雑感

鳥さんたちの繁殖期もボチボチ終りが近づいています。

お山のほうは囀りも少なくなり、ずいぶん寂しくなってきた気がしました。

萩の花が咲き、瑞々しかった木の葉も色がくすみ始めて、早くも秋の気配が感じられます。

 

幼鳥たちが次々巣立ち、鳥の数としては多いはずですが、

小鳥の姿を見つけるのは難しい時期になりますね。

今回、台風接近のためか風が強めだったこともあり、

撮影できたのはオオルリだけでした。

このオオルリ、餌を咥えたままかなり長い間(20分くらいかな?)固まっていました。

餌を巣まで運ぶ途中とも思えないので、巣立って間もない幼鳥とはぐれてしまったのでしょう。

それほど行動範囲の広い鳥ではありませんが、

巣立ちしてからは鳴くことがほとんどないので、見失ってしまうこともあるのでしょうね。

image12540

 

この写真だけではあまりに寂しいので、少し前に撮影した写真を載せておきます。

 

ゴイサギの幼鳥

木の枝のようなものを咥えていますが、なぜ?

image12527

オオヨシキリ

image12529

キジ

image12531

カイツブリ

image12534

image12535

ヘラサギ

image12528

ソデグロヅル

image12536

image12537

マガン

image12530

キンクロハジロ

image12532

ホシハジロ

片側の羽が半分ほど失われています。

おそらく飛べないでしょうから、一生この地で過ごすことになるでしょうね。

もし繁殖地で羽が失われていたとしたら、冬を越すことさえできなかったかもしれません。

image12533

 

今年はブッポウソウの撮影を行わないつもりでしたが、

毎年同じようなことを書いては、投稿の直前に思い直して削除していた私のたわごとを、

今回こそ掲載して残しておこうと思い、こんな写真を撮影しました。

image12539

調査データ等の充分な根拠を持ち合わせているわけではありませんが、

私のような考え方を持つ人も一人くらいいなければ、

いつの日か、とんでもないことになりそうな気がしています。

考え方は人それぞれなので、私の意見に賛同してもらう必要もありませんし、

長文なので、興味のない方はスルーしてください。

本来は、キツツキの古巣などを利用して繁殖するブッポウソウですが、

近年は、おそらく9割以上がこのような巣箱で繁殖していると思われます。

 

従来、木製電柱に開けられたキツツキの古巣で繁殖していたものが、

木製電柱からコンクリートに置き換わったことにより、繁殖場所を失い絶滅の危機に追い込まれたとのことですが、

そんなことを言う人には、電柱がブッポウソウが地球上に誕生した時からあったものですか?と聞いてみたいです。

この鳥が生息するような田舎にまで電気が普及してからは、まだ100年も経っていないはずです。

私は、数が減ったのは本来の生態系のバランスに戻っただけなのでは?と考えています。

 

私が子供の頃には、木製電柱が全盛で、まだコンクリート製の電柱は見かけなかったように思いますが、

電柱でブッポウソウが営巣していたり、キツツキが営巣しているのは見たことがありません。

森の中にはいくらでも巣を作るだけの樹木があるので、

わざわざ剥き出しで、外敵からも目立つ電柱を利用する積極的な理由はないでしょう。

中には林縁などの電柱を利用するケースはあったと思いますが、それはごく一部でしょう。

ただ、電柱に営巣する姿は人目に付きますし、印象強く残るので、

よりセンセーショナルにクローズアップされたのだろうと思います。

 

電気が普及する前にはどの程度のブッポウソウが生息していたのかわかりませんが、

今よりも数は多かった可能性は充分あるでしょう。

でも、当時の自然環境は今とは全く違いますし、

近年減少したのは、現在の環境に合ったように自然淘汰された結果にすぎないと思います。

農薬の使用や、水路のコンクリート化などによる昆虫の減少、

森林伐採や、杉や檜の植林が進んだことによるキツツキの減少など、

もっと別のところにも原因はあるはず、というよりこちらが本質的な問題だろうと思います。

 

絶滅危惧種の保護という大義名分は一見素晴らしいものです。

近隣自治体を含めると数百もの巣箱が設置されているのは間違いないと思いますが、

ここまで沢山の巣箱を設置する必要があるのでしょうか?

