あわや(; ̄ー ̄川

シギチの渡りが本格化してきました(^^)

この秋は監察条件の良い場所がなかなか見つからず、あちこちに立ち寄っても空振りばかりですが、

雨が続いていたおかげで、休耕田の一角だけが妙に賑わっていました。

 

ヒバリシギ

数もそれほど多くないシギですが、水鳥の中でも最小クラスの鳥だけに、

丹念に探さなければ見過ごしがちですね。

image11422

至近距離で大サービスでしたが、実はこの鳥の体長は約14cm、

スズメと同じかやや小さいくらいです。

image11423

image11425

image11426

image11427

特徴的な背中の斑が見える正面顔、一度は撮っておきたかったショットです。

image11424

エリマキシギ

色合いが特徴的なので見間違うことのないシギですね。

image11428

image11429

image11432

image11431

どんどん近づいてきて、最後はドアップです。

image11430

コアオアシシギ

image11418

トウネン

image11421

タカブシギ

image11419

コチドリ

image11420

実は今回の撮影中、突然カメラがエラー表示(@@;

メディアが異常とのことでしたが、前回も同じメディアで撮影中にエラー表示していて、

そのときはメディアを抜き差ししたら問題なかったので、今回も同じかと思って抜き差ししても、

アクセスランプが点きっぱなしで、ウンともスンとも・・・(滝汗)

とりあえず慌てて予備のメディアに交換して、ヒバリシギとエリマキシギだけは撮影し直したのですが、

PCに繋いだら、何とか画像は取り出せたのでホッとしました(´▽`)

もちろん、すぐに新しいメディアを買い足したのは言うまでもありません。

高級なカメラでは2枚のメディアに同じ画像を書き込めるものもありますが、

プロが使う場合には、このような機能は必要だなと痛感しました。

 

取り直しのきかないような撮影で、しかも画像が全く取り出せなかったら・・・

と考えたら青くなりました。

値段的な痛手は少ないですが、場合によれば、カメラやレンズが壊れるよりもたちが悪いですね。

初期不良で同じような経験はありますが、

順調に使っていてしかも一番最後に買い足したメディアだっただけにショックです。

カメラなどもそうですが、意外と最初に買ったものがいまだに故障知らずだったりします。

広告
  1. #1 投稿者: asobo (2014年9月12日 - 21:17)

    撮影中のメディアのトラブル、残念でしたね。
    ぼくは大切な取材のとき、機器のトラブルで録音ができてなかったことがあります。レコーダー3台で万全を期したはずなのに、取材後録音できないことがわかって青くなりました。ある分野で有名な方、ふたり。スケジュール調整も大変だった対談だったけど、お二人の方が即スケジュール調整をしてくださり、あらためて対談。救われました。
    今日の記事をみて、久しぶりに思いだした出来事です。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2014年9月14日 - 21:33)

      asobo さん、こんばんは♪
      文面から察すると、お仕事中のトラブルですかね?
      趣味だったら、自分が困るだけですが、
      お仕事なら、ゴメンナサイだけじゃ済まされませんよね(^^;
      機材がいつか故障することは想定していますが、
      いざ何かがあると焦ります。
      とりあえず今回は大事に至らず良かったです。

  2. #3 投稿者: ❤ちえたん (2014年9月12日 - 22:23)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^

    シギチの渡り、本格的になったのですね~♪
    明日から連休なので、お隣り県まで遠征してこようかしら^^
    エリマキシギのドアップ!中々珍しいのではないでしょうか?
    凄い迫力だし、可愛いお顏していますね^^
    スズメより小さいヒバリシギ?
    よく見つけられましたね^^
    しかも、小さいのにくっきり~と撮れていて流石です!!(パチパチパチ)
    >色合いが特徴的なので見間違うことのないシギですね。
    いやいや・・・見間違うどころか!
    未熟者の私には、どのシギを見ても同じに見えてしまいます(汗)
    識別ポイントは色々あるんでしょうが
    覚えられないんですよね~~^^;
    メディアの故障、大切な写真が残っていて良かったですね^^
    カメラやメディアは消耗品だからいつかは壊れるんでしょうけど
    早くダメになるもの、ずっと長く使用できるもの、と
    きっと運もあるんでしょうね!^^;

    • #4 投稿者: アカショウビン (2014年9月14日 - 21:52)

