お星さまや忍者、紅一点にパンダもやってきた!

このところ氷点下の冷え込みも何度かあり、確実に秋が深まってきました。

アトリが多少増えてきて、やっと数百程度の群れが見られるようになりました。

image12791

今期はまだミヤマホオジロの鳴き声も聞けず、渡りが遅れ気味なのでしょうか?

 

ノビタキの通過は少ないままで、ボチボチ見納めになりそうです。

image12790

エナガ

image12793

カワガラス

image12789

ヤマセミは今シーズンは繁殖の成功が確認できず、夏以降はほとんど姿を見ることもありませんでしたが、

近年観察に出向いていなかったエリアで8個体ほど姿を見たので、少し安心できました。

image12792

ヒバリ

image12806

タヒバリ

image12808

一瞬ホオジロハクセキレイかと思いましたが、ノーマルっぽいですね。

image12807

ホシムクドリ

image12794

ハマシギ

image12795

アオアシシギ

image12796

ヘラサギ

image12804

ホオジロガモ

image12805

カワセミ

image12802

サンカノゴイ

image12797

約3年ぶりのアカツクシガモ。

image12803

ミヤマガラス

image12798

コクマルガラス

暗色タイプ1羽に淡色タイプが2羽。

パンダは5年ぶりです。

image12799

image12801

image12800

広告
  1. #1 投稿者: wakasahs15th (2015年11月5日 - 22:32)

    こんばんは(●^o^●)
    タイトルでは何がやってきたのかと思いましたよ\(◎o◎)/!色んな珍重が見られるんですね(^^♪
    アカツクシガモはとても可愛いです。ヤマセミとパンダも愛嬌がありますね。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2015年11月11日 - 19:22)

      wakasahs15thさん、こんばんは♪
      ユニークな鳥さんがいろいろやってきました(^^)
      この中で一番珍しい鳥はアカツクシガモかな?
      当地には毎年のようにどこかへ飛来しますが、
      他の地域で観察できることは極めて稀だと思います。

  2. #3 投稿者: kanaconnie (2015年11月6日 - 22:42)

    パンダもカラスなんですね!
    いろいろいますね〜♪
    私は今日お腹がオレンジ色っぽいツバメを見ました。カメラ片手に粘りましたが、シルエットを画面の隅に収めるのがやっとでした。
    そう簡単に撮れたらバーダーさんに叱られますよね(笑)

    • #4 投稿者: アカショウビン (2015年11月11日 - 19:34)

      kanaconnieさん、こんばんは♪
      こちらではずいぶん前にツバメ類は姿を消しましたが、
      さすがに暖かい地域だけあってまだ見られますか・・・
      ひょっとしたら、越冬個体もいるのかも知れませんね。
      お腹が赤みを帯びたツバメは3種思い浮かびます。
      一つ目はごく若いツバメですが、時期的にありえないでしょう。
      二つ目はアカハラツバメですが、
      滅多に見られない鳥なので可能性は低いかな?
      一番可能性が高いのは、コシアカツバメだと思います。
      普通のツバメよりやや大きく、比較的ゆっくり飛びますが、
      写真に撮るのはとても難しいですね。

  3. #5 投稿者: agehamodoki (2015年11月7日 - 12:02)

    いやぁ、ずい分豪華なメンバーが揃ってますね!
    アトリはこちらでも数を増やしています。
    とてもそんな画像のような群れではありませんが。
    ノビタキは先日ついに去ってしまいました。
    以前よりセキレイに注目していますが「普通種」ばかりです(苦笑)
    水鏡のハマシギ画像が面白いです。
    サンカノゴイ、ずい分見ていません。ミゾゴイを見ましたが(笑)
    アカツクシガモは例年やって来るけど数はわずかです。
    で、今回の羨ましいNO.1はパンダです!
    コクマル自体少なく、白いのは見たことありません。
    行って見られる保証があったら出かけたいくらいです。
    ただし「雪が無い間」に!