10年前には、稀に姿を見るのが精いっぱいだった同じ場所で、

今では沢山の絶滅危惧種が空を飛ぶ光景は実に異様です。

 

今年ある地域では、トンボの減少が著しく、新たな巣箱の設置をやめたそうです。

現在では、木製電柱が全盛だった頃よりもブッポウソウが多くなっているそうですから、当然の結末ですよね。

そこでは長年ブッポウソウの研究者の方が調査研究されていますので、

ギリギリのところで歯止めがかかったようですが、多くの場所はそうではありません。

さらにブッポウソウは渡り鳥ですから、影響は日本国内だけにとどまりません。

巣箱の製作は学校教育にも取り入れられていると聞きます。

食物連鎖は小学生でも知っていることですが、

教育の現場で、人為的に生態系を変えてしまうような歪んだ教育をしてよいものなのでしょうか?

大人になったとき、また過剰な保護活動を繰り返すかもしれません。

 

巣箱を設置→ブッポウソウが増加→餌となるトンボなどが減少→

トンボが食べていた小さな昆虫(害虫)が増加→農薬使用量の増加→

害虫とともにトンボも減少→ブッポウソウだけでなくツバメやカエルなど昆虫を餌とする生き物が減少→

ブッポウソウが増えないのでさらに巣箱を設置・・・

 

こんな単純なものではないでしょうが、

長期的にみると、巣箱の設置でブッポウソウの個体数が維持し続けられるとも限りません。

 

ある程度の巣箱を設置して、一定の個体数を維持することは意味があると思いますし、

巣箱を設置することそのものを反対しているわけでもありませんが、

ただ、それが原因でさらに深刻で回復困難な問題を起こしかねない危険性があることは認識すべきです。

気が付いた時には取り返しのつかない段階になっていることは、

過去、人間が何度も犯してきた過ちであるはずです。

目先の直接的な変化だけでなく、幅広く長年にわたり生態系への影響を調査しつつ、

必要最小限の保護を緩やかに行うことが一番大事ではないでしょうか?

 

ブッポウソウよりも絶滅の危機に瀕している鳥類や生き物は沢山あります。

有効な保護の方法はそれぞれ異なるでしょうが、

生息地の環境をできるだけ改変しないということや、

失われてしまった生息環境を少しでも元に戻すことが基本だと思います。

一種の絶滅を防ごうとする行為が、より多くの生き物を犠牲にする行為とならないことを願うばかりです。

 

実は我が家周辺にも、毎年ブッポウソウが1~3番ほど飛来します。

最初に気が付いたのは、ブッポウソウの巣箱の設置が急増した後ですので、

個体数が増えたことにより、新天地を求めて一部が移動してきた可能性もあります。

自宅周辺には今のところ巣箱が設置されていないので、

おそらくキツツキの古巣などを利用して繁殖している可能性が高いと思います。

それを裏付けるかのように、ヤマセミの古巣(ヤマセミは土壁に穴を掘り繁殖します)

を偵察に来たこともありました。

また、毎年使う巣が違うのか、頻繁に観察できる年と、

ほとんど姿を見ない年があり、今年は飛んでいるのを一度見た程度です。

 

巣箱で繁殖する個体とは、明らかに撮影の難易度が異なるので、

まともな写真を撮影できたことはありませんし、

個体密度が低いためか、鳴き声を発することも少ないので、

存在を確認することもなかなか難しいものがあります。

でも、これこそが本来のブッポウソウの姿なのだろうと思います。

 

本当に巣箱を設置して保護することに意義のある鳥であれば、

自宅敷地内に巣箱を設置して、そこで繁殖してくれればこれほど嬉しいことはありませんし、

巣箱がそれほど多く設置されていなかった7年前のブログ記事には、

実家の敷地内に巣箱を設置することを考えていると記載したこともあります。

でもその後のブッポウソウの状況を見ていると、私の考えは180度変わってしまいました。

 

