様々な春

この週末、姪っ子から幸せのおすそ分けをもらいました(^^)

普段、鳥さん以外はほぼ撮影しないアカショウビンにとって、

全く異なる被写体に悪戦苦闘(^^;

2549

一応2台のカメラを準備していきましたが、

背景がボケすぎる写真は好まれないだろうし、

大きく撮りたい時は近くから撮ってあげた方が良いと思い、

あえて望遠レンズは封印しました。

普段は望遠レンズばかり使っているので、

もどかしさを感じる場面もありましたが、

レンズ一本の方が身軽で撮影だけに集中できて、結果的には良かったと思います。

フラッシュを使わないことは最初から決めていましたが、

最近のカメラは高感度も安心して使えるので、全く問題ありませんでした。

2550

プロの方は2台のカメラにレンズ交換もアリで、少なくとも3本のレンズを使っておられましたが、

撮影の手際の良さにはただただ感心するばかりでした。

プロの方とはできるだけ違った場所から撮影するように心がけたので、

私にしか撮れなかった写真もきっと沢山あるはず・・・・

喜んでもらえるかな?

2551

高いモデル料を払ったので、ちょっぴり顔の雰囲気がわかる写真も載せさせてね(笑)

馬子にも衣装というか・・・

化けの皮をうまく被ったというか・・・

メイク技術の進歩のおかげか!?

いつもより5割増しくらい可愛く見えたような気がします(^m^)

末永くお幸せに❤

2552

 

さて、我が家のソメイヨシノも満開を過ぎ散り始めましたが、

暖地では八重桜が綺麗な時期ですね。

私が毎春に鳥見をする場所でこんな花が咲いています。

あまり植えられている場所は多くないと思うので、馴染みが少ないかもしれませんが、

実はこれも八重桜の一種で御衣黄(ギョイコウ)という品種です。

ピンクの可愛らしいイメージが強い桜ですが、緑の桜はとてもエレガントな感じがして大好きです(^^)

2553

2554

 

肝心の鳥さんの方は夏鳥が次々と到着して賑やかになってきました。

わが家の上空ではサシバも飛び回るようになり、近所で鳥さんを探したほうがたぶん収穫は大きいと思いますが、

まだこの時期は、通過するだけのレアな鳥さん探しをしたいので、

外れ覚悟であちこち冒険していますが、この春はどこも鳥さんが少なくヒットに恵まれません(>_<)

そんな中、2年ぶりに見つけたオバシギが数少ない収穫でした。

image12013

image12014

image12015

ムナグロ

image12012

ほとんど寝ていましたが、シマアジは20羽近くまで増えていました。

image12016

夏羽に換羽中のオオハム

image12022

もうとっくに渡っていると思っていましたが、大陸系のハヤブサはまだ健在でした。

冬とは違って写真からも暖かさが感じられますね。

image12018

すぐ近くには通常の若いハヤブサも・・・

image12019

ナベヅルもまだ居残っていましたが、このまま越夏する気でしょうか?

マナヅルが20年近くも居ついたこともあるだけに、何が起こるかわからないですよね。

まだ若い個体ですが、頭部の褐色味が無くなり少し大人びてきたようです。

image12020

image12021

オオカワラヒワ

春には大陸へと渡る鳥さんが日本海沿岸に終結することがありますが、オオカワラヒワもそのひとつ。

特に右の個体は三列風切りの白色部がとても目立ちますね。

日本で繁殖するカワラヒワとの識別が困難なことも少なくありませんが、

ここで見かけた個体は、頭部の灰色味がかなり強く、繁殖期に見かける個体とは明らかに色彩が違いました。

image12023

カシラダカ

冬鳥の中では比較的遅くまで観察できる鳥さんです。

image12024

広告
  1. #1 投稿者: wakasahs15th (2015年4月14日 - 21:10)

    こんばんは(●^o^●)
    おめでたの撮影でしたか(^^♪
    小鳥のように素早く動かないからやり易かったのでは?と思いますが。
    綺麗な花婿と花嫁さんが素晴らしいアングルで撮れてきっと喜ばれ
    ますよ。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2015年4月17日 - 19:09)

      wakasahs15thさん、こんばんは♪
      普段、家族写真を撮ることもないアカショウビンにとっては、
      全くジャンルの違う撮影はとても難しかったです。
      動かないとはいうものの、刻々と表情は変わっていくので、
      一瞬のシャッターチャンスを狙いながら、
      進行に応じて、構図や撮影ポジションの考えるのは大変でした。
      とりあえずフォトブックを作ったので、完成品が届くのが楽しみです(^^)

  2. #3 投稿者: ◯◯泰男 (2015年4月15日 - 09:20)

    おめでとうござい (^ ^)

    • #4 投稿者: アカショウビン (2015年4月17日 - 19:10)

