お祭り継続中

平地の渡りはピークを越えた感がありますが、山の朝は様々な囀りでいっぱい久々に賑やかでした。

だんだん撮影の難しい時期になりますが、

これから渡ってくる鳥さんも少なくないので、ボチボチ頑張っていこうと思います(^^)b

コチドリ

image12137

image12158

シロチドリ

image12161

メダイチドリ

image12155

死んだふりしてたら、アカショウビンさんに見つからないかな!?

image12152

ムナグロ

image12150

タカブシギ

image12149

チュウシャクシギ

近すぎたのでどうしようかと思いましたが、そのままドアップで。

image12144

キアシシギ

image12156

image12157

ソリハシシギ

image12154

image12151

image12153

アオアシシギ

image12141

ハマシギ

image12143

タシギ

image12140

シマアジ

image12172

イソヒヨドリ

image12162

セッカ

image12148

オオヨシキリ

image12142

コヨシキリ

春に撮影したのは初めてかな?

秋よりは春の方が撮りやすいのですが、他の鳥さん探しに夢中でつい忘れがちです。

image12146

image12147

コムクドリ

毎年春と秋に通過しているはずですが、私にとってはなかなかチャンスに巡り合えない鳥さんです。

オスが一羽だけでしかも電線ですが、この週末では一番の収穫でした。

image12139

トビはハンターのイメージがあまり強くないですが、この日は飛んでいるヒバリを捕まえていました。

ハヤブサなどが上空に現れると小鳥たちは一斉に警戒しますが、

トビだからと油断した結末かもしれませんね。

image12159

image12160

オオルリ

image12138

ソウシチョウ

image12165

エナガ

image12166

サンショウクイ

image12164

image12169

センダイムシクイ

渡りの時期にはよく鳴き声を聞きますが、姿を見つけにくい鳥さんですね。

最近撮影していないような気がして遡ってみると3年ぶりの撮影でした(^^ゞ

image12171

image12163

オオアカゲラ

image12167

image12168

アオバト

image12170

この週末、黄色のセキレイが飛ぶのを見たので半日捜索しましたが、結局正体はつかめませんでした。

環境的にキセキレイの可能性は極めて低いと思うので、時期的にもあの鳥だと思うのですが、

光線の関係で違った色に見えた可能性もあるので、またいつかのチャンスに期待しましょう。

広告
  1. #1 投稿者: superkamui (2015年5月13日 - 10:41)

    毎度毎度、凄いシギチの充実ぶりですね!!シギチ図鑑のようです(^o^)ソリハシシギとコブハクチョウが並ぶと、いかにソリハシシギが小さいかがわかります。

    トビのハンティングも決定的瞬間ですね!獲物は揚げヒバリ君ですか…。いや、囀り飛翔をしていたわけではないかもしれませんが(^^;)

    ヨシキリコンビもいたのですね。コヨシキリのキリっとした顔立ちが好きです。コムクドリのオスは首全体が赤褐色の個体もいますが、これくらいの「オカメ」が一番可愛いですね(^^)

    • #2 投稿者: アカショウビン (2015年5月17日 - 20:04)

      superkamui さん、こんばんは♪
      シギチは、良い日に当たると、沢山の種類を一気に観察できるので、
      他の鳥とは少し違うかもしれませんね。
      水鳥の中では一番好きなので、渡りの時期には気合が入ってます(^^)
      ヒバリは囀っていたので、
      大型でそれほど小回りが利かないトビにとっては、
      格好の標的になったのだと思います。
      羽をすぼめて一気に襲い掛かる姿は迫力満点でした。
      コムクドリが渡る時期には、ずらっと電線に並んだ姿も観察できるようですが、
      日本海側を通過する個体は元々あまり多くないのかもしれません。
      ムクドリの仲間ではダントツに可愛いですよね(*´∇`*)
      いつかもう少しまともな画像を残したいものです。

  2. #3 投稿者: agehamodoki (2015年5月13日 - 14:40)

    なる程、色んな鳥が並びましたね。
    水辺のシギチは、こちらでは良いロケーションに
    恵まれないので、どうしても行く回数が少ないです。
    単独個体も良いけど、アオアシシギやハマシギの
    団体さんも趣がありますね。
    特に胸の黒いハマシギに夏を感じます。
    コブハクチョウが背景のソリハシも面白いアイデア画像ですね。ナイス!
    コヨシキリは関西では見かけたことがありません。
    東京赴任中は河川敷の定連さんだったように思います。
    サンショウクイも今季見ないまま終わっています。
    トビのハンティングねぇ、普通は見ない光景ですよね。
    季節外れの台風が高速で通過しました。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2015年5月17日 - 20:21)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      シギチの数や種類は干潟のある場所には敵いませんが、
      ロケーションは恵まれているかもしれません。
      やはり白い砂浜と青い海があれば距離があっても絵になります(^^)
      ハマシギは真夏以外はいつでも観察できるような鳥ですが、
      群れで飛ぶ姿は迫力ありますし、夏羽の色彩は特に目を惹きますね。
      コブハクチョウは、たまたま近づいてきてくれたのですが、
      ハクチョウの近くだけソリハシシギが足早に通り過ぎるので、
      打率がとても悪かったです。
      同じ鳥とはいえ多少警戒はするようですね。
      コヨシキリは毎年通過しますね。
      秋には目立ちませんが、数はとても多くて、
      シギチ以外あまり撮るものがない時期に通過するので、
      良い遊び相手です(^^)
      トビは以前ミサゴのように魚を捕まえようとしたのは見たことがありますが、
      小鳥を捕まえるのを実際に見たのは初めてです。
      遠目には、時々急降下する姿は見ていたので、
      日常的にヒバリを狙っていたのかもしれません。