時が経てば私の考え方がさらに変わるかもしれませんが、

ここ数年ブッポウソウの保護に関して感じていることを、素直に記しておきました。

支離滅裂な文章で、この鳥の状況を長年見続けていなければ内容も理解しにくいと思いますが、

もしこの文章を読んでいただき、野生生物の保護のあり方について、

少しでも考えていただけたなら、感謝いたします。

 

 

トビを警戒するブッポウソウ。

image12538

トビが旋回を始めると、数羽のブッポウソウが一斉に出陣します。

当地では、ヘビ以外では数少ない天敵でしょう。

ブッポウソウはとても飛行能力が高いですから、成鳥が襲われる可能性は低いと思いますが、

巣立ち直後の幼鳥が襲われる可能性はあるでしょうね。

 

ちなみに、ブップソウと鳴く鳥がいますが、これは前回の記事に登場したコノハズクです。

鳴き声の正体が判明したのは意外と最近で、昭和10年のことだそうです。

それまでは、このブッポウソウが夜に鳴く声だと思われていたようです。

このことから、昔はブッポウソウが生息している地域にコノハズクも生息していたことが伺えますが、

現在ではコノハズクの鳴き声を聞くことは極めて難しくなりました。

広告
  1. #1 投稿者: abend (2015年7月29日 - 10:08)

    こんにちは。
    オオルリさん はぐれたなら我が家へ来てほしいですわ。
    綺麗な色ですよね^^

    • #2 投稿者: アカショウビン (2015年7月31日 - 21:22)

      abendさん、こんばんは♪
      繁殖期にオオルリを見るためには、
      それなりの場所に出かける必要がありますが、
      渡りの時期には、都会の樹木が多い公園や、
      神社仏閣などでも観察できると思います(^^)
      abendさんは、あちこちに出かけられるので、
      きっとチャンスはあると思いますよ!
      9月から10月頃が狙い目です。

  2. #3 投稿者: kakasi24 (2015年7月29日 - 14:01)

    今日は、鳥の世界も難しくなって居るのか? 震災以降に渡りのルートが変わったと思われる状況が当地で観察されます・・・震災前には数年に1回見れるかどうかの日本海系の鳥さんが2年続けて観察されて居る事と、渡りのパターンが集団移動でなく散発移動になって来ている様な気もしております  日本海系は、韓国ルートで瀬戸内迄抜けるルートが出来たのではないでしょうか?

    • #4 投稿者: アカショウビン (2015年7月31日 - 21:47)

      kakasi24 さん、こんばんは♪
      震災は、鳥たちにとっても大きな影響があったでしょうね。
      私が感じるのは、5年前の大雪を境に、鳥が極端に減って、
      いまだにその影響が強く残っているような感じがします。
      不思議なことに、夏鳥まで減ってしまい、
      昆虫などを含めた予想外のことが起きたのかな?とも思っています。
      どちらも、地球の歴史から考えれば大したことではないはずですが、
      自然破壊の影響なども加わり、
      以前のような状態には戻らないかもしれませんね。

  3. #5 投稿者: agehamodoki (2015年7月29日 - 16:50)

    暑いですねぇ!が、毎日の挨拶になっていますが、
    確かに秋が少しづつ近づいているのですね。
    固まったオオルリ。ちょっと疲れているのでしょうか?
    ホシゴイが早くも巣づくりの練習?早熟ですねぇ(笑)
    カイツブリのファミリーがほのぼのとさせてくれます。
    このソデグロヅル、冬に豊岡に居た幼鳥らしいです。
    「ずい分立派になったねぇ」(笑)