      ❤ちえたんさん、こんばんは♪
      エリマキシギは、比較的警戒心が弱いイメージがありますね。
      暖色系の色合いということもあり、優しげな感じがします(^^)
      トウネンもヒバリシギと同じくらいの小さなシギですが、
      休耕田のような環境だと、見つけにくいことが多いですね。
      春はどこの水田も水が張られているので、捜索範囲が広くて大変ですが、
      秋は探す範囲がごく狭いので、見落とす可能性は低いかな?
      シギは種類も多いし、似たものが多いので、最初は大変でしたが、
      何度も見ていると、少し変なのが交っているなというのが判るようになります。
      正直、特徴をいちいち覚えているわけではなくて、
      変だなと思った時には時は、すぐに図鑑と見比べていますね。
      メディアのトラブルって結構多いみたいですね。
      カメラの方がずっと複雑だと思うけれど、
      案外頑張ってくれています(^^)

  3. #5 投稿者: superkamui (2014年9月13日 - 15:33)

    こんにちは!ヒバリシギはそんなに小さな鳥なんですね。写真で見ただけではサイズがわからない時があるので、ご丁寧に解説して頂いて助かります(^^)一見地味に見えますが、羽の模様が繊細で綺麗ですね!

    メディアトラブルは怖いですね(>_<)鳥さんとの出会いはほんの一瞬の出来事で貴重ですものね…

    • #6 投稿者: アカショウビン (2014年9月14日 - 22:00)

      superkamui さん、こんばんは♪
      鳥の写真って、人工物をできるだけ避けて撮影するので、
      大きさの感覚が判らないですよね。
      いつも撮影している鳥同士でも、一緒に並んだときに、
      大きさのイメージがずれていることに気が付くことがあります。
      これまでに、一枚だけしか画像を残せていない鳥さんも結構ありますが、
      もしそんなタイミングでトラブルが起きていたらと思うと、ゾッとします(^^;

  4. #7 投稿者: agehamodoki (2014年9月13日 - 20:24)

    田んぼのシギチですね。
    今年は何故かヒバリシギとの出会いが多いです。
    背中の白V字が識別ポイントですね。
    エリマキも最近滞在したらしいですが、出遅れました。
    あくまで通過途中の立ち寄りですね。
    コアオアシシギは縁が無いシギの1種です。
    文字通り小さなアオアシシギですが、その細い嘴が見たいです。
    タカブシギも今年は個体数が多いように思います。
    コチドリはアイリングのハッキリしない幼鳥が多いです。
    シギチの渡りはすでに後半戦かな!?

    • #8 投稿者: アカショウビン (2014年9月14日 - 22:14)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      ヒバリシギを観察した場所にもう一度出かけたら、
      既に乾いてしまって、何も居ませんでした(T_T;
      今シーズンは、なかなか2度目というのがありませんが、
      エリマキは他の場所でも見つかったので、嬉しかったです(^^)
      私はコアオアシシギはほぼ毎年見ているような気がします。
      多いときには10羽近くを見ることもあるので、
      場所にもよるのでしょうね。
      この秋はアオアシシギのほうがまだ撮れていなかったりします(^^ゞ
      タカブシギは春も秋も30羽くらいの群れを見ました。
      どの種類もそうですが、年によってかなり当たり外れがありますね。

  5. #9 投稿者: kanaconnie (2014年9月14日 - 20:51)

    ヒバリシギ、14センチ!!\(◎o◎)/!そんなに小さいんですか~。びっくりです。スズメサイズでもしっかり足は長いですね。
    エリマキシギのおすましウォーキングがかわいいです。
    コチドリ、あったかそう(*^_^*)

    • #10 投稿者: アカショウビン (2014年9月14日 - 22:20)

      kanaconnie さん、こんばんは♪
      ヒバリシギとトウネンは、サイズ的にはほぼ同じくらいなのですが、
      脚の短いトウネンはチョコチョコ動くのに比べて、
      ヒバリシギはモデルウォークのような感じがしました(^^)
      コチドリは真ん丸でフワフワですが、
      寒いのは嫌いなようで、そろそろ見納めだと思います。

  6. #11 投稿者: koyuki (2014年9月17日 - 16:22)

    アカショウビンさんヒバリシギ、koyukiも見落とすところでした(笑
    14㎝の小鳥さんを鮮明に写されて、図鑑の様です(-^▽^-)
    シギチは地面と一体化されてて見落とすことが多いですね。
    背中の斑が写ったお写真はヒットですね!
    こちらはヒシクイが渡って来てるそうです。
    秋も終わりかと思うと淋しいです。

    • #12 投稿者: アカショウビン (2014年9月17日 - 18:25)

      koyuki さん、こんばんは♪
      ヒバリシギは、トウネンと一緒だったので、
      一羽一羽きちんと見なければ気が付かないところでした。
      結構警戒心が強く感じましたが、車の中で待っていると、
      すぐ近くまで来てくれました(*^-^)
      地味なシギって、かなり大きくてもなかなか気が付かないものですよね。
      タシギは飛んで初めて気が付くことばかりです(^^;
      もうヒシクイの季節なのですね。
      冬の初めだと思うと楽しくなるかも?(笑)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。