      ◯◯泰男さん、こんばんは♪
      ありがとうございます。
      今頃二人は、日付変更線の向こうで遊んでいます(^^)

  3. #5 投稿者: abend (2015年4月15日 - 13:35)

    こんにちは。
    おめでとうございます。
    教会での素敵な画像ですねー。
    鳥さんより動きが少ないから撮りやすいかなーと思いましたが慣れもあるんですかね?(笑)

    • #6 投稿者: アカショウビン (2015年4月17日 - 19:18)

      abendさん、こんばんは♪
      ありがとうございます。
      普段撮影しているものとは撮影スタイルも全然違うので難しかったですね。
      予行練習することもできないし、撮り直しもできないし・・・・
      でも夢中で撮影できたので楽しかったです(^^)

  4. #7 投稿者: superkamui (2015年4月15日 - 14:33)

    こんにちは、姪っ子さんの結婚式、おめでとうございます。しかし5割増しくらい可愛く…って(^^;)いや~、アカショウビンさんも言うことキツイですねえ(笑)

    さて鳥さんのほうですが、カシラダカは遅くまでいるんですね。カシラダカはこちらでは旅鳥のようです、まだチャンスがありあそうですね。できればこの春見てみたいと思っております。今年は渡りが早いようですが、アカショウビンさんもそういう印象をお持ちですか?

    • #8 投稿者: アカショウビン (2015年4月17日 - 19:29)

      superkamui さん、こんばんは♪
      ありがとうございます(^^)
      どんなことを書いても、
      親戚は誰一人このブログアドレスを知らないので大丈夫ですよ(笑)

      こちらでカシラダカは5月初旬まで見られます。
      オスはもう夏羽なので、これからチャンスがあれば良いですね!
      この春は冬鳥を見なくなるのがとても早く感じました。
      記録的な暖冬だったので仕方ないと思います。
      ただ南からの鳥さんはなかなか渡ってこない印象です。
      ほとんど立ち寄ることなく、どんどん通過しているのかもしれませんが(汗)

  5. #9 投稿者: asobo (2015年4月15日 - 21:55)

    最近、さぎの仲間をよく見かけます。
    結構上空を飛んでいるけど、翼竜みたいで見ていて楽しい。
    どうも2種類はいるみたいだけど、識別できません。
    ひとつは羽がグレーっぽく、ほかのは純白みたいです。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2015年4月17日 - 19:48)

      asoboさん、こんばんは♪
      羽がグレーのサギはアオサギという名前ですね。
      白いサギは種類が多くて、日本では6種観察することができますが、
      東日本では、ダイサギとコサギ以外の白いサギの観察機会は、
      あまり多くないかもしれません。
      ダイサギとコサギはかなり大きさが違うので、
      もし大きさが全く違う白いサギを同時に見る機会があったら、
      種類が違うんだと思うだけでも楽しいと思いますよ(^^)

  6. #11 投稿者: agehamodoki (2015年4月16日 - 20:31)

    華やいだ写真撮影お疲れ様でした。
    以前は宣伝販促セクションに居たので、
    よく撮影を頼まれたものです。
    勝手に撮ってる分には気楽ですが、頼まれるとプレッシャーでした。
    オバシギ、ほぼ夏羽ですね。綺麗です。
    例年今頃見られるムナグロ、まだ見ていません。
    シマアジの団体さんって、凄いですね。
    1~2羽でもけっこうギャラリーを集めるのに・・・
    オオハムちょっと遠そうですが独特の模様が分ります。
    普通のハヤブサは近くで営巣するのですが・・・
    今季ナベヅルとの出会いはありませんでした。
    最近は天気のめぐり合わせが悪すぎます(泣)

    • #12 投稿者: アカショウビン (2015年4月17日 - 20:12)

      agehamodokiさん、こんばんは♪
      自分のためだけに撮影する写真なら、失敗しても大したことないですが、
      今回はプレッシャーもありました(^^;
      ただプロのカメラマンが居るのは、ずいぶん精神的に楽ですね。
      どんな料理を食べたかもほとんど記憶に残っておらず、
      後で自分で撮った写真で何となく思い出す始末です(^^ゞ
      渡りの時期のシギは個体によって換羽状況が様々ですね。
      もう色々なシギが見られるだろうと期待したのですが、
      見つけられたのはこの一種だけ・・・
      定番のアオアシシギにさえ出会えませんでした。
      シマアジは毎年同じ場所で観察でき、撮影条件も悪くないですが、
      これまでに撮影している人はあまり見たことがないですね。
      オオハムは200m以上は離れていたでしょうか。
      それでも換羽中の個体はとても嬉しかったです(^^)

  7. #13 投稿者: hulala (2015年4月17日 - 21:21)

