テンション低下気味・・・

梅雨時は憂鬱な気分になりがちで、出かけたところでこれといった鳥さんが見つかりませんが、

他に撮影できるものがないので、外れることのないブッポウソウの撮影をしてみました。

image11311

image11310

image11303

image11304

image11305

image11306

image11307

image11308

image11309

肉眼で飛んでいるブッポウソウを見ていると魅力的な鳥さんにも見えるのですが、

毎年撮影しても、写真の進歩がないというか、逆に年々雑な写真になっているような気がします(^^ゞ

この鳥に対して冷めていく気持ちが写真にも表れているのかなぁ・・・?

もしブログをやっていなかったら、今年は撮影することはなかったかもしれません。

別に鳥さんが悪いわけではなく、どうしても野鳥を撮影しているという気分になれない私の問題ですけどね。

 

とても身近な小鳥である、ホオジロの幼鳥を撮影することの方が楽しかったりします(*^-^)

image11302

狙っているわけではないのですが、今シーズンふとした時にカッコウが姿を見せてくれます(^^)

遠かったですが、空抜けじゃないのは嬉しいですね(*´∇`*)

image11301

広告
  1. #1 投稿者: wakasahs15th (2014年7月13日 - 09:24)

    こんにちは(*^_^*)
    ブッポウソウは羽を広げると白い模様が目立って
    とてもカッコいい鳥だと思います。
    そんな事を仰らずにまた紹介して下さい。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2014年7月16日 - 19:48)

      wakasahs15thさん、こんばんは♪
      ブッポウソウは、とてもしなやかな飛び方で、
      かなり目立つ鳥です(^^)
      ただ自分の中では、他の野鳥と同列には扱えません。
      次回はまた違った鳥を紹介したいと思います。

  2. #3 投稿者: abend (2014年7月13日 - 17:13)

    こんにちは。
    餌は青虫っぽい?
    テンション下がるってのがわからないですよ。
    十分かっこいいかと・・

    • #4 投稿者: アカショウビン (2014年7月16日 - 19:55)

      abend さん、こんばんは♪
      ブッポウソウの最後の写真の餌は、
      オニヤンマもしくはサナエトンボの仲間だと思います(^^)
      テンションが下がるのは、鳥さん自体の問題ではなく、
      それを取り巻く様々なことが理由です。

  3. #5 投稿者: kakasi24 (2014年7月13日 - 20:16)

    青い子が羨ましいですね。 こちらで出てくれたら、ギャラリーが毎日数百集まり、多分地元の経済効果数千万になるのではないでしょうか。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2014年7月16日 - 19:58)

      kakasi24 さん、こんばんは♪
      関東で青い子が観察できたら、お祭り騒ぎは間違いなしでしょうね!
      こちらでは、バーダーさんとは比較にならないほど数が多いですよ(^^)

  4. #7 投稿者: kanaconnie (2014年7月13日 - 21:02)

    ブッポウソウ、とてもきれいな鳥ですね。
    深みのある青い色や白いところ、素敵です。
    もう撮りつくしちゃったのかな~。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2014年7月16日 - 20:02)

      kanaconnie さん、こんばんは♪
      ブッポウソウの止まっている姿は地味ですが、
      ひとたび飛び立つとその美しい姿には圧倒されます(^^)
      年に一、二度くらいしか撮影しないので、
      撮りつくしたということはないですが、
      大抵似たような写真ばかりになってしまいます。

  5. #9 投稿者: ともべい (2014年7月13日 - 21:04)

    私もトケン探しましたが、見つからず…流石ですね♪

    • #10 投稿者: アカショウビン (2014年7月16日 - 20:12)

      ともべいさん、こんばんは♪
      暗い日だったので、山中での撮影を諦めて移動中にたまたまでした。
      トケン類は狙ってもチャンスは少ないですね。

  6. #11 投稿者: superkamui (2014年7月13日 - 21:30)

    アカショウビンさんお久しぶりです!やはり、アカショウビンさんの基準は違いますね~!ホオジロの幼鳥も可愛いですね(^^)ホオジロは珍しい鳥ではないようですが雌雄で微妙に色合いが違っていてなかなか、渋い鳥さんだと思いますね(^^)幼鳥は可愛いですよね♪

    • #12 投稿者: アカショウビン (2014年7月16日 - 20:17)

      superkamui さん、こんばんは♪
      ホオジロは、私の周りでは
      夏場に最も数が多い鳥かなと思うほどポピュラーです。
      でも普通の鳥を普通に観察できることが一番良いことだと思いますね(^^)
      ブッポウソウが嫌いなわけではないのですが、
      いろいろと考えされられることがあります。
      鳥さんの問題ではなく、私の気持ちの問題ですが・・・

  7. #13 投稿者: agehamodoki (2014年7月16日 - 13:03)

    ブッポウソウではテンション下がりますか?
    そのブッポウソウを求めて1日470キロをドライブしました(汗)
    岡山のブッポウソウは3回目で、以前は下手なデジスコでした。
    まっ、巣箱へ出入りする姿を見ていると「野鳥らしくはない」かもしれません。
    でも、独特の青い色は魅力的だと思います。
    トケン類は、ホトトギスの声を聞くけど姿が見えません。
    そんなこんなで夏が過ぎて行きそうな・・・・

