♪ある日~

週末はこの時期限定のムギマキでも見られれば・・・と思ってあちこち探しましたが、姿はなし(-“”-;)

指定席のカラスザンショウにはメジロが陣取っていただけでした。

image11627

ホオジロ科の冬鳥も一気に増えてきましたが、まだこの時期は愛想が悪く、

カシラダカが少しだけ相手をしてくれました。

image11626

アトリ

image11628

夏鳥のクロツグミがまだ見られたりといろいろありましたが、これといった写真も撮れないまま時間だけが・・・・

 

そんな中で、地元では実に8年半ぶりに見つけたノゴマです。

障害物により散々な写真ですが、これでもかなり嬉しかったです(^▽^)/

image11624

通過個体は少なくないはずだと思いますが、

藪から出てこないうえに、渡りの時期にはほとんど鳴くことのない鳥のように思います。

都市公園などでは毎年普通に観察できるみたいですが、地元で次なるチャンスに期待しましょう(^▽^)/

image11625

地元では冬が近づくにつれ姿を見る機会が減ってしまうカワセミ君です。

image11629

image11630

キセキレイも真冬にはあまり姿を見かけなくなります。

もうじき雪の少ない暖地へ移動するのでしょうね。

image11631

なんだか鳥さんを探していただけで、全然写真が撮れなかったなと思っていたら、

上空から鋭い視線が・・・( ̄(エ) ̄)(>_<;)

クマタカですね!

image11632

たまに見る機会はあるものの、最近は全然写真に撮れていなくて、

ずいぶん久しぶりの撮影でした(^^ゞ

ブログでは今回が初登場ですね。

image11636

撮影中小さいのが寄ってきたのでハイタカかな?と思っていたのですが、後で見たらツミのようです。

一口にタカと言っても、大きさはさまざまですね。

image11634

広告
  1. #1 投稿者: wakasahs15th (2014年11月3日 - 19:00)

    こんばんは(*^_^*)
    クマタカ!模様が綺麗ですね。上から見るとどうなんでしょう。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2014年11月8日 - 19:51)

      wakasahs15th さん、こんばんは♪
      クマタカの羽の模様は上から見てもほぼ同じですね。
      ただ色合いは黒褐色で渋い色をしています(^^)

  2. #3 投稿者: KYG (2014年11月3日 - 19:14)

    翼から見ておおきそうですね~~。 

    • #4 投稿者: アカショウビン (2014年11月8日 - 19:56)

      KYG さん、こんばんは♪
      クマタカは、トビと同じかやや大きいくらいですが、
      迫力は数段上かな?

  3. #5 投稿者: agehamodoki (2014年11月3日 - 20:22)

    こちらでもムギマキと言えばカラスザンショウですね。
    神戸菊水山が全国区ですが、地元北摂にもポイントがあるらしいです。
    行こう、行こうでシーズンが終わってしまいそうです(泣)
    カシラダカもアトリも到着していますが、まだ見たことありません。
    ノゴマ、見られて良かったですね。
    クマタカ、翼の幅がダントツに広いです。
    正しく森林の王者です。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2014年11月8日 - 20:04)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      ムギマキは滞在期間が短くて、
      シーズンにワンチャンスでもあれば良い方ですよね。
      ここ数年は毎年お目にかかれていましたが、
      今シーズンはヒタキ類がサッパリです。
      11月いっぱいはまだチャンスがありますかね?
      アトリは最近まで大群があちこちで見られましたが、
      今日は小群が飛んだだけで、次の場所に旅立ってしまったようです。
      ノゴマは証拠写真にもなりませんでしたが、
      地元で観察できたことは何よりです(^^)

  4. #7 投稿者: ◯◯泰男 (2014年11月4日 - 05:48)

    鳥さん、減りました。
    庭のバードフィーダに餌を入れたのに、まだ誰も来ません。
    鳥さんもこの中途半端な寒さは嫌なんですかね

    • #8 投稿者: アカショウビン (2014年11月8日 - 20:08)

      ◯◯泰男 さん、こんばんは♪
      渡りの時期は、鳥の数が増えたり減ったりで波がありますね。
      私のところも、今は数が少し減ってしまいました。
      でもこの季節は、次々と違った鳥さんが通過して行く楽しい時期だと思いますよ。

  5. #9 投稿者: kanaconnie (2014年11月4日 - 21:22)

    カワセミはやっぱり秋に見ると淋しい感じ。やはりブルーが映えるのは夏かな~。
    上からの視線もビンビンかんじるのですね、さすがです!!

    • #10 投稿者: アカショウビン (2014年11月8日 - 20:13)

      kanaconnie さん、こんばんは♪
      カワセミは夏の方が強い日差しのおかげもあって、
      色鮮やかに見えるような気もしますね。
      上からの視線にも気を付けておかないと、
      不意に襲われてしまうかもしれませんね(^^;
      あっ!アカショウビンは不味いので安全だったかも(^^ゞ

  6. #11 投稿者: superkamui (2014年11月5日 - 17:59)

    カラスザンショウの紫が綺麗ですね。メジロとの取り合わせがまたいい感じですね。植物と鳥の組み合わせは実に絵になりますよね!ノゴマの澄んだ瞳も印象的です…あまり澄んでいない人間が恥ずかしくなったりして…。しかしアカショウビンさんが8年半ぶり!??渡りコースから外れているということでしょうか…驚きました。

    クマタカとツミの対比も非常に勉強になります。どちらか片方だけでも、お目にかかってみたいものですよ(^^)

    • #12 投稿者: アカショウビン (2014年11月8日 - 20:24)

      superkamui さん、こんばんは♪
      カラスザンショウは、秋冬の鳥たちにとって貴重な食料の一つですね。
      文字通りのカラスから、キツツキや時にはウグイスまで食べに来たりします。
      この冬もどんな鳥さんが集まってくるか楽しみです。
      北海道ではノゴマはポピュラーな野鳥なのでしょうね(^^)
      なにせ観察の機会が少ないですから、
      渡りのコースがどうなっているのかもわかりませんが、
      海岸近くから山地まで色々な場所で観察の可能性はありそうです。
      クマタカは北には少ない鳥でしたかね?
      ツミはタカの中でも特に小型で、
      以前目の前に現れた個体はヒヨドリと同じくらいしかありませんでした。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。