    こんばんは
    ブログを間違っちゃったかとびっくりしましたが読んで納得でした。
    結婚式はアップの写真が多いようですが少し引いた感じも全体の厳かな感じが出て
    いいですね。
    八重桜はこれからですが御衣黄の桜は唸るくらい清らかな美しさです。今まで名前は知っていたのですが
    見た事ありませんでした。優雅です。

    • #14 投稿者: アカショウビン (2015年4月17日 - 22:44)

      hulalaさん、こんばんは♪
      結婚式に限らず、写真を撮影するときは、
      主題に目を奪われて、大きく撮りすぎ失敗することが多いですね。
      引きすぎて余分なものが写った時には、後でトリミングすることもできますが、
      反対に写っていなかったものはどうすることもできません(汗
      反省点は沢山ありますが、
      最低限の写真だけは撮影してあげられたような気がします。

      御衣黄は、河川敷にたくさん植えられている有名な場所もあるので、
      緑の桜として知っていたのですが、
      名前の方は全く知らなかったので調べました。
      ブログネタにに使えるかも?と思って、
      鳥を撮影するレンズで遠くから適当に撮っておいたものですが、
      いつかちゃんと撮らなきゃと思っています。

  8. #15 投稿者: ❤ちえたん (2015年4月18日 - 00:39)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^
    姪っ子さま、新郎さま、ご結婚おめでとうございます^^
    末永くお幸せに^^
    カメラマンを頼まれたんですね~♪
    おじちゃんは、いつものカメラ技術を駆使して
    素敵なお写真を沢山撮られたことでしょうね^^
    >高いモデル料
    あはw、思わず苦笑い~^^;
    御衣黄!?淡い緑色で確かにエレガントですね^^
    ひっそりと咲いてる様が、私みたいに?!奥ゆかしくて素敵です!(笑)
    オバシギ、可愛いですね^^
    羽の色が少しオレンジがかってるのは、夏羽に移行中だから?
    ハヤブサが2羽も・・・・・。いいなぁ~♪
    オオカワラヒワと普通のカワラヒワって
    ちょっと見ただけでは解りにくいんでしょうね^^;
    私には識別できないだろうな・・・・・・・(-。-) ボソッ
    カシラダカもまだ残ってるんですねーーー(@@)
    ツグミたちも先日までまだまだたくさん残ってましたが
    一気にいなくなってしまうんでしょうね><

    • #16 投稿者: アカショウビン (2015年4月20日 - 22:38)

      ちえたん さん、こんばんは♪
      ありがとうございます(^^)
      最初は、個人的に少しだけ撮るつもりだったのですが、
      食事も何もそっちのけで、撮りまくる羽目になりました(^^;
      適当な機材もなかったので、レンズを買うことから始まりましたが、
      思いのほか使い勝手がよく、今後の撮影の幅も少し広がりそうです。
      御衣黄は色が綺麗な期間は短く、
      時間とともに赤味を帯びてしまいます。
      今は高速で北へ向かわれるようになったでしょうが、
      国道沿いにはこの桜が沢山咲く名所があるので、
      いつかタイミングが合えば立ち寄ってみてください(^^)
      カワラヒワとオオカワラヒワの識別は、
      それほど自信があるわけではありませんが、
      右の個体のように白斑が目立つ個体はまず間違いありません。
      大きさも同時に観察すればわかる程度の差はあるようです。
      カシラダカは今季それほど個体数は多くないように思うので、
      いつまで観察できるでしょう?
      一時期少なかったツグミは、また少し増えていました。
      渡りの時期は波がありますね~
      泣いても笑ってもあと一か月後には、
      冬鳥はほぼ観察できなくなっているはずです。

  9. #17 投稿者: kanaconnie (2015年4月21日 - 20:38)

    おめでとうございます。
    鳥さんよりはずっと動きが緩やかなのに苦労しました…とおっしゃるのがなんだか面白いです。
    御衣黄の花はなんとなく花嫁のイメージもあります。
    オバシギのまだら模様・・・きれいです。おばさんの顔のシミとは大違い!
    あららオバちがい!!(^_^;)

    • #18 投稿者: アカショウビン (2015年5月11日 - 18:37)

      kanaconnie さん、こんばんは♪
      コメントを見落としていて申し訳ありません。
      ありがとうございます(^^)
      鳥と違って撮り直しがきかないし、
      室内撮影や人物撮影はほぼ初めての私にとっては、
      カメラ設定も試行錯誤の連続でした。
      GWには二人で遊びに来てくれたので、
      無事フォトブックを渡すことができました。
      披露宴で使われていた花は、御衣黄と同じような色彩の花でしたが、
      ピンクなどよりも落ち着いた雰囲気で、品の良さを感じました。
      オバシギは居てもオジシギというのは居ませんからね(笑)
      あっ!でもオオジシギという名前の鳥は居るんですよ。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。