    • #6 投稿者: アカショウビン (2015年11月18日 - 15:28)

      agehamodokiさん、こんにちは♪
      一時期アトリの群れが見られましたが、
      その後地元では姿を見なくなりました。
      今年は冬の小鳥が極端に少ないです。
      そんな中ハクセキレイの通過はとても多かったです。
      数が多くても、普通種以外が交じることは少ないですね。
      サンカノゴイは毎年の常連になりました。
      近くて条件は良いですが、
      待てば見られるとは限らないのが難しいです。
      パンダはまだ見たことがありませんでしたか?
      数千羽のミヤマにコクマルが数羽程度、
      パンダは数年に一度くらいですね。
      飛来当初ですから、保証はないけれど可能性ありといいレベルで、
      例年越冬中はやや西のエリアに引っ越すので、
      時間をかけて探さなければ難しいかもしれません。

  4. #7 投稿者: superkamui (2015年11月8日 - 21:07)

    アトリ大群、良いですね!私はまだ数羽しか見ていません。北海道ではアトリは厳冬期少なくなるみたいです…また春先がチャンスかな、と思ってます。まるまるとしたノビちゃん、可愛いですね♬エナガもいつ見ても可愛いです(^^)他も豪華なラインナップですね!サンカノゴイはずいぶんズングリしていますね~愛嬌たっぷりです♬アカツクシガモも可愛い顔していますね!

    ミヤマガラスは、ハシブト&ハシボソだと思ってスルーしてしまいそうです(-▽-;)コクルマも夢のまた夢ですね~!

    • #8 投稿者: アカショウビン (2015年11月18日 - 15:40)

      superkamuiさん、こんにちは♪
      毎年10月にはアトリの群れがいたるところで観察できるのですが、
      この秋は数度見た程度です。
      日本海側に大群で飛来したアトリは、
      その後全国へ分散するようで、
      こちらでも厳寒期にはほとんど姿を見ない年もありますね。
      サンカノゴイは普段は芦原の中に潜んでいて、
      居るか居ないかもわからないような鳥さんです。
      観察機会は少ないですが、
      動きはゆっくりで、いろいろなポーズを見せてもらえます。
      ミヤマガラスは大群で観察できることが多いので、
      とても目立つのですよ!
      小さな群れなら、私も気にも留めないと思います(^^;

  5. #9 投稿者: hulala (2015年11月9日 - 19:44)

    エナガちゃんはいつ見ても可愛い!ヤマセミなんか見たことございません(;一_一)
    この世にコクマルガラスがいるなんて初めて知りました。びっくりです。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2015年11月18日 - 15:48)

      hulalaさん、こんにちは♪
      私も鳥に興味を持つまで、
      地元にヤマセミが生息していることすら知りませんでした。
      目だたない鳥ではありませんが、
      観察の難しい鳥さんだと思います。
      カラスは真っ黒なイメージが強いですが、
      世界的に見れば白黒のカラスは結構多いみたいですよ(^^)

  6. #11 投稿者: koyuki (2015年11月20日 - 14:51)

    あわわ・・・こちらで見られない鳥さん満載@@
    アカツクシガモとヘラサギは見られないでしょう。
    サンカノゴイ、コクマル、ミヤマ、ホシムックはここ数年で
    記録があるのですが、koyukiの目には入りませんでした。
    サンカノゴイは葦原に居たら難しいですね!
    良く探せましたこと!koyukiには無理ですわ。
    ホシムックンは今季も逃しました^^;
    ミヤマガラスはハシボソと間違ったり・・・何時まで経っても
    ダメなんですよ(反省!)
    小鳥さん達皆可愛く写ってて、アカショウビンさんに写してもらうと
    koyukiも可愛く写るかな~?無理?了解!(笑)

    • #12 投稿者: アカショウビン (2015年12月1日 - 20:30)

      koyukiさん、こんばんは♪
      北と南でずいぶん生態系が違いますよね。
      いつかkoyukiさんの案内で、北海道探鳥をしてみたい夢はありますが、
      一か月くらいのお休みと、先立つものも必要ですね(笑)
      サンカノゴイは保護色で、
      少し距離があったら見つけるのは困難です。
      ただ、ここのポイントは毎年数羽が越冬する上に、
      至近距離で観察できる絶好のポイントです。
      ただ、一日中待っても必ず見られるとは限らない
      神出鬼没な鳥さんです。
      koyukiさんのモデル料はいかほどかな?
      アカショウビンに支払える金額ならぜひとも(笑)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。