  3. #5 投稿者: ❤ちえたん (2015年5月14日 - 23:42)

    アカショウビンさん♪ こんばんはーー^^
    凄い種類の鳥たち・・・・。
    スクロールの右手が腱鞘炎になりそうでした(笑)
    コチドリ、小さくてあまり近寄る事ができないのに
    大きく~くっきり~~流石御師匠様!って感じです。
    先日、家の前の河原で雛が孵り、
    毎日夕方、雛の成長を見に通っておりますが
    写真は・・・とんでもないハズカシイものしか撮れないです><
    私の好きなハマシギ~夏羽はちょっと派手なんですね^^
    死んだふり?のメダイチドリ、可愛いです~♪
    シギチってすぐ逃げる為に、立ったままで寝ると聞きましたが
    アカショウビンさんの鳥好きオーラで、安心しきってるんでしょうね(ホンマカイナ?笑)
    オオヨシキリは見たことがあるけどコヨシキリ?
    渡りの途中だけ見れる種類なのですか?
    ここへ来ると、鳥さんのお勉強になり楽しいです~(●^o^●)

    • #6 投稿者: アカショウビン (2015年5月17日 - 20:46)

      ちえたんさん、こんばんは♪
      あらあら、右手が腱鞘炎になったら写真が撮れなくなりますよ(笑)
      私のブログは、ほどほどに見てくださいね!
      コチドリは、私がオーラを消しながら?近づいてみたら、
      思いのほか落ち着いていました。
      田んぼなどで、車から撮影するときは目の前でも案外平気ですが、
      歩いて近づくときは、成功率が低いですね。
      シギはあまり足を折り曲げで地べたに座り込むような姿は見かけませんが、
      チドリは砂の窪みなどに入り込んでうずくまっていることが時々あります。
      ずいぶん前のことですが、
      足の長いセイタカシギが地面に座り込んだのを見たことがあります。
      普段見るのとは違って、とても面白い姿でしたよ(^^)
      コヨシキリは大部分通過ですが、若干は繁殖している可能性があります。
      真夏には平地での鳥見はほとんどしないので、
      自分で確認したことはありませんけど・・・

  4. #7 投稿者: asobo (2015年5月15日 - 10:18)

    しぎを見てみたくなりました。
    古いアメリカ映画「いそしぎ」も見たくなりました。
    けさ、NHKのあさいちで紹介していた「世界の美しいとんでいる鳥」とい写真集も見たくなりました。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2015年5月17日 - 21:21)

      asobo さん、こんばんは♪
      関東でシギの観察ポイントとして一番有名なのは三番瀬でしょうね。
      ただそこに限らず干潮時に干潟が現れるような場所なら、
      どこでも観察できるチャンスはあります。
      春の渡りは終盤なのでこれからの時期はあまり期待できませんが、
      秋の渡りはとても早くて、お盆過ぎ頃からかなりの数が渡ってくるので、
      夏の終わりからのほうが条件は良いかもしれませんね。
      海での観察は潮の状態に大きく左右されるので、
      慣れるまでは、観察タイミングが難しいと思います。
      たいていの場合、水際で餌を食べるので、
      潮が引きすぎると遠すぎて見えないし、
      満潮ならどこかで寝ています。
      「世界の美しいとんでいる鳥」は持っていますよ(^^)
      私が買った野鳥写真集の中でも、とりわけお気に入りです。

  5. #9 投稿者: kanaconnie (2015年5月19日 - 22:22)

    オオルリ・ソウシチョウ・エナガ・・・かわいこちゃん大連発!
    イソヒヨドリ、今年も我が家の近くに来てくれるかな~。
    ソリハシシギ、ハクチョウと比べて大きさがよ~くわかりました。こんなに小さいんだ!

    • #10 投稿者: アカショウビン (2015年5月24日 - 00:39)

      kanaconnie さん、こんばんは♪
      これからの季節は小鳥が主役ですが、
      背景が緑だと可愛さがアップするような気がします。
      イソヒヨドリは囀りも綺麗ですよね(^^)
      ソリハシシギはシギの中では特別小型でもないのですが、
      コブハクチョウは飛ぶことができる鳥の中では最大級なので、
      比べると歴然とした差がありますね!

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。