ちょっとだけよ

久しぶりに丸一日自由の身となったので、あちこち探してみましたが、

天気が良すぎて一気に通り過ぎているのか、鳥さんは少なめな感じでした。

 

ワンチャンスしかありませんでしたが、ツメナガセキレイです。

地域的に、毎年少数が通過しているのは間違いないと思っていましたが、

なかなかこれまで見つけることができませんでした。

この春にも怪しげな個体が飛ぶのは見ていたので、今度は綺麗な夏羽個体を撮りたいものです。

image12708

この時期安定して見られるコヨシキリ。

数は多いですが、秋は撮影しにくく、粘ってようやく画像を残せました。

image12705

シギは不調でしたが、セイタカシギが3羽に増えていました。

image12712

カンムリカイツブリ

image12706

モズ

image12707

コサギ

image12709

ミサゴ

image12710

ヒバリ

image12711

広告
  1. #1 投稿者: wakasahs15th (2015年9月29日 - 07:42)

    お早うございます(^^♪
    天気が良すぎるのもダメなんですね。
    ミサゴの雄姿素敵ですね(^^♪

    • #2 投稿者: アカショウビン (2015年10月5日 - 21:38)

      wakasahs15thさん、こんばんは♪
      渡りの時期は、天候が悪い時の方がチャンスが多い気がします。
      特に台風が通過した直後などは期待できますが、
      なかなか休みとのタイミングが合いません。

  2. #3 投稿者: superkamui (2015年9月29日 - 10:24)

    非繁殖期、移動期の鳥さんはまさしく「ちょっとだけよ」状態ですね。それにもかかわらず、アカショウビンさんは移動中の野鳥多種を撮影されておられますよね。コヨシキリ、ノゴマetc…そしてシマオジまで!!!今号のツメナガセキレイにも脱帽しました。冬羽は淡いのですね。北海道で鳥見をしているのに知りませんでした(汗)

    ミサゴ、カッコイイですね!こちらではミサゴもヒバリも夏鳥扱いなので、まもなく渡去するでしょう。ミサゴは今年はもう時間切れです(^^;)来年の宿題にしておきます。

  3. #4 投稿者: superkamui (2015年9月29日 - 10:26)

    追伸

    アカショウビンさん、脱字がありましたので訂正させていただきます。

    (誤)シマオジ
    (正)シマアオジ

    シマアジと打ち間違える可能性もありましたね。失礼いたしました。

    • #5 投稿者: アカショウビン (2015年10月5日 - 21:55)

      superkamuiさん、こんばんは♪
      わざわざ訂正ありがとうございます。
      春と秋の渡りの時期は、珍しい鳥に会えるチャンスなので、
      頑張って探してます(^^)
      でも実際は外れの連続でがっかりすることばかりですが、
      たまにヒットすることがあるので、
      それが原動力になってます。

      ツメナガセキレイは、若鳥かもしれません。
      ネット画像などを見た限りでは、
      成鳥の冬羽はもっと黄色味が強いのではないかと思います。
      当地では、ミサゴはごく普通に観察できる猛禽で、
      場所によっては10羽くらいを同時に観察できることもあるのですが、
      他県から来られた方に聞くと、
      観察機会はあまり多くないそうで、真剣に撮られていますよ!

  4. #6 投稿者: agehamodoki (2015年9月29日 - 19:40)

    ツメナガセキレイですか?セキレイの仲間も珍しいのや
    亜種が多そうですが、見逃していることも多そうです。
    コヨシキリは東京在住時は大きな河川敷で見かけましたが
    こちらに戻ってからは珍鳥扱いです。
    こちらももう少ししっかり観察すれば、
    季節によってはもう少し見られそうです。
    モズの高鳴きが見られるようになりました。
    なんとなく、秋が深まって行きます。

    • #7 投稿者: アカショウビン (2015年10月5日 - 22:04)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      ハクセキレイやツメナガセキレイは、かなり亜種が多そうですね。
      セキレイやホオジロなどは普段あまりに目にする機会が多いので、
      珍種が交じっていても、その気になって捜していなければ、
      見逃す可能性が大きいでしょうね。
      コヨシキリはこの時期、
      夏のオオヨシキリとあまり変わらないくらいの個体数かもしれません。
      ただ、朝のうちにたまに姿を表す程度で、かなり手ごわいです。

  5. #8 投稿者: abend (2015年9月29日 - 21:48)

    もずをみると ♪小さい秋み~つけた♪の歌を思い出しますよ。
    どれも素敵。

    • #9 投稿者: アカショウビン (2015年10月5日 - 22:09)

      abend さん、こんばんは♪
      モズの高鳴きは秋らしさを感じさせてくれますね。
      繁殖期以外の方が良く鳴く鳥はモズくらいだと思いますが、
      食料が少なくなる冬場に備えて、縄張りを宣言しているのです。

  6. #10 投稿者: koyuki (2015年10月8日 - 19:55)

    ワンチャンス!を逃さないとはさすがですねヽ(^。^)ノ
    先日のTVで地球温暖化のせいで渡り鳥の生態系も変わりつつ
    あるそうですね。ツメナガセキレイとコサギ以外は
    こちらでも確認情報がありました。
    以前だと「羨ましい!」と思ってましたがこちらでも見られるように
    なったのか?情報が得られるようになったせいなのか?定かではありません。
    羨ましかった鳥さんが見れるようになりました^^
    カンムリカイツブリは冬羽になってました。
    最近のkoyukiのヒットはシジュウカラガンの足に黄色の標識が付いていた
    のがたまたま写っていたところかな~
    でもね、PCに取り込んで解ったって状態なので足環の文字は判明できず・・・
    お粗末o(>_< )o
    一応山階鳥研に情報送っておきました。

    • #11 投稿者: アカショウビン (2015年10月12日 - 22:46)

      koyukiさん、こんばんは♪
      少し前にタマシギを見つけた田んぼを見ていたら、
      不自然な白っぽいものが見えたのでカメラを向けるとビンゴでした^^
      すぐに飛んでしまって行方不明になりましたが、
      画像を残せて良かったです。
      暖地の鳥たちも次々北海道進出をしているのですね。
      毎年猛暑なので、避暑に出かけたのかもしれませんが、
      夏は北海道でもかなり暑いですよね。
      カンムリカイツブリは北ほど夏羽の観察チャンスが多いかもしれませんね。
      以前春遅くに綺麗な夏羽個体を見たことがありましたが、
      この時期に、ほぼ夏羽個体が見られるとは思ってもみませんでした。
      これまでガン類で観察できそうなものはほぼ見ることができましたが、
      残るはシジュウカラガンです。
      過去に飛来したことはあるので、
      数が増えている今だからこそ、期待しています。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。