隠し子発覚!?

先日は全国的に暑かったですね(; ̄ー ̄川

私のところでも猛暑日を記録し、夜も熱帯夜すれすれでしたが、

過去に地元でこれほどの高温だったことは記憶にありません。

元々暑さに弱く、低体温の私にとっては、体温を超える気温にフラフラ状態でしたが、

各地で熱中症の被害が出ていますし、私自身も過去に倒れたことがあるので、

お互い気をつけましょう!

一転して今朝は15℃まで下がり、北海道とあまり変わらないくらいの気温でした(^▽^)v

まるで秋が来たかと思うほどの爽やかな朝でしたが、毎日こんな感じだと良いのにね!

 

さて昨日は、涼しい朝のうちに近所をひと回りしてみましたが、今シーズンは鳥の鳴き声も少なく、

おまけにセミの鳴き声もあまり聞かれず、山が不気味に静まり返っているような気がしました。

これといった写真も撮れなかったので、少し前に撮影していたセルフ写真を載せておきます。

image11312

image11314

image11315

image11318

image11313

image11317

スクープです!!!

何と私の隠し子が発覚!?

image11319

アカショウビンの雛を見たのは初めてのことです。

孵化後間もないと思われる段階で観察できることは、極めて珍しいのではないでしょうか?

image11323

親子のショット・・・こんな場面にはもう二度とお目にかかる機会がないかもしれませんね(*´∇`*)

(明暗差が大きいので、お使いのPCの画面の特性や、明るさの設定によっては奥が真っ黒で見難いかもしれません)

image11321

image11322

image11320

残念ながら、この雛に大空を飛ぶ日が来ることはありませんでした(ー人ー)

広告
  1. #1 投稿者: wakasahs15th (2014年7月28日 - 08:25)

    こんにちは(*^_^*)
    隠し子との対面!思い出の一コマですね。
    大空を飛ぶ日が来なかったとは悲しいです^^;

    • #2 投稿者: アカショウビン (2014年7月29日 - 18:03)

      wakasahs15th さん、こんにちは♪
      今回の写真は宝物の一つになりそうです(^^)
      自然の中で生き残るのは大変なことのようですね。
      でもアカショウビンだけが増えてもいけませんし、これで良いのだと思います。

  2. #3 投稿者: agehamodoki (2014年7月28日 - 20:15)

    あらまぁ、ご自身のセルフ画像だけだとおもったら隠し子が!?
    巣穴から顔を出す雛は「ふるさとの森」で見たことがありますが、
    生後間もない雛をこんなアングルで、貴重な画像でしょう。
    それに、悲しい結末を知らされると辛ら過ぎます!

    • #4 投稿者: アカショウビン (2014年7月29日 - 18:08)

      agehamodoki さん、こんにちは♪
      最初は、まだ抱卵中なのかと思っていましたが、
      親が巣から離れた後に、チビちゃんが顔を出したのでビックリです。
      巣穴が浅かったことが観察には良かったと思いますが、
      それが悲劇につながったかもしれません。

  3. #5 投稿者: kanaconnie (2014年7月28日 - 20:20)

    目の感じが生まれたてです。
    でも最後の一行・・・悲しすぎます。
    自然の出来事とは言え・・・(T_T)

    • #6 投稿者: アカショウビン (2014年7月29日 - 18:12)

      kanaconnie さん、こんにちは♪
      可愛い雛たちでしたが、これが最初で最後の観察となりました。
      仮に無事巣立ったとしても。成鳥になれるのはごく一部でしょう。
      できることなら成長していく姿を見たかったです。

  4. #7 投稿者: superkamui (2014年7月28日 - 20:30)

    アカショウビンさん、暑さで倒れたことがあるんですか!??(@@;)それは大変でしたね…くれぐれもお気をつけくださいませ…。孵化したては、こんな感じなんですね…ヘビかカラスあたりに襲われてしまったのでしょうか(>_<)

    • #8 投稿者: アカショウビン (2014年7月29日 - 18:17)

      superkamui さん、こんにちは♪
      熱中症になった時、かろうじて意識はあったのですが、
      体は全く動かず、声さえ出すことができませんでした。
      水分は充分とっていたつもりでしたが、油断大敵ですね(^^;
      アカショウビンの雛はテンに襲われた可能性が高そうです。

  5. #9 投稿者: koyuki (2014年7月28日 - 23:26)

