歯ぎしりじゃなくてキバシリ

この春は低地での鳥見ばかりでしたが、思ったほど収穫がなかったので、

気分転換にお山へ出かけました,,,,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ

 

今年は遅い時期まで雪が降ったので、若干残雪があったり、この時期にしては珍しくヤマザクラも見ごろでした。

2469

今回の本命だったコルリは、チラッと姿を見ただけでシャッターが僅かに間に合わず・・・

歳のせいで反射神経が鈍ってきているのかな?(笑)

またリベンジが必要ですね~

image11066

でも私の木霊?も聞こえて、耳では楽しいひと時でした♪

本命以上に嬉しかったのはキバシリです(^^)

西日本では滅多に観察できる鳥ではありませんが、昨年に続き2年連続で撮影でき大満足です(^^)b

夏山シーズンの開幕としては最高のスタートとなりました!

image11060

image11061

image11062

クロジ

随分前に同じ山で一度だけ囀りを聞いたことがあったのですが、姿を確認できたのは2年前のこと、

昨年、今年と数は増加傾向で繁殖しているのは確実と思われます。

多くの小鳥が減少傾向のように感じる中で嬉しい存在です(*^-^)

image11064

image11065

地味な鳥が続きますが、ミソサザイです。

夏場に観察できる鳥の中では最小ですが、ソプラノで声量豊かな美声ですね。

image11063

キビタキ

image11059

広告
  1. #1 投稿者: ❤ちえたん (2014年5月9日 - 19:15)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^

    またまたぁ~~!
    不覚にも・・「ハギシリ」=「キバシリ」に大爆笑してしまった!(笑)
    最近、オヤジ度が増してきたのではありませんか?(・∀・)ニヤニヤ
    モトイ!オヤジギャグ度でした!(笑)
    山桜が今頃満開なのですね~♪
    こちらはとっくに葉桜状態です!(汗)
    コルリはちょっと残念な結果みたいでしたが
    また次回頑張って下さいね~楽しみにしています^^
    キバシリは地味な色あいですが・・・・・。
    やはり名前のとおり木を走って移動するのかしらん?
    素人の私では、羽模様が似ているコゲラと見間違いそうです!><
    そちらでクロジが繁殖してるんですか?!
    ピントがバッチシ合った写真も撮れたアカショウビンさんの懐も
    きっと、たぶん、もしかして?黒字になれるかも~ですね(笑)

    • #2 投稿者: アカショウビン (2014年5月10日 - 10:03)

      ❤ちえたんさん、こんにちは♪
      ハイ!オヤジ度もオヤジギャグ度も進化中です(笑)
      山桜は場所によって開花のタイミングが大きく違いますよね。
      ひょっとしたら品種自体が違うのかもしれませんが、
      沿岸部だとソメイヨシノに先駆けて咲くのに、
      標高の高い場所では遅い時期に咲きますね。
      コルリはオオルリと違ってとても撮影難度が高いです。
      5月中に撮影しなければ、それ以降に姿が見られる可能性は低いので、
      頑張って挑戦したいと思います(^^)b
      キバシリは木の幹にへばりついて、ぐるぐる回るように移動していきますね。
      色彩的にはコゲラに似ていますが、動きはゴジュウカラに似ていて、
      今回も油断してカメラを向けるのが遅れてしまいました(^^ゞ
      とりあえず画像が残せてよかったです(´▽`)
      クロジは本来本州の中部以北で繁殖する鳥ですが、
      西日本でも高山帯では局地的に繁殖するようですね。
      地味だけどとても渋い色合いだと思います(^^)
      クロジさんのお財布は黒字だと思いますが、
      私の財布は大赤字、せめて財布の色を黒地にでもしましょうか?(笑)

  2. #3 投稿者: wakasahs15th (2014年5月9日 - 19:27)

    こんばんは(*^_^*)
    ヤマザクラがまだ見頃でしたか。
    キバシリの嘴は凄く鋭角に見えますが他の鳥と
    比較してどうなんですか?

    • #4 投稿者: アカショウビン (2014年5月10日 - 10:09)

      wakasahs15th さん、こんにちは♪
      標高8~900m位の高原地帯の山桜ですが,
      毎年GW終盤頃にはほぼ葉桜状態になるのに、
      今年はずいぶんと遅れているように思いました。
      キバシリの嘴は、他の小鳥に比べると明らかに細いですね。
      樹皮のくぼみに住んでいる虫を食べるために進化したのだと思います(^^)

  3. #5 投稿者: superkamui (2014年5月9日 - 19:52)

    こんばんは☆そちらのヤマザクラは色が淡いんですね。桜は濃淡さまざまで見ごたえありますね(^^)