    • #14 投稿者: アカショウビン (2014年7月16日 - 20:35)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      今年は足を延ばされたのですね(^^)
      巣箱ではない個体も居ますが、最近は大半が巣箱なので、
      写真を撮ってもあまり面白味はありませんね。
      最初は巣箱で個体数を増やすことは大賛成の立場だったのですが、
      今では人為的な問題で外来種が増えるなどして、
      生態系のバランスを崩したことと同じような行為を繰り返しているのでは?
      とも考えるようになりました。
      餌となる昆虫に影響は出ていないのか?
      そもそも本当にブッポウソウの個体数を急速に増やす必要があるのか?
      何度考えても私の頭では答えが見つかりません。

      • #15 投稿者: agehamodoki (2014年7月19日 - 23:35)

        なるほど、おっしゃることにも一里も二里もありますね。
        特に特定の種に肩入れすると言うことは、
        全体のバランスをくずす危険はありそうです。
        餌の虫などを考える時は、農薬散布の低減とかも必要ですよね。
        失った自然を回復させるのは難しいです!

        • #16 投稿者: アカショウビン (2014年7月20日 - 05:04)

          agehamodoki さん、こんばんは♪
          私の場合、少し考えすぎかもしれませんね(^^ゞ
          楽観的に考えれば、自然界で生きている人間が掻き回すことは、
          神様にとっては想定済みなのかもしれません。
          新たなバランスが生まれて、進化の引き金になるかも!?
          農薬は、害虫駆除を目的としているものも多いだけに、
          いろいろ生態系への影響は大きいでしょうね。
          稲作など、同じものを広く作るような農業が始まってから、
          特定の虫だけを増やしてしまったたという経緯もあるかもしれません。
          それでも、以前に比べると農薬の使用は随分減った気がします。

  8. #17 投稿者: koyuki (2014年7月19日 - 23:45)

    アカショウビンさんお久しぶりです^^。
    最近は飛翔してる鳥が多くて上昇気流に乗ってると
    思いましたが、テンション下がり気味なのですか?
    前回のホオジロは絵画的でステキですね。
    アマサギさんは私のところのように亜麻色と白のペアのようですが
    何故でしょうね。
    今年は沖縄でアカショウビンさんはじめ琉球の鳥やチョウを
    見る予定で楽しみにしてたのですが、くっ・くっ・くっ・・・・・敢え無くキャンセルo(>_< )o
    欲張らず無理せずボチボチいきます。
    アカショウビンさんも夏バテに気を付けて下さいね。

    • #18 投稿者: アカショウビン (2014年7月20日 - 05:26)

      koyukiさん、復帰されたようで何よりです(^^)
      毎年この時期はテンションが下がり気味になりますが、
      あまり鳥さんが撮影できないうえに、
      暑さが苦手なことも原因だと思います(>_<;)
      アマサギは、繁殖期でも真っ白な個体を見かけますね。
      反対に嘴などがものすごく鮮やかな色をしているものも見かけます。
      数の比率から考えても、性別によるものではないでしょうが、
      個体差なのか、はたまた年齢による差なのでしょうかね?
      沖縄旅行のキャンセルは残念でしたね・・・
      私は鳥見目的では、あまり遠出はしたことがないです。
      違った地域に出向けば、観察種が一気に増やせると思いますが、
      地元中心でボチボチも良いものだと思いますよ(^▽^)/

  9. #19 投稿者: ❤ちえたん (2014年7月21日 - 17:53)

    アカショウビンさん♪

    ブッポウソウ、そちらで案内してもらってから
    一度も見た事がないんですよ・・・(大汗)
    っていうか・・・その気で探しに行ってないかな?
    どうやら、既に雛が孵り先日は巣立ったみたいです。
    という事で、今年は逢えずじまいかな?><
    来年こそ、〇太川を上って逢いに行きたいと思います。
    なかなか姿を見れないカッコウ・・・・・。
    いいなぁ~♪
    いつの日にか出会えるチャンスの為に
    日頃足腰だけは鍛えておかねば!!!(笑)

    • #20 投稿者: アカショウビン (2014年7月21日 - 19:37)

      ❤ちえたん さん、こんばんは♪
      ブッポウソウはあれ以来ですか・・・
      数が増えているとはいえ、観察できる場所は、まだまだ限られますよね。
      地域にもよると思いますが、今頃が巣立ちのピークでしょうね。
      遅いペアでも、次の週末だと微妙なタイミングかな?
      毎年同じ場所で繁殖する可能性が高いので、
      来年こそ頑張ってくださいね!
      カッコウは個体数が少ないし、姿を見つけるのも一苦労・・・
      でも、ツツドリやホトトギスよりは撮影しやすい気がするので、
      足腰だけでなく、頭も鍛えて?万全の態勢で臨んでくださいね(笑)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。