産後鳥さん、好調

投稿が遅れ気味でタイムリーではなくなっていますが、

次の鳥見に出かけてからでは、全部書き直す羽目になりそうなので、

先週末のあれやこれやですm(__)m

 

たまには気分転換のためお出かけして、全く別の鳥を狙おうかと思っていたのですが、

一週前に8年ぶりにミゾゴイが飛ぶのをちらっと見ていたので、もう一度探してみることにしました。

サギの仲間ですが、唯一山地に飛来し繁殖します。

生態的にとても観察しにくく、巣を見つけるのが近道ですが、

付近を探しても発見には至りませんでした。

 

直近では5年前に今回飛んだ場所で巣を見つけていますが、

その年には繁殖は確認できませんでした。

(前年はサボってその場所に出かけていなかったので、一年前に巣作りをしていた可能性が高いです)

 

でも、今年また姿を見たことで、継続的に飛来して、近くで繁殖している可能性はかなり高まったと思います。

8年前にはアカショウビンが営巣していたことと、同じ木に未完成と思われるミゾゴイの巣を見つけたので、

6月終わりまではほぼ毎日のように通いましたが、

ミゾゴイの姿を見たのは5月に山へ初めて入った日に二度、

その後は、繁殖期も終わって最後の確認のために行った8月に一度見ただけでした。

大きな鳥なのに極めて観察の難しい鳥だと痛感したシーズンでした。

 

世界中の個体数は1000羽以下とも言われていますが、

もし本当なら、トキやヤンバルクイナよりも少ないことになりますね。

おそらく、そこまで数の少ない鳥ではないと思いますが、

長年観察すれば、一度くらいは女神が微笑む年があるかもしれないので、

来年以降も捜索を続けていきたいと思います(^^)

 

セグロカッコウは、かれこれ6週続けて鳴き声を聞きますが、

相変わらず撮れそうな気配はありません(-“”-;)

日本での繁殖記録はないそうですが、毎年長い期間鳴き声を聞きますし、

春の渡りの時期に、それほど長期滞在するとも思えないので、

繁殖している可能性はあるでしょうね。

少なくとも当地では、普通のカッコウやジュウイチより鳴き声を聞く機会が遥かに多いです。

本来はオウチュウに托卵するらしいですが、

日本で繁殖するとしたらいったい何に托卵するのでしょうね?

 

写真は前回と変わり映えしませんが、サンコウチョウの抱卵が続いていました。

早ければそろそろ孵化している可能性があるかなと思っていましたが、

雨が降ったりして肌寒い日も続くので、遅れることはあっても早まることはないでしょう。

何事もなければ、この週末には間違いなく孵化しているはずですし、

ひょっとすれば、その翌週にも巣立ち間際の雛が見られるかもしれませんね(^^)

image12484

似たもの夫婦なのか同じポーズですね。

image12485

image12488

image12487

目の前まで来たので、縦構図でなければ入りきりませんでした(^^;

巣から20m以上は離れて観察していたのですが、私が気になって偵察に来たのかな?

邪魔してゴメンね。

image12486

キビタキ

image12483

今年はヤブサメが多めですが、番と思われる2羽が一緒に姿を現しました。

image12480

image12481

真正面から見るのは初めてですが、意外と脚が長いですね。

image12482

サシバ

image12479.

広告
  1. #1 投稿者: agehamodoki (2015年7月3日 - 20:13)

    ミゾゴイは渡りの時期に見かけるだけです。
    昔は近畿圏の里山でも繁殖していたと聞きます。
    昨年は若い個体が大都会の梅田に現れて大騒ぎでした。
    すっかり目的を達成したのか、トケン類の鳴き声は少なくなりました。
    産後鳥シリーズ第2弾ですね。
    こちらのサンコウチョウは、
    孵っていた雛の姿が見えなくなりました。
    ホントに残念です。
    そちらのサンコウチョウはまだ抱中かな。
    うまく子育てが出来ると良いですね。
    それにしても至近距離の画像ですね。
    胸の羽毛までハッキリ見えます。
    距離だけでなく技術も1級、お見事です。
    ヤブサメ、確かに足が長いですね。尻尾は短いけど(笑)

    • #2 投稿者: アカショウビン (2015年7月10日 - 19:31)

      agehamodokiさん、こんばんは♪
      昨年のミゾゴイのニュースは驚きました。
      渡りの時期には、公園などにも現れることがあるみたいですね。
      おそらく繁殖地付近では開けた場所で観察できることは稀だと思います。
      急斜面があって捜索もなかなか難しいですが、
      あまり範囲は広くないですし、営巣しそうな場所は限られるので、
      いずれチャンスはあるのかな?と思っています。
      先週末もサンコウチョウはまだ抱卵している様子でした。
      日数的に少し長すぎると思うので、孵化するのか心配していますが、
      いずれにせよ、この週末がラストチャンスでしょう。
      巣のある付近は極端に暗いですが、
      カメラが変わって、これまでより一段高感度が使えるようになりました(^^)
      尾が長い個体ならもっと良かったですが、
      近いと確実に全身が収まらないですね。
      正面から見たヤブサメは、コルリのようなスタイルに感じました。