    ブッポウソウに限らず当該種だけに目をやっていると危ないですね。
    自然環境で1番大事なのは「バランス」だと思います。
    食物連鎖の底辺部分から考えないとシッペ返しがありそうです。
    ちなみに今年はブッポウソウへ行きませんでした。
    巣箱に飽きてしまうのです(笑)でも、また出かけそうです。
    悪声だけど神秘的で美しい野鳥だと思います。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2015年8月1日 - 01:31)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      このところ、連日の暑さでぐったりしています(^^;
      でも、お山に行くと、これまでとは違った空気感を感じます。
      鳴き声の主役も、鳥から昆虫に変わりつつありますね。
      ソデグロヅルは、この一月あまりでも色彩が変化し、大人びてきました。
      春にはナベヅルの幼鳥がかなり遅くまで残っていたので、
      越夏を期待しましたが、姿が見られなくなり残念に思いましたが、
      それ以上のビッグサプライズに驚きました。
      豊岡は、コウノトリが放鳥されるよりも前に2度行ったことがありますが、
      大型の鳥たちが生息するにはとても良い環境ですよね。
      わざわざ西へ移動した理由を聞いてみたい気分でした。
      秋になると本能でまたどこかへ渡るかもしれませんが、
      一冬越して、雪のソデグロにも期待したいところです。

      ブッポウソウのような保護の仕方ではなく、
      葦を植えるなどして、昆虫や小魚から、
      小鳥やはたまたチュウヒなどのような
      生態系の頂点に位置するような生き物まで、
      多様な生物が生息できる環境そのものを広げる取り組みに好感が持てますね。
      短期間で目に見えるような効果は期待できないでしょうが、
      目に見えて効果が実感できるような取組ってダメなんだと思います。
      キツツキの古巣から顔を覗かせたブッポウソウを撮影するのが、
      今後の夢の一つですね(^^)

  4. #7 投稿者: wakasahs15th (2015年7月29日 - 20:22)

    こんばんは(●^o^●)
    オオルリだけでいいです。逢いたいです(^_-)-☆

    • #8 投稿者: アカショウビン (2015年8月1日 - 18:35)

      wakasahs15th さん、こんばんは♪
      地域や場所により多少違うかもしれませんが、
      オオルリなどのヒタキ科の鳥が多く渡るのは、
      9月半ばから10月半ばにかけてです。
      綺麗な青い個体に会えるとは限りませんが、
      雌や幼鳥もとても可愛いですよ(^^)
      もしカラスザンショウやイヌザンショウなどの木をご存知でしたら、
      10月になると熟して紫色の実が生るので、
      少し早起きして待ってみるのも良いと思います。
      様々な小鳥が好む植物なので、条件が好い場所なら、
      メジロやコゲラなど沢山の鳥が次々にやってくると思います。

      • #9 投稿者: wakasahs15th (2015年8月2日 - 23:17)

        9-10月ですね。楽しみにしてトライしてみます。有難うございました(^^♪

        • #10 投稿者: アカショウビン (2015年8月5日 - 19:17)

          wakasahs15th さん、こんばんは♪
          幸せの青い鳥に出会えると良いですね!
          冬になるとルリビタキという青い鳥も観察できますし、
          秋以降は夏場よりも野鳥の観察に向いています。
          色々な鳥さんを探してみてくださいね(^^)

  5. #11 投稿者: superkamui (2015年7月31日 - 17:33)

    カイツブリの親子、心なごむ光景ですね(^^)ヒナはもちろん、親鳥も愛嬌たっぷりでとても可愛らしいです。オオヨシキリはこちらでも賑やかに叫んでいましたが、さすがに最近は静かになりました。自然界では夏至が過ぎると秋が始まるといわれていますが、寂しいですね。

    渡ることができなかった鳥たち…マガン、キンクロハジロ、ホシハジロ心配ですね。特に、大怪我をしているホシハジロは痛々しく、哀れです。せめて、人間が原因でなければ良いのですが…。確かに、繁殖地でケガをしたら、冬季には死が待っているのでしょうね…

    • #12 投稿者: アカショウビン (2015年8月4日 - 22:07)

      superkamui さん、こんばんは♪
      カイツブリは、とても身近な野鳥ですが、
      見ていてとても心が和みますね。
      そのうえ繁殖期が長くて、遅くまで楽しむことができるのも嬉しいです。
      夏至の頃は、本州では梅雨真っただ中で、
      肌寒い日も多いので、まだ夏が来たという感覚もありませんが、
      今年ふと見たら、6月に萩の花が咲き始めていて、驚きました。