    あららら・・・アカショウビンさんも芸能人並み?
    スワ!スクープ!@@と思いきゃそーゆー事だったのね。
    孵化したばかりの雛に良く出会えましたね!
    巣穴の親子のショット見えます。見えます。
    育雛に問題があったのでしょうか・・・・
    あまり深く追求しない方が良いのかな?
    残念ですね。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2014年7月29日 - 18:43)

      koyuki さん、こんにちは♪
      雛がある程度成長して、巣穴から顔を出すということはありますが、
      孵化から間もない段階で観察できることは貴重でしょうね(^^)
      どうやら雛はテンに襲われたようで、
      後でその痕跡らしきものも確認しました。
      場所が良かったような悪かったようなで、多くのギャラリーでしたが、
      下手をすると育児放棄になりそうな雰囲気もあったので、
      観察者の一人として反省している部分もあります。

  6. #11 投稿者: りばてぃ (2014年7月29日 - 00:36)

    おお、スクープですね。
    それにしても寒暖差が大きいと、身体に堪えますね。

    • #12 投稿者: アカショウビン (2014年7月29日 - 18:49)

      りばてぃさん、こんにちは♪
      朝晩は比較的過ごしやすいのですが、
      日中ジリジリと気温が上昇する感じは辛いですね(>_<)
      でも、この寒暖差で野菜などが美味しくなるのだと思います(^^)

  7. #13 投稿者: kakasi24 (2014年7月29日 - 13:39)

    見事なショットです! これで、後2~3年は同じポイントで楽しめますね・・・人が増えないことをお祈りします。  通常営巣成功していれば最長4回同一の巣を使いますし、巣の状態はかなり太くて綺麗な状態なのでたのしみですね。

    • #14 投稿者: アカショウビン (2014年7月29日 - 19:11)

      kakasi24 さん、こんにちは♪
      昨年あたりからギャラリーがかなり多くなって、
      各地で繰り返されている状況になりそうな懸念があります(>_<)
      スピーカー行為で集客する人もいますが、いかがなものかと・・・
      営巣箇所は毎年のように発見されていますが、
      こちらの個体群は、毎年新しい巣穴を掘るようで、
      これまでには同じ巣を繰り返し使ったという確認例はないようです。
      今回は自ら掘った穴ではない点はイレギュラーでした。

  8. #15 投稿者: ❤ちえたん (2014年7月30日 - 07:24)

    アカショウビンさん♪ おはようございます^^

    昼間は本当に暑いんですが
    ここ数日の朝晩は、まるで初秋のような涼しさでしたね^^
    (*✪o✪*)おぉぉ♬  セルフ写真ですね^^
    アカショウビン様にはお逢いした事があるのに
    本物?!のアカショウビン鳥には逢った事がないんですよ^^;
    どちらも、美しい~という点は一緒ですね!(ホンマカイナ?笑)
    巣を見つける事も難しいのに・・・。
    雛まで撮影だなんて~~~素晴らしいです^^
    残念な結末だったようですが、貴重な写真ですね!^^
    こちらのサンコウチョウやコサメちゃんもですが
    中々雛が巣立つのは厳しいですね・・・・><
    一昨年の様に、人が歩き回る誰にでも見つけられる様な場所でも
    多くのギャラリーや外敵を跳ね除けて?!
    しっかり4羽のお子が巣立ったというのは
    珍しい例なんでしょうね。。
    数がどんどん減ってきていることを考えると
    せめて、人(ギャラリー)が繁殖の妨げにならないように気をつけたいものです。

    • #16 投稿者: アカショウビン (2014年8月10日 - 19:21)

      ❤ちえたん さん、こんばんは♪
      あらまぁ、バッタモンのアカショウビンには逢ったことがあっても、
      本物はまだでしたか・・・
      いったい、どちらが貴重種なのでしょうね?(笑)
      アカショウビンは巣の近くではそれほど鳴かないので、
      発見するのは偶然の産物のような気もします。
      自分自身で見つけたことは、まだ一度しかありません。
      今回の繁殖失敗は、人間のせいではありませんでしたが、
      神経質な鳥だけに、連日人間が張り付いている状況だと、
      営巣放棄につながる可能性は充分考えられます。
      餌運びの間隔が伸びて、巣立ちが遅れると、
      渡りに間に合わなくなったりする可能性も考えられるので、
      慎重な行動をしなければならないなと、改めて感じています。
      野生の生き物とは、適度な距離を保ちつつ付き合うことが大切ですね!

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。