立秋の候

暦の上では秋になりましたが、相変わらず暑いままですね。

日中は連日30℃を大きく超えますが、

今朝は18℃を切り、少しだけ秋の空気感を感じることができました。

ボチボチ秋の渡りも始まる頃ですが、週末はまだ山籠もりを続けることにしました。

 

この時期はまだ日差しが強いので風情がありませんが、晴れた日には雲海が広がります。

image12576JPG

撮影したポイントは、地元ではおそらく一番撮影者が訪れる場所だと思います。

間近に雲海が広がり、目で見るのにはとてもロケーションが良いのですが、

写真で撮影するには、よほどの広角レンズでなければ絵になりにくいです。

私が持っているレンズの最広角(15mm)での撮影ですが、全体の半分くらいしか入りません。

APS-Cなら、8mm位のレンズが欲しいところ、

たぶんフィッシュアイの方が印象的な写真が撮れそうな気がします。

 

次の写真は、私がサンショウクイなどを撮影に出かけるポイントの近くから撮影したもので、

上の写真を撮影する前に撮ったものです。

ここはまず車が通行することがありませんので、写真を撮る人はいないでしょう。

image12575JPG

太陽の方向からもわかるでしょうが、上のポイントとはほぼ正反対の位置関係になります。

APS-Cのキットレンズの広角側によくある17mmの画角でも充分で、

手前のV字の谷も良いアクセントになっている気がします。

普段望遠レンズしか使わず、風景写真を撮ることもほとんどありませんが、

望遠とは対極にある広角の表現も結構好きです。

より広角レンズが使えれば、撮影の幅が広がるのは確かですし、

それ以外では対応できないことも多々ありますが、

自分ならではの撮影場所を探すのはもっと重要だと感じました。

 

気象条件によるものでしょうが、太陽暈を見ることができました。

日中の太陽を撮るのは怖いので、お山の樹にも手伝ってもらいました

image12580JPG

さて、肝心な鳥の写真です。

カワラヒワ

image12581JPG

いやぁ~気持ちよさそうです(^^)

image12582JPG

image12584JPG

image12585JPG

混浴OKのようで、スズメもやってきました。

image12583JPG

セグロセキレイ

image12586JPG

キセキレイ

image12574JPG

コシアカツバメ

image12588JPG

オオアカゲラ

image12569JPG

アオゲラ

image12571JPG

イカル

image12570JPG

アオバト

image12577JPG

image12578JPG

image12579JPG

オオルリの幼鳥

先日固まっていたオオルリを撮影した近くで見つけました。

おそらく巣立ち後も巣のあった場所からそれほど遠くへは移動しないと思うので、

たぶんあのお父さんの愛娘でしょうね。

image12572JPG

サシバ

image12587JPG

ハチクマ

暑い時期に開けた場所で撮影することがほとんどないこともあり、地元でこの時期に見たのは初めてです。

渡りには少々早いので、おそらく当地で繁殖しているのでしょう。

image12589JPG

おまけのミズヒキ

林道沿いなどでよく見られますが、薄暗い場所に咲くとても小さな花(2mm位かな?)なので、

うっかりすると見過ごしてしまいがちです。

紅白の花だから水引・・・ネーミングがオシャレですね(^^)

image12573JPG

広告
  1. #1 投稿者: superkamui (2015年8月10日 - 20:41)

    本州以南ではまだまだ暑い日が続いているようですが、動植物の世界では秋が始まっていますね。前号のアカショウビンさんガーデンのキキョウやオミナエシも秋の花ですし…こちらのノビタキやアオジも、冬羽への換羽が始まった個体がいます。

    小鳥の水浴びは可愛くて、何度見ても飽きませんね(^o^)カワラヒワは翼を広げると黄色が綺麗で見応えありますし☆オオアカゲラは、亜種ナミエオオアカゲラというのですか??初めて聞きました。コゲラ、アカゲラも亜種がありますし、キツツキも奥が深いですね。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2015年8月15日 - 17:38)

      superkamui さん、こんにちは♪
      日中はまだ30℃を超えて暑いですが、
      ここ数日はかなり秋の気配が感じられるようになりました。
      今朝は16℃まで下がったので、半袖では少し肌寒いくらいでしたよ(^^)
      オオルリやキビタキは特定の場所で多く見られるようになり、
      そろそろ退去が近づいているように思います。

      キツツキ類の亜種は、見た目では判断できないものがほとんどですね。
      地域的に考えて、別阿種が交る可能性はないと思いますが、
      亜種によってどのような差異があるのか知りたいものです。

  2. #3 投稿者: kakasi24 (2015年8月10日 - 22:23)

    今晩は、雲海撮りだけでも価値のあるフィールドですね・・・繁殖地は良いな~~

    • #4 投稿者: アカショウビン (2015年8月15日 - 17:44)

      kakasi24さん、こんにちは♪
      雲海は、鳥の撮影にとってはかなりの厄介者で、
      秋が深まると、昼ごろまで霧が晴れないことも普通になります。
      風景を撮る人にとっては良い季節なのですけどね~

  3. #5 投稿者: wakasahs15th (2015年8月11日 - 17:33)