      冬になるとハジロ系のカモが万単位で飛来するので、
      毎年越夏個体は見られるのですが、
      撮影時には気が付かなかったホシハジロの写真を後で見ると、
      あまりに痛々しかったです。
      猛禽なら首を狙うでしょうし、羽にこれだけ大きなダメージを受けるのは、
      人間が原因の可能性が高いかもしれませんね。

  6. #13 投稿者: ❤ちえたん (2015年8月3日 - 18:36)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^
    ほんと、今のモリバヤシは色んな幼鳥で賑やかです。
    ただ撮影となると、鳴かないので見付つけ難いですが
    たまーーに、警戒心の薄い幼鳥が遊んでくれたりします^^v
    固まったオオルリ・・・・・。
    虫を咥えてお子を探してる姿が愛おしいです^^
    ブッポウソウ問題! 読ませてもらいました。
    確かに数は増えている気がします。
    どんな風にすれば、自然の中で鳥たちを保護することが出来るのか・・。
    なんだかんだ言っても、人間優先の環境づくりなので
    どちらも守るというのは難しいのかもしれませんね><
    それでも、次の世代に残せるものは残していかなければ!
    そんな気持ちだけは持っていたいですね。
    カイツブリの親子、私もいつか見てみたいです~♪
    親子の姿をみてると、ほっこりしてきます^^

    • #14 投稿者: アカショウビン (2015年8月4日 - 22:55)

      ちえたん さん、こんばんは♪
      7月後半頃になると、鳥の囀りも徐々に減って、
      鳥をさんを見つけるのも難しいし、
      観察できる鳥の種類も限られてきますね。
      そんな中でフレンドリーなのは、
      オオルリやキビタキの幼鳥などでしょう。
      派手さはないけれど、お目々くりくりで、とても可愛いですよね(^^)
      長い文章を読んでいただきありがとうございます。
      私の取り越し苦労だけならばよいのですが、
      生態系のバランスなんて、
      人間が調査研究しても解明できないほど複雑なものだと思います。
      ブッポウソウも、一時期はかなり絶滅の危険性が高かったようですから、
      巣箱の設置という簡単な方法で、
      高い効果が得られたのは喜ばしいことだと思います。
      ただ、効果が大きいだけに、
      その影響について慎重に検証する必要があるでしょうね。
      どうせ巣箱を沢山作るのなら、シジュウカラやスズメ用の小さなものから、
      フクロウ用の大型のものまで、
      さまざまな生き物用を準備しないのは何故?って思います。
      カイツブリは、まだ繁殖期ですから、
      これから雛が観察できる可能性も充分ありますよ!

  7. #15 投稿者: kanaconnie (2015年8月4日 - 00:27)

    オオルリ、固まった訳をきくとなんだか瞳も心細いような淋しげな目に見えてきます。
    このところの暑さは鳥たちにもたいへんではないでしょうか?自然にはエアコンはないものね…。
    ブッポウソウの話、そうなんだ・・・と興味深く読ませていただきました。全く知らないというか思いもよらないことでした。見せかけの保護は単なる甘やかしというか人の自己満足なのかもしれませんね・・・。

    • #16 投稿者: アカショウビン (2015年8月5日 - 19:10)

      kanaconnie さん、こんばんは♪
      巣立ちから独り立ちまでの間が、鳥たちにとって試練の時だと思います。
      成長して越冬地まで渡ることができる幼鳥は、ごく一部でしょうが、
      それは選ばれたエリートですね(^^)
      鳥によっては、暑い日には口を開けて体温を下げようとするものもありますね。
      身近な鳥では、カラスなどですが、真っ黒なので暑いでしょうね(^^;

      長文をお読みいただきありがとうございます。
      当初は絶滅危惧種の保護ということで、
      一定の効果があり良い取り組みだったと思います。
      私自身もそうでしたが、直接的な効果しか見えにくいですから、
      裏の部分は異変が起きて初めて気が付くことが多いと思います。
      多分、人間が生きていること自体が、自然破壊につながると思いますが、
      もしかしたら、神様はそれさえも想定して、
      人類を創り出したのかもしれませんね。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。