    コルリくんはお尻で残念でしたね…アカショウビンさんでも撮影がうまくいかないことがあるんですね!さしずめ、「弘法の筆誤り」「猿も木から落ちる」ですね。

    キバシリ、クロジは個性的な鳥ですね!色々な鳥がいて本当におもしろいですね(^o^)

    • #6 投稿者: アカショウビン (2014年5月10日 - 10:22)

      superkamui さん、こんにちは♪
      こちらの山桜は、樹によって多少の濃淡はありますが、
      ソメイヨシノと似通った色彩ですね。
      家からは少し離れているのですが、
      河川敷に緑色の花を咲かせるギョイコウという桜が沢山植えてある場所があって、
      とても目を惹きます。
      まだ写真を撮影したことはありませんが(^^ゞ
      キバシリやクロジは北海道の方が観察のチャンスが多いのでは?
      ぜひ見つけてください!

  4. #7 投稿者: ◯◯泰男 (2014年5月9日 - 21:24)

    凄いなぁ、、、

    • #8 投稿者: アカショウビン (2014年5月10日 - 10:23)

      ◯◯泰男 さん、こんにちは♪
      夏の北海道は、小鳥の宝庫ですよね(^^)
      いつか出かけてみたいと思っていますが、先立つものが・・・(T_T;)

  5. #9 投稿者: hulala (2014年5月10日 - 11:06)

    こんにちは
    ヤマザクラが見られて良かったですね。時期はずれに桜を見るとラッキーと喜んでしまいます。
    キバシリさんは木の幹を走るのですね。 マラソンランナーのーようかしら。
    低地でなく、とあるので高い山にいるのでしょうか。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2014年5月10日 - 18:33)

      hulala さん、こんばんは♪
      暖かい場所では、3月半ばから桜が咲き始めるので、
      その気になって場所を変えれば、2か月近くも楽しむことができますね。
      もう葉桜だろうと思っていたので、とてもラッキーでした(^^)
      キバシリは、どちらかというと横に走るような感じで、
      木の幹をぐるぐる回るので、酔っぱらいのような走り方とでもいえるかな?
      西日本では高山帯のごく限られた地域のみで繁殖するものと考えられますが、
      北海道あたりだと普通の林でも見られるようですね。
      他の鳥でも同じような傾向のものがあるので、
      おそらく植生の違いなどが影響するのでしょう。

  6. #11 投稿者: kanaconnie (2014年5月10日 - 18:39)

    桜を見られてお得な気分になりますね。
    それにしてもまた素人には絶対に見つけられないような鳥さんたちを見事にとらえて・・・\(◎o◎)/!
    ひょっとしたら私にも見つけられるかも…と思うのはキビタキだけ。他は目の前にいても気が付かないとか「黒っぽいすずめ」なんて言ってしまいそうです(^_^;)
    自然の中で鳥さんたちの囀りを聞いてみたいです。

    • #12 投稿者: アカショウビン (2014年5月11日 - 22:04)

      kanaconnie さん、こんばんは♪
      この週末までは、ギリギリお花見ができそうですよ(^^)
      鳥さんは鳴いたり飛んだりするので、存在はすぐにわかりますが、
      ブログの掲載写真の少なさからもわかるでしょうが、
      森の中の鳥の写真を撮るのはかなり大変なことですね(^^;
      キビタキは色が派手で一見目立ちそうですが、
      山の中は暗いので、どんな色でもそれほど関係ないような気がします。
      富士山の周辺の森は、いろいろな小鳥の囀りが聞こえてきそうですね!

  7. #13 投稿者: agehamodoki (2014年5月11日 - 14:18)

    そう言えば毎シーズンお城で見かけるコルリも入院で見逃してしまいました。
    秋に戻って来るのを楽しみにしておきます。
    キバシリ、西日本で個体数少ないです。
    私は今だ画像を残せていません。ちょっと羨ましいです。
    丸丸としたクロジですね。冬場、どこかで餌付けされていたとか(笑)
    ミソサザイはあの小さな体であの声量豊かな囀り。1級品ですね。
    ご近所を通過するオオルリ、キビタキはピークが過ぎました。

    • #14 投稿者: アカショウビン (2014年5月11日 - 22:24)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      あらまぁ・・コルリって秋でも観察できるのですか?
      私は飛来直後の5月にしか撮影したことがないと思います。
      お山と違って、効率よくいろいろな写真が撮れそうですね(^^)
      キバシリは鳴かないし動きがゴジュウカラに似ているので、
      危うく見逃すところでした(^^;
      クロジは太りすぎで、北まで渡ることができなかったのでしょうか?(笑)
      私のところでは、オオルリやキビタキは、
      通過か繁殖かなかなか区別がつかないですね。
      巣材を咥えていたら、やっと繁殖組だとわかるくらいです。
      ただ渡りの時期には、普段あまり聞かないメロディーの鳴き声もするので、
      北へと通過していく個体の方言なのでしょうかね!?

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。