  2. #3 投稿者: wakasahs15th (2015年7月3日 - 20:14)

    こんばんは(●^o^●)
    小鳥は見つけるのが大変ですね~~~。見た鳥を撮るだけならまだ簡単ですが
    これだ!と決めて探すのは大変だと思いますが長年の調査や勘も働くのでしょうね。
    サンコウチョウ!なんとクリクリした可愛い目です(^_-)-☆こんな小鳥と逢いたいな~~~。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2015年7月12日 - 17:37)

      wakasahs15th さん、こんばんは♪
      小鳥は鳴き声が聞こえても、なかなか姿を見つけるのは難しいですね。
      サンコウチョウは、夏鳥の中では数が多いほうなので、
      頑張れば見つけることはできると思いますよ(^^)
      巣は広葉樹に作ることが多いのですが、
      巣材として杉の皮などを使うので、
      杉と広葉樹が入り混じった、人の手の入った林で観察できることが多いですね。
      典型的なオスは、小鳥なのに30cmほどもある尾羽を持っているので、
      飛んでいる姿を初めて見たとき、物差しが飛んでいるように思えました。

  3. #5 投稿者: superkamui (2015年7月3日 - 21:06)

    セグロカッコウは、過去のアカショウビンさんの投稿で名前を聞いたことがありますが、改めてそんな鳥がいるんだなあと思いました。ホントに日本各地に多種多様な鳥がいますね(^^)

    私は営巣の撮影はしないようにしていますが、アカショウビンさんならどこまでがセーフか熟知しておられていて、服装等にも配慮されているから大丈夫なのでしょうね。ともあれ皆無事繁殖できると良いですね。

    ヤブサメは1羽だけでもすごいのに2羽ですか!!!何となく幼い気もしますが、気のせいかしら?正面顔もとても可愛いですね(^^)

    • #6 投稿者: アカショウビン (2015年7月12日 - 18:03)

      superkamuiさん、こんばんは♪
      セグロカッコウは、西日本で観察される機会が多いようですね。
      ただ、鳴き声を聞くことができる場所は、
      かなり限られているように思います。

      鳥の営巣写真はネットに載せるべきではないという意見もありますし、
      撮影そのものの是非も意見が分かれるところですね。
      距離は、普段その鳥がどれだけ近づいたら逃げるのか、
      というあたりが判断材料にはなると思いますが、
      撮影する時間や人数など、いろいろと考慮が必要でしょうね。

      ヤブサメは眉斑の入り方など、
      典型的な個体とは少し違うような印象がありますね。
      幼鳥と成鳥を識別することは考えたことがありませんが、
      この時の観察状況からは成鳥かな?という印象です。

  4. #7 投稿者: kanaconnie (2015年7月5日 - 16:42)

    サンコウチョウ、かわいいですね~。ヒナはもっとかわいいのかしら。会えるかなぁ?
    希少な鳥さんたちをしっかり見守っていてくださるんですね。来年は会えるといいですね。
    ヤブサメ、小さな鳥さん!2羽?・・・と写真をじっと見つめてしまいました。(無事見つけましたよ)
    足が長くて水辺の鳥みたいです。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2015年7月12日 - 18:32)

      kanaconnieさん、こんばんは♪
      サンコウチョウの雛は、親のように個性的ではなく、
      一般的な鳥の雛とほとんど変わりませんね。
      巣立ち後でも親が近くにいなければ、
      鳥の種類を正確に当てるのはかなり難しいものです。

      繁殖期にブログに登場する鳥さんは、
      実は本命じゃなくて、本命さんを探している時に、
      たまたま見つけたというのが大半のような気がします。
      今年は運よくヤイロチョウに会えましたが、
      来年はミゾゴイに期待したいと思います(^^)

  5. #9 投稿者: hulala (2015年7月5日 - 19:24)

    少なくなった貴重な鳥も観察なさっているんですね。ここではいつも鳥の美しい姿や飛んでいる自然の姿を見させていただいています。素人の私でもわかりやすく楽しみにしています。
    サンコウチョウは見た事ありませんが、なんだかわくわくする鳥ですね。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2015年7月12日 - 18:50)

      hulalaさん、こんばんは♪
      数の少ない鳥や、観察機会の少ない鳥が一番見たい鳥ですが、
      そればかりを探していたら、ブログに写真を載せられるのが、
      年に一度くらいになってしまうかもしれませんね(笑)
      サンコウチョウは、これまで写真を撮るだけで精一杯の鳥でしたが、
      今年は初めてじっくりと観察することができました(^^)
      元々大好きな鳥でしたが、新たな発見もあり益々魅力が増しました。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。