冬のはしり

昨日は朝から荒れた天気で、これといった鳥さんにも会えず・・・・

まだまだ当たり外れが大きい時期なので、仕方ありません。

 

とりあえず冬の使者には会うことができました。

 

マガン

image12734

image12733

不思議とこの時期にはオナガガモがマガンの群れに交じります。

image12755

チュウヒ

image12730

image12731

image12732

ノビタキ

image12736

image12744

スズメを監視中?

image12738

image12739

image12740

image12741

image12742

image12743

オシドリ

image12735

今年もお庭の花をあまり撮れないうちに季節が過ぎ去り、晩秋の花が咲き始めました。

お花の写真は今年最後になると思います。

そろそろ、冬鳥が続々と渡ってくるはずですから、頑張って探さないとね!

ダイモンジソウ

image12745

image12749

ミセバヤ

image12753

ツワブキ

image12746

ホトトギス

image12751

サザンカ

image12747

ムラサキシキブ

image12748

春に撮り忘れた花たちの中にも、まだ咲いているものがあります。

サツキ

image12752

ヒゴスミレ

image12750

シバザクラ

image12754

広告
  1. #1 投稿者: wakasahs15th (2015年10月13日 - 08:58)

    こんにちは(^^♪
    マガン!見事な整列ですね(^_-)-☆ それにノビタキとスズメは稲穂の中に映えてとても綺麗です(^^♪ 稲刈りはまだ終わってないんですね。
    サツキとシバサクラが今の時期に咲いているのは不思議です(^_-)-☆

    • #2 投稿者: アカショウビン (2015年10月13日 - 19:45)

      wakasahs15thさん、こんばんは♪
      お行儀のよいマガンですね。
      飛ぶときは美しいⅤ字型に整列して飛びますが、
      またいつかの機会に撮影しようと思います。
      当地の稲刈りはとても早くて、お盆前から始まります。
      もう99%以上の田んぼで稲刈りは終了していますが、
      この時期に残っているのは、
      もち米か何かの特別な品種だろうと思います。

  2. #3 投稿者: superkamui (2015年10月13日 - 10:20)

    こちら北海道では10月あたまにマガンが通過しますが、見逃しました。マガンは警戒心が強く、野生のいじらしさやプライドが感じられますね。ハクチョウやカモ類は総じて警戒心が薄いので、その対照的な性格に驚かされます。ノビタキ可愛いですね。ホントにスズメを注視しているようですね(^^;) 敵でも味方でも獲物でもないと思っているのでしょうか。

    秋のお花も綺麗ですね。北海道にもホトトギスという花があります。鳥のホトトギスも見たいです(笑)ムラサキシキブの実はもはや「芸術」ですね!

    • #4 投稿者: アカショウビン (2015年10月13日 - 20:01)

      superkamuiさん、こんばんは♪
      こちらのマガンも10月初めから渡ってきますが、
      これから日を追うごとに増えていきます。
      コハクチョウも僅かに渡ってきていました。
      当地に飛来するマガンの警戒心はそこまで強くはありません。
      北海道経由で南下する個体群とは、繁殖地域も違うようですし、
      越冬地域が住宅と隣り合わせのような場所ですので、
      人に慣れているのでしょう。
      スズメとノビタキは餌も全く違うので無関係なはずですが、
      おそらくスズメの方が、
      見慣れぬお客さんを気にして飛んできたかもしれませんね。

      ホトトギスは以前沢山の種類があったのですが、
      年々減って、今は写真のものと、
      白い花を咲かせる2種類だけになってしまいました。

  3. #5 投稿者: kanaconnie (2015年10月13日 - 23:34)

    マガンが見ている先には何があったのでしょう?
    気になります。まさかバーダーさんのレンズの列ではないですよね!?(^_-)

    • #6 投稿者: アカショウビン (2015年10月18日 - 19:37)

      kanaconnieさん、こんばんは♪
      マガンを撮影していたのは私一人だけでした。
      マガンの先にはまたマガン・・・にらめっこ状態ですね(^^)

  4. #7 投稿者: agehamodoki (2015年10月15日 - 13:28)

    早くもマガンですか?秋と言うより初冬の風景に見えます。
    でも身近なところでマガンが見られるのは羨ましいです。
    チュウヒは夏場も居ないことはありませんが、
    やっぱり枯れ野がよく似合います。
    今秋はノビタキの通過数が多かったように思います。
    オシドリは今季まだ見ていません。
    秋の花がまたたくさん並びました。
    私は野鳥のホトトギスが見たいです(笑)

    • #8 投稿者: アカショウビン (2015年10月18日 - 19:43)

      agehamodokiさん、こんばんは♪
      今年は2日が初飛来だったようです。
      マガンがみられるようになると、
      いよいよシーズン到来といった感じがします。
      猛禽も時期を同じくして増え始めますが、
      今年はグレーな子が見られるでしょうかね?
      ノビタキが多かったのですか。
      私の所はかなり少なく感じました。
      きっと渡りのコースが微妙に違ったのでしょうね。
      私も鳥のホトトギスが見たいです。
      初夏には夜通し賑やかですが、画像に残せる機会は少ないです。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。