです。
    もう直ぐ、チビケリが見られることでしょう。
    ゴールデンウィークに小旅行、よろしいですね。
    海も空も美しです。もちろん橋も。
    橋は端の方を走られたのかな?!

    • #10 投稿者: アカショウビン (2014年5月7日 - 01:39)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      モドキさんにとっては大変な連休となりましたね(^^;
      充分休養をとって、仕事に遊びに活躍してくださいね!
      コシャクはなかなかチャンスが少ないシギですよね。
      私は一度だけ見たことがありますが、
      ダイシャクやチュウシャクと違い、かなり小さいなというのが印象でした。
      最初は地面のどこにいるか見つけられず、
      (その時点ではシギであるという以外は正体さえ分かりませんでした)
      二日目にして、ようやく写真を撮ることができました。
      小旅行も葬式だったのでルンルン気分ではありませんでしたが、
      最近は鳥目的以外でどこかへ出かけることは無かったので、
      久しぶりに旅行気分が味わえました。
      もちろん橋の端を通りましたよ(^^)v
      高所恐怖症なので、かなり緊張しながら・・・・(^^;

  6. #11 投稿者: hulala (2014年5月5日 - 17:18)

    こんにちは
    シギはくちばしも細くそして足も細く見るからに美しい姿です。
    見惚れてしまいます。
    ご飯の味はそれぞれとはおもいますが、四国のあるところでここのお米は美味しいのですよ、と
    説明の後、オニギリを二個買って食したのですが、これがマズイ(; ̄ェ ̄)
    一口で終わりました。がっかりしましたよ。何が違うのかわかりませんが……。

    • #12 投稿者: アカショウビン (2014年5月7日 - 01:46)

      hulalaさん、こんばんは♪
      シギの細くて長い脚にいつも憧れますが、
      私の成長期はとっくに終わっているので、
      これ以上脚が伸びることはないでしょうね(笑)
      hulalaさんも、お米で同じ経験があるのですね。
      四国は何度か行っているのですが、
      これまでは食べられないほど不味いと思ったことはなかったので、
      地域にもよるのでしょうね。
      地元の食材を使って・・・という文句が逆に残念でした。
      以前、輸入米を食べたことがありますが、
      味も食感も全く違いましたが、意外と美味しかったのですけどね。

  7. #13 投稿者: ❤ちえたん (2014年5月7日 - 18:10)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^

    シギチの渡り、少し遅れてるんですか?
    まぁ近くのカワグチサンでの、今季の渡りは
    河川工事の為、諦めていますが・・・・><
    もう一か所の方へ集まってくれるのではないかと!
    ちょっと期待しつつ、今度行ってみます~♪
    チュウシャクシギ、緑の草と花の中で際立っていますね^^
    私が昨年見たこの子たちは、河口の砂地で絵にならないものばかりでしたが
    こんな場所に現れてくれたらいいなぁ~♪
    サルハマシギ?お顔が赤いからしらん?
    珍しい品種に逢えて良かったですね~♪
    ケリの飛ぶ姿は初めて見ました!(@@)
    フムフム・・・お腹や羽の模様はあぁ~なってるのね^^
    橋はルート2の場所ですよね~?(〇島から2番目)
    この撮影ポイントは定番ですね^^
    最後の橋は、関西へ渡る橋かな・・・・・・・(-。-) ボソッ
    私は3ルートとも渡った事があります!(エッヘン! 笑)
    どの橋も、人の手で造られてとは思えない位凄いですよねーーー!

    • #14 投稿者: アカショウビン (2014年5月8日 - 10:35)

      ❤ちえたん さん、こんにちは♪
      もうとっくにシギチの渡りのピークのはずですが、
      あまりに少ない状態が続いているので、どこか変ですね。
      日本海と瀬戸内海で少ないので、
      太平洋をバンバン渡っているのでは?と誰かが冗談で言っていましたが、
      大陸の沿岸沿いを渡っている可能性が高いのかなと思うようになりました。
      年々数が減少傾向のような感じもありますが、
      環境の変化などで、鳥そのものが減っていなければ良いのですが・・・
      チュウシャクは瀬戸内海では干潟ばかりで目にしますね。
      カニが大好物なので本来の姿だとは思いますが、
      確かに絵作りが難しいとは思います。
      日本海側では干潟らしい干潟がないので、
      田んぼや土手などでで見かけることが多いですね。
      ただ滞在期間がとても短く、年に1~2度見られれば良い方です。
      サルハマシギの語源はたぶん顔が赤いからですね(^^)
      まだ換羽中のようで、完全な夏羽ならもう少し赤くなるはずです。
      ケリは日本海沿岸では一度も見たことがなくて、
      山間で唯一繁殖することを知っている場所があるのですが、
      今のところ2羽しか確認できていなくて、寂しい状況です。
      ちえたんは3ルート制覇済みですか(^^)
      関西へのルートは最短コースになりにくいので、
      それなりの旅行計画を立てなければいけませんが、
      長~い橋には興味があります。
      真ん中ルートは私の家からでは、交通量の多い場所を避けられるので、
      使い勝手が良いのと、橋が延々連続するので見ごたえのあるルートですね。
      西のルートは工事中の区間が開通すれば、一番使いやすくなりそうです(^^)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。