    こんにちは(*^_^*)
    山篭りですか~~~。早朝の美味しい空気を戴いていいですね。朝に弱い私には
    到底無理ですが、、、^^;
    小鳥達の水浴びは楽しそうです。羽毛の分だけでも随分暑いでしょうね。
    アオゲラの鋭い嘴(@_@;)成程です(--〆)
    水引!初めてです。山にあるんですね~~~。これからキョロキョロして見ます。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2015年8月15日 - 17:57)

      wakasahs15th さん、こんにちは♪
      朝のお山は、クーラーの利いたお部屋より断然気持ちが良いですよ(^^)
      そのかわり、夜にはめっぽう弱くて・・・歳のせいかな?
      鳥には汗腺がないので、暑い日は大変だと思います。
      真夏には、口を開けてハアハアしている鳥をよく見かけますね。
      ミズヒキよく似た花で黄色の花が咲くキンミズヒキという植物もあります。
      これから秋の花がいろいろと咲き始める季節ですね。
      道端に咲く何気ない花にも、案外綺麗なものが多いですよ(^^)/

  4. #7 投稿者: agehamodoki (2015年8月12日 - 14:07)

    雲海、静寂の中に季節感もあって美しいですね。
    以前は山歩きをしていたので普通に見ましたが、
    今は見る機会はありません。
    おっしゃるように鳥撮りレンズでは難しいですね。
    ピークは過ぎた感がありますが、相変わらず暑いです。
    鳥の真似して水浴びがしたいです。
    カワラヒワは地味そうですが、よく見ると美しいです。
    アオバト、こちらでは「海水を飲みに来るポイント」が話題になっています。
    サシバとハチクマ、秋のタカ渡りまで直ぐです。
    暑さの我慢はもう少し続くかな!?

    • #8 投稿者: アカショウビン (2015年8月15日 - 18:23)

      agehamodoki さん、こんにちは♪
      雲海が出るようになると、朝の気温も上がりにくいので、
      一時期より、ずいぶんと過ごしやすくなった感じがします(^^)
      全景を撮ろうと思うと広角レンズが必須ですが、
      日の出を写すのなら望遠もアリだと思います。
      600mmは長すぎますが300mmなら使えるのではないでしょうか?
      カワラヒワと一緒に水浴びがしたい気分でしたが、
      真っ裸になったら捕まってしまいますよね(笑)
      こちらにもアオバトが現れる海岸があることを昨年知ったのですが、
      肝心の海水を飲みに降りるポイントが死角でした。
      飛びものを撮ったりするのには良い場所ですが、
      わざわざ暑い思いをしなくても、
      地元の涼しい場所で、のんびり待った方がマシだと思いました。

  5. #9 投稿者: 暇人 (2015年8月16日 - 15:23)

    !(^^)! お久しぶりです。
    今回は 凄い「出場者」ですね。!(^^)!、これだけを 撮るとなると大変ですね。こちらとは 鳥さんの種類も違うようで、こちらでは お目にかかったことが無い 鳥さんも居られるようですネ。暇人の資料と言えば「北海道野鳥図鑑」ですから、それに搭載されていないお方も こちらで 拝見できました。狭い日本も、野鳥の世界は 広いんですね。!(^^)!

    • #10 投稿者: アカショウビン (2015年8月17日 - 20:34)

      暇人 さん、こんばんは♪
      ハチクマ以外は、この時期近所で普通に観察できる鳥さんばかりです。
      でも少し場所が違うだけでも見られませんし、
      まして遠く離れた北海道なら、
      観察できる鳥さんが全く違うでしょうね。
      どんなに頑張っても、図鑑の鳥を全部見ることなんてできませんから、
      地元で観察できる鳥さんに遊んでもらおうと思います。

  6. #11 投稿者: ❤ちえたん (2015年8月17日 - 23:43)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^
    雲海 素敵な写真ですね~♪
    鳥だけでなく、こういった風景写真もお上手だなんて、ズルイです!(笑)
    やっぱり、カメラの事が詳しくないと中々上手く撮れませんね^^;
    鳥病にかかって以来、カメラのレンズは常に望遠なせいか
    風景写真って殆ど撮った事がないです。
    お盆を過ぎて、朝晩は涼しくなってきましたね。
    でも、まだまだ昼間の暑さは半端ないので
    カワラヒワの行水風景が気持ちよさそうに見えます^^
    アオゲラ、近すぎませんか~お口の中までしっかり見えそうです(笑)
    アオバトは、こちらでは冬場にしか見る事がないのでこれからかな?
    この冬も見れるといいなぁ^^

    • #12 投稿者: アカショウビン (2015年9月6日 - 20:38)

      ちえたんさん、こんばんは♪
      コメントを見逃していて、かなりの亀レスになってしまい申し訳ありません。
      私も同じで、常に望遠レンズ付けっぱなしです。
      目の方も望遠になって鳥さん以外はなかなか目に入りません(笑)
      風景はあまりセンスがないので、広角以外で撮影することはほぼないですね。
      以前は滝や水の流れを撮影するのも好きでしたが、
      鳥さんが撮りたいので時間がありません。
      アオゲラはノートリです。
      もう少し下がって撮りたいところですが、
      動くと飛んでしまうし、狭い場所なのでどうしようもない状態です。
      夏のアオバトは、ある程度標高の高い場所以外ではなかなか観察できませんね。
      冬場でもそう観察のチャンスは多くないですが、
      地べたに降りることが増えるので、
      越冬してくれたらチャンスですね(^^)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。